「デビルズ・ダブルーある影武者の物語ー」映画以上の真実

正直観終った時は、『これは誇張した物語だろう、この映画を公開してイラクの人怒らなかったのかな?』と思っていた。
しかし帰って公式サイトを調べてビックリ!
「(脚本化を)渋々諦めなざるをえなかった、映画に適さない部分もあった」と、モデルとなった本人の手記で語られるくらい、現実はもっと悲惨だったという・・・・・



画像
「デビルズ・ダブルーある影武者の物語ー」公式サイト


たった一人で二役、しかも片方に似せようと努力しているそっくりさんを演じ分けるドミニク・クーパーの演技力に脱帽!!


<ストーリー>

イラクの独裁者サダム・フセインも手を焼く長男ウダイ(ドミニク・クーパー)に顔が似ているというだけで、彼の影武者に仕立てられた、高校の同級生ラティフ・ヤヒア(ドミニク・クーパー二役)は、戦線からいきなり宮殿へ連れてこられて困惑していた。
家族の命と引き換えに強要され、観念したラティフはウダイを生きることにする。

富と女にあけくれるウダイの常軌を逸した行動に、日増しに反感を募らせるラティフだったが、逃げても追っ手に捕まり、酷い拷問を受けるのだった。
自殺を図るラティフは一時的に自宅に戻されるが、父の威厳のある言葉に、ついに決意し・・・・




画像
次々と街で少女を連れ去り、抱いては死体を野原に捨てているウダイも本気でサラブ(リュディヴィーヌ・サニエ)だけは愛していた

「オレのものは全てお前のものだ☆」というウダイだったが、サラブに手を出すことだけは禁じられた。

化粧の加減で微妙に美人にもそうでないようにも見えるラサブ。
「私も無理やりここに連れてこられたのよ・・・・」同じ運命を感じるラティフと~~って、随分怖いもの知らずだよねぇ。
全てを監視されているので、側近がいい人でよかったけど。



画像
室内でも、どんどん銃をぶっ放す


確かにイラン・イラク戦争の映像を見ると、歓声を上げながら空に向かってバンバン発砲していたね。
普通にその辺に銃があって、しかも持っている人が常軌を逸しているって、怖すぎる~~

そもそも、父親であるサダム・フセインが酷いやつなわけだけど、なんだか彼が常識人に見えてくる。



画像
パーティーの席で女性関係について茶化されているうち逆上し・・・・・実際はどうかわからないけど、父の側近中の側近を撃ち殺してしまうのは事実らしい


母への愛から、父に売春婦をあてがってきた側近への怒りが爆発し、ついに撃ち殺してしまうウダイ。
一人の息子として家族を愛する姿が垣間見られ、彼も人間なんだ・・・と思う瞬間。



画像
父(の影武者)の命で、戦地へパフォーマンスに赴き・・・・

息子に命令を下すのがサダム・フセインの影武者なら、父に話を聞きに行くのも影武者。
ここに狂気が生まれる哀しい土壌があるのか・・・・


ラティフは見事にウダイを演じてみせる。
ドミニク・クーパーはある意味、ウダイとラティフ、そしてウダイに似せようとしているラティフの3役をこなしているといってもいいわけだ。
この、『微妙に違うかんじ』を出せるって、本当に凄いことだと思う。


画像
「本当に愛しているのは自分自身だろう?」


結局は母と自分しか愛せなかったウダイ。
それによって自滅していくのは、当然だったのかもしれない・・・・





イラクで起きたおぞましい戦争という名の残虐行為が、イラクの人たちが起こした・・・・のではなく、恐怖政治によって起こさざるを得なかったという事が、少しでも判ってよかった。

まだまだ政治不安定ではあるけど、いつかラティフやラティフの父のような立派な人たちが、少しずつでも国を変えていけることを願うばかりである。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2012年01月14日 00:23
まだーむ★
楽しめたのネ~、良かった!
私が絶賛したほどみんな(ブロガーさん)はそうでもなかったみたいなのでちょっとがっかりだったんだけど
面白かったよね♪
とにかくドミニクがカッコイイし巧いしハマってるもんね。
本人もみてて辛かったけど映画化にあたって協力してくれたんだってね。

