「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須

予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。
登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆



帰宅時のサングラスと大判ハンカチ必須。
泣きすぎて頭が痛くなっちゃった。



画像
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」 公式サイト



<ストーリー>

9.11で最愛の父トーマス(トム・ハンクス)を亡くしたオスカー少年(トーマス・ホーン)は、深く負った傷を癒す方法を模索していた。
ある日クローゼットから見つけた鍵に、父がメッセージを残しているのでは?と考え、鍵の入った袋に書かれた「ブロック」という言葉を頼りに調査探検を始める。

空の棺を埋葬した母(サンドラ・ブロック)に今でも納得のいかないオスカーは、母に内緒でNYに住むブロックさんに会う旅を続けるうちに・・・・・・





画像
クローゼットに置かれた花瓶の中には、ブロックと書かれた封筒に鍵が一つ入っていた


日頃からアスペルガー症候群では‘不確定‘だけど(広汎性)発達障害であると思われるオスカーの為に、他人と話すきっかけを作ろうと父が考えた「調査探検」ごっこ。
見つけた鍵が、パパからのメッセージに繋がると信じて、調査を始めるオスカー。



ちょっとした音が苦手、
人と話を合わせたり、うまく会話のコミュニケーションを取る事が苦手、
自分の興味あることに関しては異常なほどに関心を持って記憶したり、人に話したりする

そんなオスカーの為に、ゲーム感覚で謎を解いて、調査のために人にインタビューもするよう自然に仕向けてあげて、根気よく彼に付き合う父の大きな愛に心を打たれる。

画像
母は心を閉ざすオスカーを心配しながらも・・・・


母もまた夫を失って辛い思いをしているが、オスカーにはそこまで察する力がまだ無い。

しぐさや言葉から相手の気持ちを察することが難しいのは、なにもアスペルガー症候群だからと言うわけではないだろう。
特に自分自身がいっぱいいっぱいの時などは、誰でもそうなんじゃないかな。



バタンとドアを閉めて行き先も言わずに出て行ってしまったオスカーが、ドア越しにそっと「愛してる」と言うシーン。
ママはちゃんとそこにいて聞いているのだけど、ドアの向こうのオスカーにはその気持ちがママに届いたかどうかは分からない。

年頃の息子を持つ身としては、当然ここで滝の涙。
いつかこの扉を開けてくれる日を、母はじっと待つしかないのね。

画像
おばあちゃんは僕が寂しい時はいつでも答えてくれる

オスカーにとって救いの一つは、隣のマンションに住んでいていつでもトランシーバーに応答してくれるおばあちゃん。
彼にとって心強い存在であると同時に、探検の同行者となる『間借り人』へ繋がる道筋となる。


この辺りも脚本が絶妙!
観ている側は主人公のオスカー少年よりも、彼を見守る母となり、祖母となり、祖父となってこの映画を観ることになる。
画像
謎の『間借り人』(マックス・フォン・シドー)とNY中のブラックを訪ね歩くうちに・・・・

次第に彼が自分の祖父だと気付くオスカー。
あえて名乗らず、あえてオスカーにただ付き合うことで、彼の成長を見守る口の利けない祖父をマックス・フォン・シドーが熱演。
人生を教える為には、言葉はそれほど必要ないのだと気付かされる。



画像
たくさんんのブラックさんと会ううちに・・・・



多くの人が傷ついて、それでも力強く生きていることを、自分の足で確かめて回ることで大きく成長していくオスカー。

どのくらいの撮影期間を持ったのか分からないけど、オスカーが着実に大きく大人になっていく様子が手に取る様に見えて凄い☆

演劇経験の無いオスカー役のトーマスを、ここまで演技させた監督が凄いってことで主演男優賞にノミネートがなかったのかもしれないけど、是非とも彼にオスカー像をあげたかったなー☆オスカーだけに



