「ノア 約束の舟」☆スペクタクルなコスプレ

日曜礼拝で聖書も正しく勉強している方のレクチャーつきで、いつもの月1川崎IMAXへ。
キリストの教えはきちんと1本筋が通されているようだけど、肉付けの部分がつっこみどころ満載で・・・・・

画像
「ノア 約束の舟」公式サイト

<ストーリー>

神からのお告げを得たノア(ラッセル・クロウ)は、家族を連れて旅に出る途中、お腹に傷を負った少女を助ける。
邪悪な心を持った人間たちから命からがら逃げた一家は、ノア・妻・3人の兄弟と拾った少女と岩の巨人たちと共に巨大な舟を作り、着々と動物たちを招き入れ準備を進めるが、宿敵カイン(レイ・ウィンストン)らが襲ってくる。
遂に大洪水が始まり・・・・


画像
ラッセル・クロウは今回いろんな意味で一人で大活躍

若いときから白髪になるまで、やんちゃなラッセル・クロウが敬虔な、神を信じる善良な人間を見事に演じている。
しかーし!
信仰も暴走するとやっかいだよね。

画像
てっきり敵の役と思い込んでいたアンソニー・ホプキンスは、いつも助けてくれるノアの祖父

たった一人でどうやって岩場に生活しているの??と思うけど、トトロの種をくれたり、傷を治したりなど、彼はいわゆる神の使いだったと考えたほうがいいのかな・・・・

画像
助けた娘イラは美しく育ち(エマ・ワトソン)、イケメンの長男と恋人になるが・・・・
子供が生めない体であることを悩んでいるイラ。
二人の逢引をちょいちょい盗み見る次男が・・・・・(笑)

画像
「オレも女ほしーいっ!!!」
髪が伸びるのは遅いけど、ひげが生えただけでぐっと大人っぽくなる次男のハムは、可哀想な立ち回り。

ラスト、本当の聖書では酔いつぶれて裸で寝ているノアを見つけたハムが、「みんな見てみてー!」と兄と弟を連れて来て見せたところ、二人は父のあられもない姿を見ないようにして上着をかけてあげたので、父がハムを怒って彼の子供たちを呪ったということになっているらしい。(ひどいわ!)

それに比べたらハムが『自ら決断した』と言う点で、この映画の1つの根幹をなす『人間は自分で決断する』というテーマに沿っていて良かったのかも。

画像
穢れのない全ての動物1対ずつ・・・・・・って言ってるのに、鹿がやたら多く見えるのは気のせい?

オオクニヌシノミコトがくるくるポチョンとやって出来た日本の国が伝説であることを知らない日本人はいないけれど、ノアの方舟伝説はどうやら広く信じられているらしい。
映像の中では進化論も出てきたので、おや?と思ったけれど、とはいえ聖書ではノアは600歳なのだそうなので、神話として観るのが正しい鑑賞法なのne

画像
カイン率いる軍団が襲い掛かる・・・・

動物を食い散らかしたり、女性を酷い扱いしたり・・・と、カイン代表の『人間たち』は、物凄く邪悪に描かれている。
だけど大津波が来たら、普通に誰だって助かろうとして必死になるよね・・・・

逆にバッタバッタと人間をぶち殺して、いくら神からのお告げと言われても、自分たちの家族だけ助かろうとする姿は日本で言うなら「蜘蛛の糸」のお話のようで、途中見るに耐えなかった。

画像
反面、木の実を食べて暮らすノアたちだけど、最初は木も生えてない岩場に住んでて、何を食べてあんなにマッチョになったんだろう~?

洋服もボロ布風だけど、パリコレにそのままランウェイできそうな洒落たデザインのノアの上着は、どう見ても革製品?
キレイに網目の揃ったママのニットも、鋭利なナイフはアップになったら思わずゾーリンゲンかと・・・・
アダムとイヴからたった10世代なのに、鎧や鉄製品、ワインのジョッキまであるし?

