「謝罪の王様」粋な社会風刺☆ホロリもあるよ

ねえねが愛してやまない阿部サダヲが主演だから~~ということで、ねえねの都合の合う時まで待っていた作品。
評判がすこぶる良いので、期待がちょっと大きすぎたかな・・・
それでも用事を済ませて、18時からの回を観ようとしたら、日曜の夜はなんといっぱい!!
ラストの21時からになってしまい、ロビーで3時間も時間をつぶしちゃった。



ファーストデーでもないし・・・と舐めてかかったのが失敗。
公開からしばらくたっているのにこの人気は、あまちゃん人気をうまく利用して、夏休み映画もほぼ収束したこの時期を狙ったことも大きいと言えるけど、それ以上にこの作品のような肩の力を抜いた脱力コメディが、人々に求められていたってことかも☆


画像
「謝罪の王様」公式サイト


<ストーリー>

うっかりヤクザの車に衝突事故を起こしてしまった倉持典子(井上真央)は、帰国子女の発想から上手く謝罪できず、大変な事態に追い込まれる。
東京謝罪センターの所長 黒島譲(阿部サダヲ)に助けを求め、代わりに謝罪してもらうことで窮地を脱した彼女は、彼のセンターを手伝う事になる。
様々なケースを解決していくうちに、謝罪がうまくいかずに国家の存亡を揺るがす事態に発展した事で、ついに黒島は内閣総理大臣を訪ねていくのだが・・・・




画像
ヤクザにはこの方法で・・・・・

海外では「謝ったら、自分の非を認めたことになり、訴訟で不利」という発想から、『なるべく謝らない』というのが一般常識。
これを日本で適用すると大変な目に遭う・・・・・という、笑えるけれども、本当は相手がヤクザでは謝ってもやっぱりダメなのでは?

真央ちゃんが珍しくオカッパヘアーで登場。
凄く痩せたのかな?なんだかパッツン前髪が似合わない気がする・・・ちょっと上から目線なんだけど、帰国子女ってそういうイメージなのかなぁ?


画像
喫茶店が事務所代わり

あとでわかる喫茶店の名前は『泣き寝入り』
喫茶店の雰囲気も登場するマスターの雰囲気も、どことなくあまちゃんに登場した松尾スズキっぽい。

画像
岡田将生が、ムカツク軽男を熱演
チャラ男でもない、どこにでもいそうだけど、なんと~なくムカツク男いるよねーを、ものすごく的確に演じている。
彼の「パスカル」「ラスカル」は出演者一堂も一番笑ったとパンフレットにも書かれていた、私もお気に入りのシーン。
海外ではどうやって翻訳したのかなー?

オムニバスのように描かれる、様々な謝罪のケースは、それぞれ『あるある』

軽い気持ちでやってしまって、罪悪感を持ってないため、大きな問題に発展するケースは、最近ニュースでも良く見かける光景だよね。
最初からきちんと謝ったらよかったのに。
とはいえ、当人が悪い事をしたと思っていないのが一番問題なんだよね。

よくぞ映画にしてくれましたっ



画像
繰り返し行われる謝罪会見に疑問を持っていた人も多いはず

息子が暴力事件を起こした有名大物俳優&女優の記者会見風景。
警察署を出た息子が、記者団に深々と頭を下げるところで「誰に対して謝っているのかしらね?」という素朴な疑問は、いつも私も思っていたこと。

両親が(たとえ謝罪に行くのにゴージャスな毛皮を着てたとしても)、誰も見てないところで被害者の方に、真摯に謝る姿が本来あるべき姿では?
被害者本人から聞いた『暴力行為の本当のわけ』で、ちょっとホロリ。


画像
黒島が謝罪センターをはじめたキッカケは・・・・

ラーメン店の舟木をエグザイルのMATSUが好演。
ガテン系で日雇い風のいでたちが、なんと似合うことよ。
ラーメン店の名前が「言語道断」だったり、店長さんかと思ったら「みせなが」さんだったりと、細かい笑いはクドカンならでは。

それぞれオムニバスだったケースが少しずつ繋がっていき、最後に真央ちゃんのエピソードでまたホロリ。
形だけの謝罪なんて、誠意と気持ちが伝われば本当は必要ないことを教えてくれる。


画像
マンタン王国は実は千葉で撮影

どうみても現地の人がエキストラだったと思ってみていたら、なんと千葉で日本人を集めて撮影したとはっ!!

