「テルマエ・ロマエ」濃い顔族

漫画「テルマエ・ロマエ」が原作のこの映画。
漫画の主人公といえば、目が大きく日本人なのに金髪でお目めパッチリだったりするけど、なんと!この原作の主人公より遥かに目が大きい俳優陣は、1000人ものイタリア人エキストラの中にいて全く違和感なし!って、もうそれだけで充分爆笑なのだ☆



イタリア最大の撮影所チネチッタの、人気ドラマのオープンセットをちゃっかり借りちゃうところもすごいけど、この映画のためにイタリアにいる間にソフトバンクのCMも撮影しちゃったのかな?という上戸彩もすごい~


画像
「テルマエ・ロマエ」 公式サイト


<ストーリー>

古代ローマの浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、最近の派手で落ち着かないローマ風呂に辟易としていたが、斬新なアイデアが足りないと解雇されてしまう。
風呂に潜りながら新しいアイデアを練っているうちに、吸い込まれた排水溝から現代の日本へタイムスリップしてしまったルシウス。
そこには見たこともない「平たい顔族」と見たこともない浴場、飲み物などがあり・・・・・



画像
ルシウスは銭湯の富士山もケロヨンと書かれた洗面器も、涼しい扇風機もフルーツ牛乳にすら驚いて・・・・・


さすが阿部ちゃん。
台詞は『頭の中の考え』なので、演技は黙ってしている筈なのだけど、これがさすがに上手い!
いちいち驚くけど、オーバーリアクションは無し。
この毅然としたローマ人ぶりが、まさにぴったりなのだ。

しかし、湯船の底から上がった時の目の赤さが、過酷な撮影を物語っていて、つくづく役者さんて大変ねぇ~と思わずにいられない。


画像
少年を愛人として大切にしているハドリアヌス帝(市村正親)は、無類の風呂好き



見事に顔の濃い役者さんを集めたこと!
唯一親友のマルクス(勝矢)が、どう見ても平たい顔族なんだけど~~?

市村氏はカツラ(?)、アントニヌス(宍戸開)はパンチパーマ以外は、みなさん地毛で違和感無し。
しかも舞台俳優ならではの重厚な(大げさな)演技が、ハドリアヌスに正にぴったり☆


画像
何度も目も前に現れるルシウスに、漫画家志望の真美(上戸彩)は翻弄され・・・・・・

浴槽とトイレのショールムに現れるルシウスに、真美もビックリ!
トイレットペーパー(パピルス)が用を足している時に勉強する巻物と思ったり、ウォシュレットに感動したり・・・・
巨大な一枚板の鏡に感動するけど、是非ガラスにも驚いてほしかったなぁ。




画像
漫画家の夢を諦め実家の温泉宿を手伝う真美の取り巻きは、いつもじいさんばかり


人のいいじいさんばかり、随分たくさんいるなー?と思ったら、ラストの砂風呂用の小屋造りに人数が必要だったのね。
しかし肉体労働を課すには、ちょっとヨボヨボすぎて可哀相・・・・



画像
ぶっ飛んだ漫画家の衣装より、ローマの女性の服装が似合う上戸彩chan


ラストはベタに恋愛物にもっていくのかと思いきや、「諦めずに前に進んでいこう」という成長物語になっていて高感度UP

タイムスリップの瞬間に現れるオペラ歌手や、水洗トイレのように流されていくシーンがあえて人形っていうのも、いかにも漫画が題材をフルに活用していて楽しい♪
おふざけしすぎず大真面目が可笑しい、GW家族で見るのにぴったりの映画だ。
ちなみに私は満員電車波の混雑の新宿ピカデリーで一人で観たけど(苦笑)

劇場ではこの映画のために描き下ろされたヤマザキマリのテルマエ・ロマエ特別編の小冊子がもらえたyo
阿部ちゃんがそっくり!なんとルシウスと阿部ちゃんが大接近!!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

KLY
2012年05月04日 15:49
大ヒットしてるみたいだね~。
流石にもう前半のあのリアクション芸は大笑いだったよ。個人的ににはウォシュレットと温泉玉子がお気に入りw
濃い顔族のみなさんは演技は確実な人たちなんで、その意味では安心安全w
2012年05月04日 17:23
なかなか面白かったです。
前半は割と原作に忠実、後半はオリジナルな展開となります。
原作の面白さを生かしつつ、別物として良く出来ていたという印象でした。
セットは豪華でしたね。
小冊子が、主演二人のインタビューとマンガの特別編もついてお得感ありました。



2012年05月04日 19:21
まだ~む!!
お元気ですか?!
日本映画ってあっまり見てないんだけど、コレ見たら
銭湯行きたくなっちゃったよー!!^^

ところで、日本でもムンクの絵のことニュースで見たと思うけど、
きのうまたTøyenのムンク美術館行ってきたよ!

