「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」ゆるゆると心温まる

全編モノクロだしー、ゆるそうな映画だしー、こりゃ寝ちゃうかも?と思ったら大間違い。
ゆる~く笑える老おいた父と息子の心に沁みる作品は、今こそ是非とも観たい作品。


画像
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」公式サイト (2月28日公開)

<ストーリー>

高速道路を一人歩いていて警察に保護された老人ウディ(ブルース・ダーン)は、100万ドルの当選金を受け取りにモンタナ州からネブラスカへ向かうところだった。
それは詐欺だと説得するが、何度でも歩いて行こうとする大酒のみで頑固な父を、息子のディビット(ウィル・フォーテ)は仕方なく車に乗せる。
途中立ち寄ったウディの故郷で、賞金に群がる知人たちのトラブルに巻き込まれながら、両親の知らなかった過去を知ることになる。
そしてついにディビットは本当の賞金に気付くのだった・・・・



画像
父さんの入れ歯あったよーっ

何度阻止しても、額に7針も縫う怪我をしても、どうしても4州歩いてネブラスカまで行こうとする父。
頑固というと、すぐカッカとなって怒るイメージだけど、このお父さんはプチボケが入った、言葉少なでぬおーっとしていて穏やか、だけど決して言うとおりにしないタイプ。
意外に手ごわい。


画像
とりあえず、親族の集まる食事会で父を引き止めようとするが・・・・

兄も同席して父が賞金を鵜呑みにしているけど、実は詐欺なんだと説明するも、逆に一族の皆は大金が入るのを内緒にしようとしていると勘違い。
皆が老人の大金を狙って、あれこれと言い寄ってくる。

とんちんかんな言葉の行き違いが、ゆる~く笑える。

画像
のどかな田舎町の今年一番のニュース

前半はゆるゆるとした展開に、やや眠気もくるけど、大げさではない笑わそうとしてない彼らの表情と動きが大真面目なだけにかえって可笑しい。
日常にあるこれこそがユーモアというものなんじゃないかな。

画像
窮地には必ず機転のきく、しゃっきりした母は実はアバズレだった?

二人の故郷で知ることになる、両親の若かった頃のエピソード。
意外にアバズレだった母に、結局色仕掛けに弱い父・・・・

今まで『年老いた頑固な父』としてしか見てなかったのが、次第に彼らの魅力的な人生を知ることで、ぐっと父に気持ちが寄っていく。


画像
金目当てにたかってきた親戚も、いよいよ本当に詐欺だとわかると・・・・

手のひらを返したように父を馬鹿にし始める親戚や友人たち。
おお・・・なんて恐ろしや・・・

それでも一途に信じ続ける父に・・・
画像
何でそんなに賞金が欲しいの?と聞くと父は・・・・

この辺りからラストまでじんわりと涙。
ひょうひょうとしたウディじいさんと、あくまでも穏やかな息子が本当に愛おしく思えてくる。


はじめはモノクロで色味のなかった白黒の画面が、なぜだか最後には暖かい色合いに見えてくるから不思議。
はてさて、自分は子供にそして父親にどんなことができるかな?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年02月07日 20:21
お、また試写で見たんですね。
私もこれ見ようかな。アレクサンダー・ペイン、今のところさほど好きというほどでもないけど、決して嫌いでもなく…。
どうしようかな。ノルさんはオススメですか?
ノルウェーまだ~む
2014年02月07日 22:30
とらねこさん☆
これねー、とらねこさん好みと思いますよ~
ゆるーく、じわーっと心に染み入るような映画でした。
もう一度観ると、もっとうるうるっときそう☆
2014年03月02日 00:16
こんばんは♪
ウディじいちゃんが良かった~うちの祖父に重なる所がありました(笑)
淡々としてるけどわりと笑いもあって楽しめました。
切ないシーンもあったげと、じんわりくる心温まる素敵な作品でした。
父と息子のお話には弱いので観られて良かったです。
ノルウェーまだ~む
2014年03月02日 00:33
yukarinさん☆
素敵にゆる~く笑えたね。
最後はじんわりきて、心があったまりました。
観た後から、じわじわと良さが増してくる、そんな映画でしたね~
私も父と息子もの弱いですぅー(母と息子も)
にゃむばなな
2014年03月02日 11:03
これは白黒映画だからこそ、ここまでの良さがあるんでしょうね。
どの色にも染まっていないというのは、誰の色にも染めることが出来る現れ。
改めて私も父親孝行したくなりましたよ。
ノルウェーまだ~む
2014年03月02日 14:41
にゃむばななさん☆
確かにそうですねー
白黒の画像いうのは、景色や雑念にとらわれずに、本質を見つめることが出来るような気がします。
親はうざくとも、愛情のかたまりなのだと改めて気付かされました。
2014年03月02日 21:55
まだむさん、こんばんは。

