「晴天の霹靂」☆たぶん1粒以上の涙

劇団ひとりが原作の「陰日向に咲く」は、悪くは無いけどそれほど印象にも残っていなかった。
そんなこともあって、『ちょっと文才があるからって本を書いたり、資金力を生かして映画を簡単に作ろうとする芸人の映画』と舐めてかかっていた。
すみません。私が間違っておりました。
これ、すんご~~~くいい!!!


画像
「晴天の霹靂」(5月24日公開)

<ストーリー>

売れないマジシャンの晴夫(大泉洋)は、幼い頃母に捨てられ、父親とも絶縁関係だったが、ホームレスとなっていた父の死を知らされ、自分の人生を重ねて絶望していた。
突然の雷に打たれ40年前にタイムスリップした晴夫は、そこで若き日の父(劇団ひとり)と美しい母(柴崎コウ)と出会う。
お腹に子供を宿していた母が10ヵ月後に産むのは自分だとわかるが・・・・



画像
監督劇団ひとりがこだわった、CGいっさいなしのオールロケは、いかにもセットが小ぶりだけど、やはりリアルな映像は見事☆

「40年前の電車」までもがCGでなかったのね・・・・と、後で公式サイトを見て知った私。
さすが映像がクリアでリアルだったわけだわ。

こだわった絵作りが素晴らしいのは、思い入れのある自らの原作を、自ら脚本、監督したことで生まれたに違いない。
ちなみに脚本は脚本家 橋部敦子の手を借りたことも成功した大きな理由じゃないかな。
思い入れは突っ走ると失敗しかねないから・・・・


画像
あんた死んでるからね・・・・・ダメダメなおやじは、若いときからダメダメ。

タイムスリップして昔の両親に出会うとか、割とありきたりなテーマなのに、何故かぐんぐん引き込まれる。
揃えた役者もみんな本当素晴らしくて、芸人が芸人をちらほら出演させて作る映画のような、おちゃらけた印象がいっさいないのも良かった。

何より、半分芸人が入っている(?)大泉洋と劇団ひとりの自然な掛け合いが、笑いも涙も誘うのだ。


画像
ひょんなことから、父と舞台でマジックショーのコンビを組むことに・・・

喋りが下手で現代では芽が出なかった晴夫も、過去の舞台では斬新なマジックで一世を風靡する。
・・・・・・喋りが下手で・・・っていうのだけが、どうしても大泉洋のイメージと真逆な上に、舞台に上がってからは易々と笑いを取っているのが、ちょっとだけ不自然に感じたなー

画像
うっかりナンパしようとした美しい女性のお腹には自分が

ひとときの幸せもつかの間、自分が生まれると同時に母は・・・・

自分の情けない人生は、情けない家族のせいだと思い込んでいた晴夫が、次第に両親の愛に気付いていく、切なくも温かい物語。
ありきたりなようでいて、どこか新鮮。

公式サイトでも「天性の才能」と書かれているように、朝まで練り直したプロットで思い入れたっぷりに撮影したシーンすらばっさりカットする初監督とは思えない手腕が、見事に映画に生きた結果じゃないかな。
見直したよー劇団ひとり。
画像
カメラワークが実にいい。役者もいい。ふざけすぎず面白く、号泣ほどではないけどしっかり泣ける


試写会では何故かポケットティッシュだけが最初に配られた。
映画を舐めてかかって、これをバックに仕舞いこんだ人が多かったらしく、会場は映画後半でごそごそとカバンの中身を探す音があちこちで。

是非、最初にハンカチは用意してから観よう☆



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年05月21日 21:16
まだ~むさん、こんばんは☆
これ、試写でご覧になったのですね、いいなぁ~。
日曜の朝に『僕らの時代』っていう鼎談番組があるんですけど、先日この主演三人が出てまして。
大泉洋って素でいい人だな~、劇団ひとりもいいな~、才能あるんだな~、コウちゃん相変わらず超絶美人やな~、とか思いながら観てました。
いい出来の映画なんですね、なんだかうれしいです(観る予定はないんですが、笑)。
ノルウェーまだ~む
2014年05月22日 00:02
真紅さん☆
コメントありがとうございます~~
なんかねー本当にお世辞抜きでいい映画でした!
その素でいいかんじが、映画にちゃぁーーーんと出ていたって感じがしました。
コウちゃんは相変わらず超美人でした♪
2014年05月25日 23:14
まだ~むさん、ふたたびこんばんは♪
結局、気になって今日観てきました。
・・・観てよかった(涙)。ご紹介ありがとうございます。
やっぱり、試写会って大事ですね。。口コミってやっぱ、気になるもん。
感想アップできたらTBさせて下さいね!
おやすみなさい~。
ノルウェーまだ~む
2014年05月26日 00:15
真紅さん☆
レビューがお役に立てて嬉しいです!
映画はその人の好みにもよるので、なかなか鵜呑みに出来ないものもありますが、やっぱり試写の感想は参考になりますよね。
真紅さんのレビューも楽しみにしています~☆

