「マッキー」☆ハエに輪廻転生の陽気な復讐劇

ハエに生まれ変わったからと言って、いったいどんな復讐をすることができるというの!?
いえいえ、それが出来るんです~~くぅ~~~っ!!
まさかの奇想天外な展開に、思わず会場一体感でクラッカーを鳴らしたり、イエィ~~イ!と声援を飛ばしたり。
下コメのラストを飾る特別招待作品は、インド映画の「マッキー」をマサラ方式で。


画像
「マッキー」公式サイト(10月26日公開)


あまりの激しい台風で危ぶまれた、上野不忍池 水上野外音楽堂での下コメのラストを飾る映画ジャパンプレミア。
雨は気持ちよくあがり、美しい夕焼けと涼やかな風に、画面の前を飛び交うコウモリと、目の前をチラチラする小虫で、まさにインドの風を感じる4D映画となった。(2Dだけど)

会場では自由に鳴らせるクラッカーと膨らませる座布団も配られ、虫除けスプレーをまわしてくれるサービスも。
画像画像

画像
上野不忍池はハスがみっしり(左上)池なの?何なの?
映画のラストでは、ハエに扮したダンサーズが一緒にハエダンス!(右上)
会場のみんなも最初に練習しておいたけど、やや難易度が高くてついていけませぬことよ・・・


画像
向かいに住むビンドゥ(サマンサ・ルス・プラブ)に2年越しの片思いのお調子者の貧乏青年ジェニ(ナーニ)

お調子者で貧乏でって、いいとこ無しじゃん!(笑)
実際、そのお調子者加減が鼻について、ここまで美人のビンドゥがジャニにぞっこんになる理由がわからん~


<ストーリー>

どんなに冷たくされてもただひたすらに心を寄せる、お調子者だけど誠実なジャニに、実は次第に惹かれていたビンドゥは、小さな装飾品をつくるマイクロ・アーティストのかたわら、恵まれない子供へのNGO慈善団体の活動もしていた。
活動の一環として寄付をつのるために訪れた建設会社社長のスディープ(スディープ)は、そんなヒンドゥをひと目で気に入るが、ジャニを見つめるヒンドゥが自分になびかないのに腹を立て、ジャニを殺してしまう。

死んだジャニはハエに生まれ変わり、スディープに復讐を誓うのだが・・・・



画像
若きやり手社長のスディープは、「オレには落とせない女はいない」のが自慢

イケメンと美人の定義が一定の方向しかないのか?主人公ジャニと、悪党スディープが似ていて見分けが付にくい・・・・(汗)

ジャニはお人よしそうだし、確かにスディープは目つきが悪いけど、インド人の方々はみなさん目つきが・・・・コホン
もう少し違うベクトルのイケメンを用意してほしかったな。

画像
ビンドゥは本当に美人♪
そりゃ、スディープやジャニじゃなくとも一目惚れするよねぇ~
気立てもいいし、美人さん。
気のせいか、年々インド映画のヒロインの質も良くなっている(昨年の映画「ロボット」のヒロインは元ミスインドだけど、学生をやるには年いってたし・・・)


画像
わりとあっけなく殺されてしまうジャニくんは、輪廻転生してなんと!ハエに生まれ変わったーっ!!ジャーン!!
と、ここで観客一堂、一斉にクラッカーを鳴らして大声援☆イエイイエーィ!
ちなみにマッキーは愛称ではなくて、ハエのことをそう言うみたい。劇中でも「マッキーがマッキーが・・・」と。

何故かハエを殺すのも人を殺すのも、靴をわざわざ脱ぐスディープ。
どっちかというと、靴を履いておきたいよねぇ。
そして首を足で絞められて(?)死んだのに、交通事故に見せかけて道路へ放置されても、事故死扱いは、さすがインド警察。

