「シャーロックホームズ:シャドウゲーム」ゆかりの地をたずねて

「現場に残された証拠から謎解きをしていく」という、私たちが慣れ親しんでいるホームズ像とは違って、アクション満載で突き進む新しいスタイルを生み出したロバートダウニーJrホームズ。
更にパワーアップして、いろんな意味で満足度充分♪


画像
「シャーロック・ホームズ:シャドウゲーム」公式サイト

<ストーリー>

欧州各地で起きる爆弾テロを調べているホームズ(ロバート・ダウニーJr)。
結婚前日のパーティと称してワトソン(ジュード・ロウ)を連れて行ったクラブで会ったのは謎を知る占い師のジプシー女シム(ノオミ・ラパス)だった。
ブライトン行きの新婚旅行の列車の中で突然襲われるワトソンを助けて、ふたりはフランス・スイス・ドイツと黒幕のモリアーティ教授(ジャレット・ハリス)の陰を追って旅をする事になるが・・・・


画像
冒頭から派手な爆発シーン

小説でもドラマでもシャーロックホームズシリーズにはあまり出てこないド派手なアクションと爆発。
これではシャーロックホームズじゃないよ~という声も聞こえるけど・・・

私はそんな事が気にならないくらい、ホームズ×ワトソンつまりロバダウちゃん×ジュードのコンビの魅力が光っていて充分楽しめちゃった。

画像
迷コンビは不滅

前作結婚のために引っ越してしまってからの続きになっている。
「ぼくがいなくて寂しかった?」などと聞くワトソンも、確信犯である。


画像
結婚式で寂しそうなホームズ
実は本当に原作にはこのシーンがあるのだそう。
ホームズのワトソン好きっぷりは、原作を読むシャーロキアンには至極当たり前のことで、ハリウッドがまさかの腐女子ねらいのネタを盛り込んでいるわけではなく、周知の事実なわけ。

列車で無理な女装をするのは別として、ホームズがワトソンに「きみは幸せか?」としつこく聞くのも、ありなのだ。



画像
黒幕モリアーティー教授の手下となっていたアイリーン(レイチェル・マクアダムス)は病に倒れ・・・

明らかモリアーティが一服盛ったようにしか見えなかったシーンだけど、あとで結核だとわかる。
あっけない出演にちょっとガッカリ。
画像画像









↑モリアーティー教授がサヴォイでお茶をと、アイリーンに密会場所として指定してくるサヴォイホテルはこちら。
300億円をかけて改装したあとが左の写真。私たちが行ったのは改装前の2007年(優雅なひとときアフタヌーンティー :参照)写真右
劇中に出てくるのはかなり印象的な天井だったので、ティールームの中の撮影は別の場所のようだ。


画像

画像←トラファルガー広場は手前の柵のところに車を走らせて撮影したのがわかる。

結婚前夜パーティーに向かう為に乗って行ったのは、前作では馬車なのに、今回は自動車。
産業革命真っ只中ということか。
画像

画像新婚旅行で向かったブライトン行きの列車から、妻のメアリー(ケリー・ライリー)を突き落とされたのにもかかわらず、ホームズと旅行にでかけてしまう(笑)ワトソンのシーン。

写真はブライトン(ロンドン観光地めぐり☆ブライトン:参照)に近いセブンシスターズ。実際の撮影はドーバーのホワイトクリフだそうだ。


このほか、パリ オペラ座や、エッフェル塔、スイスのマッターホルン、そしてベルリンへとホームズとワトソンの新婚旅行は続くのだが(笑)、オペラ座とかエッフェル塔の写真がデジカメ時代でなかったので探せず・・・・



画像
ジプシーに紛れて馬でモリアーティーを追う~~ ホームズだけ足が短くてロバ?

