ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 借り物DVDレビュー「きみに読む物語」「ボビー」「ミスター・ノーバディ」

<<   作成日時 : 2012/03/14 15:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 16

「これは良かったよ」と貸してもらったDVDをまとめてレビュー。
上の2本はmigちゃんから、最後の1本はtomocoさんから。





まだ〜むの個人的評価は、満点が★5つ

画像「きみに読む物語」(2004)★★★★
原題「The Notebook」をこの邦題に直した人、素晴らしい!!

老人介護センターで暮らすアルツハイマーの女性(ジーナ・ローランズ)は、デュークと名乗る老人(ジェームズ・ガーナー)に素敵な恋物語を読んでもらうのが日課だった。
17歳の良家の子女アリー(レイチェル・マクアダムス)が、材木工場で働く地元の青年ノア(ライアン・ゴズリング)とのひと夏の恋を引き裂かれ、7年の時を経て結婚の決まったアリーがノアに再会し・・・・という物語を読むうちに、記憶を取り戻す女性だったが・・・・・

いやー、途中からずっと泣いてた。
純愛映画を基本見ない私だけど、これにはやられたっ!!

お金持ちお嬢様と貧乏青年との恋も、紆余曲折を経ての再会もベタすぎて‘キュン‘ともしないんだけど、若きライアン・ゴズリングの言葉少ないのに目で語る愛がたまらなく素敵☆
ここに老人を組み込んだところが素晴らしい。そして映像もめちゃめちゃキレイ♪
ノアが愛する人に読む詩の朗読が、こうして永遠の愛に続いているという、これぞ本当の愛の形。
一緒のベッドで共に息を引き取るのは反則すぎる〜ぅ!!それでもこれこそが究極の願い。わたしもパパンとせーの!で逝きたい〜☆





画像ボビー(2007年)★★
途中までジョン・F・ケネディ暗殺の話かと思いながら見ていたら、兄のロバート・F・ケネディの暗殺当日の舞台となったアンバサダーホテルでの一日を追ったホテルを取り巻く人々の群像劇だった(汗)

J・F・ケネディで無かった上に、ロバート・F・ケネディ(ボビー)の話でもなく、バラバラな話が交差しているが、最後に結びつくのかと思いきや、最終的には流れ弾に当たった人たちだったのねと、何となく最後まで肩透かしをくらった印象。

私って群像劇が好きじゃないんだ・・・・と改めて認識したwa
豪華キャストだけに、期待しすぎたのかも。




画像ミスター・ノーバディ(2011年)★★★★
tomocoさんが昨年ベストに入れた大絶賛の作品

科学の進歩により不死が可能になった世界で、唯一寿命を持つ118歳のニモ(ジャレット・レト)が過去を回想してインタビューに答える。
彼は9歳の時、離婚する両親のどちらについていくかという選択を迫られる・・・・・


様々な出会いで何通りのも生き方を生きるニモ。
まるでいくつものパラレルワールドが存在するかのような錯覚に陥る。
人生の分岐点で選択したことが、果たして良かったのか失敗だったのか?

哲学的なテーマだけど、重たくならず、倒錯してないのは、アートのような美しい映像と、どこかユーモラスな部分が救いを与えてくれるからなのかな☆

ミスター・ノバディ=誰でもないというような事をDVDパッケージでは言ってるけど、12通りの人生のうちの誰でもなく、それは間違いなく9歳のニモなんじゃないかな。
様々な女性と歩むかもしれない人生の選択が描かれているけど、私はニモが溺れかけたトラウマを克服して泳げるようになる選択がないのが、最後までおかしくて可笑しくて・・・・・