それでまだーむのパパンの会社が建てた事で
記事にまだーむをリンクさせてもらいましたヨ♥
ノルウェーまだ~む
2012年05月04日 22:33
KLYさん☆
ウォシュレットも本当に笑えたわー
実際古代ローマでなくても、イタリアの水洗トイレは手を洗う所が足踏みで水を出したりと、国によってトイレって違うから戸惑うんだよね。
現代でもイタリア人は自動で空く蓋を見たらびっくりするよ(笑)

演技の確かな役者さんたちは、どんな奇想天外な事も「あり」に見せてしまうから凄いよね。
ノルウェーまだ~む
2012年05月04日 22:36
きささん☆
原作読んでいらっしゃるのね!?
後半はオリジナルとか気が付かないくらい自然な流れでしたね~

小冊子は全てのどの劇場でももらえるのかしら?凄いサービスだわ♪
ノルウェーまだ~む
2012年05月04日 22:39
yueちゃん☆
ロンドンは結構寒いって聞いたけど、ノルウェーはどうかな?もうすぐ建国記念日だね!

ムンクの絵の落札ニュース見たよ!すごいねぇ~
記事にリンクありがとう♪
見させてもらうね☆
にゃむばなな
2012年05月05日 18:11
タイムスリップするシーンが次第に人形をトイレに流すだけという雑さは結構好きですね。
顔の濃い日本人を集めてきただけに、セリフのあるローマ人役はできれば全て顔の濃い日本人を集めてほしかったですよ。
yukarin
2012年05月06日 00:57
こんばんは。
阿部ちゃんにはかなり笑わせてもらいました。
もうハマリ役。
外国人の中にいても違和感ないのもすごい(笑)
これだけ顔の濃い俳優さんが集まる映画もなかなかないですね。
ノルウェーまだ~む
2012年05月06日 08:57
にゃむばななさん☆
そうそう!タイムスリップのシーンが次第に人形になっていったり、オペラ歌う人もサボったりと笑えましたね~
確かにルシウスの奥さんとのシーンはちょっとだけ違和感でした。でも台詞のあるローマ人とのやり取りは案外巧くいっているように見えましたよー
ノルウェーまだ~む
2012年05月06日 09:00
yukarinさん☆
本当に阿部ちゃんの力だよねぇ。
クールにキメながら笑わせるとうのが、本当に絶妙だったわ。
顔の濃い役者さん勢ぞろいもウケたわ☆
2012年05月06日 11:46
くすん。私は小冊子なんて貰えませんでした。
劇場によるのかしら?
映画は爆笑ものでしたが。
私はこの著者にすっかり興味を持って調べました。
一体どんな人がこんな奇想天外な話を描いたのだろうと。
日記にUPしましたよ!
hino
2012年05月06日 13:42
やっほーい。
山登りどうだったー?

この漫画をおすすめされてたよ。映画、新聞での広告宣伝もあすごかったなあ。
面白そう!!
2012年05月06日 20:43
こんばんは☆彡
GW結局大掃除が小掃除になった私です(^^ゞ

まだ~むは、かなり楽しめたようですね。
私も楽しめたのですが、予告編以上のものは
得られなかったかな・・・でも、阿部ちゃんはサイコーで楽しかったんですけどね♪
そそ、勝矢は、私もひらたい顔族だろっ!って思いました、力さんとトレードしたほうが良かったかも(笑)
TB入らなかったかな?

