「恋の罪」性と生

1997年に渋谷円山町のラブホテル街で実際に起きた「東電OL殺人事件」からインスパイアされたオリジナル・ストーリーを衝撃的な作風で人気の園子温監督が映像化。
公開中の「ヒミズ」が期待度高いので、今のうちに観ておかなくちゃと思って・・・・



画像
「恋の罪」 公式サイト


観終わった後の感想は、正直「ま、日活だから?」


彼の描く過激なエログロの世界を評価しているだけに、「女性には誰しも二面性があって、貞淑な女性でも性に貪欲な業を持っている」かのような、男に都合のいいような解釈になりかねないこの作品に、ハッキリ言ってガッカリしたのだ。



ところが「東電OL殺人事件」を調べて、これは実はすごい作品なんだ!と、違う一面が見えてきて・・・・


画像
事件を調べる女刑事 和子(水野美紀)は幸せな家庭がありながら不倫がやめられない

海外では彼女のパートはカットされて公開されたらしい。
私もそれは必要ないかと・・・・

3人の女性の奔放な性を描くことによって、私が当初感じたように、本当の主題が見えなくなってしまうと私は思うのだ。



<ストーリー>

人気小説家(津田寛治)の貞淑な妻として献身的につくす主婦・いずみ(神楽坂恵)は、ふとしたきっかけでAVの世界へ足を踏み入れてしまう。
自らを解放し、次第にのめりこんでいくうちに、昼は大学教授・夜は売春婦をやっている謎めいた女性 美津子(冨樫真)と出会い、引き返せないところまで堕ちていく。

謎の猟奇殺人を調べている女刑事の和子は、意外な事実に隠された恐るべき真実を知るうちに・・・・



画像
緊張を強いられる結婚生活は、確かにストレスだけど・・・

セレブ生活と、過度な緊張を伴う夫婦生活を天秤にかけたら、セレブ生活は諦めるね(笑)
実際、心の安定を大切にして、セレブ生活に終止符を打った友達がいるけど☆


ストレスのガス抜きを『淫乱生活』に持っていくのは、どうも一般的ではないし、これではまるでポルノ映画。
女性の立場から性を描きたかったと園監督が言っているけど、多分はき違えているんじゃないかな・・・・と最初は思った私。



画像
亡き父も教壇に立っていた同じ大学で、大学教授を務める美津子には、裏の顔があった・・・・



ここで登場するのが「東電OL殺人事件」のモデルとなっている美津子である。
彼女はいずみに「愛の無いセックスなら金を取れ」とか、「きっちり私のところまで堕ちて来い!」と教え、異常とも思える夜の行状を圧倒的な迫力で見せ付ける。


まさかいくらなんでも美津子のしていることは、有り得ないよね~と思ったら大間違い。
現実の事件と違うのは、父娘が勤めるのが大学教授でなくて東電であったことと、勤めていたのが「魔女っこクラブ」なのが本当は「マゾっ娘宅配便」だったということと、映画の中での真犯人だけなのだ。


画像
居酒屋のトイレで着替えると、夜の顔に・・・


つまり
東電OL渡邊素子(39)は、育ちがよく高校から慶応出身で東電でも管理職のエリート、
尊敬する東電重役直前の管理職だった父親を高校生の時に亡くし、
長身でガリガリ、拒食症を患っており、
東電で仕事を終えると週末はSMクラブに在籍し、
その他は渋谷で売春をしていて、4万円ほどもらうときもあれば、1000円~5000円のときもあり、一日4人のノルマを自分に課していて、、
ホテルの布団に糞尿をするので出禁なると、路上や駐車場で客を取り、また道端で放尿するなど奇行もあり、
母と妹はそんな彼女の売春を知っていた。




画像
いずみは美津子の姿に引き込まれていき、ついには戻れないところへ堕ちていく・・・・


このことからも、美津子の「性」は決して欲情からくる性ではなく、「生」なのだということがわかる。
東電OL素子が生前「セックスはあまり好きではない」と漏らしていたように、彼女にとってのSEXは、リストカットと同じ自傷行為なのである。
それが証拠に、彼女のSEXシーンでは1度も良さそうな顔をしていない。

「自己否定」の現れである拒食症と自分を蔑み痛めつけることによってしか「生」を感じられない、そしてそれを周囲に知らしめることによってより自らを貶めようとする『汚濁癖』




