キックアス ジャスティスフォーエバー」悪と正義の境目

どこからが漫画で、どこからがリアルなのか?
どこまでが正義でどこからが悪者なのか?
まるで漫画のようなことを実際にやらかしちゃう面白さが、ほかのアメコミ映画と一線を画する唯一無二の面白さだったのに、これではコミックを実写化したアメコミ映画と変わりが無いyo



アメコミの世界を現実のものにしたオタクの勇気に世界中が乾杯した(?)感動はここにはもう無い。

画像
「キックサス ジャスティスフォーエバー」公式サイト(2月22日公開)

<ストーリー>

高校生になったミンティ(クロエ・モリッツ)は、非業の死を遂げたビッグダディに頼まれ保護者として彼女の世話をしているマーカスの目を盗んでは、学校をサボってヒット・ガールの活動をしていた。
平凡な大学生生活を送っていたデイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)はミンティに師事して体を鍛え、キックアスの活動を再開した。
次第にコスプレで活動に参加する一般市民が増えていったが、キックアスにマフィアの父を殺されたクリス(クリストファー・ミンツー=ブラッセ)はレッド・ミストの名を改め、本物の悪役になって父親の復讐をとげようと・・・・・


画像
かな~り大人になった二人、キックアスももうへなちょこオタクではない

ヒット・ガールに師事して、めきめきと筋肉を鍛え上げていくデイヴには、もうあのひ弱なアメコミオタクの影はどこにもない。
しかも彼女いるし(あ、キックアスと解って彼女できたんだっけ?)、正義の仲間のひとりナイトビッチと毎晩・・・・って、そりゃ名前が名前だけにって言っても、そんなリア充なデイヴは、もうキックアスじゃないしーっ

画像
コスプレヒーロー集団のアジトで正義の集団「ジャスティス・フォーエバー」の結成を祝う

率先して正義を貫くグループのリーダーのストライプス大佐のジム・キャリーは、マスクをつけていると何だかめっちゃ普通のおじさん。
蛍光緑の「マスク」(ストライプス大佐も緑のマスクだけど)じゃないと、逆に誰だか判らないなー(笑)


画像
悪者をやっつけるより、ハイスクールのJK相手のほうが苦手

イケメンアイドルのPVを見てうっとり~☆ネイルをつけて、パジャマパーティーに参加~☆って、いきなりJKライフを楽しむにはハードルが高すぎるのでは?
保護者のマーカスのごく普通の親が娘に期待する想いは、すっごくよくわかるけどね。

それにしてもJKたちをやり込める時のやり方が、道具を使うっていうのが残念だった。
このスタンスが今回の作品を大きく支配していて、私は何よりも気に入らない点なのだ。


画像
父を殺された復讐に燃えるマフィアの御曹司クリスは、ひげも生えたのにまだまだ反抗期

父は殺されたらダメで、母はうっかりでもいいのか??

ヒットガールには心配する親代わりのマーカスがいるように、クリスにも彼を心配するお付きの者がいる。
どちらも親身になって行く末を心配してくれているのに、なぜ子供というものは、こうも暴走してしまうのだろう?
『本当の自分でいたい』気持ちもわかるけど・・・・


画像
クリスは母のボンテージファッションに身を包んで、悪に目覚めた時から、おかしな方向へ

マフィアの財力を利用して(?)極悪人を集めてくるのは、まだ良しとしよう。
しかし彼らは何の目的で警官を次々とぶっ殺すのか?
『悪人集団』を世間に印象付けたいのも解るけど、ここまでやると、すでにコミックの領域に入ってしまう。

ジャスティスフォーエバーって、悪そうな格好して集まってただけなのに、ボコボコにするのは「正義」っていうのかな?