ただしノアの方舟建設の様子を描いた宗教画には、神殿なども遠くに見えることから文明は既に発達していた頃なのかな・・・・(だから伝説だってば)

画像
お父さんそりゃないよー

聖書には岩の巨人も邪悪な人間たちとの凄惨なバトルも出てこないのだそう。

一見、途中から信仰に狂った父の暴走が目に付くけれど、あえてここは正しく聖書の教えを投影する手立てだったのかな。
聖書の教える大切な3つのこと『信仰・希望・愛』
その3つの中でも最も大切なのは『愛』なのだそう。
つまり人間が蛇の誘惑に惑わされず自ら選択したもの、それが『愛』だったということなのだ。

しかし大洪水で清めてもなお、人間は様々な選択をして再び愚かな行為を重ねつつあるわけで。

陳腐なコスプレ感さえなければ結構重厚なお話だったのね、と友人のレクチャーあってようやく納得できる作品だった。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

風情♪
2014年06月18日 22:20
こんにちは♪

>信仰も暴走するとやっかいだよね

ザっクり言っちゃうと全くもってその通りっすよね。
まぁ「ノアの方舟」に関しちゃ、児童書のおとぎ話
程度にしか知らんですし、本作もまんま筋を追って
るのかも?ですが、無信心者なりに考えるところも
あったし、無信心者ゆえに宗教色が強い作品はムズ
かしいというか、斜めに観ちゃいました。
早い話、オモシロかったか?と問われれば「それな
りに」であります♪ (゚▽゚)v
ノルウェーまだ~む
2014年06月19日 00:23
風情♪さん☆
そうなんですよね。
無信心者も信者もそれなりに楽しめているようなので良いのでは?というかんじです。
特別伝説を大きくねじまげているようでもないけれど、神話として観るのか史実として観るのかで、楽しみ方も違ってくる気がします。
2014年06月19日 12:42
信仰するのもいいけどここまでくると怖いですね。
このタイミングで高校時代に使ってた聖書(新訳)が奥底から出てきてびっくり 笑

舟を作ってるのがまさか岩だったことにちょっと引きました 笑
つっこみ所があるものの映像はきれいだったしまぁいいかと。
ノルウェーまだ~む
2014年06月19日 22:47
yukerinさん☆
すごいタイミングですねー(笑)
ノアについて何か書いてありましたか??

っていうか、ほとんど大変な作業は岩にやらせて、長男とイラなんて子供作ってたからねー(爆)
ノラネコ
2014年06月19日 22:48
ノアの方舟は今でも色んな人が探してますからね。
アララト山で見つかった舟型地形とか、実際に方舟の跡といわれると眉唾だけど、浪漫をそそります。
子供の頃日曜学校に行ってたので、聖書のお話にはなじみがあるのですが、聖書で疑問を持つところをストレートに物語にしていて実に興味深かったです。
ノルウェーまだ~む
2014年06月19日 23:26
ノラネコさん☆
通りで詳しいと思いましたっ!
伝記は伝記、神話は神話としてそのままを描くのも実は「あり」ですよね。
そこに信仰心の無い者が真実味を求めても意味がないのかもしれません。
ストレートにやることこそが正しいことなのでしょう。
ノアのしたことが、正しいとか正しくないとかの前に・・・
たいむ
2014年06月22日 12:43
伴侶がなくっても女の子ならば子供を産む???
旧約聖書って結構すきなのだけど、いろいろ深く考えるとやっぱりおとぎ話にしか思えないのが日本人かなって思ったり(笑)
ノルウェーまだ~む
2014年06月22日 15:29
たいむさん☆
聖書でのノア一家は、3人の息子たちには3人の妻も一緒だったようなので、この映画とはちょっと違うようですね。
それにしても、その後は近親になっちゃうわけで??
2014年06月22日 19:02
こんばんは。

旧約聖書って、割り切って読むと結構面白いですよね。
大なり小なり、動物イッパイの方舟って、100年近くかけてどうやって作ったんだと思ってましたが、意外な伏兵がいたのには目からウロコでした(爆)
ノルウェーまだ~む
2014年06月22日 22:11
オリーブリーさん☆
逆に伏兵がいて納得しちゃうほど、巨大な方舟でしたねぇ。
ちょっとしたことでも船って引っくり返ることが、最近判りましたが、この3階建ては良く無事で荒波を乗り越えたものです(笑)
2014年06月23日 01:19
ですよね、あの地球創世の歴史…なるほど!“進化論”か!?なんて思っちゃったんですね☆
微妙にイグアナ系の両生類ばかり映してるなあぐらいにしか思ってませんでした
あと、「鹿が微妙に多いんじゃないか」というツッコミもなるほど…
ノルさん鋭いっ!w
2014年06月23日 08:53
私も不信心者なのですが
まわりに敬虔なクリスチャンが多くて…
これも観ようかどうしようか迷っています。
聖書に日常的に接していない日本人には
ちょっとつらいかもですね。
ところでまだ~むさん、
ちょっと個人的にお聞きしたいことがあるのです。
もしよかったら私のページからメッセージ頂けませんか?
まだ~むさんにメールしようと思ったら
biglobe会員じゃないとできないようですので…
ノルウェーまだ~む
2014年06月23日 13:14
とらねこさん☆
お褒めいただきありがとうございます(笑)
信心がない分、面白おかしく見ちゃいましたっ
聖書的には進化論はタブーなわけで、私としてはおや??って気になっちゃったんです。
でもあれでいうと、上手いこと「地球を作ったのが神」っぽく描かれていて、それで丸く収まっているのかなー?
ノルウェーまだ~む
2014年06月23日 13:17
zooeyさん☆
敬虔なクリスチャンさんだと、なかなか本格的すぎてやっかいかもですねー
私の友達は今回初めて日曜礼拝に行ってると明かしてくれたくらいなので、そこまで敬虔ってわけじゃないのかな・・・

