『推理作家ポー 最後の5日間」翻訳を推理

懐かしいあのかんじ。
まだ小学生や中学生の頃よく読んでいた、直訳的な文章の古典文学や推理小説。
歴史的な名作であっても、翻訳が直訳的だと話しに入り込めないよね?
推理を解く前に、翻訳した文章が言わんとするところを理解するのが難解で・・・・



画像
「推理作家ポー 最後の5日間」公式サイト

<ストーリー>

酒浸りのエドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)は人気推理小説のネタが切れて次の作品にもお金にも困っていた。
愛する恋人のエミリー(アリス・イヴ)との仲は、父ハミルトン大尉(ブレンダン・グーソン)から拒否されていたが、二人は彼女の誕生記念仮面舞踏会の時、皆の前で婚約を申し込むことにしていた。

その最中に起きた凄惨な殺人事件は、実はポーの小説を再現したものだとわかり、警察の追っ手がポーに迫るが、現場に残されたメッセージから模倣犯の仕業と次第に分かってくる。

さらに舞踏会から忽然と誘拐されたエミリーを探すべく、ポーはフィールズ警部(ルーク・エヴァンス)に協力することになり・・・・・


画像
ポーは仮面からして珍妙

総合的に言って、何故ポーはジョン・キューザック?
小説が書けず酒に浸ってやさぐれる姿も似合わないし、そんなひどいやつでも父の反対を押し切って結婚したいほどにも見えず・・・・・・あのつぶらな瞳がどこかイメージが違うぅ~(ただし実際のエドガー・アラン・ポーにおでこの広さ具合が似ているかも)
そこからして、どうしても入り込めない私。


画像
フィールズ警部のルーク・エヴァンスがポーだったら、かなりいいかんじ?

ラストの活躍度合いが主役以上~♪と思ったら、そういうことだったのね。
ただの脇役じゃないっていうことでのイケメン使い?


画像
いよいよエミリーが誘拐されてから、ポーがようやく動き出す・・・・・までが結構長い

友達はこの肝心なところから寝たらしい・・・
私は時々ウト・・・程度だったので、なんとか物語の全容はつかめたけど、随所に出てくる小説の引用を読み上げるくだりは、その訳文がどうしてもすっと身体に入ってこないので、おねんねの前の絵本を読んでもらっている状態になっちゃう(汗)

画像
毎日新聞に連続殺人の偉業をを書けば、エミリーの居場所のヒントを残しておくと言われ・・・・

ラストに続く事件の顛末は、恋人のために~
読み物としても先が気になる展開に仕上げる所は、さすが歴史に残る小説家!

画像
ハミルトン大尉は娘を助ける為にポーに協力し・・・・

エミリー救出までは一気に見せる☆
小学生の頃トラウマになって、よく夢にまで出てきた「モルグ街の殺人」や「落とし穴の振り子」が、実際に映像になって見られて嬉しいのだけど、それらはほんの序章にすぎず、ラストまでのエミリー救出が一応メイン。


画像
若くして謎の死をとげたポーの残した言葉を頼りに・・・・・

ポーさん、作家なんだから紙に書こうよ。
それはともかく、彼の死因を最後まだ特定してなかったとすると、もしかしたら飲んだのは毒ではなかったのかな?
哀れなポー。


世界初の推理小説作家。
彼の作品に漂う怪しげなムードをたっぷりたのしんで☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

たいむ
2012年10月18日 11:24
映画の中のポーって、怪しげな感じがシャーロック・ホームズ見たいって思ったのは私だけ?
この映画のポーは虚像か実像か分かんない感じ。
そんなポーに対して、フィールズさん、人気が高いですね~
最後もかっこよく決めたし。
さすがアラミス様(笑)
ノルウェーまだ~む
2012年10月18日 16:04
たいむさん☆
確かに!ちょっとシャーロックホームズの世界なんだけど、でもあれより地味なので、ちょっとエンターテイメント性に欠けたかな。
アラミス様格好良かったですよね?
あれだとポーがおまけなかんじ~~
2012年10月18日 21:41
漂う怪しげなムードは私好みで--まさにたっぷり楽しんでしまいました♪
ポーがフィールズさんだったっら---。
私は満点にしちゃったかも~(笑)
2012年10月18日 23:34
こんばんは♪
映像の雰囲気は好みだったんですけど、面白いようなそうでもないような...
ジョン・キューザックはおでこ具合で選ばれたんですかね(笑)
ルーク・エヴァンスがポーだったら評価は変わってたかも~♪
今回は彼ばかり観てました^^
ノルウェーまだ~む
2012年10月19日 00:12
くろねこさん☆
ポーも江戸川乱歩もお好きなら、この怪しげなムードは最高にワクワクですよね。
私もどちらも好きで読みました。
ポーをフィールズのルーク・エヴァンスがやったら私も満点!
ノルウェーまだ~む
2012年10月19日 00:14
yukarinさん☆
みんな一緒~♪
ポーをルークがやったらかなり印象違ったよね。
でもラストをジョン・キューザックが飾るには、やはりつぶらな瞳でイマイチ決まらないかも~~
2012年10月20日 07:45
キューちゃんは、巻き込まれキャラとでもいいましょうか、追いつめられ型とでもいいましょうか、ああいう役柄が最近板についてると思いますわ。
あんまり違和感感じなかった。
若いころは、お気軽恋愛映画ってのが、定番でしたが、「コン・エアー」あたりから、こんな感じ?