国家の問題に発展していく「AWAITS 愛の四丁目 そしてはやぶさ」という、名前からしてバカバカしい映画のターンは、ちょっと長くて・・・・
あそこをもう少しさっぱりと短くしてくれたら、「舞妓Haaaaaan!」のような勢いがあってよかったかも。


『こちらが誠意を尽くしても、相手の求める事と違うのならそれは意味の無い事だ』という、社会風刺をうまく映画にしてくれて、笑えただけでなく何だかスッキリした気分にさせてくれる。
みんな同じ事感じていたんだ~笑ってスッキリしてホロリとする、なかなかお得な映画♪


「そこに気持ちが無い」為に、謝罪の方向がどんどん間違った方向へいってしまう、この不思議な社会現象に、これで歯止めが掛かるといいのにね☆




この記事へのコメント

健全なる国民放送の
健全「きみまろ世代」中高年が
健全なる「能年」ドラマを観て
健全にクドカン氏作品に
何処まで解るかしら~(げらげら♪)
小ネタが面白いし
川口春奈さん 最高だったわ
また、ヘンテコ・ニッポンが・・・
ニッポン アニ~メ オタ~ク  
 皇太子as 野間口徹氏 上手いっ
もー嫌っ
ハゲ・ハゲ 
わき毛ぼーぼー
上手く風刺も絡ませてて
楽しめちゃった
ノルウェーまだ~む
2013年10月09日 08:40
qちゃん☆
エスプリの効いた社会風刺がなかなか良かったよね。
判る人にだけ判ればいいという、クドカンらしい小ネタ満載で楽しめたわ。
私的には黒島の生い立ちで登場した群馬の学校のバレーボールのユニフォームが安中だったのが笑えたわ☆
2013年10月09日 10:28
「そこに気持ちが無い」為に、謝罪の方向がどんどん間違った方向へいってしまう
歯止めがかかりそうにありませんね。
なにしろ「当人が悪い事をしたと思っていない」んですから!
悪いことは悪いとオトナが教えてあげないとダメですね。
ノルウェーまだ~む
2013年10月09日 15:19
まっつぁんこさん☆
そうですねー「当人が悪い事をしたと思っていない」場合の謝罪は難しいですよね。
当然誰が見ても『悪い』場合と、誤解や風習の違い、または感じ方の違いで『相手が嫌だと思った』事に対する謝罪とまた違ってくるのでしょうけど、いずれにしても誠意を示すのは難しいですね☆
2013年10月10日 18:38
こんにちは♪
えーマンタン王国は千葉だったとは(笑)
別の映画でもニューヨークの稲田が千葉だったことも、、、すごいわ。

謝罪の仕方は難しいですよね。
相手につたわらないと意味ないですもんね。
ノルウェーまだ~む
2013年10月11日 11:57
yukarinさん☆
えーっ!!ニューヨークに稲田があるほうがすごいよ、yukarinさん!
それはどんな映画なのかしら~~?

謝罪ねぇー、本当に難しいわ。
なんでそうんな風に怒るのか、理解できないときもあるし、そうなったらお手上げだものね。
2013年10月13日 20:17
またきました(笑)
NYの稲田は堂本光一主演の「スシ王子」です!!
ノルウェーまだ~む
2013年10月14日 00:09
yukarinさん☆再訪ありがとうー
そっか、そっかー
光一くんの「スシ王子」なのね~
NYに稲田を作っちゃうわけだ・・・
さすが王子!
2013年10月15日 20:54
こんばんはー^^

面白かったね!笑ったわー^^
でも、王国のシーンはそうなの、長いのよね^^;
ちょっと失速気味?
でも、全ての話が繋がっているのが凄いなぁって思ったわ!
楽しかった♪
ノルウェーまだ~む
2013年10月15日 22:41
みすずちゃん☆
あの延々と荒れた道を行って・・・を強調したかったのかもだけど、やや王国場面が長すぎて退屈しかけたよね。
あの長さが面白いと思える人もいるけど少数派かなぁ。

話のつながりが思いがけずで笑えたねー♪
2015年09月20日 21:21
初めまして(ではないかもしれませんが、以前あったとしても大昔のことで、忘れてしまいました)。
10年間も映画ブログを続けているオカピーと申します。

実は本文ではなく、コメント欄に気になる部分がありましたので、ちょっとお時間をご拝借。

>ユニフォームが安中だったのが笑えたわ☆
実は小生、その群馬県安中(あんなか)市に現在住んでいるため、このユニフォームにくぎ付けになったのであります。
安中が映画に出て来ることなどまずありませんからねえ。
安中中学は略すと安中(あんちゅう)となり安中(あんなか)と区別ができないのですが、あれはどちらなんでしょうかねえ(笑)