この記事へのコメント

KLY
2012年02月10日 16:00
そうそう、すっかり周りの大人の目になってしまうよね。子供を守るのは大人の役目。でも私たちでもどうしようもないこともある訳で。でもさ、お母さんの無償の愛情の大きさにはやっぱり泣かされるんだよな~。それが自分の事の様に嬉しくて、でもお母さんだって大きな喪失感に見舞われてるわけで。
私はこの作品去年見てるけれど、未だに思い出しても旨が一杯になって涙が出てきます。
2012年02月10日 20:03
「是非とも彼にオスカー像をあげたかったなー☆オスカーだけに」うまい!
皆が泣けるって言ってるのに全然泣けなかったよ~
じじいになって感性鈍って悲しいねえ。

2012年02月10日 20:07
こんばんはー♪

もう見たんだねー^^
いいないいな~♪
見たらまた来るね!!楽しみ!
2012年02月10日 21:55
ただいま~
今日は銀座行ってたよ★あはは!最後のひとこと私も書こうと思ったケド(笑)
やっぱりまだーむも涙だね!
母親のサンドラに移入しちゃうよね、母子ものは弱いわーおまけに9.11とリアルに思い出させるしねー
マリー
2012年02月11日 01:48
オスカーだけにオスカー像!おおっそうきましたか~(笑)

少年、本当にビックリするほどうまかったね…自然体で

間借り人がまたいいんだ~台詞喋ってないのに心の声が聞こえたよ~

私はやっぱサンディーに感情移入…
ビルにいたのがママならよかった…に号泣…言う方言われる方どちらも哀しすぎて。
そしてドア越しの愛してる、あれは反則~もうやめて~涙とまらないから。

たくさんのブラックさん。様々な人生がそこにはあったね。素敵な映画だった♪
2012年02月11日 08:56
脚本も演出も俳優陣も絶妙で「素晴らしい!」って言いたくなる映画でした~

トーマスくんは”クイズ王”だとか。
知的な感じは演技でも何でもなく、頭の良い子のオーラ出てましたね~
拍手!
ノルウェーまだ~む
2012年02月11日 10:41
KLYさん☆
本当に母親の愛情ってすごいなって。
自分と重ねて観たり、勉強になるな~って観たり、彼女のパートが最後の方まで控えめなのが余計にラストの感動を倍増させるよね。
ノルウェーまだ~む
2012年02月11日 10:47
まっつぁんこさん☆
うわー、泣けませんでしたか?
でも確かによくある『泣ける感動物』とは泣ける種類がちがいましたね。
感動して泣くんじゃなくて、胸に迫って泣くってかんじだったかなぁ。
女性のほうが母目線で見れる分、泣けますね~
ノルウェーまだ~む
2012年02月11日 10:47
みすずちゃん☆
これねー、みすずちゃんなら涙じゃじゃ漏れだよ。
感想聞かせてねー
ノルウェーまだ~む
2012年02月11日 10:51
migちゃん☆
ダジャレ~~♪
サンドラの押さえた演技が、余計に胸に響いたよね。
9.11は記憶に新しいし、そういう点でも共感できる人が多かったんじゃないかな。
ノルウェーまだ~む
2012年02月11日 10:56
マリーさん☆
やっぱり息子を持っていると、感情移入がそりゃハンパないよね!
オスカーがママに言った言葉で号泣はもう辛すぎてレビューに書くことも出来なかったわ。
壁を隔てた「愛してる」は象徴的でもあって絶妙だったよね。
ノルウェーまだ~む
2012年02月11日 10:57
たいむさん☆
何もかも最高!の映画でしたね~
トーマス君いい素材を発掘できました!
クイズ王なのね・・・すごい~~
2012年02月11日 16:46
ボクからのてがみ
まだーむ!ボクを観たんだ
パパがくれたボクの部屋、観た?
アイデンティティで溢れてるでしょ
ボクね「パパの鍵」を探すのに
いっぱいの事と出会ったよ
心の旅。これからのボク。
沢山と出会って拾って来た
落とさないようにしていく
まだーむ!
痛い事は愛がある証拠
多分だけど。パパはあの鍵で
ママのハートも開けたよね?
ボクのママってすげーでしょ
ふふん
ボクは沢山の「Ilove you」を
ママにプレゼントだぜっ
愛があるのは優しくて強い?
ふかふかであたたかくて
しあわせって思っちゃうよ
.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚
具体的な「主題」は
あえてボヤかして
観た人それぞれでって作品だった
ノルウェーまだ~む
2012年02月11日 19:13
qちゃん☆
ボクからの手紙ありがとう♪