ちっちゃいころ、推理小説って、普通にその辺のゴロゴロしてて、いっぱい読みましたよね。
他に選択肢なかったのかな。ドイルもルブランも乱歩のそれこそ、むさぼるように読みました。
ポーはちょっと上級編って感じもあったかも。
いろいろ郷愁もくすぐってもらって、楽しみました♪
やっぱ目の保養のないとねえ。
ノルウェーまだ~む
2012年10月20日 10:27
sakuraiさん☆
キューちゃん(笑)
確かに追い詰められ型ぴったりですねぇ。
恋愛映画の常連だったとは知りませんでしたが、巻き込まれて困った顔してますね(爆)
子どもの頃に頭の中で創造していた世界が、映像となって観られるのって、すごいことですよねー。
ポーって上級編でした?私は結構ポーが多かったかも。
2012年10月22日 16:20
まだ~むさん、こんにちは。

謎解き期待しすぎたかなぁ~最初から、ツッコミだらけだった(苦笑)
ジョン・キュー悪くはないけど、終ってみれば、ルーク・エヴァンスの方が印象に残ってる(笑)
「ホビット~」も楽しみになりました♪
おもしろ・・・い?ような
イマイチ・・・のような
ムードはダーク目で良いのに()
まぁ唯一ルーク・エヴァンスが好きだから良いと
エメット目線で観てたの私。
ジョン・キューの作品とノリが合わなくてねぇ(笑)
「結局ジョン・キュー色のポー」になっちゃった
祖父が漢文古文の大家だったから古い版で
ポーの作品はあるんだけど
読んでみて「ロリロリロリ全開」で
理解できずダメだったなぁ
「アナベル・リー」なんてロリロリの最たる世界
ノルウェーまだ~む
2012年10月23日 12:04
オリーブリーさん☆
同感です~
ジョン・キューちゃんはポーとしてはいいんだけど、恋人のために命を掛けて・・・的なイメージとは違うかな。
謎解きはポーの小説を良く知っていて初めて楽しめるのかも・・・
すっかり忘れているから、これ、何の暗示?とか考えちゃったり・・・
ノルウェーまだ~む
2012年10月23日 22:30
qちゃん☆
面白い・・・ような、イマイチ・・・のような??
雰囲気だけ大成功だった☆

確かに調べてみるとポーって若い奥さんを無理やりもらったりして・・・ロリコンだったのかー
13歳とか犯罪だよねぇ。
マリー
2012年10月24日 20:10
こんにちは~~♪
ゴメンなさい・・・コメントもTBもしたつもりでまだだった!!
まだ~むの素朴な疑問
>何故ポーはジョン・キューザック
私も思ったよ~。他にいるだろ~。あの女の子とはいくつ違うの~?って・・・
そしたらロリコン?そうなのかぁ~~~。普通の人では斬新なお話は書けないよねぇ。

雰囲気は凄くよかったから~キャスト次第でもっとヒットしたかも~?
ルーク・エヴァンスは素敵だった!!彼がポーならって声も多いよね。
ノルウェーまだ~む
2012年10月24日 22:50
マリーさん☆
ルークがポーだったら、かなりいい感じだったかもね。
他に40歳くらいでロリコンが違和感なく受け入れてもらえそうな俳優さんというと・・・誰かなぁ?
少なくとも、若い娘に慕われそうでいやらしさの無い人がいいのよね。
ジョン・キューだと、ちと・・・
2012年10月25日 15:31
まだ~む、こんにちは♪
>懐かしいあのかんじ

うんうん。わかる~あの感じ~

>随所に出てくる小説の引用を読み上げるくだりは、
その訳文がどうしてもすっと身体に入ってこないの

それもわかる!ポーの小説に詳しい人なら、作品のリンクもわかって、そういう文章も耳に入ってくるのかも?