画像
このキックアスは、コミックを現実にしてしまうのが面白かったわけで

コミックを実写化したものは、バケモノのような悪人が登場して、バッタバッタと無残に殺されても何とも思わないけど、「まるでコミックのようなお話」であるキックアスでそれをやってしまうと、大切な住み分けというか、許容できる領域が曖昧になってしまい、とたんに面白みがなくなり、ただ眉をひそめるだけのものに成り下がってしまうのだ。

そうなるとラストの大乱闘で、無敵のマザーロシアを難なく倒すくだりも、軍隊並みの銃器を持ち合わせているのに、寄せ集めのコスプレ集団にあっさり負けてしまうのも、ちっともスカッとしないわけで。



エンディングのあとの映像に、この映画がアメコミヒーローものとして続編をシフトしていく覚悟であることを示唆しているのを見て、ああ、もうこのシリーズも終わったなと思うのだった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年02月19日 12:13
こんにちは。
今ちょうど渋谷の地下街にキックアスのポスターの巨大ポスター?というか看板が大々的に出ていて、前を通るとついニマニマしてしまっています。^^
この作品、なんといってもクロエちゃんのかわいさと下品なセリフのミスマッチが魅力?で、予告を見ておもしろそうだな~と思っていましたが、まだ~むさんには今ひとつ期待はずれだったようですね。
第1作のなんともいえないB級感もなくなって、アミコメ実写大作への道をひた走り…でしょうか。ちょっぴり残念な気もしますね。
ノルウェーまだ~む
2014年02月19日 15:06
セレンディピティさま☆
私も1作目の大ファンだっただけに、あの素朴な中にキラリと光る面白さを楽しみにしていたのが、ちょっとがっかりでした。
B級感はないことはないのですけど・・・
一番はこの映画に最も大切な、「オタク臭」が薄いことかなぁ。
レイヤーさんたちは成りきっていても、決して無敵のヒーローであってはいけないのです。
2014年02月23日 00:16
こんばんは♪
前作がすごく面白かったのでおさらいしてまで観に行ったのに....肩透かしをくらったというか普通というか...
最初と最後のヒット・ガールの活躍は良かったんですけど、キック・アスが筋肉つけちゃったのが残念。前作のようなへなちょこくんが好きだったのになぁ。
2014年02月23日 06:25
私は今作は劇場で見なくていいかなーなんて思ったので
ノルさまの記事を読ませていただいちゃいました
うん、なるほど。普通のアメコミ物と何ら変わりなくなっちゃってるとな
私もきっとそういう感想持ちそうだなーと思います
前作のラストの、ヒットガールがバッタバッタとなぎ倒していくのは好きだったんですけどね。
ノルウェーまだ~む
2014年02月23日 09:16
yukarinさん☆
そうそう!そうなのよー
彼はへなちょこでなんぼでしょう?
たとえ筋肉をつけたとしても、どこかへなちょこぶりを維持していてほしかったわ。
ちょっと肩透かしだったねー
ノルウェーまだ~む
2014年02月23日 09:19
とらねこさん☆
そう!あの意外性。
まさかの少女がバッタバッタとなぎ倒す、あの衝撃。
まさかのオタクが悪をやっつけちゃう、あの意外性がたまらなく良かったのに、何の衝撃もない普通のアメコミ展開でしたよー
んもうっ
にゃむばなな
2014年02月23日 10:39
ヲタクの世界にそろばんを持った素人が土足で上がってきて続編を作った。
そう思われても仕方ないほどの「普通のヒーロー映画」でしたね。
そんなのはクモやコウモリに任せておけばいいのに!
ノルウェーまだ~む
2014年02月23日 15:04
にゃむばななさん☆
そうですよねーっ!
ありきたりのアメコミヒーロー映画これ以上作って、どうしようと言うのでしょう?
あの唯一無二のへなちょこなりきりヒーローが良かったのに!
マリー
2014年02月23日 21:43
うん・・・キックアスはヘタレじゃないと~。
イケメンで強くてだと普通のヒーローになっちゃう・・・
どうしてこういう方向に行くんだろうね?
3部作って聞いたから、続編は必ず作るわけで・・・それはもうマザー・ファッカーがスパイダーマンのハリーばりに復讐の炎を燃やすわけで・・・
今度はパパと用心棒の彼も殺された恨みもあるしね。ママは自分が殺ったからいいのね?(苦笑)