お話変わって・・・
この後観たドライヴがめちゃ良かったの~
感想アップしたら、まだ~むのところにまたお邪魔しますね(^_-)-☆
ノルウェーまだ~む
2012年05月07日 08:47
zooeyさん☆
あ、じゃあ予想以上にヒットして、用意していた冊子がなくなっちゃったのかもしれないですね。
これが結構おもしろかったのですよ。
阿部ちゃんとルシウスがお風呂でバッタリ!
しかも阿部ちゃんがそっくりなんです。
ノルウェーまだ~む
2012年05月07日 08:49
hinoちゃん☆
いやはや筋肉痛じゃよ。(でも翌日から筋肉痛出てよかった・笑)
hinoちゃんの話題も出て盛り上がったよ♪
この映画はhinoちゃんにぴったり☆リラックスできて楽しめるよ。お酒は飲まずに観てね(爆)
ノルウェーまだ~む
2012年05月07日 08:53
ひろちゃん☆
えー、力さんも平たいと思うよぉ。
あと若手で濃い人って、どのあたりだろう?
考えると思いつかないけど・・・
城田優とか奥さんを寝取っちゃうにはちょうどいいかも?
2012年05月07日 19:39
こんばんわ!
GWはトンとブログを離れて、せっせと中学生のサッカー三昧につきあっておりました。疲れた。。。
PTA総会やら忙しかったのですが、どうしても小冊子欲しくて、初日に無理やり行きましたわ。
オリジナルの収録で、グーでした。
原作漫画に忠実すぎて、もうちょっとオリジナリティもたせて、台詞に頼らない作りを期待したのですが、もろに原作通りで、ちょっと拍子抜けでした。
まあ、セットの見事さと、日本人の人の良さと、ちゃっかりぶりが見どころでしたかね。
ノルウェーまだ~む
2012年05月07日 23:10
sakuraiさん☆
GWは母は何かと用事が多いですね。
映画は原作通りなのですか?途中からはオリジナルって聞いたのですけど・・・
でもこの漫画の面白さが存分に出ていたみたいで、原作知らない私たちには、結構新鮮で楽しめました!
2012年05月10日 17:50
>舞台俳優ならではの重厚な(大げさな)演技が、ハドリアヌスに正にぴったり

私、苦手なんですよねぇ~市村氏(笑)
いつもそんな芝居でしょ、上手いのかそうでないのか微妙なの(汗)
でもこれそこが活かされていてピッタリでした。
それにしても、阿部ちゃん、イイお尻してますね(笑)
ノルウェーまだ~む
2012年05月10日 18:34
オリーブリーさん☆
そこそこ!
私も舞台俳優が大げさな演技をするのは好きじゃないのだけど、今回はその配役がすごくぴたっとハマって良かったよね。
阿部ちゃんのお尻も♪
マリー
2012年05月11日 18:05
こんばんは~~♪
役者さんがみんなハマっていたね~~~。
原作コミック1巻だけ長男が持っていたけど、チビ入院中に弟の為に全巻買ってくれたの~。この映画はうまいことミックスしてあったわ~。彩ちゃんは原作にいないキャラだけど、違和感なく存在してたことに驚き。
阿部ちゃんは身体はってたね~~~。

私もタイムスリップの人形ぐるぐるシーンが好き。ちょっとのだめちっくで・・・
ノルウェーまだ~む
2012年05月11日 21:30
マリーさん☆
のだめチックだけど、のだめよりぶっ飛んだ人がいなくて、ずっと違和感なしだったわ~
私も人形ぐるぐるのいい加減なかんじが好き!

お兄ちゃん優しいね。
入院そんなに長いの?ママも疲れないようにね。
2012年05月25日 08:02
おはよ!

面白かったね~♪笑いっぱなしだったわ^^
阿部ちゃんが超真面目な顔してるのが余計に可笑しくて^^
オペラ歌手の人が、ちょっとツボだったよ^^
ノルウェーまだ~む
2012年05月25日 13:45
みすずちゃん☆
そうそう!オペラ歌手がお約束に出てきて、お約束どおりに休憩してたりして、コントみたいだったものね。
イタリア上映の時はどの編がツボって笑っていたのか知りたいなー
がっはっはっは濃・コホン!o(-"-;)・濃・いいいい
あっしは、そのコスプレ濃いメンツの中で
彩嬢のチラっ萌え(〃^)(*^-^*)ゞ
上野パンダ様の公園、すぐの前の
鶯谷は根岸の裏に生まれたモンとしては
ガラっと窓を開けりゃ
沢山の温泉マークと銭湯 
壁面にゃ ポンペイのヴェスヴィオ火山?! |* ̄∇ ̄|ニヤッ|* ̄∇ ̄|ニヤッ
|* ̄∇ ̄|ニヤッと来たもんだねぇ
がっはっは。なーに時代が変わりゃ~
プツ変わるってーもんだ。
まその。パピルス様も愛し♪♪
ってーもんでぃっ
以前。某ドラマで撮影とオフ中の安部サンの姿を我家のすぐ傍て観たけど
とにかく 頭身アリの身長の高さ!
ノルウェーまだ~む
2012年07月09日 00:04
qちゃん☆
生の阿部ちゃん見たの?すごーい♪
身長高いもんね~
江戸っ子なんだね。
てやんでーい!
あの辺、銭湯いっぱいあるのね。いいな~
2012年08月13日 11:38
まだ~むさん、こんちは
チネチッタって川崎のことだとばっかり思ってたら、本物はイタリアにあるんですね・・・ あはは
いやあ、これ他に類をみない作品ですよね。吹き替えのようだけど吹き替えじゃない。あれ、でも画面の隅に「バイリンガル」って出てたか・・・? まあいいか