ホームズだけ馬に乗れなかったりと、しっかりと笑いを取る~☆

ジプシーの村では、『イギリス的な』衣類を次々と持っていかれてしまうが、本来ジプシーはよそ者を村に入れるのを歓迎しない上に、他人が使った物や他人の着ていた服などを使わない風習があるらしいので、この辺のシーンはちょっとリアリティーに欠けるね。

画像
スローモーションを駆使した白熱の逃走劇も見所

とにかく逃げる姿がカッコイイなんて、彼らだけかもね。
ブルーグレーのトーンで抑えた映像が美しい☆

ラストで対決するスイスのお城は、滝の部分が合成らしいが、こちらも見事な美しさ。



画像
最後のどんでん返しは見事にやられた~~

破天荒なホームズのお兄さんといい、お兄さんの老執事といい、笑いどころもあちこちあり、謎解き推理ホームズというよりは緩急つけた面白いエンターテイメントに仕上がっていた。


画像画像












ホームズとワトソンのスイートホームがあるのは、ベーカーストリート221b。
この場所はシャーロックホームズ博物館になっている。銅像は地下鉄ベーカーストリート駅前で超人気記念撮影スポットだyo。





この記事へのコメント

2012年03月29日 01:24
まだーむ出たね★
あ、このSAVOY行った事あるのね!
エッフェル塔とかもう25年も前に行ったから私も写真色あせてるけどまた行きたいな~(♪)
シャーロックホームズ博物館は先日TVでちょこっと中みせてたよ♪映画の影響で混むのがイヤだって案内のおじさん言ってた(笑)
ガイリッチーのお得意、スローモーションで森駆け抜けるシーンカッコ良かったね、やっぱりロバさんとジュードの掛け合いだな、ショートでカッコ良かったドラゴンタトゥーのノオミさんはロングで普通の女性になっちゃったね。
ノルウェーまだ~む
2012年03月29日 09:03
migちゃん☆
この前のTV見たよ~あの『自称ワトソン』おじさんとお話したよ!(私のロンドン観光地めぐり☆ホームズ博物館のところに一緒に映っている写真あるyo)
格好いいスローモーションのシーンはジュードの写真を選んだのだ☆
ジプシーのノオミは本当に普通になっちゃったね。
ある意味ドラゴンタトゥーは大正解だったんだなぁ・・・
hino
2012年03月29日 10:08
ゆかりの写真、猫のカットとかいろいろ、思い出して楽しめましたよー。
ホワイトクリフってあるんだ!!

前作面白かったので、今回のも楽しみになりました。


2012年03月29日 12:53
こんにちは♪
ド派手なホームズでもこの迷コンビだから許せてしまう所がありますね。好き。
スローモーションのシーンも好みでカッコイイ映像。
しばらくこのコンビは続いてほしいです。
ホームズ兄がインパクトありすぎ!!(笑)
ノルウェーまだ~む
2012年03月29日 19:56
hinoちゃん☆
以前載せた写真だったねーよく覚えていてくれたね~♪
ホワイトクリフ綺麗でしょ?
石灰の壁で、この粉が波に削れて、それで海がシャーベットブルーなんだよ☆
ノルウェーまだ~む
2012年03月29日 19:58
yukarinさん☆
ホームズ兄やりすぎ感もあるけど、笑えてよかった(爆)
私は老執事が志村ケンみたいで好き♪
ド派手なホームズもまた楽しいよね☆
2012年03月29日 22:21
このコンビは最高に素晴らしいからこそ、舞台をヨーロッパ全土にするなど大味にしてほしくないんですよね。
やはり探偵なんですから、ロンドンを中心としたイギリス国内でその魅力を余すところなく見せてほしかったです。
2012年03月29日 22:40
私は…
子どもの頃、「シャーロック・ホームズ全集」を読み込んでいたので
知的でニヒルな紳士ホームズのイメージが作り上げられてしまって
あのドタバタ映画は許せないのです。
ロバダウJrもジュード・ロウもそれと離れてなら好きなのですけどね。
ベーカーストリート221bのホームズ博物館は私も行きました。
細長い建物で、昔のイメージそのままでしたね。
2012年03月29日 22:42
こんばんは~♪

非常に面白うございました!うん、このコンビは最高で不滅だよね~♪
で、結核だったの?全く知らなかったよー^^;
超びっくり!

