「アタック・ザ・ブロック」少年が男に変わる時

タランティーノ監督が年間ベストの7位に挙げていた映画。
新人監督と映画初出演の子どもたちが見せる、新しい形の少年ギャングヒーロー☆
「団地に住む少年たちが襲ってきたエイリアンをやっつける話」と聞いて、ポケモンやドラえもんみたいな話と思った人は、『今すぐ家に帰ってNARUTOでも見てな』



画像
「アタック・ザ・ブロック」公式サイト


<ストーリー>

夜ごと集まっては小遣い稼ぎに強盗を繰り返すモーゼス(ジョン・ボヤーガ)たち少年ギャング。
ある夜、落ちてきた何か得体の知れない生き物をよってたかって殺したのはいいが、次々と団地の周辺に謎の生き物が飛来した。
目の前で人々が襲われていくのを目にした少年たちは、手に手に武器を持って凶悪な宇宙人狩りに出かけていくのだが・・・・



画像
低所得者層が多く住むサウス・ロンドン

実際アメリカより犯罪発生率が高いロンドン。
特定の地域に行かない限り安心なNYに比べて、ロンドンは犯罪多発地域と一般住宅が隣接しているところがミソだ。

そして最も多いのが少年犯罪。
銃社会でない分彼らはナイフを携帯し、いつでも起動できてしまうのだ。


そして空き巣なども多いため、住宅のドアは必ずオートロックになっていて、うっかり鍵を持たずにゴミ出しに出て、自分の家から閉め出されてしまうことも多々・・・・(汗)
世界一安全な国日本に暮らしていると、防犯意識の低さを痛感してしまう。

画像
ロン(ニック・フロスト)がまた貸ししている部屋で、ギャングのハイハッツ(ジャメイン・ハンター)はマリファナを栽培している


14~15歳の少年たちは、水鉄砲にビービー弾を持ってあとをついてくるチビッコ(9歳半)のクソガキたちに「チンコの毛が生えてから来なっ!」と追い返すが、自分たちもチンピラに「マリファナから昇格してコカインを売って来い」と指示される。

そんなチンピラを「可愛いだろ?」と言って、部屋でマリファナを吸わせるロンは、いい大人なのに道徳もなく部屋を貸してその上がりで生活しているのだ。

これがまさにイギリスの社会問題。
低所得者地域での子どもたちの進化系(成長していく過程?)が、手に取るようにわかる。B級映画感を出しつつも、鋭く社会問題に切り込んでいるところは、なかなかだ。


画像
なかなかに鋭い切れ味の日本刀(飾り物)で、宇宙人に立ち向かう

現れる宇宙人も、B級感たっぷり。
どことなく「グレムリン」や「ゴーストバスターズ」を思わせたり、「ミスト」っぽいホラーの要素もバッチリだ。

子どもが主役だからと言って甘く見ていると、結構グロイところもあってびっくり。
何より死亡フラグを立ててなかったのに、子どもが一人ずつ殺られてしまうシュールさがいかにもイギリスらしい。

画像
トークゲストでやってきた鳥居みゆきも、宇宙人とバトルして見せたが、意外に肌が白くて綺麗だった。あ、関係ないか・・・・

画像
団地の女友達のところへ逃げ込むが・・・・・・

「あんたたちみたいな男子は、部屋に入れないわよー」みたいな女子のノリが、いかにも14~15歳らしくて初々しい。
そもそもいくら不良少年だとしても、彼らはママに「10時までには帰る」とちゃんと電話を入れたりもする普通の(?)少年たちなのだ。

周りの大人たちが悪い見本しか見せてないから、子どもたちは曲がっていってしまうわけで。
それが証拠に、一度強盗しようと襲った看護師のサム(ジョデー・ウィッテカー)の恋人がアフリカで子どもたちのためにボランティア活動をしていると聞いたときから、彼らの意識は大きく変わっていくのだ。


画像
団地のモンスターと呼ばれている不良少年たちが、団地のためにモンスターに立ち向かっていく・・・・

いつも警察に目をつけられているうえに、マリファナ栽培がバレるわけには行かないから、警察に助けを求められない。
八方塞の中で、彼らが見つけたモンスター撃退の唯一の方法は・・・・・


