「ホビット 竜に奪われた王国」☆エンドレスロードプレイングゲーム

追われて隠れて逃げて戦って助けられ、また追われて逃げて戦って・・・・
ラスボスを倒すまでは続く、あちこちを旅してアイテムと仲間を集めて戦って、まさにロールプレイングゲーム。
ああ、私にはロマンもロマンスも無いんだった・・・・
(かなりDisってます。ロードオブザリングシリーズのファンの方はここまでで)



でも朗報!試写会が2Dだったからか暗いところで大勢で戦うシーンがなかったからか、このシリーズで初めて最後まで寝なかったyo!!



画像
「ホビット 竜に奪われた王国」公式サイト(2月28日公開)

<ストーリー>

臆病なホビット族の青年ビルボ(マーティン・フリーマン)は、トーリン( リチャード・アーミティッジ)率いる13人のドワーフたちとともにかつての王国エレボールを取り戻すために旅を続けていた。
醜いオークに執拗に追われ、エルフの谷では牢獄へ入れられながらも、ついにたどり着いた人間の町で、バルド( ルーク・エヴァンス)の家にかくまわれるのだが・・・・


1作目はさすがにトキメイタけど、あとはシリーズを惰性で見て、結局最終話をパスしたままの(笑)トワイライトシリーズ。
同様にシリーズ全作見ているのに、毎度どこかで寝てしまったり、登場人物の名前がややこしくていまだに覚えられず話が把握できてないロードオブザリングシリーズ。
復習するには前3部作&「ホビット おもいがけない冒険」と多すぎ!しかもこの作品も2時間45分あったし!

画像
いきなりピーンチ!巨大蜘蛛に襲われるけど、めきめきと勇敢になるビルボのお手柄で・・・

何しろ蜘蛛が嫌いなので、んもう~~(汗)
それにしても森に巨大な蜘蛛がいて襲われるとか、まんまハリーポッターだね。
魔法使いの白いひげとか醜いトロールなど、あれ?これってイギリス映画だった?と思ったらハリウッドものだった。
基本「指輪物語」の方が先なんだけど、ビジュアル的に被りすぎ~~

画像
トーリン率いるドワーフ族は並ぶと判らないけど、小人族のホビット同様実は背が小さい

このメンバーだけ見ていると、背が小さいことを忘れてしまうけど、実は小人さんという設定。
改めて説明する必要全くないけど、改めてそうだったーと思った私(苦笑)

小人たちの名前ははなから覚える気がなくても、今回は前作と違ってややイケメンの活躍が見られるのがウレシイ☆


画像
相変わらず敵は醜い
なぜだか執拗にドワーフを追いかけて襲ってくる醜いオークたち。
どうしてだか理解してないために、何となく物語りに入り込めない。
彼らは何を守ろうとしているのか?黄金を独り占めにしている竜の手下なの?金も貰ってないのに?誰か教えてー!


画像
エルフの牢獄から逃げ出して~~~~ところで何で牢獄に入れられちゃったの?

樽の船で激流を下るシーンはなかなかの見もの☆
ディズニーランドのアトラクションみたいねー
ハリーポッターランドが出来たのだから、そのうちロードオブザリングランドも出来るのかしら??


画像
満を持して登場、ロードオブザリングでお馴染みのエルフのレゴラス(オーランド・ブルーム)

その割りに片想いの彼女の「想い人」を助ける手伝いをしたりして、心なしか背中が寂しい。
いいかんじ(?)に離婚の寂しさを漂わせてる?
台詞も少ないし、あまりいいところ無しでちょっと可哀想。


画像
ひとりせっせと先回りして頑張る灰色のガンダルフ(イアン・マッケラン)は、一人でオークと戦ったりしているけど、何のため?

ビルボを手助けしてるってこと?
はなれ山に魔法の結界が張られているとしても、一緒に旅をしても別にいいんじゃ?と思ったり。

基本、ロールプレイングゲームに興味を持てない私。
旅して戦って旅して戦って・・・・・とただ同じ事を繰り返す作業に価値を見出せないのだから、あちこちで危機的状況を無理やり作り出して、戦って勝ってああ良かったねーを楽しめないのは仕方ないのかな。

それでも前作の「ホビット おもいがけない冒険」をいいなーと思ったのは、ひとえに主人公ビルボの成長が見られたから。
今回もひとりで大活躍☆


画像
シリーズ始まって以来の「人間」が登場

監督のイケメンの定義が同じなのか、髪型が似ているからなのか、人間バルドといい、ドワーフのボス トーリンといい、毒矢にやられるドワーフの若者イケメンくんといい、なんとなくそっくりで見分けがつけらないっ
イケメン慣れしてないのかなー私?


画像
ついに王国へたどり着くと・・・・

王国での戦いはさすがにハラハラ♪

でも思えば自分の国でもないのに苦難の旅を共にし、ほとんどたった一人に責任を負わされた上に泥棒よばわりされるビルボが可哀想~

ちなみに黄金に埋もれる巨大な竜スマウグの声はベネディクト・カンバーバッチ。
対するビルボ役のマーティン・フリーマンは、彼と競演している人気テレビドラマ「シャーロックホームズ」でワトソン医師をしているんだった☆
あまりに違うので、観ている時は気付かなかったくらい。



苦労したラストの反撃もまるっきり無駄になったけど、ファンタジー好きの人ならかなり楽しめる~~~好きで無い人も十分に☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たいむ
2014年03月02日 22:52
そうそう、最初ビルボがワトソン君だってわかんなかったんですよね。ん?ワトソン君がビルボだってことに気が付かなかったが正解なのかな?