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミスター・ノーバディ/Mr. Nobody
ベルギーのジャコ・ヴァン・ドルマル監督が送る近未来を舞台にしたSF映画だ。人間が不死になった世界で主人公はただ一人死ぬことの出来る人間。その主人公が自らが歩んできた12通りもの人生を回想する。主演は『ロード・オブ・ウォー』のジャレッド・レトー、共演にサラ・ポーリー、ダイアン・クルーガーといった豪華な俳優が出演している。独特の音楽・映像表現に注目したい。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2012/03/14 20:04
ミスター・ノーバディ / MR.NOBODY
ランキングクリックしてね&amp;larr;please click ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2012/03/14 23:50
きみに読む物語 / THE NOTE BOOK
ここ最近の純愛映画ブームに乗れずにいたわたし。。。 (ひねくれてるわけじゃないんだけどね・・・) でも、ロマンティック大好き ベタなコメディは好きなくせに、ベタな演出の恋愛ドラマは大嫌い。 さあ、泣けとばかりにわざとらしく涙誘ったり、今どきこんな純愛... ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2012/03/14 23:54
『ミスター・ノーバディ』
                               きゃ  待ってたよぉ〜! ...続きを見る
まいふぇいばりっと ゆる日記
2012/03/15 00:28
きみに読む物語
『きみに読む物語』---The Notebook---2004年(アメリカ)監督:ニック・カサヴェテス出演: ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー、ジョーン・アレン とある施設で認知症の女性(ジーナ・ローランズ)に... ...続きを見る
こんな映画見ました〜
2012/03/17 22:52
ボビー
『ボビー』---BOBBY---2006年(アメリカ)監督:エミリオ・エステベス 出演:アンソニー・ホプキンス、ウィリアム・H・メイシー 、クリスチャン・スレイター、デミ・ムーア、シャロン・ストーン、ローレンス・フィッシュバーン、イライジャ・ウッド、リンジー・... ...続きを見る
こんな映画見ました〜
2012/03/17 22:54
『きみに読む物語』
唐突ですが、ライアン・ゴズリング第2弾!笑 ...続きを見る
まいふぇいばりっと ゆる日記
2012/03/19 22:49
「ミスター・ノーバディ」
人生、いろんな可能性があるんだよ、ってことでしょうか? ...続きを見る
或る日の出来事
2012/08/14 23:26
ミスター・ノーバディ
もしもあの日あの時、あなたと。人生の選択が、枝分かれするように変わるのを第三者目線で見せられると、複雑で意味深なものになる。これは、イマジネーションが見事でしたねえ。 2092年、人類が不死を手に入れた世界。地球最後のラスト・モータル(不死ではない人間)のニモが語るのは自分の人生。分岐点における選択によって枝分かれしていくそこには無限の可能性で有り得たはずの色々な経験。幾重ものパラレル・ワールドを行き来し、それでも混乱しないのは、演出が上手いからでしょう。 後半のニモの言葉には驚いた... ...続きを見る
いやいやえん
2013/05/25 09:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜♪

「きみに読む物語」は大好き!
とっても良いよねー^^
うんうん、わたしも最期は一緒がいいなー^^独りはいやだわー><。(とか言いながら、図太いばあちゃんになってたりして^^;)
みすず
URL
2012/03/14 15:31
今日も外から。これからマリリンだね、楽しんで来てね♪きみ読む、泣けるでしょう♪もうはなしたけど、ママもこれ好きだからこないだ来てたときにまた観て泣いちゃった。ライアンもレイチェルも巧いしね、当時2人付き合ってたよ。ボビーだめかぁ。私は好きよ。
Mr.ノーバディも去年のBest入れた★
mig
2012/03/14 16:01
みすずちゃん☆
若い頃は「最後の時」なんて考えた事も無かったけど、こういうの見るといろいろ考えちゃう年齢になったわー(涙)
でも最後は一緒がいいなって今思えるってことは、幸せなんだよね。
ノルウェーまだ〜む
2012/03/14 22:35
migちゃん☆
あー、migちゃんもベストに入れてたんだね。
ライアンとレイチェル付き合っていたの?まあ、納得だわ。何しろいい雰囲気だったもの
「きみ読む」ママならど真ん中なの、よーく判ったわ☆
いい映画貸してくれて有難う〜♪
ノルウェーまだ〜む
2012/03/14 22:38
『ミスター・ノーバディ』は本当に良く出来てると思いましたよ。まあ要するに人生の分岐点で「if」があって、その全部を見せてるワケだけど、失敗するとワケ解らなくなっちゃうしね。もう一度観て完全にストーリー探してやろうと思ってたけどまだ観れてないのだ…
KLY
2012/03/14 23:31
KLYさん☆
このifが女性にまつわるものばかりなので、何となく笑えちゃったの。
勿論これ以上風呂敷を広げる訳にはいかないけど、職業も様々に違っているのに、選択するポイントが女性っていうのは監督の視点なのかなぁ?
ノルウェーまだ〜む
2012/03/15 00:10
わーい☆まだ〜む観てくれたのね♪
うん、そうよね。実は9歳の少年ニモの、、だよね。どこかユーモラスな部分があるのもそうだからかな。でも映画館で観ただけじゃとてもじゃないけどついてけてなかったわー。DVD3回くらい観たけど見れば見るほど発見あるしわかんないとこ出てくるし困る(笑
きみ読む、わたしも途中から号泣だったのー
アリーにもママにも自分が重なっちゃって^^;)
tomoco
URL
2012/03/15 00:31
tomocoさん☆
とってもいい映画DVD貸して下さってありがとう!
そうだよねー、ませガキニモくんの妄想だよね☆
その意味では相当に大人びている?