ポニーかロバかのシーンはお腹抱えて笑ったよ!

映画に登場した場所のほとんどに行けてていいな~♪
ノルウェーまだ~む
2012年03月29日 23:17
にゃむばななさん☆
確かにそうですよね~
地球規模の戦いになった映画ほどお粗末なものはないですし。
イギリス国内で充分魅力的な映画ができそうですよね。
KLY
2012年03月29日 23:17
写真見てもホームズだけ低くなってるんだよねwまったくもうなーにやってんだか。あのテコテコテコ~って走ってく姿がとにかく大笑いしたし大好きなんです。
行きはギャグかまして帰りはスーパースローからめた迫力の逃走劇だし。
こういう単純に楽しめる映画っていいね^^
ノルウェーまだ~む
2012年03月29日 23:21
zooeyさん☆
子供の頃に読む全集と原作ではやや違うようですけど、それでもホームズのイメージはやはり大人の落ち着いた紳士ですよね。
ベイカーストリートいらっしゃったのですね。
小説の中の人なのに、こうして博物館を作っちゃうイギリスの懐の深さを感じますよね。
ノルウェーまだ~む
2012年03月29日 23:26
みすずちゃん☆
あ、ポニーだった!
ロバダウちゃんだけにロバかと・・・(笑)

確かモリアーティーがアイリーンは結核と言ったような・・・
そんな理由であっさり退場させるなんて!ホームズが動揺していたよね。
ノルウェーまだ~む
2012年03月29日 23:29
KLYさん☆
そうそう!ギャグばかりでなく、しっかり格好良く見せてくれるところが嬉しいよね。
これはやっぱりロバードダウニーJrだからこそなんじゃないかな☆
このあとシリーズは続くのかしら?気になります。
2012年03月31日 02:36
まだ~む★
原作もああいうテイストなのね・・・ なるほどー!
そこすごく気になってたの(笑)

SAVOYのアフタヌーンティー&ブライトンの記事も見てきたー!
ブライトンのあの桟橋「ボーイA」でも出てたわ・・・(涙)

ロバダウ×ジュードのコンビ パワーアップしてたね!
森で逃げるシーン大好き♪

最初と最後のシーンも良かったよね( ´∀`)bグッ!
このシリーズ好き★
ノルウェーまだ~む
2012年03月31日 10:03
maruちゃん☆
リンク貼ったページも見てくれてありがとう~♪
「ボーイA」まだ見てなかったわ。
桟橋が出てくるのね。
今度見てみよう☆

森のシーンはカッコイイね。まだまだシリーズ続いてくれると嬉しいね。
2012年03月31日 16:29
まだ~む、こんばんは♪
この作品って好き嫌いが別れるから、まだ~むはどうかな~って思っていたのですが、すっごく楽しめたようで嬉しいです♪まあ、ホームズじゃないって声も良く聞くけど、これでいいんです!(笑)

この二人の名、いや迷コンビは、いつまでも観ていたいですよね~♪

>とにかく逃げる姿がカッコイイなんて、彼らだけかもね。

なるほど!鑑賞の視点がいろいろあって、こういう感想書くまだ~む好きだわ~。
確かに、逃げているのにこんなにカッコイイ二人はいないですよね(^_-)-☆

アイリーンは、結核だったの?(驚)
次回、復活するかも???