了解しました!あとでメッセージ入れますね。ドキドキ・・・
2014年07月07日 21:43
>洋服もボロ布風だけど、パリコレにそのままランウェイできそうな洒落たデザインのノアの上着は、どう見ても革製品?

わたしもそれは思った(笑) ノアが実際にいたとしたら服装とかそれこそ原始人に近いものではなかろうか…と。昔テレビで見た『天地創造』という映画ではそんな感じでしたしね
この映画では義理の姉と弟である二人、ハーマイオニーとパーシー・ジャクソンの夢の共演じゃん!と思いましたが、このコンビこれ以前にも『ウォール・フラワー』という映画で共演してたそうで…
ノルウェーまだ~む
2014年07月08日 10:23
伍一くん☆
そうそう、「ウォール・フラワー」は見逃しちゃってて・・・

それにしても殺生しないノアの洋服は全て布製?
昔は布は何から作っていたのかしら?麻かな?
少なくとも皮を着ていたら、この話アウト!ですからね。
2014年07月25日 18:29
こんばんは!
ちょっとノアが怖かったよねぇ。
ほんと、暴走しちゃうとやっかいだね^^;
イマイチ魅力感じなかったノアですわ。
ノルウェーまだ~む
2014年07月25日 19:07
みすずちゃん☆
ほんと、人は盲信しちゃうと何も見えなくなっちゃうのねーと、怖くなっちゃったわ。
「どこでもノア!」ってわけにはいかないね・・・

この記事へのトラックバック

  • ノア 約束の舟

    Excerpt: 聖書に書かれているノアの物語をかなり脚色して、旧約聖書の他のエピソードで語られる要素も盛り込んで大胆な解釈にしたと思う。ノアは神に従う無垢な人ではなくて、善悪を併せ持つ弱い存在にしている。ノアも家族も.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2014-06-18 15:41
  • 劇場鑑賞「ノア 約束の舟」

    Excerpt: 人類存亡の旅へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406130001/ 【楽天ブック.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2014-06-18 16:36
  • ノア 約束の舟~人類は滅亡せねばならぬ

    Excerpt: 公式サイト。原題:Noah。ダーレン・アロノフスキー監督、ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エマ・ワトソン、レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2014-06-18 17:31
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: 評価:★★★☆【3,5点】(11) 一見、家族思いだが実はちゃぶ台返しの頑固親父。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2014-06-18 19:42
  • ノア 約束の舟

    Excerpt:  アメリカ  ドラマ&アドベンチャー  監督:ダーレン・アロノフスキー  出演:ラッセル・クロウ      ジェニファー・コネリー      レイ・ウィンストン      ... Weblog: 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2014-06-18 22:15
  • ノア 約束の舟 / Noah

    Excerpt: 旧約聖書・創世記に出てくる「ノアの方舟」伝説を映像化。 キリスト教に疎い日本人には、正直、創世記の物語はちんぷんかんぷん。まぁ、アダムとイブの話は、少しは聞いたことが有るとして、カインとアベルは、そ.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2014-06-18 22:47
  • 『ノア 約束の舟』

    Excerpt: なんかイマイチだったなぁ。 エマ・ワトソンは美人さんだったけど、映画自体には予告編以上の盛り上がりもなく。 ファンタジーだと思って観てるから、岩男が出ようが謎の野イチゴ ... Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2014-06-18 23:38
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: 『ポンペイ』同様、映像は凄くて見応えあった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2014-06-19 00:16
  • ノア 約束の舟 (IMAX)/ラッセル・クロウ