斜陽の温泉地であるわがA海氏もルシウスを見習って、いろいろ工夫して再興を目指さねばならないな、と思いました。ラブプラスとタイアップしている場合じゃない!
ノルウェーまだ~む
2012年08月13日 21:15
伍一くん☆
ラブプラスって?
なんかあやしい響き・・・

この映画、ほんと他に類を見ない作品って言えてる~
色々な点で目新しいよね!
IHURU
2013年04月10日 23:34
こんばんは。
本当、イタリア人に混じっても何の違和感もない濃ゆい顔の持ち主たちでしたね~。笑
阿部寛さんにはたくさん笑わせてもらい、いーい身体を堪能させていただきました♪

ノルウェーまだ~む
2013年04月11日 09:17
IHURUさん☆ようこそ!
自然体で大真面目にやっているのに、とーっても笑わせてくれる阿部寛さん、さすがでしたねぇ。
ほんと、イタリア人そのものでした。
ギリシャ彫刻のような身体も堪能させてもらいましたね☆

この記事へのトラックバック

  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: 古代ローマ帝国の浴場設計技師が何故かタイムスイップして現代の日本に現れてしまうというヤマザキユリの大人気コミックを実写映画化。監督は『のだめカンタービレ 最終楽章』の武内英樹、脚本を『クローズZER.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-05-04 15:46
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: 公式サイト。ヤマザキマリ原作、武内英樹監督、阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親、勝矢、キムラ緑子。古代ローマのお風呂と言えば、真っ先に思い浮 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-05-04 23:06
  • 「テルマエ・ロマエ」

    Excerpt: 「テルマエ・ロマエ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 2012-041 初日鑑賞のはずがどこも満員で入れませんでした。 すごい、大ヒットみたい。 どこのシネコンもみんな一番大きな箱で上映.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2012-05-04 23:35
  • 『テルマエ・ロマエ』 時空を超える秘密

    Excerpt:  『のだめカンタービレ』で私たちを大いに楽しませてくれた武内英樹監督が、そこでつちかったノウハウを活かして作り上げたのが『テルマエ・ロマエ』である。  誰もが認める本作の最大の特徴は、そのキャス.... Weblog: 映画のブログ racked: 2012-05-05 00:01
  • 映画『テルマエ・ロマエ』 観てきたよん(*^。^*)

    Excerpt: 原作大好きなんですよね~ 何度も大笑いしてしまうし、何度も読み返したくなる秀作。 過去記事はこちら 果たして、このローマ帝国時代がちゃんとえがかれるのか疑問でしたが、 いや.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2012-05-05 00:33
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: 上戸彩の鎖骨が色っぽい。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2012-05-05 01:39
  • 「テルマエ・ロマエ」 濃ゆい人祭り

    Excerpt: 日本の風呂文化というのは世界の中でも類いまれなものだと思います。 江戸時代から銭 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-05-05 06:43
  • 「テルマエ・ロマエ」古代ローマと現代の日本をタイムスリップ先にみたテルマエに国境はない平たい顔族たちの教え

    Excerpt: 「テルマエ・ロマエ」は古代ローマの浴場設計技師が現代の日本にタイムスリップして日本の風呂を見てローマの浴場設計に活かしていくが次第に国の争いに巻き込まれ現代の日本人と ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-05-05 08:14
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: 古代ローマ帝国ハドリアヌス帝(在位177~138年)の時代。 浴場設計技師ルシウスは、アイデアが古いと言われ職を失ってしまう。 公衆浴場の中で悩み抜いた彼は、突然、現代日本の銭湯にタイムスリップ! そ.. Weblog: 象のロケット racked: 2012-05-05 11:02
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: JUGEMテーマ:邦画      日本人を平たい顔族と呼ぶルシウス。    銭湯やショールーム、温泉で起こす行動に.. Weblog: こみち racked: 2012-05-05 12:56
  • 『テルマエ・ロマエ』