確かに観た人それぞれの感想を持つよね。
到達点はおのおの、母だったり祖母だったり祖父だったりボクだったり。
いい映画だったね。
2012年02月13日 21:46
こんばんは。

この監督は、
<謎>や<秘密>を潜ませながら
物語を先に先にと進めていく。
そのダイナミックな語り口が
もうたまりません。
名優マックス・フォン・シドーの“受け”で泣かせる演技もお見事。
しかし、僕の涙腺が決壊したのは
サンドラ・ブロックが
“ありえないほど近く”にいたことでした。
ノルウェーまだ~む
2012年02月13日 23:18
えいさん☆
そうなんです!そこですよね~
ありえないほど近くにいたのに、こうしてじっと耐え抜くのが、本当に母の愛なのだと胸を打たれます。
いつかそれに気が付いてくれる日を、静かに待っているのですよね。
2012年02月18日 15:38
オスカー少年を支えるのがオスカー常連俳優たちというのもいいですよね。
特にマックス・フォン・シドー先生のセリフなしの演技は最高ですわ。
是非この先生にオスカーを!
2012年02月18日 18:25
オープニングから泣きました。汗

身近な共感と,
大きな優しさに溢れた秀作でしたね。
めっちゃ好きです。

トーマス君に主演男優賞,
なんでノミネートしてへんねんアカデミー賞!w
ノルウェーまだ~む
2012年02月19日 10:22
にゃむばななさん☆こんにちは
ホント、マックス・フォン・シドーの台詞無しの言葉が、ずんずんと伝わってくるかんじ、素晴らしかったですね。
いい役者といい脚本と全てが揃ったいい映画でした。
ノルウェーまだ~む
2012年02月19日 10:24
AKIRAさん☆同感です。
最近、日本映画も様々なところで子供たちが賞を取ったりしてますが、やはり子役の上手さは作品としてもかなり重要なので、彼のこの素晴らしい演技に何かあげたくなりますよね☆
2012年02月20日 01:28
いや~これは泣けますね。
母親、祖母、多くの心優しいブラックさんと同じように、オスカー君と接したようになりました。
祖父と父親もダブってきたし、言葉を失ったって脚本も巧みでしたよね。
切なさの中にユーモアがあり、訪ねたブラックさんたちがNYを強調していたようにも思いました。
あちらでは、批評家さんたちが厳しい評価らしいけど、何でだろう?(苦笑)
ノルウェーまだ~む
2012年02月20日 09:56
オリーブリーさん☆
え?批評家さんたちからは厳しい評価だったの?何故かしら?
9歳や10歳で一人で行動させるところじゃないからかな?
案外アメリカでは有り得ない事なのかも。

多くの心優しき人たちと一緒に、オスカー少年を応援している気分になったよね☆
2012年02月22日 15:37
こんにちは♪
泣けましたね~しかも泣き所がいくつかあったし帰りどうしようかと思っちゃいましたよ。
トーマス君が演技初めてとは思えない素晴らしい演技でしたよね。
オスカーだけに...ははは、私も思いました(笑)
ノルウェーまだ~む
2012年02月22日 17:19
yukarinさん☆
帰りが困ったでしょう?
出来ればひっそりと帰りたいよね。(笑)
トーマス君は本当に上手!
素晴らしい逸材なので、これからも楽しみですよね。
ノラネコ
2012年02月23日 22:07
息子をしっかりと見守る母ちゃんが立派です。
オスカーは必至に隠そうとしていたけど、彼女も電話で話しているんだし、同じような喪失を抱えているのに。
彼女の最後の告白には、ついに涙腺決壊。
3.11後の日本人の心にも他人事でなく染み入る、いい映画でした。
ノルウェーまだ~む
2012年02月23日 23:13
ノラネコさん☆
自分が母親としてどれだけできるか?改めて考えさせられましたよ。
見守りたいけど陰ながらっていうのは、本当に難しいものです。
様々なブラックさんが母にも息子にもしてあげたような温かさで3.11を乗り越える手伝いを少しでもできたらと思います。
2012年02月27日 00:40
こんばんは!
「登場人物全てに感情移入してしまう・」
ホントそうですね~それゆえに自然に涙があふれて来ちゃうんでしょうね。
辛さを隠して、オスカー君を愛し見守った、母に、祖母に、祖父に涙。
オスカー君がそれにきづいてくれたことにも涙でした。
この鍵はやっぱ父の贈り物って信じたいですね(涙)

