「危険なメソッド」暗闇のメソッド

静かな会議室で説明をする、静かな書斎で意見を交し合う、とうとうと喋る人の話を聞く・・・・・
面白い話ならいざしらず、解り辛い用語が飛び交う話し合いの場面が続くとすぐにウトウトしてしまう。
これが私の『暗闇のメソッド』(爆)



画像
「危険なメソッド」(公式サイト)

<ストーリー>

1904年、若き精神科医ユング(マイケル・フォスベンダー)は高名な精神分析医フロイト(ヴィゴ・モーテンセン)の提唱する治療法を試すことにした。
患者は美しい女性ザビーナ(キーラ・ナイトレイ)。
治療は彼女のトラウマの原因をつきとめ効果が表れるが、二人は一線を越え愛人関係となってしまう。

その後ウィーンのフロイトを訪ねたユングは意気投合し、「自分の後継者は君だ」とまで言われるのだが・・・・・



画像
迫真の演技で患者になりきるキーラに女優賞を是非☆しゃくれまくり~

トラウマに苦しむ患者、大胆に胸ポロリも辞さないマゾヒズムなシーンと様々な表情をみせてくれるキーラが凄い☆
ただし後半は急激に治癒(?)して、何事も無かったかのように振舞っているのが、実際患者ってそんなものなのかを知らないのでちょっと?

しかもトラウマが父親から受けた性的虐待なのかと思ったら、そうではなく、厳しすぎるしつけ(暴力)からのマゾヒズムからのトラウマだった。
となると、その自らの性癖を容認することで病気が治癒したってことになるのかな。
それにしても病気が完治すると、病状の片鱗も残さず治るものなのだろうか?(凄く知りたい~)

画像
豪邸に住み、待望の男の子の赤ちゃんももうけた貞淑な妻(サラ・ガドン)は、愛人の存在に気付いていた

美しい妻と沢山の子供を持っていて、なお愛人との関係に溺れてしまうユング。
人間の奥底に潜む感情を専門分野にしているユングが、自らの分析と、身近にいる妻の心理を理解していないというのがなんとも哀しい。

その時代には普通なのかもしれないけど、お金持ちの妻として生きるのも辛いのね。
二人の距離が食卓での距離と比例していくところが絶妙。


画像
フロイトとユングは蜜月を過ごした・・・・・

二人の関係を知らなかったので調べてみると、『意気投合した二人は数年間のあいだ蜜月を過ごした。』となっている。
いくら研究テーマで意気投合し、議論を交わすのが楽しくて(現実に10時間続けて討論し続けたらしい)「気が合った」としても、資料に『蜜月を過ごす』とあるのがどういう意味を指すのか、映画鑑賞後ちょっと気になりだした私。

映画では自分の研究を支持する若き研究者にフロイトが絶大な信頼を置いたけれど、育ちがお坊ちゃまで実は無神経なユングの方は、根本でフロイトを尊敬していなかったようにも見えた。
実際各自研究している事が、必ずしも全て一致するという方が有り得ないわけで、方向性の違いを指摘されたフロイトが、ユングに絶縁を継げて部屋に飾ってある彼の写真をそっと箱に収めるあたりは、もしかしたら別の感情もあったのかな?と思っちゃった。

それにしても二人の討論中にまたまたウト・・・としてしまった私。
映画館で会議や話し合いのシーンがあると、たちまち眠くなるのが私のメソッド(方式)だったのね(汗)

画像
「私を罰して・・・・」Mの人はいいけど、Sじゃない人は女性のお尻を叩いて楽しいのかな?

Mじゃない人はエッチなビデオで無い限り、叩かれているうちにMになっていくというのはまず有り得ないとして、Sじゃない人は叩いているうちにSになるのかしら・・・?

倒錯した愛人関係を続けているうちに、ユング自らが精神的な暗部に落ちていくのに対して、しゃっきりと治癒していくザビーナ。ミイラ取りがミイラになるってかんじかな?


画像
奔放な友人オット-・グロス(ヴァンサン・カッセル)にかき回されて、再びザビーナを求め・・・・

一度はフロイトに言われてザビーナのことを諦めたユングが、「自らを分析できてない」とオットーに言われてから自分の無意識に目覚めてしまったのか・・・
食欲にしても性欲にしても、自分の深層心理に忠実に行動する事が、果たして幸せなのか不幸なのか?