    Excerpt: 阿部寛がすっぽんぽんであればあるほど面白い。 ひとっ風呂タイムスリップしてきたローマ人浴場技師が平たい顔族の風呂文化・トイレ文化に感銘を受けてはローマに持ちかえる様子 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2012-05-05 18:11
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: 古代ローマの大衆浴場の設計技師が現代の日本にタイムスリップして、最新の風呂文化を古代ローマに持ち込んだりして繰り広げれるコメディだ。単に風呂文化を持ち返るだけでなく、古代ローマの危機まで救ってしまう物.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2012-05-05 20:24
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: 製作年度 2012年 上映時間 108分 原作 ヤマザキマリ 脚本 武藤将吾 監督 武内英樹 音楽 住友紀人 テーマ曲:ラッセル・ワトソン『誰も寝てはならぬ』 出演 阿部寛/上戸彩/北村一輝/竹内.. Weblog: to Heart racked: 2012-05-06 00:25
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: 2012/04/28公開 日本 108分監督:武内英樹出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、勝矢、キムラ緑子、笹野高史、市村正親 ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。 古代ローマ、.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2012-05-06 00:44
  • [映画『テルマエ・ロマエ』を観た]

    Excerpt: ☆・・・ちょい待ち!  寝る前に書きますから^^;    ◇  ・・・一時間半後。  では書きます^^  ・・・寝ルマエ・オ前  かなり面白くて、原作を読んでいた私は、マンガ原作を咀嚼し、.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2012-05-06 01:27
  • 「テルマエ・ロマエ」浴場スペクタクル!

    Excerpt: [テルマエ・ロマエ] ブログ村キーワード  人気コミック原作の実写映画化。“お風呂”をテーマにした“歴史スペクタクルロマン大作(?)”「テルマエ・ロマエ」(東宝)。阿部寛が、古代ローマ人を熱演!いや.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2012-05-06 13:14
  • ★テルマエ・ロマエ(2012)★

    Excerpt: ひとっ風呂、 タイムスリップしませんか。 映時間 108分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2012/04/28 ジャンル コメディ/ファンタジー 映倫 G 【.. Weblog: Cinema Collection 2 racked: 2012-05-06 20:44
  • 映画「テルマエ・ロマエ」感想

    Excerpt: 映画「テルマエ・ロマエ」観に行ってきました。月刊雑誌「コミックビーム」で連載されているヤマザキマリの同名漫画を原作とした、古代ローマ帝国の公衆浴場「テルマエ」を設計する... Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2012-05-07 01:19
  • テルマエ・ロマエ 私も平たい顔属の1人ですわ

    Excerpt: 【=20 -1-】 いろいろとあったGWでした、関越道での高速ツアーバスの大事故で始まり最後は巨大竜巻か・・・しかし素晴らしいことは日本の原子力発電所全てが止まったことだ! 昭和のさまざまな間違いに.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2012-05-07 10:24
  • テルマエみたよん

    Excerpt: 阿部ちゃんのお尻が堪能出来ました Weblog: ろくちゃんのおにぅなおうち★ racked: 2012-05-07 12:41
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: あの細切れの話をよくもつなげた見事な脚本! Weblog: 迷宮映画館 racked: 2012-05-07 19:40
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: 『テルマエ・ロマエ』 ★★★★ いくらGW初日とは言え、箕面109のレイトショーが満席なうえ、エンドロールが終るまで誰も立たない稀有な経験をした。 ごく序盤は原作漫画のストーリーをスピーディーにな.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2012-05-07 20:13
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: マンガ「テルマエ・ロマエ」を原作とする映画。ローマが舞台の物語なので、濃い顔の役者を揃えています(笑)。原作は読んだことがありませんが、映画は見に行って見ました。 先にも記しましたが、出てくる日本人.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2012-05-07 21:20
  • 映画「テルマエ・ロマエ」

    Excerpt: GW中に映画「テルマエ・ロマエ」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2012-05-08 00:05
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: 古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場で、日本の銭湯へとタイムスリップしてしまう。 「平たい顔族=日本人」の風呂の文化に感銘を受け... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2012-05-10 16:18
  • テルマエ・ロマエ(2012-058)