    Excerpt: 私が幼少の頃に初めて知った旧約聖書のお話が「ノアの方舟」でした。たぶん物語として絵本やアニメにしやすいから触れる機会があったのでしょう。予告編では初の映画化みたいなこ ... Weblog: カノンな日々 racked: 2014-06-19 09:23
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: それぞれの葛藤 公式サイト http://www.noah-movie.jp 監督: ダーレン・アロノフスキー  「ザ・ファイター」 「ブラック・スワン」 ある夜、ノア(ラッセル・クロウ)は眠りの中で.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2014-06-19 11:27
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: 【NOAH】 2014/06/13公開 アメリカ 138分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ロー.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2014-06-19 12:36
  • ノア 約束の舟 : 原理主義でない方は是非!

    Excerpt:  サッカー・ワールドカップ、始まりました。どちらかといえば野球好きの私ですが、サッカー・ワールドカップの方がWBCより熱くなるのは何なのでしょう。ネイマールが生きた伝説に Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2014-06-19 17:18
  • 『ノア -約束の舟-』 2014年6月13日 TOHOシネマズ日本橋

    Excerpt: 『ノア -約束の舟-』 を鑑賞しました。 4度目の正直でやっと日本橋のスクリーン6以外になりました。 今日はスクリーン8でTCX、DOLBYATMOSです。 でも、TCXのスクリーン目一杯じゃないの.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2014-06-19 22:23
  • ノア 約束の舟・・・・・評価額1750円

    Excerpt: 選ぶべきは信仰か、それとも愛か。 鬼才ダーレン・アロノフスキーによる、旧約聖書の創世記、“ノアの方舟”の映画化である。 予告編からは、聖書をモチーフにしたハリウッド風味のありがちなスペクタクル.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2014-06-19 22:34
  • 映画 ノア 約束の舟

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画館で観た映画    旧約聖書のノアの箱舟が原作である「映画 ノア 約束の舟」。   大筋のス.. Weblog: こみち racked: 2014-06-19 23:16
  • ノア 約束の舟/NOAH

    Excerpt: 「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」「ファウンテン」「レスラー」「ブラック・スワン」の ダーレン・アロノフスキー監督最新作は誰もが知る「ノアの箱舟」をテーマにした大作。 .. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2014-06-19 23:40
  • 『ノア 約束の舟』 (2014)

    Excerpt: 人間ドラマとして甦る箱舟伝説! 額面通りの教義的な側面はあるものの、一大スペクタクル、アクション、ヒューマンドラマと見どころの詰まった娯楽作であった。 本作は、『レスラー』(08)、『ブラック・.. Weblog: 相木悟の映画評 racked: 2014-06-20 00:05
  • 映画「ノア 約束の舟」

    Excerpt: 映画「ノア 約束の舟」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2014-06-21 23:21
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: 『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が“ノアの箱舟”をテーマに描いたスペクタクルな作品です。 “ノアの方舟”は知ってはいましたけど、あの物語がどんな映画になるのだろうと気になっていました.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2014-06-21 23:59
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: ある夜、男ノアは眠りの中で恐るべき光景を見る。 それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神のお告げだった。 大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子.. Weblog: 象のロケット racked: 2014-06-22 00:01
  • 『ノア約束の舟』

    Excerpt: ノア約束の舟を観てきました。 旧約聖書の創世記に登場する大洪水にまつわるノアの方舟物語のことです。 けがれのないあらゆる動物が一つがいで乗り込んで洪水を逃れた話というくらいは知っていましたが、 ノアと.. Weblog: 仲間が増えるといいなぁ・・・ racked: 2014-06-22 11:25
  • 「ノア 約束の舟」

    Excerpt: 2014年・アメリカ/パラマウント=リージェンシー 配給:パラマウント 原題:Noah 監督:ダーレン・アロノフスキー脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル製作:スコット・フランクリン、ダーレ.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2014-06-22 13:10
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: 2014年6月14日(土) 14:45~ 品川プリンスシネマ8 料金:1100円(夫婦50割引き) パンフレット:未確認 狂信者。 『ノア 約束の舟』公式サイト 流石は変態ダーレン・アロノフス.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2014-06-22 13:26
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: 堕落した人間たちを一掃するため、世界滅亡を意味するような夢を見たノア(ラッセル・クロウ)は、神の啓示と信じ、家族と共に汚れなき生き物たちを守るため箱舟の建設を開始する。 舟の完成が近づくと、ど.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2014-06-22 15:53
  • 映画『ノア 約束の舟』観た