画像
事の起こりは・・・・・


ラストは少年ギャングがヒーローへ。

冒頭バンダナで顔を隠して強盗する時に見えるまだあどけない目が、『子どものくせに』と思わずにいられなかったのが、最後は男の大人へと脱皮する瞬間を目撃する事になる。
思わずウルッとしてしまうラストは、彼らが置かれた『ヒーローなのに犯罪者扱い』という立場にもきっと負けない、強い意志で切り抜けるであろう確かな未来を信じずにはいられない。



「この前のテストでも赤点でさぁ~」とお互いの14歳の息子たちの愚痴をこぼしあっていたママ友と、「ま、真っ直ぐ育ってくれているからいいとしようか☆」と言い合いながら帰ったのだった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2012年06月21日 21:40
こんばんは!

へぇ、こんな映画があるんだー^^
こっちでは上映ないよ^^;
面白そうだからDVDが出たら観てみようかな♪
ノルウェーまだ~む
2012年06月21日 22:26
みすずちゃん☆
えー、そっちでは上映ないの?残念ね~
きっとみすずちゃんは気に入る作品だと思うわ。
2012年06月22日 10:16
おはよぅ☆ここ2日忙しくしていたよ
タラの7位でずっと期待の映画だからまだ読めないの、土曜にたぶん観たらまたコメするね!
お友達のジャズのって先週かと思っていたらおとといだったのね~、
ママ友さんたちと楽しんだようでよかったね
今日は知り合いの監督作のショートショート映画祭で表参道ヒルズいくよ☆
ノルウェーまだ~む
2012年06月22日 11:06
migちゃん☆
あ、今日近くに来ているのね!
台風も過ぎ去ってきてよかったね~~
忙しくしていたの?忙しいのはいいことだ♪
私は・・・台風の影響で体がだるくて、ずっと寝て過ごしていたわ。年には勝てませんな。
mig
2012年06月24日 09:37
今外から~、これまだーむは楽しめた?
私期待はずれだったぁ…(>_<)
ニックフロスト出番少ないし。
ニコニコみたのね~
私も観るよ★
ノルウェーまだ~む
2012年06月24日 13:21
migちゃん☆
期待しすぎた?
まだまだ新米監督感っていうのは否めない作品だったよね。
年間で7位というほどではないけど、「拾い物」な作品だとは思うよ。
捕まっちゃったりするラストは結構好き☆
KLY
2012年06月26日 23:27
モーゼス15才って…(苦笑)確かに最後はちょっとジーンとくる終わり方なんだけど、冷静に考えると仲間が3人、それも強烈な殺され方ってーか、殆ど食い殺されてんだよね。あれ絶対トラウマになりそう^^;一つ思ったんだけど、途中チビ2人が水かけてたらウギャウギャいってたじゃない。あれって爆竹かなんかで火達磨になったってことは、水じゃなかったのかな?
ノルウェーまだ~む
2012年06月27日 00:35
KLYさん☆
確かに友達があんな殺され方って!!(汗)
モーゼスの15才は確かに育ちすぎなかんじもするけど、息子の同級生(14歳中3)でも既におっさんな子もいるよ~(笑)
おチビちゃんたちの水鉄砲は、もしかするとガソリンとかだったのかな?
私は最初、水が苦手なんだ!楽勝じゃん!とぬか喜びしちゃったけど、結局は火でやられるんだものね。
風情♪
2012年07月03日 14:39
こんにちは♪

そうなんすよね、コメディかと思ったら切り口がそ
うなだけで、英国の社会問題や社会規範なんぞが語
られた思いのほか深い作品だったんで、かなり気に
入った作品でした。

>この前のテストでも赤点でさぁ~

まだ~むさんの息子さんの出来がイイか?残念なの
か?は別として、ボクも中学の時、中間だか期末の
数学(方程式中心の問題)のテストで100点満点中
9点と言う輝かしい数字を叩きだした過去を持って
るけど、警察のご厄介にもならず全うに生きてるか
ら大丈夫っすよ。
…って何の話だ…><
ノルウェーまだ~む
2012年07月03日 17:15
風情♪さん☆
わははは・・・9点というのはまたいい感じに輝かしいですね!
警察のご厄介になっても地球を守り抜く男になってほしいか、赤点とっても警察にご厄介にならないほうがいいのか・・・(爆)
ま、地球を守るのはお話の世界だけにして、全うに生きてくれるのが一番ですね☆
2012年11月19日 11:31
ロンドン在住だったまだ~むさんの解説、勉強になります
ロンドンというと真っ先に霧の都とかシャーロック・ホームズが思い浮かんでしまうわたしはどことなく上品なイメージを抱いているのですが、世界の他の大都市と同じように少年問題も多く抱えているのですね。まだ~むも危険な目にあいそうになったことがあったのでしょうか