シャーロックホームズを観るたびに、ロンドンい住んでいた
まだ~むが羨ましくて仕方がない私です(笑)
2012年03月31日 21:10
まだ~むさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

シャーロキアンな方々にとっては推理劇な面もパワーアップして欲しかったとは思いますけども、この作品のホームズに到っては推理よりもやっぱりドンパチアクションが優先してるっぽいので、ソコが前作よりも上回っていたのは自分も嬉しかったかも?ダウニーとジュードのコンビも2作目なれど、もはや名人芸のように息ピッタリに思えましたし、男同士2人で大真面目にダンス踊ってるシーンなんかも個人的に一番面白かったですねw

しかしながら原作を知らない分、やっぱし自分は色んな意味で見所逃してるような気がしないでもないんですけどねぇ・・^^;
それとサヴォイホテルの改装費すんごーいですね。映画何本作れるのやら・・。

2012年03月31日 22:02
今晩は~。いつもコメントありがとうございます。

ロバート&ジョードのシリーズ、ずっと続いて欲しいデス。白髪とつっぱげと私の杖ネ(笑)。

確かに原作のファンには叱られそうですが、
許せぇ~~って感じです。
いえ、映画ですから許して下さいませ、、、ですね(笑)。
ノルウェーまだ~む
2012年03月31日 22:26
ひろちゃん☆
そうなんです!鑑賞の視点は、最近どうしてもイギリスを舞台にした映画だと、あ!ここ知ってる!とか、このお屋敷はどこかな?とかそういう風に観たりもするので、ちょっと忙しかったりして(笑)

普通は追いかけるほうがカッコイイ事が多いけど、逃げているのに超格好良かったものね。
それはやっぱりこの二人だからっていうのも大きいかも☆
ノルウェーまだ~む
2012年03月31日 22:31
メビウスさん☆
私も300億円の改装費って、すごいなぁと思って、それでもしやサヴォイは撮影に場所を貸してお金を得ているのかもと考えたのですが、どうやら改装後の写真を検索しても天井は白いみたいなので、場所提供はなさそうです。(笑)

こんなホームズとワトソンもあり♪って思えるのも、ロバートダウニーJrとジュードの息がぴったりだからこそなのでしょうね。
ノルウェーまだ~む
2012年03月31日 22:33
小米花さん☆
白髪とつるっぱげになるまで続くホームズもまた面白そう♪
その頃にはさすがにアクションのホームズじゃなくなっているでしょうね。
2012年04月02日 19:28
まだ~むさん、こんばんは。
忙しくてお邪魔するのが遅くなっちゃった。
昨日、入社式と研修で、娘が東京に行きました。
ついて行こうかと思ったわたし(爆)
金曜まで帰りません~(わーい♪)天国かっ(苦笑)

ある意味、笑いもアクションもパワフルな作品で凄く楽しめました!
ロバダウさんの飄々とした笑いは予想の範疇だったけど、まさかな人物の無言な芝居に爆笑!!
まだ~むさんとは、笑いのツボも同じだったのね^^
ノルウェーまだ~む
2012年04月02日 21:34
オリーブリーさん☆一緒でうれしい~
『じいや』最高でしたね!
もう思い出してもオカシイ~~

娘さん、研修以外は地元なのかな?
ずっと居ないと心配だけど、たまに居ないとノビノビするね(笑)
2012年04月10日 21:24
まだ~むさん、こんばんは。こういうの、やっぱりF女子の皆さんはたまらないんですかね。ただ「続編でリッチー監督がホームズとワトソンの関係が友達以上のものであることを少しでも匂わせた場合、アメリカでの著作権を持つアンドレア・プランケットは映画化の権利は剥奪するとコメントしている。」とのこと。一応公開してるということはギリギリオッケーってとこだったんでしょうか。すごい女装してたけど…
アイリーンさんは峰不二子みたいで好きだったんけどあっけなく退場してしまって残念。さすがにもう復活しないかな・・・
あとホームズが乗ってたちっこい「自動馬車」が気に入りました。あれほしい

ノルウェーまだ~む
2012年04月10日 21:45
伍一くん☆
F女子にはたまらないようですよ。
ただ、F女子が望んでいるのはゲイではないはず。
その点ではアンドレア・プランケットさんが二人の関係をそのように描くのは許さーん!と言って、二人が親友以上の感情を持っていないようにギリギリラインを保ったことによって、より萌えどころが増えたことに彼女は気付いていないのでしょう(爆)
ちなみに私はF女子ではありません。

この記事へのトラックバック