老人達が揃ってテレビ見ながら、車の話をするまったりとした笑いがツボでした(笑)
家族って、面倒くさいと思うことがあるけど、育てられてきたつながりが自分の中にちゃんとあって、自然と逆らえないようになっているものなんですね。
ウディのような爺さまは、どこのご家庭でも、親戚に一人ぐらいは居そうな感じです(笑)
ノルウェーまだ~む
2014年03月02日 23:25
オリーブリーさん☆
私もじじたちが黙ってテレビを見て、たまにボソッと喋るのが車のことばかりとか超ウケました。
おばあちゃんは何歳になってもペラペラとお喋りするのに~

誰にでもどこにでもありそうなお話っていうのが、またいいですよね。
2014年03月07日 20:47
良かったですよね、これ!じわじわ来てすっごく良かったです。
私のtwitterのTLではものすごく評判が高いんですよ。
私が見た時はそれほど混んでなかったんですが、それなのにそこかしこで笑いが起きてたなー。
次男の優しさがじんわりしましたね。
老人問題を扱った映画が多い中にあって、この辛辣さやユーモアセンスは、本当に貴重に思えました。これが決定版、というぐらいに気に入ってしまいましたよ。
ノルウェーまだ~む
2014年03月07日 22:45
とらねこさん☆
そうなんです!じわじわと、あとからどんどん良くなってきますよね☆
私が見たときも笑い語そこここで起きてました。
本当はプチぼけた親が、とんでもないことを言い出したりしたら、もっと困ったりイラっとしたりして、深刻になるパターンが多いのに、このカラッとした明るさが実に貴重でしたねー
ずっと忘れない1本になりそうです♪
2014年05月27日 22:08
こんばんは。わたしこれ『クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとーちゃん』とハシゴして見たんですが、偶然「父子もの」つながりになってしまいましてね… 日米の父子関係を比較する上で興味深い考察ができました。というか『ロボとーちゃん』はすごくやかましい映画だったので、なおさらこちらの静けさが際立ちました。両方よかったですけど
うちのとーちゃんも気難しくなってきた上に酒は大量に飲むは人の言う事は聞かんわなかなかの問題児ですが、まあ生きてるうちに孝行しなきゃいけませんよね
ノルウェーまだ~む
2014年05月28日 12:04
伍一くん☆
父親っつーのは、年をとって気難しくなる方と、丸くなる方といるのでしょうかね。
私の父は若い頃気難しくて母を困らせていましたが、今ではかなり鍛えられて丸くなってきています。
いずれにしても、生きているうちに親孝行は必須ですね☆

この記事へのトラックバック

  • 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

    Excerpt: (原題:Nebraska) ----スゴイ雪だったニャ。 お空の上から見ると、一面真っ白。 「う~ん。 なにせ、 東京じゃ16年ぶりという大雪だからね。 というわけで、今日はこの映画 『ネブラスカ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2014-02-14 10:16
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

    Excerpt: ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅@松竹試写室 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2014-03-01 14:20
  • アレクサンダー・ペイン監督『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(Nebraska)』父と子の"ゆきて帰りし物語"

    Excerpt: 『アバウト・シュミット』『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』のアレクサンダー・ペイン監督による父と子のゆきて帰りし物語『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(Nebraska)』主演のブルース・ダーンは.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2014-03-01 19:57
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

    Excerpt: 【NEBRASKA】 2014/02/28公開 アメリカ 分監督:アレクサンダー・ペイン出演:ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ステイシー・キーチ、ボブ・オデンカーク 回り道が.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2014-03-02 00:07
  • 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

    Excerpt: 老いても鯛。それが父親というもの。 息子にとって父親は人生最初の英雄。ゆえにその英雄の名誉を守るのは男としての一生の使命。例えその英雄が老いて衰えようが、ボケて意固地 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2014-03-02 11:07
  • 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」じっくり沁みる…、何かいい。

    Excerpt: [ネブラスカふたつの心をつなぐ旅] ブログ村キーワード  「サイドウェイ」「ファミリー・ツリー」のアレクサンダー・ペイン 監督の最新作。「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」(ロングライド)。モンタナ.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2014-03-02 12:15
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅/Nebraska

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞主要5部門ノミニー。 アカデミー賞主要6部門 (作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2014-03-02 14:24
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

    Excerpt: 100万ドルの賞金が当たったという、どう考えてもインチキな手紙を信じ込んだウディ・グラント(ブルース・ダーン)は、モンタナ州からネブラスカ州まで、徒歩で賞金を受け取りに行こうとする。 何を言っ.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2014-03-02 16:53
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(10) モノクロ映像であるが故に美しく詩的な印象を受ける。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2014-03-02 20:48
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 ★★★

    Excerpt: 『ファミリー・ツリー』などのアレクサンダー・ペインがメガホンを取り、頑固な父と息子が旅を通して家族の絆を取り戻す様子を描くロードムービー。大金が当選したという通知を信じる父とそれを怪しむ息子が、モンタ.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2014-03-03 16:10
  • 映画:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 信じる心が大切。2014年型 ロードムービー!?