この映画でのニック・フロストは今まで見た中では一番しっかりしてた感じでした。それでも決して子供たちのよいお手本と言えないところがなんだかなあ
ノルウェーまだ~む
2012年11月20日 22:49
伍一くん☆
私は幸い危ない目にはあったことなかったけど、幼い日本人の子どもがスーパーで誘拐され、100m先のケンタッキーのトイレで、髪の色を金色にスプレーで染められて、一人泣いていたという事件もごく身近な場所で起きたりしていたよ。
日本人は臓器が綺麗だから高く売れるんだって。

ニックは確かにしっかりもののお兄さんってかんじだけど、悪い見本ではいかんともしがたいねー

この記事へのトラックバック

  • アタック・ザ・ブロック/ Attack the Block

    Excerpt: ランキングクリックしてね &amp;larr;please click タランティーノ選出、去年のベスト7位 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライト製作総指.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2012-06-23 23:47
  • アタック・ザ・ブロック/Attack the Block

    Excerpt: ある日ロンドンの公共団地に隕石が落下した。中から現れたのはなんとエイリアン、しかし不良少年たちはそのエイリアンを寄ってたかって殺してしまう。それがとんでもない騒動の始まりだとも知らず…。ジョン・ボイエ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-06-26 16:24
  • 映画「アタック・ザ・ブロック」 感想と採点 ※ネタバレあります

    Excerpt: 映画『アタック・ザ・ブロック』(公式)を先日シネクイントにて劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら60点にします。 ざっくりストーリー .. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2012-06-28 20:12
  • アタック・ザ・ブロック

    Excerpt: Data 原題 ATTACK THE BLOCK 監督 ジョー・コーニッシュ 出演 ジョディ・ウィッテカー  ジョン・ボイエガ  アレックス・エスメイル  サイモン・ハワード  ニック・フロス.. Weblog: 映画 K'z films 2 racked: 2012-07-02 00:49
  • アタック・ザ・ブロック

    Excerpt:  イギリス  SF&アクション&青春  監督:ジョー・コーニッシュ  出演:ジョディ・ウィッテカー      ジョン・ボイエガ      アレックス・エスメイル       ... Weblog: 風情♪の不安多事な冒険 Part.5 racked: 2012-07-03 14:21
  • アタック・ザ・ブロック

    Excerpt: 期待してた程の面白さでは無かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2012-10-25 00:40
  • アタック・ザ・ブロック : てんこ盛りSFパニックアクション

    Excerpt:  今日は、広島の映画館事情について少々お話します。シネマコンプレックスが、広島市内に初めて出来てから結構経ちます。これは、とても便利なシステムです。私が観る映画もほと Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2012-10-30 11:48
  • ねらわれた団地 ジョー・コーニッシュ 『アタック・ザ・ブロック』

    Excerpt: クエンティン・タランティーノが2011年の映画ベスト第7位に選んだ一風変わったジ Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2012-11-19 11:44
  • アタック・ザ・ブロック

    Excerpt: エドガー・ライト製作総指揮によるSFパニック・アクション。 ガイ・フォークスの夜、団地の悪ガキたちがはからずもエイリアンと戦うというのが面白い作品なんですが、悪ガキたちはカツアゲしたり薬を売.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-12-28 08:56
  • アタック・ザ・ブロック

    Excerpt: ATTACK THE BLOCK 2011年 イギリス 88分 SF/アクション/青春 PG12 劇場公開(2012/06/23) 監督:ジョー・コーニッシュ 製作総指揮:エドガー・ライト 脚本.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2013-07-18 03:36
  • 『アタック・ザ・ブロック』

    Excerpt: アタック・ザ・ブロック 襲い来るエイリアンから団地を守る為、 戦う地元の悪ガキ5人組 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Attack the Block Weblog: cinema-days 映画な日々 racked: 2013-08-15 10:18