下品に化粧し、下品な行動をし、男に下品に扱われることによって、自らを罰し、同時にそうすることでしか母親を罰することができなかった美津子。
母親が最も嫌がる『上品な家柄を穢す』行為で示した、母への反逆。

父と自分が精神的に『家族愛』を越えた「恋」で繋がっていたことへの罪。
それに気付いた母が、娘に対して行った復讐。



画像
不思議な師弟関係が生まれ・・・・

美津子があえて母親にいずみを引き合わせたのも、自分に対する自虐行為だ。
上品な言葉で最低の屈辱を与えてくる母に、最も女の業を見た気がした。



ここで全てに納得がいく。
いずみが路上で「立ちんぼ」になってから、男二人に殴られて鼻血を出しながら、穏やかに微笑むシーン。
これが観た時はものすごくひっかかっていたのだ。

なぜなら、オッパイも大きくて貞淑&官能的ないずみは、別に路上で「1000円でもいいよ~」と言って客を取らずとも、気に入った男性を誘惑すれば簡単に性欲を満たせるはずだ。

それをせずに、あくまでも下品に堕ちていったのは、彼女自身が美津子と同様、自虐的に生きることで、自らを救い出したかったからではないか?
それが証拠に、初めていずみが目撃した(事件現場ともなった)渋谷の空きアパートで売春する美津子の姿は、まるで手を広げて自分を救いの道に導いてくれるマリア様に見えたのだから・・・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2012年01月16日 16:11
観たのね!公開から二ヶ月だからまだやってたんだ★
観てる時は面白くなかった??
私かなり惹き込まれちゃった。
そう、この実際の事件がベースにあるところでの映画だから
面白いんだよね。
しかし魔女っこクラブはマゾっ娘宅配便だったんだね(笑)
水野美紀はミスキャストに感じちゃった。
ご本人すごく出たがったみたい。
美津子と母の関係がすごくて、ああいう背景でそうなるんだよねー。怖い。しかし身体千円で売るとか安すぎないとか思って観てた(笑)もっと自分大事にしなきゃだよ。。。。


ノルウェーまだ~む
2012年01月16日 18:35
migちゃん☆
面白くなかったんじゃなくて、もっと強いメッセージを感じたかったんだよね。それがあれ?って思って。
でもちゃんと調べたら、ああ、やっぱ園監督さすがなんだなって思えたよ。
けどその辺りの重要な部分は観客にうまく伝わってないと感じたわ。
もっと自分を大切にしなきゃだけど、大切にできないからああなったんだよぉう。
KLY
2012年01月16日 19:55
神楽坂恵って人は見始めて普通のシーンみてるうちは「へったくそやなぁ」って思うんです。ただこの人冗談ではなくて脱いだら凄いというか。彼女の場合脱ぐことで女優としての自分の殻をとっぱらうかのようにすら見えるんですよ。そのぐらいの迫力を感じます。だから『ヒミズ』の彼女はどうでもいいです(爆)
まみっし
2012年01月16日 20:18
まだーむ様、

この映画、何か、すさまじそうですね。
もしも何らか罪の意識感じているから自虐するのだとすれば、悲しすぎちゃう。
『東電OL事件』って、私、よくわからないので、いつか調べてみようかな。
ノルウェーまだ~む
2012年01月16日 22:30
KLYさん、こんばんは☆
そうそう!同感です。
「冷たい熱帯魚」でもすごい大根~~って思った神楽坂恵だけど、今回も最初は相変わらずで。
でも清楚な姿もちゃんと様になっていて、豹変振りは見事でした。
私脱いだら凄いんです・・・ってやつですね(笑)
ノルウェーまだ~む
2012年01月16日 22:56
まみっし様☆
「東電OL事件」はちょうど「酒鬼薔薇聖斗」事件と同じ年だったのですが、私事件のニュースを見るとつわりが酷くなったので、その頃あまりニュースを見ないようにしていてこの事件のことあまり知らなかったです。
ちなみに彼は現在28歳で社会人だそうですが、彼が社会人でどうして俺はニートなんだ?ってつぶやいている人がいました・・・(汗)
2012年01月17日 00:11
こんばんは。