    Excerpt: アメリカ映画と言えば、定番ジャンルに「ロードムービー」がある。 なんたって広大な国だけに、東西を行き来するだけでいろいろドラマが発生するのだ(笑) これを親子で、というのが今作の特徴。 イ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2014-03-06 19:30
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

    Excerpt: ミリオンダラー・ファザー 公式サイト。原題:Nebraska。アレクサンダー・ペイン監督、ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ステイシー・キーチ、ボブ・オデン ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2014-03-07 23:12
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

    Excerpt: モンタナからネブラスカまでの父子の旅を描いたロードムービーです。 予告編を観て、モノクロの静かな映像が心地良さそうだなあと気になっていました。 頑固老人の父と、常識を持ちながらも我が道を行く父の希望を.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2014-03-09 11:47
  • ネブラスカ

    Excerpt:  『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)これも、アカデミー賞の作品賞などにノミネートされたことから見に行ってきました。  本作は、老齢の父親が100万ドルの.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2014-03-12 20:46
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅/ブルース・ダーン

    Excerpt: 『サイドウェイ』『ファミリー・ツリー』のアレクサンダー・ペイン監督がメガホンをとり疎遠になっていた父子が旅を通して家族の絆を取り戻す様子を描いたロードムービーです。 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2014-03-15 18:18
  • 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』 (2013)

    Excerpt: じんわり沁み入る、親と子の愛しき旅ムービー! ずっとこの世界観に浸っていたいと思わせる、珠玉の人情ロード・ムービーであった。 本作は、『アバウト・シュミット』(02)、『サイドウェイ』(04)、.. Weblog: 相木悟の映画評 racked: 2014-03-15 23:44
  • 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

    Excerpt: 2013年・アメリカ 配給:ロングライド 原題:Nebraska 監督:アレクサンダー・ペイン脚本:ボブ・ネルソン撮影:フェドン・パパマイケル 頑固者の父親と、そんな父とは距離を置いて生きてきた息子が.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2014-03-23 16:46
  • 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」何も得るものが無くても、旅は良いものだ

    Excerpt: 「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」★★★★ ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、 ジューン・スキッブ出演 アレクサンダー・ペイン監督、 115分 2014年2月28日公開 ロングライド (原題/原.. Weblog: soramove racked: 2014-03-23 17:11
  • ミリオンダラー・ダディ~『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

    Excerpt:  Nebraska  モンタナでAV機器販売店を営む、冴えない中年男デイヴィッド(ウィル・フォ ーテ)は、父ウディ(ブルース・ダーン)とネブラスカを目指して.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2014-04-09 20:53
  • 映画『ネブラスカ、ふたつの心をつなぐ旅』を観て

    Excerpt: 14-30.ネブラスカ、ふたつの心をつなぐ旅■原題:Nebraska■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:115分■料金:1,800円■観賞日:3月23日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)□.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2014-05-06 23:13
  • アメリカ横断ウルトラクジ アレクサンダー・ペイン 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

    Excerpt: 父子ネタがつづきます。本日ご紹介しますのはアカデミー候補常連ともいえるアレクサン Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2014-05-27 22:09
  • 旅で知る家族の、

    Excerpt: 4日のことですが、映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」を鑑賞しました。 どう見てもインチキな100万ドルが当たったという通知を受け取ったウディ、信じるウディに息子のデイビッドは付き添うことに こ.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2014-09-28 18:11
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

    Excerpt: 「2015年ですッ!!」 「ですッ!!」 「2015年一番最初の映画に耽溺~!!」 「そして2014年映画の中でわたくし達的にNO.1作品だってことで・・・」 「そうそう」 「これさあ邦題でちょ.. Weblog: 映画に耽溺 racked: 2015-01-18 21:55
  • ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

    Excerpt: 【概略】 100万ドルの賞金に当たったと信じ込む父・ウディを見兼ねた息子のデイビッドは、骨折り損だと分かりながらも彼を車に乗せて旅に出る。 ドラマ 頑固者で少々痴呆気味の父親ウディと.. Weblog: いやいやえん racked: 2015-04-11 08:18