    Excerpt: テルマエ・ロマエ MOVIXさいたま ヤマザキマリさんの同名コミックの実写映画化 調べてみると212-1/12~フジテレビ系列でアニメも放送され 4/13にはBlu-rayとDVDの発売もさ.. Weblog: 単館系 racked: 2012-05-10 21:36
  • 『テルマエ・ロマエ』 試写会で鑑賞~

    Excerpt:                   ひとっ風呂、タイムスリップしませんか。 『テルマエ・ロマエ』 監督・・・武内英樹 原作・・・ヤマザキマリ 出演・・・阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍.. Weblog: pure breath★マリーの映画館 racked: 2012-05-11 18:13
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: ・テルマエ・ロマエ(4月28日より上映中 阿部寛 上戸彩 北村一輝出演)「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」を受賞したヤマザキマリの同名コミックを阿部寛主演で実写映画化。古代ローマ帝.. Weblog: 充実した毎日を送るための独り言 racked: 2012-05-13 00:55
  • 『テルマエ・ロマエ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「テルマエ・ロマエ」□監督 武内英樹 □脚本 武藤将吾□原作 ヤマザキマリ □キャスト 阿部 寛、上戸 彩、北村一輝、竹内 力、宍戸 開、笹野高史、市村正親、    .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-05-13 22:20
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt:  『テルマエ・ロマエ』を観た。  【あらすじ】  古代ローマの設計技師(風呂限定)ルシウス(阿部寛)。  仕事熱心な彼は浴場のアイディアについて悩みまくり、そのあげく現代日本の銭湯にワープ!?  .. Weblog: みすずりんりん放送局 racked: 2012-05-25 08:00
  • 映画「テルマエ・ロマエ」平たい顔民族ガンバレ!

    Excerpt: 「テルマエ・ロマエ」★★★★ 阿部寛、上戸 彩、北村一輝、 竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親出演 武内英樹監督、 108分、2012年4月28日公開 2011,日本,東宝 (原題/原作:テルマエ・.. Weblog: soramove racked: 2012-05-27 13:19
  • テルマエ・ロマエ 2回目

    Excerpt: 監督:武内英樹出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、勝矢、キムラ緑子、笹野高史、市村正親古代ローマ、アイデアに煮詰まり失業した浴場設計技師のルシウスは、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリ.. Weblog: Said the one winning racked: 2012-07-08 22:15
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: テルマエ・ロマエ '12:日本 ◆監督:武内英樹「クローズZERO」「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 ◆出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、市村正親 ◆STORY◆古代.. Weblog: C’est joli~ここちいい毎日を♪~ racked: 2012-07-09 21:42
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: ロングラン大ヒット中!公開してから9週目だというのに、午後の回だったけど7割くらい入ってました。 古代ローマのテルマエ(お風呂)技師、ルシウス(阿部寛)は、現代日本へのタイムスリップを繰り返しなが.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2012-07-15 23:20
  • すべての道はローマ風呂につづく ヤマザキマリ・武内英樹 『テルマエ・ロマエ』

    Excerpt: 原作は800万部を売り上げ、映画もいまのとこ本年度ナンバー1の興行収入を達成した Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2012-08-13 11:39
  • 映画:テルマエ・ロマエ

    Excerpt:  最近暑くてシャワーばっかり。たまにはゆっくり温泉にでもつかりたいですね。そんなわけでテルマエ・ロマエの記事です。 Weblog: よしなしごと racked: 2012-08-27 20:40
  • 映画『テルマエ・ロマエ』を観て

    Excerpt: 12-43.テルマエ・ロマエ■配給:東宝■製作国・年:2012年、日本■上映時間:108分■観賞日:5月27日、シネクイント(渋谷) □監督:武内英樹□原作:ヤマザキマリ◆阿部寛(ルシウス)◆北村一.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2012-10-08 21:01
  • テルマエ・ロマエ

    Excerpt: 古代ローマの大浴場と日本の銭湯を繋げるというアイデアが秀逸。漫画原作ですが、原作は読んでいません。 ローマ人役として日本の中でも濃い顔の役者を集めた発想も笑えます。阿部寛、市村正親、北村一輝.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-11-10 11:32
  • 『テルマエロマエ』 感想&予告編

    Excerpt: 3歳と4ヶ月の娘。 いつの間にやらおしゃべりが上手になり、楽しいな♪と思っていたのに、最近では口応えのバリエーションも増え、ああ言えばこう言うし・・・ってな感じで。母は激しく、体力と気力を奪われ.. Weblog: IHURUのおすすめ映画 racked: 2013-04-10 23:35