アイドルグループのPV鑑賞シーン、これ用に作ったのかと思ったら、本当にアイドルなんだってね~~。知らなかったわ・・・
ノルウェーまだ~む
2014年02月23日 23:10
マリーさん☆
そうねー、きっとマザーファッカーがロボコップ並みの鋼鉄の体を得て、最強になるって展開でしょうね。
そして旅立ったヒットガールが窮地に助けに来るって・・・読めたわー

どんどん大きくすると、もうキックアスの魅力ゼロになっちゃうね(苦笑)
風情♪
2014年02月24日 19:58
こんにちは♪

>コミックを実写化したアメコミ映画と変わりが無い

多感なお年頃のミンディの悩みはまだイイとしてもデ
イヴが肉体的にも戦闘能力値もビルドアップされて本物
らしくなっちゃいかんと思いましたね。
キックアスは心意気と口だけはいっちょ前のポンコツヒ
ーローであり続けて欲しかったですよ。

>『本当の自分でいたい』気持ちもわかるけど・・・・

いやいや「本当の自分でいたい」を貫いたらただの我が
ままちゃんですぜ。
時に「手前ぇを殺して」の腹芸ができなきゃ大人にも悪
人にもなれませんぜ! ( ̄‥ ̄)=3 フン
ノルウェーまだ~む
2014年02月24日 22:13
風情♪さん☆
そうなんですよー
デイブはポンコツな部分をどこかに残しておいてくれないと・・・
そして、ある意味大人にも悪人にもなれない・・・というのも必要かなーと私は思いましたyo
2014年02月26日 18:32
まだむさん、こんにちは。

そうですね~この役柄は、へタレなアーロンでなくちゃ!
前作以後、クールな「ノーウェアボーイ」、危なげな「チャットルーム」、「アルバート」「アンナ~」では、マジ、ヤナ奴だったので、今回、へタレだったの忘れてました(爆)
今作、わたしは微妙でした。
制作するなら、クロエちゃんがもう少し幼い時期にやれば良かったのにと感じましたよ。
ノルウェーまだ~む
2014年02月27日 13:56
オリーブリーさん☆
私は他のどれも観てないこともあり、余計にヘタレであってこそのキックアスと思っていたので、まるっきり違った印象になってしまい残念無念でしたー
クロエちゃんが小さかったからこその特別感、親子で訓練でもマジ撃ち合う特別感、ヘタレでもなぜか勝っちゃう特別感がどれも全く抜け落ちてましたね。
2014年03月09日 22:30
おばんです。かなりテンション下がりがちの感想ですねー わたしは1作目ラストでヘタレだったキックアスがビューンと空を飛んでくるところにすごく感動したんですよね。この映画にもそういう「隠し玉」みたいのが一応あったけど、1作目の感動には及ばなかったなあ
ただまだ~むさんがお気に召さなかった「ゲロゲリ棒」、あれにはめっちゃウケましたw あの女の子たちの今後の女優人生がちょっと心配です
ノルウェーまだ~む
2014年03月09日 23:25
伍一くん☆
あの棒がめっちゃウケる人とそうで無い人と、まっぷたつですねー
なんつーか、女子目線でいくとあの手のイケイケガール(古っ)によるいじわるは良くある話で、ある意味リアル過ぎるJK話になっちゃってるわけで、スカっとやっつけるにしてももう少しマジなやり方を望んでしまうのでした。
そそ、悪人を倒すにしても結局力でねじ伏せているヒットガール&キックアスに、今回はちょっと辟易としてしまったのでした。
2014年03月11日 21:18
もっと B級ノリにして~だったよ
キック・アスの 息抜き的な作りだったねぇ
もっと 遊びで作って欲しかった
クロエちゃんが「半端にブレイク」してて
折角アーロン始め演技者を揃えてたのが
イマイチになっちゃったねぇ・・・
次は「恋」の世界もB級炸裂して欲しい~~

前作のが良い~~
ノルウェーまだ~む
2014年03月11日 22:39
qちゃん☆お久しぶり~~
ほんと、前作のほうがずっと良かったねぇ。
クロエちゃんもアーロンくんもブレイクしちゃったのが、逆に失敗だったかも。
やるなら思いっきりB級テイストが良かったよね。

この記事へのトラックバック