ノルウェーまだ~む
2012年02月28日 10:43
くろねこさん☆
きっとそうですね!
パパが残してくれた鍵は、きっと贈り物だったの違いありません。
空からオスカーくんを応援してくれていたことでしょう。
号泣というより、自然に涙が溢れるってかんじでしたよね。
2012年03月02日 07:19
よい映画でした。
「家に戻って予告編をもう一度見て」
までは、しなかったなあ…負けたわ。
ノルウェーまだ~む
2012年03月02日 10:08
ボーさん☆
わははは・・・私勝ちました?
予告編は記事を書くために公式サイトを検索したら見る羽目になったので。(笑)
人のレビューを読んでも思い出して涙ぐんだりしてましたけど☆
2012年03月06日 17:42
こんにちは!

泣けたねー><。
ほんと、オスカー君、ノミネートされてもおかしくない演技だったよね^^
じわじわと染みてくる感じの映画でしたー^^
どの人も本当に良かった!
ノルウェーまだ~む
2012年03月06日 19:28
みすずちゃん☆なら涙じゃじゃ漏れと思っていたわ~
後から思い出してもじわっと涙が出てきちゃうよね。
登場人物全てが上手だったし、あったかかったのが、凄くよかったわ☆
2012年03月07日 22:06
いつもコメントありがとうございます。
今、先日のイタリア旅行記制作中で、
映画ブログの方が疎かになっています。。。<(_ _)>

私はエンドロールが始まるとすぐ立つ人なんですが、
この映画は、暗いうちに涙を拭いて、明るくなるのを
待ちました(笑)。

サンドラの自然体が良かったですね。
これからもずっと頑張ってほしい女優さんです。
ノルウェーまだ~む
2012年03月07日 23:47
小米花さん☆
そうですね。
エンドロールの暗闇は大切な時間ですよ。
イタリア旅行記製作中なのですね。
楽しみです!
2012年03月09日 16:53
みなさん、突っ込んでますが、私も言わずにはいられない(笑)
>是非とも彼にオスカー像をあげたかったなー☆オスカーだけに

私も言いたかったー!(笑)

大判タオル必要なくらい泣きましたが、私は泣いているとわかられるのがイヤなので(笑)涙は、いつもタレ流しです(笑)←汚い表現ですみません(汗)
なので、観終わると、顔がカピカピになります(苦笑)

>年頃の息子を持つ身としては、当然ここで滝の涙

まさしく同じ!母親なら、あのシーンは、ほんとたまらないよね(泣)もうあの辺から、涙腺崩壊状態に突入(笑)

>人生を教える為には、言葉はそれほど必要ないのだと気付かされる。

確かに!私なんて、余計なひと言とか言ってしまうから
しゃべりすぎ気をつけないと(苦笑)

脚本、監督、キャスト、音楽、もうすべてに文句なしでした(^^)
ノルウェーまだ~む
2012年03月10日 00:25
ひろちゃん☆
わー、涙垂れ流しなのね~(爆)
でもそうやってじゃーじゃーと涙を流して泣けるのも、なかなかないからいいと思うよ!
この映画は、母親にはもうたまらないね。
本当に心揺さぶられて胸に響く映画です。
2012年03月13日 20:31
まだ~むさん、こんばんは。わたしはとってもいい映画だとは思うんだけど、泣きはしませんでした。わたしの泣きツボを微妙にズレてしまったようで。このあと観た『戦火の馬』ではボロボロ泣きましたけどね
こないだお会いした時おっしゃってましたけど、お母さんの立場から観るときっといろいろうなずけたり感動したりするところがあるんでしょうね。うんうん、男もつらいけどオカンもつらいよね