>ただし実際のエドガー・アラン・ポーにおでこの広さ具合が似ているかも

あはは~。確かに、主演の俳優さんに入り込めないと
映画を観るのはつらいよね(汗)

雰囲気はすごく良かったんだけどなあ・・・
ノルウェーまだ~む
2012年10月25日 22:33
ひろちゃん☆
ほとんどみんな感想が一緒だから間違いないのね。
雰囲気はいいけど役者がね~って(笑)

本当の小説のファンだと、あの小説のあのあたりだ!とか思うかもだけど、さすがに現代の人気小説というわけでもないしね~
2012年11月07日 22:30
こんばんは! ポーといえばジャイアント馬場ですよね! 「あ・ぽー」なんつって!

・・・・・

ジョン久作さんはたしかにおでこ広いですよね。最後の方の感動的な場面、上から撮ってたせいでおでこがやけに強調されてしまったような・・・ まあニコラス・ケイジほどではないかな?
この映画ではルーク・エヴァンズの方が女子人気が高いですね。ちなみに彼はゲイをカミングアウトしてるそうです
ノルウェーまだ~む
2012年11月07日 23:44
伍一くん☆
コメ何度もありがとう。ご迷惑おかけしました~

しかーし!
いくら私が人が良いとしても、ギャグセンげ低い場合はスルーさせていただきますことよ。(笑)
ルークはゲイでしかもカミングアウトしている潔さがまたよいのだわ♪あんなイケメンのゲイ友ほしいなぁー(爆)
2012年11月10日 20:56
ポーじゃありません、ボーです。
私だったら、あのあと、すぐに何とかして吐きます!
ノルウェーまだ~む
2012年11月11日 13:20
ボーさん☆
わははは・・・私も最初ポー?ボー?って思っちゃいました!

確かに吐いてしまえば・・・・(笑)
そこは自分が残した小説どおりにしたかったとか?

この記事へのトラックバック

  • 推理作家ポー 最期の5日間/THE RAVEN

    Excerpt: 最初は、あんまり観る気はなかったんだけど、なんとなくそのミステリーの香りに誘われて・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 米国ボルチモア、1849年の秋。 密室で惨殺された母娘の遺体が発見.. Weblog: いい加減社長の映画日記 racked: 2012-10-17 23:34
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 犯人は鏡の中のポー? 公式サイト。原題:The Raven。ジェームズ・マクティーグ監督、ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-10-17 23:44
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 上質なゴシックミステリーに痺れた~!! Weblog: ★ Shaberiba  racked: 2012-10-17 23:48
  • 『推理作家ポー -最期の5日間-』 2012年10月4日 よみうりホール

    Excerpt: 『推理作家ポー -最期の5日間-』 を試写会で鑑賞しました。 3Dじゃないけど、弾が飛んで避けたり、いきなり殴るから避けたりとビックリすること... 【ストーリー】  1849年のボルチモア。ある.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2012-10-17 23:56
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: Raven [Blu-ray] [Import]クチコミを見る推理作家エドガー・アラン・ポーと模倣犯による壮絶な戦いを描いたミステリー「推理作家ポー 最期の5日間」。東欧ロケが独特のダークな雰囲気を醸.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2012-10-18 00:01
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 推理作家ポー 最期の5日間@よみうりホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2012-10-18 05:34
  • 劇場鑑賞「推理作家ポー 最期の5日間」

    Excerpt: エドガー・アラン・ポーの死に隠された謎… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210120002/.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-10-18 05:38
  • [映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観た(寸評)]

    Excerpt: ☆予告を見た限りでは、何でこの映画が企画されたのか不明で、あまり期待しないで映画館に足を運んだ。  21:30からのレイトショーで、眠気が予想されていたのだが、意外にも、非常に面白く夢中になった。 .. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2012-10-18 06:18
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 1849年、アメリカ・ボルティモアで殺人事件が発生。 現場に駆け付けた若き刑事エメット・フィールズは、事件が作家エドガー・アラン・ポーの推理小説「モルグ街の殺人」に酷似していることに気づく。 その後も.. Weblog: 象のロケット racked: 2012-10-18 10:25
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 不幸な有名作家公式サイト http://www.movies.co.jp/poe5days監督: ジェームズ・マクティーク  「Vフォー・ヴェンデッタ」1849年、アメリカのボルチモアで、密室で惨殺さ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2012-10-18 10:34
  • 推理作家ポー 最期の5日間/ジョン・キューザック

    Excerpt: 日本のミステリー大作家・江戸川乱歩さんのペンネームの由来としても有名な世界初の推理作家エドガー・アラン・ポーの最期のの日々を描くサスペンス・スリラー作品です。エドガー ... Weblog: カノンな日々 racked: 2012-10-18 14:18
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 評価:★★★☆【3,5点】(F) 本編の最大の謎、ポーの死因って、、、 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2012-10-18 21:45
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 【THE RAVEN】 2012/10/12公開 アメリカ R15+ 110分監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケ.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2012-10-18 23:06
  • 推理作家ポー 最期の5日間       ★★★★