読みごたえあるレビューでした。
「自傷行為」というのは
素晴らしい着眼点ですね。
ぼくはこの映画、
『ヒミズ』との対比で観たのですが、
水野美紀のパートがカットされたのでは、
それも弱くなっちゃう。
ラストなんてどうなっているんだろう?
ノルウェーまだ~む
2012年01月17日 09:36
えいさん、おはようございます☆
観てからずっと考えちゃってるのですが、やはり「冷たい熱帯魚」でも「愛のむきだし」でも今度の「ヒミズ」でも根底に隠れているのは親や近親者からの虐待がテーマなんですよね。
それが園監督のパワーを生み出す原点となっているわけなので、間違いなくただの女性の性の欲望を描いているのではないと思います。
「東電OL事件」の件は私の考えではなく資料からなので、美津子が「自傷行為」と考えていたという点であながち間違ってないと思うのです。
2012年01月17日 12:53
まだ~むさん
こんにちは。
いやあまだ~むさんの記事を読ませて頂いて
自分があまり考えず、ただ映像表現だけで魅せられて
いるっていうか。美津子の事件が事実と一緒だというのも
まったく知らず、、、。そうですか。そういう意味では
事件の背景を知るのも映画を観るにはやはり必要だと
思いました。こちらでは他のシアターで再上映があるので、リサーチしてもう一度観ても良いかもしれないなあ
と思っています。
ノルウェーまだ~む
2012年01月17日 17:22
mezzotintさん☆
そうですね~事実を知らずに観て、なんとなく共感できたり感動できたりしたら、それでもいいと思うのです。
でも私は「むむむ…園監督とは思えん!」って思ったら何もかけなくなっちゃって、それで調べたんですよ。
もう一度チャレンジしてみてもいいですね。
2012年01月18日 00:24
こんばんはー^^

なんか凄そうな映画だねー^^
元になった事件も凄いけど。
とっても見たくなって来たよ。
紹介してくれてありがとうね^^
hino
2012年01月18日 08:01
まだーむ、こんちゃー
あれ以来ですが、今日ようやっと休みです。
なのに、娘の学校から呼び出し食らいましたので昼出向きます。遅刻が多いため。

OL東電事件の小説、何冊か読んでるから映像でもみてみたいなあ。劇場でおすすめ?DVDでもいいかな?

ノルウェーまだ~む
2012年01月18日 08:36
みすずちゃん、おはよー☆
これはちょっとみすずちゃん向きちゃない気がするなー
でも興味深い話だよ。
DVDで見てね(一人でこっそり)
ノルウェーまだ~む
2012年01月18日 08:39
hinoちゃん、はろー♪
久々のお休みなのに~ぃ?ご苦労様!
ママ頑張れ~~!!
呼び出しねぇ、懐かしいわ。(爆)

そうねぇ、劇場かな?
DVDなら誰もいない昼間に見ないと。R-15だから☆
xtc4241
2012年01月18日 13:00
まだ~むさん、こんにちは(いま1月18日12:55頃です)

ご無沙汰してます。
ところでこの映画、僕にとってはとても面白かった。
そうですね。
「蛇にピアス」に似ているかもしれないと思います。
人間、落ちていくとどこまでも落ちていく・・・
でも、落ちることが全然だめなことかといったら、
それは価値観の違いによってくるっていうんでしょうか。
現実にはなかなか踏み込めないけど、映画でやってみる、
見せてくれる。
人間の可能性の底知れなさというものを感じました。
ちなみに、園監督は統一教会に入ったこともあるそうです。
ある意味とてもピュアなひとなんじゃないかと思います。

ノルウェーまだ~む
2012年01月18日 22:47
xtc4241さん☆ごぶさたです~
「蛇にピアス」まさにそうですね~
特に原作がその方向性と似ているように思います。
タトゥーを彫ったりスピリットタンにしたり、ビールしか摂取しないとか、ギリギリと体と心を痛めつけるあたりが、よく似ているように思います。

園監督の体験が「愛のむきだし」となったのでしょうかね。
にゃむばなな
2012年01月19日 09:07
「東電OL事件」を調べていくと、このOLさんにとってセックスはある意味自傷行為なのかも知れませんね。
心の闇から目をそむけるために売春に走る。
これは男性には体の構造上できないことですわ。
ノルウェーまだ~む
2012年01月19日 11:46
にゃむばななさん、こんにちは☆
男性にとって快楽が、女性に対して傷つける手段にしかなりえないという点を、もっとクローズアップさせて撮っていたなら、園監督も今まで以上に評価が上がったかと思うのですが、いかんせん、彼も男でその辺理解しきれなかったのかなーって思いました。
2012年01月19日 23:23
こんばんは。