    Excerpt: ぜ~んぜん聖書については知らないのですが、 知らなくても大丈夫です。 創世記について序盤におおまかな説明がちゃんと語られてます。 創世記からつながる夢を見たノアは 神からの予言だと.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2014-06-22 20:19
  • 「ノア 約束の舟」

    Excerpt: ~その舟に、すべての希望は託された~ 2014年  アメリカ映画   (2014.06.13公開)配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン   上映時間:2時間18分監督:ダーレン・アロンスキー脚.. Weblog: NAOのピアノレッスン日記 racked: 2014-06-22 23:53
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: ノア 約束の舟@TOHOシネマズ日本橋 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2014-06-24 06:12
  • 「ノア 約束の舟」 まさに狂信的な

    Excerpt: 「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキーの新作が「ノアの方舟伝説」を題材に Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2014-06-28 22:09
  • [映画『ノア 約束の船』を観た(寸評)]

    Excerpt: ☆こりゃ、なかなか面白かったどすえ。  私、ダーレン・アロノフスキー監督は、『レスラー』『ブラック・スワン』と見てきて、かなりの激しい物語で圧倒されつつも、その二作があまりにも似通っているので、1激.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2014-07-01 16:00
  • 「ノア 約束の舟」壮大さがもうひとつ、心に迫るものナシ

    Excerpt: 「ノア 約束の舟」★★★ ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、 レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、 アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン出演 ダーレン・アロノフスキー監督、 138分 .. Weblog: soramove racked: 2014-07-06 16:56
  • 動物バンザイ、人間NG ダーレン・アロノフスキー 『ノア 約束の舟』

    Excerpt: 『ブラック・スワン』で観る者を戦慄させたダーレン・アロノフスキー監督の最新作は、 Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2014-07-07 21:44
  • ノア -約束の船ー

    Excerpt:  『ノア -約束の船ー』を観た。  【あらすじ】  夢の中で世界滅亡を意味するかのような光景を目にしたノア(ラッセル・クロウ)。それが神からのお告げであり、全世界を飲み込むほどの大洪水がやって来る.. Weblog: みすずりんりん放送局 racked: 2014-07-25 18:28
  • 大洪水~『ノア 約束の舟』

    Excerpt:  NOAH  旧約聖書 『創世記』 より。堕落した人間たちに怒った神は、大洪水を起こし て人類を滅ぼそうとする。啓示を受けたノア(ラッセル・クロウ)は、自らの家族 と全て.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2014-07-26 11:38
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: ノア 約束の舟 '14:米 ◆原題:Noah ◆監督:ダーレン・アロノフスキー「ブラック・スワン」「レスラー」 ◆主演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー 、レイ・ウィンストン、エ.. Weblog: C’est joli~ここちいい毎日を♪~ racked: 2014-07-26 23:24
  • ノア 約束の舟

    Excerpt:  『ノア 約束の舟』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て興味を持ったので映画館に行ってみました。  本作(注1)のはじめの方では、アダムからノアまでの系譜が辿られた後(注2)、成人した.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2014-07-28 21:06
  • ノア約束の船 ダラダラダラダラ

    Excerpt: 監督:ダーレン・アロノフスキー「ブラック・スワン」「レスラー」 キャスト :ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー 、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、.. Weblog: Said q winning racked: 2014-07-28 23:24
  • ノア 約束の舟

    Excerpt: 【概略】 ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人.. Weblog: いやいやえん racked: 2014-09-17 10:31
  • 映画『ノア 約束の舟』を観て

    Excerpt: 14-49.ノア 約束の舟■原題:Noah■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:138分■料金:1,100円■鑑賞日:6月14日、TOHOシネマズ日劇(有楽町) □監督・脚本・製作:ダーレン.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2014-10-01 23:20
  • 箱舟のその先は・・・

    Excerpt: 14日のことですが、映画「ノア 約束の舟」を鑑賞しました。 ノアはある夢を見て それが神のお告げであり世界が大洪水に飲まれ滅びる悟り、家族と共に巨大箱舟を作りを始める しかし、ノアの父を殺した宿敵カ.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2014-11-24 23:03
  • 「ノア 約束の舟」

    Excerpt: 鬼才ダーレン・アロノフスキー監督作品。ダーレン・アロノフスキーは何処へ行こうとしているのだろう?一度何処か遠~い所へ行ってしまって、ありゃりゃと思っていたのが帰って来て。胸を撫で下ろしたのも束の間、今.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2015-01-06 10:01