いいのいいの~インド映画は細かいことは何でもいいの~♪

画像
小さい力ながらもマッキーの執念深い復讐に、恐れをなしたスディープも殺虫剤で応戦

いったいハエなんぞがどうやって人間に復讐を?
と思ったら、ほほう・・・・そんな手もあったのね☆

少しずつ復讐を遂げていくうちに、うっとおしいハエも段々可愛く見えてくるから不思議。

画像
そう簡単にはヤラレないぞー

二転三転の展開にハラハラ☆
さまざまな危機を乗り越えて~~

死んだ後なんらかの生き物に生まれ変わる輪廻転生の思想がある、仏教の思想やヒンドゥー教の教えを信じる人たちなら、素直に楽しめちゃう!
だけど、キリスト教の国の方たちはどう思うのかな?


画像
主人公ハエなのに泣けちゃうぅ~~

しっかり泣けるシーンもあり、インドならではの踊るシーンもあり・・・・というより、ハエ踊り以外は歌うシーンかな。
あまりしっくりこない歌詞の歌より、踊りだけで表現するほうが、インド映画らしくてよかったかも。
ただその分、2時間05分という丁度いい長さで内心ホッ。ふつう3時間あるもんねぇ・・・

お馴染みインドのスター『ラジニ・カーント』もちょっぴり登場。
奇想天外さでは「ロボット」にもひけを取らないなかなかの映画。
インド映画としてでなく、アクションムービーとして観よう☆



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

2013年09月19日 22:16
こんばんはー^^

ハエかぁ・・・わたし、ハエってだめなんだよねぇ。
ザ・フライも気持ち悪かったけど(この映画は感動物なのね!)、子供の頃にハエで怖い思いしたから、だめなのー><。
だから、まだ~むさんの記事読んで、見た気になっておくわ^^;
ノルウェーまだ~む
2013年09月20日 00:44
みすずちゃん☆
ハエで怖い思い??!
もしや復讐されていたとか・・・・?(爆)

苦手な虫ってあるよねぇ。私はクモが大の苦手。
ねえねはゴキブリ平気なのにアリさんダメなの~
マリー
2013年09月21日 23:50
虫全般が大の苦手な私だけど、楽しそう~~。
でも外で観たら、マジ4Dだよね~(笑)

小さな存在でも志が大きければ、目的は果たせるのかな?
みんなで盛り上がり応援しながら観る映画も楽しそう!
ノルウェーまだ~む
2013年09月22日 01:04
マリーさん☆
これねー意外に面白かったのよ~
私も虫、とくにハエなんてキライなんだけど、だんだんと可愛く見えてきて、最後は応援したくなっちゃうの☆
おすすめよ~
2013年09月23日 08:29
これねー。
気になったんでチケット取ろうか迷ったんだけど、虫系なので辞めてしまいました。2時間のボリウッドなんだ。どうかなあ・・・。
ノルウェーまだ~む
2013年09月23日 12:04
rose_chocolatさん☆
いやいや、虫系っていう話でもないんですよー
最後はかわいく見えてくるし♪
2時間のボリウッドはちょうどいいかんじでした☆
2013年09月23日 23:38
ぼくが見た試写では
周りで「笑いながら泣いた」という声が多く聞かれました。
そこに、この映画の軸が読みとれた気がします。
とても愛らしい映画でした。
ノルウェーまだ~む
2013年09月24日 00:25
えいさん☆
はいはい!私も笑いながら泣きましたよー
ハエで泣けるって、凄いですよね☆
本当に、ハエなのに愛らしい映画でした。
hino
2013年10月02日 11:14
4D!!うまいっ!

場所といいとても楽しい企画の映画祭だったんだねー。

ハエはインドの国民的虫だから、これをネタにとは面白い!!
インド行ったときは、ホテルなんかにはほとんど虫系はいないけど、駅のホーム!大きめのハエと、大きめのネズミがいっぱいいた。
最初払うけど、別にくっついてても平気みたいな(^◇^;)

笑い泣きできるなんていいなー!見てみたい

ハスの池、歩けそうなほどだね!
ノルウェーまだ~む
2013年10月02日 15:29
hinoちゃん☆
一緒に行けなくて残念だったよーぉう。
ほんと、hinoちゃん好みだったよ?

ハエはこの映画を見たら、次から多少たかっても平気になれそう(笑)
次は今度こそシャールク・カーンの映画あるみたいだから、楽しみだねー
2013年11月01日 01:16
>画面の前を飛び交うコウモリと、目の前をチラチラする小虫で
あはは~4D~!
凄い環境で、珍しい体験だったのでは(笑)
しかし、、現在のマンションに移ってからは、ゴキはおろかハエも見たことがないくらいの環境なので、ハエってあんなビジュアルだったの~?みたいな(笑)
相当可愛かったですよね♪
ずっと見えない敵を相手に演技の、あの悪役の方に主演男優賞をあげたいくらいでした!
ノルウェーまだ~む
2013年11月01日 22:26
kiraさん☆
本当にそうですね~
デフォルメされているとはいえ、ハエってこうだっけ?って私も思いました!
ほぼ、悪役も恋人も一人芝居が多くて、きっとタイヘンだったでしょうね(笑)
はるみん
2013年11月02日 17:20
マッキーがだんだん愛らしく思えてきますよね。
笑えるし泣けるし、ノリノリにならるし。
こんな映画好きです!
ノルウェーまだ~む
2013年11月03日 11:59
はるみんさん☆ようこそ~
えー?ハエぇ~?って思っていたのが、だんだんと愛らしく見えてくるから不思議ですよね。
私もこんな映画好きです!
2013年11月08日 09:13
なるほど、これがしたコメでかかってたんですよね。
そこで観とけばよかったなー。
いい作品でしたね。
ノルウェーまだ~む
2013年11月08日 18:22
rose_chocolatさん☆
そうなんですー不忍池野外公会堂で、とーっても気持ちよかったですよ。
濃ゆすぎなくて、ちょうどいい恋愛ものが爽やかでしたね。
2014年01月19日 21:22
なるほど(笑) したコメ招待作品にふさわしい映画でしたね。ハエダンス見たかったです
そういえば『ロボット』のヒロインも美人だったけどロボットの心を踏みにじるひどい人だったなあ。ますます「美人=性格悪い」という思い込みを強めるわたしでした(まだ言ってる)
でもいくら性格が悪いからといって、恋人がずっとハエのままというのはかわいそう。この先二人…というか一人と一匹はうまくやっていけるのでしょうか(微妙)
ノルウェーまだ~む
2014年01月19日 22:59
伍一くん☆
確かに恋人がハエという一生もどうなんでしょうねぇ。
ただ、寿命的にはハエさんは長くなさそうで、その次の転生に期待するしかないのかも。

美人=性格悪い、ちょっと解る気もします。
美男=性格悪いと私もずーっと思っていましたから(爆)
でも勿論それは人によるけど、少なくとも私の周辺の俳優並みに顔のいい男性で性格のいい人は皆無です・・・

この記事へのトラックバック

  • 『マッキ―』

    Excerpt: (原題:Eega) ----おっ。最近、また人気を盛り返しているインド映画だ。 その割には、観に行くのって久しぶりのような? 「うん。 インド映画って、 前回ブームのきっかけとなったのが 『ムト.. Weblog: ラムの大通り racked: 2013-09-23 22:36
  • マッキー

    Excerpt: 原題 EEGA 製作年度 2012年 製作国・地域 インド 上映時間 125分 監督 S・S・ラージャマウリ 音楽 M・M・キーラヴァーニ 出演 ナーニ/サマンサ・プラブー/スディープ 悪徳実業家.. Weblog: to Heart racked: 2013-11-01 01:07
  • マッキー/ナーニ

    Excerpt: 短い劇場予告編だけでもこれはかなり面白そうと期待値はマックス状態に。ハエになった青年が愛する女性を守ろうと自分を殺害した男に復讐を挑むインド映画のアクションコメディー ... Weblog: カノンな日々 racked: 2013-11-01 22:51
  • 『マッキー』 2013年10月9日 なかのゼロホール

    Excerpt: 『マッキー』 を試写会で鑑賞しました。 ハエのマッキーはキャラクターとして悪くないんだけど、、、眠かった 【ストーリー】  ジャニ(ナニ)は近所で暮らす美女ビンドゥ(サマンサ・プラブー)に思いを寄.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2013-11-01 22:58
  • 劇場鑑賞「マッキー」

    Excerpt: ハエは、不滅… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310290001/ 【.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-11-02 05:42
  • マッキー

    Excerpt: ☆原題: Eega☆製作年: 2012年☆製作国: インド☆日本公開: 2013年10月26日☆上映時間: 125分☆監督・脚本: S・S・ラージャウリ☆キャスト: ナーニ、サマンサ・ブラブー、ス.. Weblog: はるみのひとり言 racked: 2013-11-02 17:21
  • マッキー

    Excerpt: 生前のジャニの行動ってストーカーだよな。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-11-04 00:16
  • マッキー

    Excerpt: インドの建設会社社長スディープは、目的のためには手段を選ばない冷血漢だが、(許せないことに)ハンサムで無類の女好き! ところが寄付を頼みに来た慈善活動家の美女ビンドゥを食事に誘っても、彼女は(実は)貧.. Weblog: 象のロケット racked: 2013-11-04 05:27
  • マッキー

    Excerpt: 2013年10月30日(水) 16:25~ TOHOシネマズ川崎7 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 ロッキーのようなマッキーだが、筋肉はつかず。 『マッキー』公式サイト .. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2013-11-04 13:17
  • 『マッキー』 (2012) / インド

    Excerpt: 原題: Eega 監督: S・S・ラージャマウリ 出演: スディープ 、サマンサ・ルス・プラブ 、ナーニ 映画『マッキー』公式サイトはこちら。 先日の東京国際映画祭でも特別招待作品に入ってま.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2013-11-08 09:12
  • マッキー(試写会) Eega

    Excerpt: 主人公は、なんとハエ!インド人はハエにマイナス感情は持ってないのかしらん。 大学でボランティアサークルの事務局を務めるヒロインビンドゥは、主人公ジャニから一方的に想いを寄せられて、悪い気はしていな.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2013-12-31 09:16
  • マッキー ★★★★

    Excerpt: ハエに転生した青年が愛する彼女を守るため、自分を殺した建設会社社長にしてマフィアの男に立ち向かっていくアクションコメディー。ハエが前世のリベンジのために、強大な敵に戦いを挑む姿が描かれる。CGと実写を.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2014-01-08 20:28
  • やられたらハエ返し S.S.ラージャマウリ 『マッキー』

    Excerpt: 恥ずかしい話ですが、正月ボケがいまだに抜けきらず、更新もなかなかはかどりません( Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2014-01-19 21:23
  • マッキー

    Excerpt: ストーリーは単純で、恋敵に殺された男がハエに生まれ変わって復讐し愛する人を守ると言う話。リアル過ぎないハエの様相がまたいい味を出している。 マッキーはハエですから、勿論言葉は話しません。動作.. Weblog: いやいやえん racked: 2014-07-23 08:06
  • 「マッキー」(2012年、インド)

    Excerpt: ​​​「マッキー」(原題:Eega)は、2012年公開のインドのSFファンタジー&スーパーヒーロー・コメディ映画です。S・S・ラージャマウリ監督・脚本、スディープ、ナーニ、サマンサ・ル... Weblog: 楽天売れ筋お買い物ランキング racked: 2018-03-12 05:00