「笑えた」の正確な意味が知りたいと思いまして・・・
群馬県のご出身なのでしょうか、それとも単に文字が可笑しかったのでしょうか。
ノルウェーまだ~む
2015年09月20日 23:31
オカピーさま☆
コメント欄の細かいところまで読んでくださってありがとうございます!
オカピーさんは安中市に住んでいらっしゃるのですね。
実は私の両親が安中市出身で、叔父や叔母も沢山住んでいるのです。
群馬のしかもあまり話題に上らない地域が登場するのが、なんだか可笑しくて…
安中中学はあんちゅうですか~~(爆)

この記事へのトラックバック

  • 「謝罪の王様」:面白くてすみません(笑)

    Excerpt: 映画『謝罪の王様』を試写会で観ました。終始場内爆笑で、かなりドッカンドッカン来て Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2013-10-08 18:47
  • 謝罪の王様 ★★★★

    Excerpt: 脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生のトリオが「舞妓Haaaan!!!」(2007)、「なくもんか」(09)に続いて生み出したオリジナルコメディ。架空の職業「謝罪師」を生業とする東京謝罪.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2013-10-08 20:16
  • 「謝罪の王様」

    Excerpt: ~謝るとき、人は誰でも主人公~ 2013年   日本映画    (2013.09.28公開)配給:東宝      上映時間:128分監督:水田伸生脚本:宮藤官九郎美術:都築雄二音楽:三宅一徳主題歌:.. Weblog: NAOのピアノレッスン日記 racked: 2013-10-08 20:56
  • 「謝罪の王様」 早く、誠意をもって

    Excerpt: 阿部サダヲ主演、宮藤官九郎脚本、水田伸生監督のトリオは「舞妓Haaaan!!!」 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2013-10-08 21:49
  • 謝罪の王様   頭の中をぐるーりぐるぐるかけまわっちゃってにやにや

    Excerpt: 監督:水田伸生出演:阿部サダヲ 、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、松雪泰子 ストーリー:依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブル.. Weblog: Said q winning racked: 2013-10-08 22:34
  • 映画「謝罪の王様」@よみうりホール

    Excerpt:  客入りはほぼ満席。読売新聞さん主催の試写会だ。 Weblog: 新・辛口映画館 racked: 2013-10-08 22:51
  • 謝罪の王様/阿部サダヲ、井上真央

    Excerpt: 『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』とスマッシュヒットを連発した主演・阿部サダヲ、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生のトリオが再タッグを組んで挑んだ今作は架空の職業“謝罪師”を ... Weblog: カノンな日々 racked: 2013-10-08 23:16
  • 謝罪の王様

    Excerpt: 謝罪の王様@イイノホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2013-10-09 10:21
  • 謝罪の王様

    Excerpt: 2013/09/28公開 日本 128分監督:水田伸生出演:阿部サダヲ 、井上真央、竹野内豊、岡田将生、尾野真千子、荒川良々、濱田岳、松本利夫、高橋克実、松雪泰子 謝るとき、人は誰でも主人公。 [.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2013-10-10 18:32
  • 謝罪の王様

    Excerpt: 最後の新曲プロモーションビデオのくだりは全くもってイラナイ。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-10-13 23:21
  • 謝罪の王様

    Excerpt:  『謝罪の王様』を観た。  【あらすじ】  依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収束する東京謝罪センター所長、黒島譲(阿部サダヲ)。ヤクザの車と追突事故を起こし、法外な賠.. Weblog: みすずりんりん放送局 racked: 2013-10-15 20:52
  • 『謝罪の王様』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「謝罪の王様」 □監督 水田伸生□脚本 宮藤官九郎□キャスト 阿部サダヲ、井上真央、竹野内 豊、岡田将生、尾野真千子、       荒川良々、濱田 岳、高橋克実、松雪.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2013-10-20 23:15
  • 謝罪の王様

    Excerpt: 2013年11月3日(日) 19:30~ TOHOシネマズ日劇2 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 ヘッポコ 『謝罪の王様』公式サイト フリーパスポート5本目。 ダメだっ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2013-11-04 13:45
  • 土下座の向こう側~『謝罪の王様』

    Excerpt:  ヤバイ筋の方々を相手に、物損事故を起こしてしまった帰国子女・倉持典子 (井上真央)は、「東京謝罪センター」 所長・黒島譲( 阿部サダヲ)に対応を 依頼し、窮地を救われる。典子は黒島の助手とな.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2013-11-05 20:54
  • 映画評「謝罪の王様」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・水田伸生 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2015-09-20 09:32
  • 「謝罪の王様」

    Excerpt: E-girlsが、いちばん良かった! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2017-06-30 07:15
  • 映画 『謝罪の王様』

    Excerpt:     JUGEMテーマ:邦画      土下座を超える謝罪方法とは? &n.. Weblog: こみち racked: 2019-02-27 21:00