この記事へのトラックバック

  • 『青天の霹靂』 (2014) / 日本

    Excerpt: 原作・脚本・監督: 劇団ひとり 出演: 大泉洋 、柴咲コウ 、劇団ひとり 、笹野高史 、風間杜夫 試写会場: 東宝本社試写室 公式サイトはこちら。 39歳の売れないマジシャンの晴夫は、母に捨.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2014-05-24 13:53
  • 青天の霹靂

    Excerpt: 劇団ひとり、原作・脚本・監督・出演の作品。一人いったい何役なんだ(笑)。 「笑いと、たぶん一粒の涙の物語」がキャッチコピーのこの作品。涙は一粒じゃないですよ。いや、実際には泣きませんでしたが、少なく.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2014-05-25 16:36
  • 映画「青天の霹靂」@東宝試写室

    Excerpt:  今回は「Yahoo!映画」ユーザーレビュアー試写会に招かれた、客入りは9割位だ。映画上映後には二人の制作者と観客のティーチインが行われた。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2014-05-25 22:57
  • 青天の霹靂

    Excerpt: じんわり来る、余韻の残るイイ一本だった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2014-05-26 00:09
  • 「青天の霹靂」自らの生まれた経緯を知った先にみた両親に望まれて生まれてきた自分に託した母の愛情

    Excerpt: 「青天の霹靂」は劇団ひとりが書き下ろした小説を自ら監督と出演して映画化した作品で、もうすぐ40歳目前の売れないマジシャンがある日父が亡くなったと警察から連絡を受けて自分 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2014-05-27 00:00
  • 青天の霹靂 ★★★★.5

    Excerpt: 作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2014-05-27 19:27
  • 劇場鑑賞「青天の霹靂」

    Excerpt: 母と父の愛を知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405240001/ 【楽天ブッ.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2014-05-27 20:49
  • 青天の霹靂

    Excerpt: 「青天の霹靂」監督:劇団ひとり出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、風間杜夫 他配給:東宝概要:場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、 ... Weblog: マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) racked: 2014-05-28 19:24
  • 『青天の霹靂』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「青天の霹靂」□監督・脚本 劇団ひとり□キャスト 大泉 洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■c.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-06-02 08:35
  • 青天の霹靂 : 父と母の愛情に涙 ジーン...(≧ω≦。)

    Excerpt:  今日の広島は、少し肌寒い天気でした。まあ、私には丁度良い感じなのですが。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 青天の霹靂 【製作年】 2014年 【 Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2014-06-03 11:21
  • 青天の霹靂

    Excerpt:  『青天の霹靂』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、主人公の晴夫(大泉洋)が、「いつからかな、自分を“特別”だって思.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2014-06-06 21:30
  • 映画・青天の霹靂

    Excerpt: 2014年 日本 劇団ひとり、初監督作品 売れないマジシャン・轟晴夫(大泉洋)生れて直ぐ父・正太郎(劇団ひとり)の女性問題で母・悦子(柴咲コウ)は家を出てしまう正太郎に育てられたが、高.. Weblog: 読書と映画とガーデニング racked: 2014-06-09 16:58
  • ありがとう/ビートたけしに観て欲しい映画~『青天の霹靂』

    Excerpt:  場末のマジックバーで失意の日々を過ごす晴夫(大泉洋)は、ホームレスとなっ ていた父の死を知る。警察で遺骨を引き取った彼は、父のテントのあった河原で 雷に打たれ、40年前の浅草にタイムスリップ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2014-06-14 21:34
  • 青天の霹靂 (2014)

    Excerpt:   〈あらすじ〉 場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。 ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)が、ホームレスに ... Weblog: むらー・ぐらっつぇ racked: 2014-06-21 21:42
  • No.386 青天の霹靂

    Excerpt: 売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。39歳の売れないマ ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2014-06-22 23:02
  • 「青天の霹靂」 生かされていることを知る

    Excerpt: <ネタバレしているのでご注意ください> 主人公、晴夫は売れないマジシャン。 彼は Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2014-10-22 22:21
  • 青天の霹靂

    Excerpt: 劇団ひとり、初小説がヒットし、のちに映画化された「陰日向に咲く」も味わい深かったですが、自らの同名小説を、初監督したという、この作品も、なかなかの佳作でした。ますます、大いになる才能を実感。なるほど、.. Weblog: のほほん便り racked: 2015-04-14 14:26