    Excerpt: 「モルグ街の殺人」「黒猫」など数々の推理小説で著名な作家エドガー・アラン・ポーの最期の日々を大胆な発想で描いたサスペンス・スリラー。ポーの著作を模倣した連続殺人事件が起きたことで、事件解明のために彼自.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2012-10-19 18:51
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 1849年、ボルチモア。 ある殺人事件を担当することになった若手刑事エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の作品によく似てい.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2012-10-19 23:18
  • 推理作家ポー 最期の五日間

    Excerpt: 虚虚実実の取り混ぜ方がうまい! Weblog: 迷宮映画館 racked: 2012-10-20 07:46
  • 映画「推理作家ポー 最期の5日間」感想

    Excerpt: 映画「推理作家ポー 最期の5日間」観に行ってきました。19世紀前半のアメリカで推理小説を執筆し有名になったエドガー・アラン・ポーの、その死に至るまでの最後の5日間に何が... Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2012-10-20 23:10
  • 映画「推理作家ポー 最期の5日間」こんなに有名な作家の死にまつわるお話

    Excerpt: 「推理作家ポー 最期の5日間」★★★ ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、 アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン出演 ジェームズ・マクティーグ監督、 110分、2012年10月12日(公開) .. Weblog: soramove racked: 2012-10-22 07:32
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 監督:ジェームズ・マクティーグ出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン、ケヴィン・マクナリーストーリー:1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することに.. Weblog: Said the one winning racked: 2012-10-22 21:20
  • 推理作家ポー 最期の5日間 : 天才に対する賞賛と謎を求めて

    Excerpt:  民主党の田中法相、真偽のほどは分かりませんが…。まあ、報道と本人の質疑を見る限り、限りなくクロに近い感じですが、ここはあえて”謎”としておきましょう。ちなみに、本日 Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2012-10-24 09:25
  • 『推理作家ポー 最期の5日間』 試写会で鑑賞

    Excerpt:      1849年10月7日、偉大なる作家エドガー・アラン・ポー死す。            その最期の5日間は、いまも謎のままである・・・ 『推理作家ポー 最期の5日間』 監督・・・ジェー.. Weblog: pure breath★マリーの映画館 racked: 2012-10-24 20:13
  • ★推理作家ポー 最期の5日間(2012)★

    Excerpt: THE RAVEN 偉大なる作家エドガー・アラン・ポーは、 なぜ死んだのか…? 上映時間 110分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/10/12 ジ.. Weblog: Cinema Collection 2 racked: 2012-10-25 15:20
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: ルーク・エヴァンスの存在が良かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2012-10-30 00:31
  • 映画「推理作家ポー 最期の5日間」

    Excerpt: 映画「推理作家ポー 最期の5日間」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2012-11-10 23:31
  • 映画『推理作家ポー 最期の5日間』を観て

    Excerpt: 12-86.推理作家ポー最期の5日間■原題:The Raven■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:石田泰子■観賞日:11月10日、新宿ミラノ1(歌舞伎町)■料金:1,800円.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2013-01-14 21:15
  • 映画:推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt:  あれ?公式サイトがなくなってる!いくら何でも早くない?と言うわけで推理作家ポー 最期の5日間を見てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2013-01-20 17:31
  • 推理作家ポー 最期の5日間 観ている方にも推理をさせて下さい・・・

    Excerpt: 【=41 -5-】 ちょっと怖そうやけどでもぎりぎり耐えられそうかな~o( ̄ー ̄;)ゞううむ そういえば子供の頃、江戸川乱歩の名前をぱくった憎い奴だと、エドガー・アラン・ポーのことを思っていた。 .. Weblog: 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~ racked: 2013-01-31 09:42
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: 『推理作家ポー 最期の5日間』---THE RAVEN---2012年(アメリカ)監督:ジェームズ・マクティーグ 出演:ジョン・キューザック 、ルーク・エヴァンス、アリス・イヴ、ブレ.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2013-04-07 15:02
  • 「推理作家ポー 最期の5日間」 ミステリー好きのための

    Excerpt: 劇場で見逃したので、レンタルで観賞。 主人公は「モルグ街の殺人」などの作品がよく Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2013-04-12 21:06
  • 推理作家ポー 最期の5日間

    Excerpt: アパートの一室から響き渡る女性の悲鳴に警官隊がかけつけるも時すでに遅く、母親と思われる女性は首がほとんど切り離された状態で横たわり、娘は首を絞められ煙突に逆さまに突っ込まれていた。ドアは内側か.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-06-02 09:21