ザビーナが治癒して立派な精神科医となったのち、再会したユングの寂しげな肩が、それが決して幸せとはいえないと答えを出しているように思えた。









この記事へのコメント

2012年10月30日 01:03
まだーむ
明日早いから夜がんばってきたよ~★
寝た部分あるからもう一度観なきゃ、、、っていってたけど
書けたのね!?笑
クローネンバーグは好き嫌いあるけど
キライじゃなかったようでよかった。
もっといつもはグロくてクセがあるんだけどね、
キーラのあの顔、女優賞ものだったでしょ?笑
ノルウェーまだ~む
2012年10月30日 10:48
migちゃん☆
お疲れ~~
私も頑張って書いたよ(笑)
特にクセのある作品じゃなかったね。他の作品は見た事なかったんだけど、今度見てみようかな・・・
キーラすごいわぁ。頑張ってる!
キーラがしっかり演じたから
超精神理論同士愛の世界が
変に、お耽美じゃ無い~って思ったよ
天晴れのキーラだったね~
どんなに凄い精神理論同志であっても
女が間に入ったら三角関係ド・泥沼繰り広げ(笑)
平々凡々の人間と次元が違う精神理論者達
だから?!インモラルはそりゃ自問自答
激しいドロ沼戦を繰り広げてしまう
ドロドロドロ沼の三角関係は
深き師弟の「愛の関係」をも変えてしまった!!!

 ッ手歴史的スキャンダルだわ|* ̄∇ ̄|ニヤッ
ノルウェーまだ~む
2012年11月06日 00:00
qちゃん☆
そうかー、やっぱり師弟関係でありながらそこには深き「愛」もあったのでしょうね。
そういう耽美で攻めないで、しっかりと演技で魅せてくれたので、なかなか高尚なかんじに仕上がったのでしょう。
2012年11月08日 01:28
まだ~むさん、長いメンテだったんですねっ!!
FCも今メンテ中なんです、、、管理画面が現れたり、シカトされたりしてます(苦笑)

キーラ、凄かったですよね。
あの表情はお見事でした~胸はいらないよね(爆)
精神医学の世界は難しい…って、ユングって、結構なKYじゃないですかぁ~~船室の件だって、はぁ?でしょ(爆)
ノルウェーまだ~む
2012年11月08日 10:19
オリーブリーさん☆
そうそう、ユングがもともとKYだったことが、本質的に彼らを分かつことになった原因ではないかと思うのよ。
確かにあまりに人の心に繊細な人は、精神科医をやってたら身が持たないでしょうけど。
キーラの演技、おっぱいポロリは余分だったとしても、なかなかの熱演でしたね~(爆)
2012年11月21日 22:44
まだ~むさん、またまたこんばんは
そしてまたまたおやすみモードだったのですねw まあ確かにセリフとかややこしいところはありました
そういえば映画の中で「夢判断」の話してましたね。わたしは最近は起きると同時に夢を忘れてしまうことが多く、判断のしようもありません
ところでこの映画のユング、人妻の立場からすると最低もいいとこだと思うんですがどうでしょう? 男性の立場からするとちょっとうらやま・・・ いえ、何でもありません
ノルウェーまだ~む
2012年11月22日 00:07
伍一くん☆
年を取るとともに夢を覚えられなくなってきている私です。
まさか伍一くんも?
例の話の続きではないけど、当然人妻の立場から言うと、とんでもない話ですわ。男性からは確かに羨ましいでしょうねぇ?
でもきっと当時なら、家柄や名声と結婚するような女性も多くて、夫の愛人とか言う話は結構あったのかもしれないね。
今なら・・・・勿論、許さ~~ん!!
2012年11月28日 17:37
戦国時代の武将にも男色関係はありましたからね。
やっぱりこの2人の「蜜月」ってそういう意味なんでしょうかね?
クローネンバーグもそこを描けばよかったのに。
ノルウェーまだ~む
2012年11月29日 17:58
にゃむばななさん☆
果たして二人がそういう関係だったかは判らないですけど、親友以上恋人未満って関係もあったりしたかも。
そういう気持ちがあると、あるとき急に心が離れたり・・・
密接に付き合いすぎると、距離を置いて長くいい友達でいることが反対に難しいこともありますからね。

この記事へのトラックバック

  • 危険なメソッド/キーラ・ナイトレイ

    Excerpt: デヴィッド・クローネンバーグ監督がクリストファー・ハンプトンの戯曲を映画化した伝記ドラマです。精神分析学者であるジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユングの師弟 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2012-10-29 18:23
  • 危険なメソッド