東電OLの件、知れば知るほど、この映画にインスパイアされていましたね。
年収も1千万ほどあって、売春で得たお金も手付かずで溜め込んでいたとか…。
コンビ二でおでんの汁とか、地下鉄の終電では有名だったとか、めちゃリアルで(苦笑)
お金でもなく物欲でもなく、彼女には自分の存在意味だけだったのかもですね。

今日、「ヒミズ」観てきました。
わたしは、うーん、ちょっとイマイチでした(汗)
ノルウェーまだ~む
2012年01月20日 10:32
オリーブリーさん、おはよ~☆
お金でもなく物欲でも性欲でもなかったんですね。
ある意味、お嬢様育ちで、学歴高く、仕事で成功していて、あとは何を求めていたのか???
人の心の闇は深いのだなぁとつくづく思いましたよ。
「ヒミズ」いまいち?わー、楽しみにしているのだけど・・・
マリー
2012年01月21日 22:55
私この映画ダメだった・・・
グロイとかエロいとかは全然感じなかったんだけど~
神楽坂恵の演技があまりにも酷くて~あれってわざとなのかなぁ。あの芝居でお金下さいって、いくらヌード見せても私は払いたくないわぁ~。監督さんの奥さんだっけ?
他の作品でもあんな演技なのかな・・・

実はこの監督さんの初めて観たんだけど~
かなりのロマンチストなのでは?と思ったり。
いやらしいシーンが全くいやらしくなかったし、詩の引用にしても・・・
「ヒミズ」観たらまた感想変わるかな~~~?
ノルウェーまだ~む
2012年01月22日 01:12
マリーさん、珍しく辛口!
私も好きかと言われると、そうでもないかな。
神楽坂恵みは「冷たい熱帯魚」でも下手くそ~~と思ったし、今回も「貞淑な妻」の時は大根だったよね。
脱ぐとすごいけど(爆)
だからもとはAV女優さんだったのかな?って思ったけど、本当はグラビアアイドルみたいね。

この記事へのトラックバック

  • 恋の罪 / Guilty of Romance

    Excerpt: ランキングクリックしてね←please click 以前観たんだけどまだレビュー書いてない「自殺サークル」「エクステ」、 実際の事件を基に脚本が自身の手で脚本が書.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2012-01-16 16:04
  • 恋の罪

    Excerpt: 『冷たい熱帯魚』の園子温監督が1990年に起きた東電OL殺人事件にインスパイアされて制作した衝撃と官能の問題作だ。主人公となる3人の女性に先ごろ園監督との結婚が発表された神楽坂恵、『踊る大捜査線』シ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-01-16 19:50
  • 恋の罪

    Excerpt: 公式サイト。英題:Guilty of Romance。園子温監督、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉(アンジャッシュ)、二階堂智、小林竜樹、五辻真吾、深水元基、内田慈、町田マリー、岩松了、大 .... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-01-16 23:39
  • 恋の罪

    Excerpt: 堕ちていく女の恍惚と狂気を描く「恋の罪」は、実在の殺人事件にインスパイアされた物語。鬼才・園子温監督は、徹底した女目線にこだわっている。どしゃぶりの雨の日、渋谷区円山 ... Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 racked: 2012-01-17 00:03
  • 『恋の罪』

    Excerpt: 「わたしのとこまで堕ちてこい――」 「さて、今日はついにこの映画のお話をしちゃうかなあ」 ----あれれ。あんまりノッてニャいみたい。 「いや。そんなことはないよ。 ただ、これは無を言わせぬ作品。.. Weblog: ラムの大通り racked: 2012-01-17 00:07
  • 恋の罪(2011-094)

    Excerpt: 今回個人的に最寄りのシネコンで恋の罪が上映されることが わかってそこで見ようと思っていたのだが・・・ 昨日、プリンタが壊れていたことがわかり東川口のヤマダ電機 でプリンタを注文し、まだ時間がある.. Weblog: 単館系 racked: 2012-01-17 00:16
  • 演劇的祝祭空間。園子温・監督『恋の罪』

    Excerpt: 注・内容に触れています。1990年代、渋谷区円山町のラブホテル街で起きた実際の事件をベースに「冷たい熱帯魚」の園子温監督が描く最新作『恋の罪』。出演は水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉、二階堂智、津.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2012-01-17 00:28
  • No.282 恋の罪

    Excerpt: 【ストーリー】 「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の鬼才・園子温監督が、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵を主演に迎え、実在の事件をもとに描く愛の物語。21世紀直前に起こった、東京 ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2012-01-17 01:01
  • 恋の罪(2011)

    Excerpt:  ようこそ、愛の地獄へ! 評価:+5点=85点 園子温ワールド全開!やっぱり期待通り凄かった。かなりきわどい作品ではありますが。。。。。 私的には好みです 冷たい熱帯魚は色で例えると灰色でした.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2012-01-17 12:09
  • 2011年11月 鑑賞記録

    Excerpt: 9月・10月には一般公開映画をあまり観てなかったんで、11月はその反動で割と本数多かったかも。 その代わり記事は当然として書ききれませんでした(汗) 11月1日『がんばっぺフラガール! ~フクシマ.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2012-01-17 14:56
  • 2011年11月12日 『恋の罪』 TOHOシネマズ川崎

    Excerpt: 『恋の罪』 初日舞台挨拶付きで鑑賞! 登壇者 : 水野美紀、富樫真、神楽坂恵、小林竜樹、園子温監督 舞台挨拶では緊張されていたのか、あまり和やかな感じではありませんでしたが 水野美紀さんは、一番普.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2012-01-17 20:02
  • [映画『恋の罪』を観た]

    Excerpt: ☆バイトで疲れた後に見たのだが、その力強い演出に、二時間半、夢中で見た。  ストレスが溜まる展開かと思いきや、普通に面白かった。  ・・・生真面目過ぎる夫(序盤から変な夫だったが…)との生活に、人.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2012-01-17 23:04
  • 恋の罪

    Excerpt: 渋谷区円山町の古いアパートで、マネキンと接合された女性の死体が発見された。 殺人課の刑事・吉田和子(水野美紀)は、失踪した女性のリストから捜査を進めていく。 売れっ子小説家の妻いずみ(神.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2012-01-18 23:10
  • 『恋の罪』

    Excerpt: 言葉なんか覚えるんじゃなかった。言葉のない世界。意味が意味にならない世界に生きてたら、どんなによかったか。 不倫中の女性刑事、夜は売春に走るエリート大学助教授、下品な ... Weblog: こねたみっくす racked: 2012-01-19 09:07
  • 「恋の罪」

    Excerpt: 2011年・日本/配給:日活 監督:園 子温 脚本:園 子温 製作:鳥羽乾二郎、大月俊倫 企画:國實瑞惠 プロデューサー:千葉善紀、飯塚信弘 「愛のむきだし」、「冷たい熱帯魚」の鬼才・園子温監督が、十.. Weblog: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 racked: 2012-01-21 02:10
  • 「恋の罪」満たされない日常から離脱した先に待っていた堕ちた女たちの衝撃な結末

    Excerpt: 「恋の罪」(R18+指定)は1990年代に渋谷区円山町ラブホテル街で起きた実在の殺人事件からインスパイアされた作品で幸せな生活に満たされない日々を送っていた女性がある誘いを受け ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-02-25 17:29
  • 映画『恋の罪』を観て

    Excerpt: 12-4.恋の罪■英題:Guilty Of Romance■配給:日活■製作年・国:2011年、日本■上映時間:144分■観賞日:1月9日、新宿武蔵野館(新宿)■入場料:1,800円□監督・脚本:園子.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2012-03-10 10:44
  • 恋の罪

    Excerpt: 園子温監督作品。これは女性の性、欲望を描いた作品でした。 男とは違って女には期限がある。「女」として見られる期限だ。心と体の乾きを感じている女性たち。堕ちていく女の恍惚と狂気が、ねっとりと絡.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-06-04 13:07
  • 恋の罪

    Excerpt: 11年/日本/144分/エロティック・ミステリー・サスペンス/R18+/劇場公開(2011/11/12) -監督- 園子温 過去監督作:『冷たい熱帯魚』 -脚本- 園子温 -出演- *水野美紀…吉田.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-06-04 23:48
  • ようこそ、愛の地獄へ「恋の罪」

    Excerpt: Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2014-09-19 22:30