ただ… ひとつだけつっこませてください。「花瓶の中には、ブロックと書かれた封筒」とありますが、封筒に書かれていたのはブラックでは? ブロックはサンドラ(笑)
ノルウェーまだ~む
2012年03月13日 22:45
伍一くん☆
おおう!よく気が付いたね~(笑)
私いま気が付いたわ。ありがとー
サンドラにかけてたんだよぉ。うそだけど。

やっぱり父であり母である事がこの映画で泣くツボに大きく影響するでしょうね。
「戦火の馬」でボロボロの伍一くんは、やっぱり純粋です。
きゅうり
2014年12月17日 16:45
広島市街地からトンネルをぬけた我が家は
今朝から大雪です
家にこもっています
「イクストリームリー(発音しにくい!)ラウド インクレ(もういいや)」DVD買ったので、ちょっと読んでしまいした
私も「戦火の馬」こっちで泣きました
猫を飼い始めて、「イギリス人に日本の馬刺し」の話をより深く理解できるようになりました
ニュースで馬刺し用の馬を見たときには、
あの目が・・・
あれ以来牛肉をほとんど買わなくなったよ
でも、弁当に豚しゃぶ肉と鶏細切れ肉はかかせない
うちの子、まだむの「うなき丼弁当」をひときれもらったことあるんだよ
お世話になりました

ノルウェーまだ~む
2014年12月18日 00:35
きゅうりさん☆おっひさしぶり~♪
あれれ?「戦火の馬」の話?
大雪で「ものすごくうるさくて~」も見たのかしら??
東京も北風がたまらなく寒いわっ
お互い風邪に気を付けましょう☆

うなぎ丼弁当??息子があげたの?知らなかったなぁー(笑)
きゅうり
2014年12月22日 15:06
私、うまくお手紙がつづれていなかったみたいです
今一度、やってみます
「EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE」のDVDを
5ヶ月前に買いました
そうだなあ5回以上は観たかな
息子が一緒に見るときは「最初の悲しいところは飛ばして、冒険に出るところから見始める」というやり方で観ます
特に「矛盾する2語を使う表現」の遊びのシーンは我が家のお気に入りのシーンです
ブログの中を映画を探してうろついている時、我が家の棚に並んだDVDのタイトルに目が留まり、つい読み返しました
私の前回のコメントのすぐ上の「SGA屋伍一」さんの感想を読んだところ
この人の意見は、私が感じたのと一緒だ!と思いました
まだむの「大判タオルハンカチ必須」もいい見出しだと感心してます、はい!
それで話が、そちら(私泣いちゃいました映画)に流れてしまいました
胸に迫って泣いてしまった「ワー・ホース」よかった
「WAR HORSE」はレンタルビデオで2回借りたかな
更に、ロンドン思い出の弁当話ですが
「うなぎ丼」弁当じゃなくって
「鰻重」と書くべきでした
息子が高校になってはや2年、弁当づくりは大変です
最後は日々の弁当苦労話です☆
ノルウェーまだ~む
2014年12月22日 18:17
きゅうりさん☆
再びありがとう~♪
DVD5回も見るんだね…偉いわ☆
私は割とよほど気に入ってないと同じ映画を何度も見ないタイプ(いろいろ見過ぎて時間がないとも…)なので、そういうのとっても良い事だわと思うの。
冒険から見るのね…

うちの息子はとんと映画を見なくなって、「トランス」以来久しぶりに今回観に行くと言ったのが「ゴーン・ガール」だって。
これは高校生の観る話とは違うよと言っておきましたが。

きゅうりさんはこの映画であまり泣かなかったのね?
飛ばして見るくらいだから、泣くところはツボじゃなかったのかな。私はこの号泣したところが好き♪

この記事へのトラックバック