    Excerpt: Dangerous Method [DVD]クチコミを見る二人の偉大な心理学者と美しい患者との関係をスリリングに描く「危険なメソッド」。患者兼愛人をキーラ・ナイトレイが異様な表情で怪演する。1904年.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2012-10-29 19:06
  • 「危険なメソッド」イタくて、スキャンダラスな史実。

    Excerpt: [デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワード  ジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユング、精神医学の世界じゃ非常に名の知れたこのお2人。そんなに…って言うか、全然そちらの分野に詳しく.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2012-10-29 21:33
  • 危険なメソッド /A Dangerous Method/ ア・デンジャラス・メソッド

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click トロント、ロンドン、ヴェベチア映画祭などで上映されて話題になったクローネンバーグの最新作 ちょうどいいタイミング.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2012-10-30 00:56
  • 危険なメソッド

    Excerpt: 1904年、スイス・チューリッヒ。 精神分析学者フロイトの理論に注目していた若き精神科医ユングは、18歳の女性患者ザビーナにフロイトが提唱する“談話療法”を試みた。 強度のヒステリー状態だったザビーナ.. Weblog: 象のロケット racked: 2012-10-30 13:42
  • 危険なメソッド

    Excerpt: 自分の精神分析はむずかしい公式サイト http://dangerousmethod-movie.comクリストファー・ハンプトン作の戯曲“The Talking Cure”の映画化監督:デヴィッド・ク.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2012-10-31 17:44
  • フロイトとユング、その妻と愛人~『危険なメソッド』

    Excerpt:  A DANGEROUS METHOD  1904年。カール・ユング(マイケル・ファスベンダー)の勤務する病院に、錯乱 した女性患者が運び込まれた。彼女の名はザビー.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-11-11 17:22
  • 危険なメソッド  監督/デイヴィッド・クローネンバーグ

    Excerpt: 【出演】  キーラ・ナイトレイ  ヴィゴ・モーテンセン  マイケル・ファスベンダー 【ストーリー】 1904年、スイスの若き精神科医ユングは、高名な精神分析医フロイトが提唱する画期的な対話療法を、新.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2012-11-16 23:27
  • サイコロジー青春期 デビッド・クローネンバーグ 『危険なメソッド』

    Excerpt: グログロネバネバ描写には定評ある映画作家デビッド・クローネンバーグ。『イースタン Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2012-11-21 22:45
  • 危険なメソッド

    Excerpt: 20世紀初頭のヨーロッパを舞台に、ユングが心を囚われる女性患者ザビーナ・シュピールラインや ユングとフロイトの師弟関係を描いた人間ドラマです。 予告編を観て凄そう!と楽しみにしていたのですけど、すっか.. Weblog: とりあえず、コメントです racked: 2012-11-24 13:18
  • 『危険なメソッド』

    Excerpt: デヴィッド・クローネンバーグらしくない映画。ゆえに睡魔との闘いを強いられる。 精神科医の大家ジークムント・フロイトと心理学者カール・グスタフ・ユングの友情に決別をもた ... Weblog: こねたみっくす racked: 2012-11-28 17:49
  • 危険なメソッド ★★★

    Excerpt: 「イースタン・プロミス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督が、2人の精神分析学者、フロイトとユングの交流を、ユングの前に現れた魅力的な女性患者との関係を交えて描く。出演は「プロメテウス」のマイケル・フ.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2012-12-07 14:55
  • フロイトとユングと1人の女性

    Excerpt: 6日のことですが、映画「危険なメソッド」を鑑賞しました。 精神科医ユングとフロイトの出会い、交流、確執・・・ その間に大きな影響を与えた 女性ザビーナ ここまで、本格的にフロイトやユングを描いた作.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2012-12-07 23:17
  • 映画『危険なメソッド』を観て

    Excerpt: 12-83.危険なメソッド■原題:A Dangerous Method■製作年、国:2011年、イギリス・ドイツ・カナダ・スイス■上映時間:99分■字幕:グレイヴストック陽子■観賞日:10月27日、T.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2013-01-11 23:21
  • 危険なメソッド

    Excerpt: キーラ・ナイトレイ、ヴィゴ・モーテンセン、マイケル・ファスベンダー共演。 心理学の巨星、フロイトとユング。この二人が同じ学問を追究し師弟関係にありながらも決別した過程に迫る作品です。二人の間.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-10-31 08:43