明日、楽しもうね!
KLY
2012年01月14日 00:38
正直言って私はウダイ自身がどうでも良かったので、お話は別にそうでもなかったのですけど、ドミニクの芝居には驚かされました。っていうか、彼ってこんなに上手かったっけ?^^;序盤のハッキリ違う2人はまだ演じ易いと思うんだけど、彼女が「ウダイみたい」というあの終盤てかなり難しいと思うのです。ウダイとラティフの距離が近付けば近付くほど分けて演じにくくなるはずなのに…。
それにしてもまだ記憶に新しい作品をまーサクッと映画化しちゃう、それもアメリカ側の視点から。いや事実最悪なのはそうなんだろうけどこの辺の感覚がアメリカって凄いなぁとちと感心です。
rose_chocolat
2012年01月14日 08:45
ドミニク・クーパーで魅せた映画でしたね。
彼の演技力をじっくり観れたのがよかった。 すごいです。
ノルウェーまだ~む
2012年01月14日 12:46
migちゃん☆
ほんとドミニク・クーパーのカッコイイところと狂気に満ちた恐ろしいところとの演じ分けがよかったよねぇ。
実際のラティフも協力したほどの事実に近い(実際はもっと酷いんだなんて!)出来事って、考えただけでも震えちゃうわ・・・
ノルウェーまだ~む
2012年01月14日 12:49
KLYさん☆
うんうん、サラブが「ウダイみたい」というところは絶妙だったね。
そして近代史でもある出来事をサクッとやっちゃうアメリカ、本当に凄いです。
ノルウェーまだ~む
2012年01月14日 12:51
roseさん☆
彼の演技の素晴らしさをじっくり堪能できた映画でした。
新しく演技派俳優 発掘!ってかんじ?
dai
2012年01月14日 21:40
こんばんは。

ドミニクの圧倒的な2役がこの映画の完成度を
高めていたように感じました。同一人物が演じ分けているだけなのに本当に別人が演じている感じは凄いとしか言えないです。
2012年01月14日 23:49
こんばんはー^^

これも近場に来ない^^;
でも、ちょっと怖そうだし・・・DVDが出たらチェックしてみるね。
ドミニクの演じ分け、見てみたいし・・・
マリー
2012年01月14日 23:50
観たいよ~~~。
今まで地味目だったドミニクが輝いているよね~。
ノルウェーまだ~む
2012年01月15日 00:48
daiさん、こんばんは☆
当の本人が片方に似せようとしている別人を演じるっていう、微妙な違いを出せるって本当に凄いです!
彼の演技あっての映画だったですよね~
ノルウェーまだ~む
2012年01月15日 00:49
みすずちゃん、こんばんは☆
うわー、残念ね。
これは是非観てほしいわ。
DVDになるの待ち遠しいね。
ノルウェーまだ~む
2012年01月15日 00:50
マリーさん☆本当だよねー
私も今までノーチェックだったから、ドミニク発掘!っていう気がしたわ。
2012年01月16日 13:48
まだ~む、こんにちは^^
この内容で誇張していないどころか、映画にできないような
部分もあったなんて恐ろしいことですよね(汗)

作品としたら、私は予告編以上に面白かったとは感じなかったのですが(汗)ドミニクの演技には惹きつけられました。
ほんと、まだ~むが言われるように、3役ですもんね(驚)
彼の演技を観るだけでも一見の価値ありですよね^^

そそ、私も、あの、サダム・フセインでさえも、まともに
見えちゃいました(苦笑)
ノルウェーまだ~む
2012年01月16日 15:22
ひろちゃん☆
映画の中でも充分酷い話~と思ったけど、実際はそれ以上だったなんて!ですよね。
本物のラティフのインタビューを今日見たら、実際「サダム・フセイン」は父親としてもちゃんとしていて、ずっとまともで人間的だったそうよ。
2012年01月16日 22:14
こんばんは。

しかし、ここまで完璧に演じ分けるのを観ると
俳優というのはたいしたものだと、
あたりまえのことですが、改めてそう思っちゃいます。

そして、もう今ではだれも何とも思わなくなったけど
その一人二役を同一画面の中で違和感なく見せる
昨今の技術のスゴさにも改めて感服。
これ、映画を観はじめた頃には、とても考えられなかったです。
あの頃、一人二役シーンを完成させるには
同じシーンの右と左を交互にマスクで隠して
一回写して巻き戻して二回目を写して…。
合成が巧くいかなくって、
みんなにすぐ見破られて…。
なんて、いまの若い人には通じない、
遠い昔の話ですよね。
ノルウェーまだ~む
2012年01月16日 23:07
えいさん☆
今や地球が真っ二つに割れたり、大都会のビルが簡単に倒壊したり、CGの技術たるや・・・ですよね。
でも一人二役は何と言っても人間の技。
ドミニクの演技は、CGには到底勝てませんよね。
2012年01月18日 15:17
まだ~むさん
こちらにもありがとうございました。
ドミニク・クーパーがここまでやるとは、
本当に驚きでした。同じ人物だとは思えない
くらい凄かったですね。声も上手く変えていました。
実際のウダイもかなりやりたい放題だったらしいですね。
物語の7割が事実なことをラティフ氏は語っています。
ノルウェーまだ~む
2012年01月18日 23:12
mezzotintさん、こんばんは☆
ドミニクの演技は本当に同じ人物とは思えないくらいでしたね。
完璧です!
2012年02月03日 12:28
いやはや・・・
ドミニクが化けたね
目の演技、仕草1つ取っても見事だもの
お話自体は父ふせいんの事じゃないし
多少のモヤっと感はあったけど
とにかく「ドミニク凄っっ」って
だって、後半になって来て
ウダイとラティフの距離(?)が
徐々に近づいてくるでしょ?
精神も崩れそうになって
それでもドミニクの演技が
素晴しいのよ~
それにしても、あの父フセインから
見捨てられたってのは
もう狂気の全てに染まっていた人だと
こういう人が世の中に存在してたのは
怖い事実だなぁ・・・
ノルウェーまだ~む
2012年02月03日 13:11
qちゃん☆
およ?いつものqちゃんじゃなくなっちゃうくらい、この映画って凄いのね~(笑)
確かに後半にいくにしたがって、だんだんとウダイとラティフの距離が縮まっていく、この見事な演技がとにかく素晴らしいよね。
恐ろしい人がやりたい放題だったっていう、恐ろしい現実だよね・・・