アリーにもママにも重なるの??おおう!これは次回ゆっくりお話ききましょう♪
ノルウェーまだ〜む
2012/03/15 09:11
ちょっと久しぶりです!!
うちのパパちん、少しずつ良くなってきました。

上の2本は、私も大大大のお気に入り!
認知症の現実は家族にとってたいへんだけど、映画になるとまた格別に良い作品になったりする気も。
2001年のイギリス映画アイリスも好き。5本指に
はいるくらい。

ミスター ノーバディ はまだだから、今後のチェックにしてみまーす。


hino
2012/03/15 09:38
きみに読む物語大好きです!試写会で二度見て、生ライアン・ゴスラングも見たし、部屋には映画のポスターも貼ってあります。DVDも持ってます。
こんな風にずっと愛し合って、一緒に逝けるのは理想ですね。
風子
URL
2012/03/15 11:13
hinoちゃん☆
うわお、パパちん少しずつくらいの大変なことになっていらしたのね。知らなくてごめん!!
お大事になさって、そしてhinoちゃんくれぐれも頑張り過ぎないように。倒れちゃうよ。

ミスター・ノーバディはhinoちゃん好きだよ。きっと。
ノルウェーまだ〜む
2012/03/15 18:17
風子さん☆
なんと!
生ライアン・ゴズリングを見たのですねー??すごい!
彼いい雰囲気ですよね。
今年は特に主演作品もぞくぞくで、楽しみですね。
ノルウェーまだ〜む
2012/03/15 18:19
「ミスター・ノーバディ」は未見です。
TBからKLYさん、migさんの記事を読ませて頂きましたが、
私には合わないかな〜って思いました。(^_^;)

「きみに読む物語」は義母の介護中だったせいか、
楽しめませんでした。
次は私たち?みたいな変な現実感が襲ってきてしまいました・・・。(^_^;)
小米花
URL
2012/03/17 23:00
小米花さん☆
うわー、それは確かに現実的で楽しめないかもですねぇ。
ある意味純愛ものって、夢の世界だったりしますものね。
理想を追い求めていいられるうちが幸せなのかも〜
ノルウェーまだ〜む
2012/03/17 23:26
まだ〜む、また来ちゃった!
きみ読む、昨日また観たのでこの機会に感想書きました(笑
やっぱりあれは何度観ても泣けちゃうわ〜
tomoco
URL
2012/03/19 22:53
tomocoさん☆再びありがとー!
「きみ読む」何度でも泣けるね。
ある意味究極の愛の理想系だもの☆
喰わずキライしていたー
ノルウェーまだ〜む
2012/03/19 23:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
借り物DVDレビュー「きみに読む物語」「ボビー」「ミスター・ノーバディ」 ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる