「第9軍団のワシ」イケメン映画

モデルや男性ストリッパーの経験を持つチャニング・テイタムが見事な筋肉美を披露!
イケメンの美しい腹筋と、ハッピーエンドがお好きな人は是非☆


ま、腹筋が見えるのはちょっとだけなんだけどね。
画像
「第九軍団のワシ」 公式サイト

原作は歴史小説の第一人者、 イギリス人小説家ローズマリー・サトクリフの「第九軍団のワシ」。

紀元2世紀、ローマ皇帝ハドリアヌスがブリテン人の南下を防ぐ為に作らせたイギリス中部を東西に横断する『ハドリアヌスの防壁』。
この近辺の反乱を鎮めるために出撃して、そのまま消息を絶った第9軍団の旗印だった「ワシ」が、1800年の後、イギリス南東部の遺跡で発見されたことから、これをモチーフに書かれたのがこの小説なのだそうだ。


イギリス北部で忽然と姿を消した「ワシ」が、南東部で見つかるという何とロマンに溢れた題材!!
さて、聞いただけでワクワクする話が、どんな映画になったのか・・・・?

画像
ローマ人お得意の戦法が見事!

<ストーリー>

西暦120年。
イギリス北端の地域で抵抗を続ける部族の制圧に進軍した父が、ローマ軍最強といわれる第九軍団5000名を引き連れたまま忽然と姿を消した。

20年後、ローマ軍人として成長した息子のマーカス(チャニング・テイタム)は、戦いで重傷を負い軍人生命を絶たれて失意の日々を送っていた。
ある時、奴隷戦士のブリタニア人青年エスカ(ジェイミー・ベル)の命を救い、父と共に消えた第九軍団の旗印『黄金のワシ』の情報を得る。

マーカスに忠誠を誓ったエスカと共に、ワシを探して過酷なたびに出る二人だったが・・・・


画像
「リトル・ダンサー」の少年も、すでにお兄さん バレエで鍛えたガリマッチョだけに姿勢も美しい

父を殺したかもしれないブリタニア人であるエスカとの距離は、なかなか縮まらず、忠誠を誓ったとはいえ奴隷でしかない彼との信頼関係がなかなか生まれないところが、伏線になっている。



おやおや?ローマ人がみんな英語をしゃべっているぅ~
ま、ハリウッド映画だし、そこは大目にみよう。
しかーし!今のスコットランドあたりに住むブリテン人のほうが、なぜか英語じゃないよ?
画像
伯父(ドナルド・サザーランド)の元で傷を癒し・・・・


さすが大御所のドナルド・サザーランド。
彼が出てくるだけで、物語も締まってくるから不思議。

画像
ハドリアヌスの防壁を越えたら、命は保障しないぞと言って見送られるふたり
画像
野蛮人しか住んでいないから、ブリテン人が南下してこないようにと建てたのが、117Kmにわたってイギリスを横断する『ハドリアヌスの防壁』だ 。
画像
写真はGreenhead付近の長城wikipedia ハドリアヌスの長城より
現代のイングランドとスコットランドの国境に大きな影響を与えた。

世界遺産にもなっているけど、万里の長城くらい凄い!ローマ帝国の国力を感じるわ。
ロンドンに居た頃はこんな凄いものがあるの知らなかった~☆


画像
なるほど原住民に襲われる日々

頼りは馬だけ。
車で走っても延々と何時間もかかるのに、昔の人はホントに大変なことで・・・・
ましてやいつ襲われるか判らないから、気の休まるときもないでしょう。

森の中のアクションはなかなか見事☆

画像
ついにブリテン人の部族に捕らえられ、奴隷となって立場が逆転するマーカスは・・・・・

「ブレイブハート」の時代よりもっと昔はこんな風に原住民なかんじだったのかしら?


いよいよ探していたワシへ辿り着くまで結構長いのだけど、スコットランドの雄大な大自然が、過酷でもあり美しくもありで楽しめる。
自らが奴隷となってしまっているのに、まだエスカにでかい態度って、マーカスったら・・・


画像
ラストは都合よく



最後はちょっと上手い事いき過ぎだけど、歴史物が好きな人じゃなくてもハッピーエンドで気持ちよく見られるyo
それにしても馬に追いつくくらい早く走る部族って、凄いっ!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

KLY
2012年03月29日 23:06
そうそう!私もね、ローマ人が英語なのは変だけど仕方ないとして、ブリタニア人が英語じゃないんだ~っと変な感じがしたの。というか、実はブリテン島の北部にそんな部族系がいたって初めて知ったので、それは勉強になったんだけどね(笑)
大昔の肉弾戦中心の戦闘シーンは久方ぶりに泥臭い迫力でよかったです^^
ノルウェーまだ~む
2012年03月29日 23:54
KLYさん☆
ブリタニア人が英国民もわからないような言葉で話していたかどうかは判らないのだけど、様々な部族が住んでいたのは、「ブレイブ・ハート」でもお馴染みだよね。
だけど相当な土着民スタイルでびっくりしちゃった。
熱い国でからだにドロを塗っているのは理解できるけど、こんなに寒い国で何から肌を守っているのかな?
2012年03月30日 09:19
おはよ~
ちょっと気になったケド水曜コレ観たのね?
トロールハンターかおとなのけんかは?
ドナルドサザーランドはコメディにもよく出るし、この歳でも頑張ってるよね★
今日19℃のはずだけど寒くない?楽しい週末にしてね♪
ノルウェーまだ~む
2012年03月30日 11:26
migちゃん☆サンキュー!
「おとなのけんか」まだ観れてなーい(汗)
ほんと、暖かいのやら寒いのやら??
キリングショット残念だったね。次は何かな?
2012年03月30日 19:38
こんばんは~♪

わ~い、イケメン大好きでハッピーエンドが好きです~^^
てことは、観なくちゃだね♪
上映がないからDVDが出たら観てみるわ^^楽しみ!!
ノルウェーまだ~む
2012年03月30日 22:12
みすずちゃん☆
えー?上映ないのー?残念だね。
雄大なスコットランドの景色も素晴らしいのに・・・
大画面で観れたらよかったのにね。
2012年07月05日 22:44
ども。先日近場でやってたので観てきました。エスカ役の青年、どっかで見たことが・・・と思っていたら特徴的なモミアゲでジェイミー・ベルと思い出しました
クライマックスは納得いかんところもあったのですが、まあ二人とも生き残れてよかったです
ハドリアヌス帝はテルマエ・ロマエにも出てたはず。あっちではホモだということばかり強調されてましたが、こういう立派なものもこさえてたんですね~
ノルウェーまだ~む
2012年07月06日 00:50
伍一くん☆
テルマエのハドリアヌス帝ほどではないけど、しっかり若い美青年を連れていたような?
クライマックスはちょっといかにもなカンジだったものね。

ジェイミー・ベルはトレードマークもみあげだったの?
そういえば、ジェーン・エアでももみあげだったわ。

この記事へのトラックバック

  • 第九軍団のワシ/The Eagle

    Excerpt: ローズマリー・サトクリフの同名小説を映画化。ローマ帝国時代のブリテン島スコットランドを舞台に、ローマ人の青年とブリタニア人の奴隷が、青年の父の名誉を回復すべく第九軍団の象徴であるワシの紋章を探す旅にで.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-03-29 22:53
  • 第九軍団のワシ

    Excerpt: 男の絆公式サイト http://washi-movie.com原作: 第九軍団のワシ (ローズマリ・サトクリフ著/岩波少年文庫)監督: ケヴィン・マクドナルド  「運命を分けたザイル」 「ラストキング.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2012-04-03 15:38
  • 第九軍団のワシ

    Excerpt: 第九軍団のワシ@ユーロスペース Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2012-04-04 05:53
  • 『第九軍団のワシ』 (2010) / イギリス・アメリカ

    Excerpt: 原題: THE EAGLE 監督: ケヴィン・マクドナルド 出演: チャニング・テイタム 、ジェイミー・ベル 、デニス・オヘア 、ドナルド・サザーランド 観賞劇場: ユーロスペース 公式サイトは.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2012-04-28 08:20
  • 第九軍団のワシ

    Excerpt: 興味深い時代を舞台としていて、個人的には大いに見応えあって満足。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2012-06-10 14:55
  • 機動歩兵チャンタム ローズマリー・サトクリフ ケヴィン・マクドナルド 『第九軍団のワシ』

    Excerpt: 燃え上がれ! 燃え上がれ! 燃え上がれ! (チャニング)テイタム! 本日は少し前 Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2012-07-05 23:00
  • 第九軍団のワシ

    Excerpt: ローズマリー・サトクリフの原作(児童書)は小学生時代に読んだっきりですが、従者エスカとの関係やラストにおいて、大きく異なった設定になっていました。でも、これはこれで良かったですよ。 主演のマ.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-09-18 09:29
  • 「第9軍団のワシ」 おもろい本の映画化(*^m^)

    Excerpt: いまなお解明されていない      イギリス歴史上の謎を暴け[E:sign01] Weblog: ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て racked: 2012-09-28 00:02
  • 第九軍団のワシ : 男なら感じるものがあるはず!

    Excerpt:  広島カープファンの私がいうのも何ですが、阪神タイガースのチーム強化策は場当たり的で長期ビジョンが感じられませんね。今季終盤から右翼に定着したドラフト1位・伊藤隼太が Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2012-11-30 20:32
  • 映画評「第九軍団のワシ」

    Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督ケヴィン・マクドナルド ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2013-12-24 11:32