この記事へのトラックバック

  • 『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-』

    Excerpt: (原題:The Devil's Double) ----これって、どういう意味? 『ボディ・ダブル』なら聞いたことあるけど…。 「うん。『ボディ・ダブル』はブライアン・デ・パルマ監督の.. Weblog: ラムの大通り racked: 2012-01-13 22:33
  • デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-/THE DEVIL'S DOUBLE

    Excerpt: イラクの独裁者サダム・フセイン。あの独裁者をも呆れさせる息子ウダイの影武者をだった男、ラティフ・ヤヒアの自伝を映画化。ラティフとウダイの一人二役を見事に演じ分けるのは『マンマ・ミーア!』のドミニク・.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2012-01-13 23:31
  • デビルズ・ダブル-ある影武者の物語- / THE DEVIL'S DOUBLE

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click サダム・フセインの息子、ウダイ・フセインと顔が似てる事から 家族の命と引換えにこの男の影武者になることを強制され.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2012-01-14 00:20
  • 『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (2011) / ベルギー

    Excerpt: 原題: THE DEVIL'S DOUBLE 監督: リー・タマホリ 出演: ドミニク・クーパー 、リュディヴィーヌ・サニエ 、フィリップ・クァスト 試写会場: 東商ホール 公式サ.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2012-01-14 08:38
  • デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-

    Excerpt: 狂気に満ちたドミニク・クーパー 【Story】 家族思いの青年ラティフ(ドミニク・クーパー)は、ある日サダム・フセイン大統領の息子ウダイ(ドミニク・クーパー)に呼び出され、影武者になる.. Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2012-01-14 21:37
  • どっちが独裁者?『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』

    Excerpt: イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイの影武者だったラティフ・ヤヒアの自伝を映画化した作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2012-01-15 10:17
  • デビルス・ダブル~ある影武者の物語~

    Excerpt: デビルス・ダブル~ある影武者の物語~ ★★★★☆(★4つ) 狂気のプリンス フセインの息子の影武者が語る衝撃の真実 今年、楽しみにしていた作品です 話はもっと狂気のプリンスを想像してましたが.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2012-01-15 18:28
  • デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-

    Excerpt: 2012年1月14日(土) 17:00~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』公式サイト サダム・フセ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2012-01-15 23:39
  • ★デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-(2011)★

    Excerpt: クリックよろしくです THE DEVIL'S DOUBLE この真実に、ついてこれるか。 上映時間 109分 製作国 ベルギー 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年.. Weblog: Cinema Collection 2 racked: 2012-01-16 13:50
  • デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-(2011)★☆THE DEVIL'S DOUBLE

    Excerpt:  この真実に、ついてこれるか。 評価:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。フリ―パスポートも後2日となりました。明日もう1作品観たら終了となりそうです。明日鑑賞したら締めて8作品でした。時期.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2012-01-18 14:38
  • 『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」□監督 リー・タマホリ □脚本 マイケル・トーマス□原作 ラティフ・ヤヒア□キャスト ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2012-01-21 07:23
  • デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-

    Excerpt: 二役の演じ分けが素晴らしい!! Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2012-01-23 00:50
  • 「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」 なぜウダイはラティフを殺さなかったのか?

    Excerpt: サダム・フセインの息子、ウダイ・サダム・フセインとその影武者とされたラティフとい Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2012-01-24 22:57
  • 映画「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」これが事実の物語

    Excerpt: 「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」★★★★ ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ出演 カン・ジェギュ監督、 109分、.. Weblog: soramove racked: 2012-01-30 07:48
  • デビルズダブル ある影武者の物語

    Excerpt: イラクの独裁者サダム・フ セインの息子、ウダイの影武者だったラティフ・ヤヒアの自伝を映画化した衝撃作。ウダイに顔が似ていることから無理やり影武者に仕立てられ、人生を狂わさ れた男の絶望と怒りを描き.. Weblog: Said the one winning racked: 2012-02-03 12:01
  • 『デビルズ・ダブル ある影武者の物語』お薦め映画

    Excerpt: ★★★★ 見どころはなんといっても、ドミニク・クーパーがウダイとラティフを一人二役で演じていることである。2人を見比べているだけで退屈しないし、2人が同じ画面に登場しても、全く白けた感じにならない。素.. Weblog: 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ racked: 2012-02-10 00:07
  • 映画『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語』を観て

    Excerpt: 12-5.デビルズ・ダブルズ■原題:The Devil's Double■製作年・国:2011年、ベルギー■上映時間:109分■字幕:林完治■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2012-03-11 21:53