「二流小説家 シリアリスト」役者の勝利、役者で敗北

何しろ上手い。
二流小説家 赤羽一兵役の上川隆也VS.死刑囚 呉井大悟役の武田真治のガチンコ演技対決は、まるで良質の舞台を観ているよう。
一流の役者を惜しむことなく投入し、絶妙のカメラワークとホラーを思わせる暗めの画面が、何かが起こる不安を掻き立てる。



しかしそれが裏目に?

「このミステリーがすごい!」の海外部門三冠に輝いた作品デイヴィッド・ゴードン著「二流小説家」は、この映画の宣伝のように、きっと全米を欺く衝撃のラストであり、『きっと貴方もダマされる!』のだろう。

でもそれを邦画にすると、すでにミステリードラマではアイコンとなっている役者たちが、その答えを出してしまっていて、宣伝文句のようにダマされないのだ・・・


画像
「二流小説家 シリアリスト」公式サイト

<ストーリー>

ある日、シリアル・フォト・キラーとして有名な死刑囚の呉井大悟(武田真治)から告白本を書いてほしいと手紙が届いた。
売れない二流小説家の赤羽一兵(上川隆也)は、これで有名作家になれると目論み、面会に行く。
彼は「自分のファンの女性との官能小説を書くこと」という条件を呑んで取材を始めるが、その先々で殺人事件が発生し、一兵は犯人として疑われてしまう。
しかも手口は12年前の呉井の事件に酷似していた・・・・・



画像
両親が海外に転勤中の姪の亜衣(小池里奈)は、一兵にまとわりついて、呉井の本を執筆する事を勧めるが・・・

一兵の実は大ファンの亜衣。
謎に巻き込まれた一兵が警察に疑われてしまい、独自に捜査していくところまでは許すけど、高校生の亜衣が捜査に同行するあたりから、なんとなく物語が陳腐になっていっちゃう・・・

特に危機一髪!のシーンは、ちょっと急ぎ足すぎて。



画像
呉井のファンのうち3人の小説を書くつもりで取材をすると、次々に彼女たちは殺されてしまい・・・・・

12年前の呉井の事件と同様に、薔薇の花びらに囲まれた美しい首なし遺体が発見される~~と、ココまでは、ミステリアスに美しい遺体写真が謎を盛り上げる。

それにしても、手短に説明して終わった『人形に首を載せて撮影した写真』のところは、犯人を特定するのに大切なアイテムなのだけど、なんだかその意味がよく判らないうちに次へいっちゃって・・・・


画像
警察で疑われて・・・・

最近、色々なドラマや映画の中で、ほとんどを刑事役で登場する伊武雅刀は、最近反射的に何か悪い事をしているヤツ?と思ってしまうのだけど、実は全く普通の刑事だった~~

ほとんどの人物が怪しく見えてるので、この刑事も怪しいのでは?と思うのもアリ?


画像
遺族の一人 姉を殺された千夏(片瀬那奈)は、一兵と一緒に新しい殺人の真相を調べるが・・・・・

『一番怪しい~~と思った人は大抵犯人じゃない』のお約束通りなんだけど、怪しく見せる手法がちょっとあざとい。
それでも相当終わりのほうまで、しっかりダマされていた私。



ラストにいくほど粗が見えてくるけど、全体的にはなかなかに面白かったyo
役者がベテランだけに、それで真犯人が判ってしまうなど残念な印象~というのも皮肉な話だけど。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2013年06月30日 21:18
洋画でも、ある程度、名前や顔が通ってないとワルの意味がないとは思うんだけど、それにしても日本の映画は、どれもこれもまた?と思うほど同じ俳優が揃いますよね。
上川さんと武田君が良かっただけに、なんか残念だったな。
ノルウェーまだ~む
2013年06月30日 22:47
オリーブリーさん☆
本当にその通り!
上川さんと武田くん最高!でしたね。
それだけに残念で・・・
お馴染みの役者さんたちは、皆さん上手いだけに、役者が揃いすぎて新鮮さがなくなっちゃったかな。

それにしても洋画でも最近、あの人出ているから犯人でしょう?のパターン多いですよねぇ。

この記事へのトラックバック

  • 二流小説家 シリアリスト

    Excerpt: ネタバレの彼方の別次元ネタバレ 公式サイト。デイヴィッド・ゴードン原作、猪崎宣昭監督、上川隆也、武田真治、伊武雅刀、高橋惠子、片瀬那奈、平山あや、小池里奈、黒谷友香、 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2013-06-30 00:55
  • [映画『二流小説家』 『アフター・アース』を観た]

    Excerpt: ☆パッとしない映画を二作観た・・・。  どちらも、妙なテンポが、最初は格調高く感じるのだけど、後半、次第におバカに感じる点が似ている・・・。    ◇  先ずは『二流小説家 シリアリスト』だ。 .. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2013-06-30 02:15
  • 二流小説家 シリアリスト

    Excerpt: この映画を見ている最中に「羊たちの沈黙」と似ていると思ったが、比べものにならない。ふせんの貼り方と回収方法が爽快でないと感じた。エピソードをたくさん入れすぎだと思う。 Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2013-06-30 06:05
  • 劇場鑑賞「二流小説家 シリアリスト」

    Excerpt: 亡き友に、捧ぐ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306180001/ 二流小説家 .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-06-30 06:09
  • 二流小説家 シリアリスト ★★★

    Excerpt: 俳優の上川隆也が映画初主演を果たし、デイヴィッド・ゴードン原作の小説「二流小説家」を映画化したミステリー。不遇の小説家が収監中の殺人犯と出会うことにより、再び悪夢のような殺人事件が繰り返される戦慄(せ.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2013-06-30 19:15
  • 「二流小説家 ~シリアリスト~」死刑囚の生い立ちを追った先にみた異常な愛に支配され洗脳された犯人と女性たちの溺愛

    Excerpt: 「二流小説家 ~シリアリスト~」は二流小説家で自分の名義で著書を出版した事のない男が突然死刑囚から死刑囚の半生を描いてほしいと依頼され、そこから3人の女性と殺された4人 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2013-06-30 20:10
  • 二流小説家 シリアリスト

    Excerpt: 売れない小説家の赤羽一兵(上川隆也)のもとに、連続殺人事件で死刑判決を受けた呉井大悟(武田真治)から、自分の告白本の執筆を頼みたいとの手紙が届く。 呉井は自分の熱狂的な信者である三人の女性を取.... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2013-06-30 20:52
  • 「二流小説家-シリアリスト-」 長編をコンパクトにまとめてはいる

    Excerpt: このミス(海外編)等で第1位をとったデイヴィッド・ゴードンの小説「二流小説家(原 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2013-06-30 21:57
  • 『二流小説家 シリアリスト』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「二流小説家 シリアリスト」 □監督 猪崎宣昭□脚本 尾西兼一、伊藤洋子、三島有紀子、猪崎宣昭□原作 デビッド・ゴードン□キャスト 上川隆也、武田真治、片瀬那奈、伊武.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2013-07-01 08:55
  • 二流小説家 シリアリスト 「必ず貴方もダマされる」・・・ダマされました、はい。

    Excerpt: 【=33 うち今年の試写会5】 昨日は仕事で経団連会館に初めて足を踏み入れた。 ここが経営者たちのアジトか~、すっげー豪勢なつくりでちょっと圧倒されそうや~(;゚ロ゚) しかし負けるな俺!  ある.. Weblog: 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~ racked: 2013-07-01 09:48
  • 二流小説家 シリアリスト

    Excerpt: うん、普通に面白かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-07-02 00:33