イケメン族も私も最初は髪の色とか長さとかで判断(^^:
私も顔を覚えるのが苦手なんで苦労しました。
ついでに蜘蛛も大の苦手なのでしばらく「う~」ってなってました。
ハリポタでも出てきたけど、ファンタジーに蜘蛛って付き物ですよね。
ノルウェーまだ~む
2014年03月02日 23:40
たいむさん☆
わー、コメントありがとうございます。
かなりディスっているせいで、もう誰も書いてくれないかと・・・

そうそう、ワトソン君がまっさかビルボとは気付かずにシャーロック見てましたわ。
この粋なコンビは、やっぱりこのドラマを意識してのキャスティングなのかしら??
2014年03月03日 20:40
まだ~むさんこんばんわ♪

2時間強はなんだかんだで長いですもんねぇ・・w予習しようにも少し気が滅入るのは分かります。だから自分も予習は無しで、ブログで書いた1章の記事を読み返して冒険再開といった感じ^^;事前に睡眠とかもちゃんと取ってなければフェードアウトする自信もアリですw
まあ幸い今回はアクションが多めで自分はウキャウキャ言いながら観てもいたのですが、まだ~むさんはどうやら「?」が多くてイマイチでしたか?結構イケメン補正も付与してたと思うのですが・・^^;

こ、これでは最終章もちょっと心配・・(笑
ふじき78
2014年03月03日 21:19
> シリーズ全作見ているのに、毎度どこかで寝てしまったり、登場人物の名前がややこしくていまだに覚えられず話が把握できてないロードオブザリングシリーズ。

大体御同様です。どれも長い。無駄にキャラ多い。ドワーフとかあんな数いらん(個別に覚える必要はきっとないんだろうけど)

蜘蛛は……きっと、次回の冒頭でビルボが手から糸を出す。「アメイジング・ビルボ」になって、スマウグと戦うに違いないです。
ノルウェーまだ~む
2014年03月03日 23:10
メビウスさん☆
いえいえ、今回の映画はシリーズの中でも一番良かったのは、寝なかったのがその証拠で!
ぐっと楽しめたって事なのですよ~
でもそもそも冒険モノというかファンタジーに興味が持てないのだから、しょうがないですね。
追われて戦って・・・が冒険ものの身上ですもの。
最終章も勿論見届けますわ。
その時は心を入れ替えてちゃんと復習しておきますっ!
ノルウェーまだ~む
2014年03月03日 23:14
ふじき78さん☆
うひゃー!アメイジングビルボって、カッコイイのかキモイのか・・・(爆)
ドワーフのメンバーの名前は当然のことながら、私ってオークが誰なのか谷にいた魔法使いさんたちとか、今回の地下帝国(?)のオーリー演じる方たちとの関係からよく理解できてなかったのでした。
このシリーズを見る資格がそもそもないという・・・(苦笑)
ノラネコ
2014年03月07日 20:48
シンプルな原作プロットに組み込まれた、映画オリジナル要素が意外と効果的で、今回もあっという間の161分。
あと30分くらいあってもよかったかな。
このシリーズはやっぱ長くないとらしくないというか(笑
ノルウェーまだ~む
2014年03月07日 22:55
ノラネコさん☆
うへーっ後30分も追加されたら、疲労困憊してしまいますわ。
ノラネコさんは相当お好きなのですねー
確かに長いのが当然のようになてますけど・・・
2014年03月18日 16:17
ぶっ(笑)これ面白かったです(笑)
どこからツッコミ入れていいか分からない!w
でも確かにこのシリーズって、長い上に物語が複雑ですし、
映画も一度見ただけでは、把握が難しいですよね。
私は原作もファンなので映画の素晴らしさ最高!と思ってますけど、
そうでないとよく分からないところだらけで何が何やら~、な感想でも仕方がないかも…と思います。
あと、普通に考えてもファンタジーって好き嫌いありますよね。
ただ一言だけ言わせていただきたいんですが(笑)、ハリーポッターがこちらに影響されて作られてるんですよと!w
ノルウェーまだ~む
2014年03月19日 00:53
とらねこさん☆
だよねー(爆)
ハリポタのほうが原作的にずっとあとなんだものね!
ちょっと迷ったんだけど、映画はハリポタが先で、その辺のビジュアルが同じなのかな?とか思ったり。
ただ、イギリス人の発想的に魔法使いのイメージ・森の不気味さ・醜い生き物などは、ある意味共通したものを根底に持っているのかなーと思うのでした。
2014年03月24日 23:52
ガンダルフが途中でどっか行っちゃったのは「名前を言ってはいけないあの人」…ではなくて『LOTR』の大ボスが復活する兆しを感じて、そいつを調査するためではないでしょうかね。ビルボたちより世界の危機の方が重要…というのはわかるけど、しどいわ(;_;)
ちなみにこれでもシリーズ中最短の尺であります。いろいろdisってますけど、まだ~む、どうせ完結編も見るんでしょ?
ノルウェーまだ~む
2014年03月25日 01:02
伍一くん☆
えー?これ一番短い作品なの??
でも一気に観れて、なかなか楽しめたのよ。
しかーし、これより長くなったら絶対寝るぅー
体力ないからさ(苦笑)
完結編?観るよー♪

この記事へのトラックバック