「ウインターズ・ボーン」過酷な人生

葉の落ちた冬の森はどこか物哀しい。
だけど同じ冬の森でも、ノルウェーで体験した森は寒くてもどこかあったかい。
どうしようもなく殺伐としたかんじがするのは、そこがアメリカの闇だからなのか・・・




画像
「ウィンターズ・ボーン」公式サイト

「プレシャス」でもそうだったけど、アメリカの闇は深くて恐ろしい。
それは、どんな強いヒーローがいても、解決できないものなのか・・・・

<ストーリー>

アメリカミズーリ州南部の山間部に住む17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は、ドラッグディーラーの父親が懲役刑で服役して以来、幼い弟と妹と精神病を患った母の面倒をひとりでみてきた。

ある日、父親が自宅の土地を保釈金の担保にして失踪したと保安官(ギャレット・ディラハント)から聞かされたリーは、父親が出廷せずにいると家を没収されると知り、父の行方を捜し始めるのだが・・・・




画像
保安官の立場がちょっと判り難い・・・・

保安官が悪い奴に見えてくるけど、別に仕事をしているだけだし、とは言っても、生活のできない子供たちに救いの手を差し伸べるつもりはないの?と、思ってしまう。
福祉施設を紹介するとか・・・・

でも外国はそうなんだよね。
契約した仕事しかしない。たとえそれが、ちょっと手を伸ばせば出来る仕事でも。




画像
血も涙もない・・・・と思っていた叔父ティアドロップ(ジョン・ホークス)が・・・・

震え上がるような冷徹な叔父と思っていたけど・・・・
「小さいころから、あんたが怖かった・・・・」ほんの少し、心が通い始める瞬間。
静かに話すシーンは、冷たく縮んだ胸に暖かい風を送り込む。




映画の冒頭からしばらくは、淡々とした映像から、いきなりボソボソ喋るシーンを聞き逃すこと数回。
聞き逃すまいと緊張を強いる場面が長いこと続くので、大事なことを聞き逃したから、皆が不親切な訳がわからなかったの?と、ちょっと悩んじゃったり・・・

どうして誰もかれもが、まだ17歳の途方にくれてるリーに冷たく当たるのか、 映画の後半部分まで見えてこない。

なので映画のほとんどの部分を、リーと同じモヤモヤした気分で観ることになる。
実はこのあたりがこの映画の凄いところなのかもしれない。


画像
犬を可愛がるきょうだいが、リスを撃って飢えをしのぐ


「せーの!」でリスの皮を剥ぐシーン。
幼いきょうだいに生きるすべを教えようとする、姉の強い意志を感じる。

特別に号泣したり、激しく激怒したりする感情表現がないのに、実に多彩な感情を演じてみせるジェニファーは、さすが沢山の賞にノミネートされるだけの実力だ。



画像
沈めた死体を捜しに・・・・



ギャングとかチンピラとかって、都会のものだと思っていたけど、田舎のそれは都会のヤクザより恐ろしいね。
こんなやつらについていったら、リーが沈められちゃう!!(汗)と、ハラハラしちゃった。

こんな環境に生まれながらも、自分は学校にも通えず、ただ弟と妹の面倒をみるだけのために、必死になって生きていこうとするリー。







この映画が取った数々の賞やノミネートは、勿論、作品としての出来もあるけど、
実は私利私欲でしか生きていない大人たちに惑わされること無い凛としたこの『リーという少女』の姿に対して与えられたのではないかと思うのだ。



この記事へのコメント

KLY
2011年11月03日 11:22
>福祉施設を紹介するとか・・・・

確かに契約した仕事以外ってのはあると思うけど、ちょっとここは解せないと私も思ったよ。例えばこの警官がそうだとしても、他にも人はいるわけだし。何かそういう部分で『フローズン・リバー』のような、もがけばもがくほどドツボにはまるようなどうしようもなさは感じなかったの。でもまあ、それは外から見てるからかもしれないけどね。^^;
ジェニファーは失礼ながら凄く美人!てワケじゃない分カントリーガールがはまるなぁと。
2011年11月03日 11:27
あれ? さっきコメントはじかれましたがこれは入る記事なの?
2011年11月03日 11:49
こういう映画も観たいと思うけど、近場の映画館って絶対こない。
超不便な場所にある映画館ならやってるかもだけど・・・上映も都会より遅れてなのが多いのよね。
なので、DVDが出たらチェックしてみるね^^
ノルウェーまだ~む
2011年11月03日 13:05
KLYさん、そこんとこがアメリカの闇なのでしょうねー
ボランティアをすごく奨励するお国なのに、結局貧しいものは、そこから抜け出せないシステムとかありそう。
よその国の捕鯨やイルカにとやかく言う前に、自国の闇をなんとかしてほしいよね。

保安官がいい人なのか、悪に一枚かんでいるのか、ちょっと判らなかったな~
ノルウェーまだ~む
2011年11月03日 13:06
roseさん、コメント大丈夫なはず!
反応がちょっと遅いので、しばらくしてもう一度確認していただけると嬉しいデス
ノルウェーまだ~む
2011年11月03日 13:08
みすずちゃん、こんにちは☆
是非、DVD出たらみてね!
でもコタツに入ってみたら、絶対落ちるよー(笑)
2011年11月03日 13:40
そうなんだ。さっきは「受け付けません」みたいなメッセが出てたので(^_^;)

アメリカは保守的なところもあるし、この村みたいにがんじがらめにしがらみが支配してるところも実際にある思わせる構成でしたね。 
多民族国家アメリカでも、そう簡単には他者は寄せ付けない、共同体の掟は守ってもらう的な約束は強く生きているような気がしました。
ノルウェーまだ~む
2011年11月03日 17:37
roseさん、再びありがとう☆
村の掟も、ヤバイ話となると余計にそうなのでしょうねぇ。
子供には何の罪もなのに・・・とやるせない気持ちにもなったけど。
ラストの叔父が見せたほんの少しの優しさが、ちょっとだけ希望の光をみせてくれましたね。
にゃむばなな
2011年11月03日 18:19
確かにこの「リーという少女」の姿に対して送られた賞賛でしょうね。
本来なら女の子として生きたいはずの17歳。家族のために入隊しようとする姿が切なかったです。
でもそれを巧く諭してくれた軍曹さんとの会話。あれは良かったですわ~。
ノルウェーまだ~む
2011年11月04日 13:12
にゃむばななさん、こんにちは☆
私も同感です。
お金のために入隊希望するなんて、実際多いのでしょうけど、それを頭から否定せずに、広い心で諭してくれる・・・誰もがあのような大人だったら、あんな貧しい村でももっと幸せに暮らしていけるでしょうにね。
2011年11月04日 14:31
まださ~むさん、こんにちは。

イラク戦に志願した女性兵士は、この辺りの方が多いそうですね。
入隊すると大学への奨学金とか道が開けるようなので、おそらく憧れと言うのか、この村から抜け出す手段なのかな~と。
でもリーは、まさに身売り同然にまで追いつめられていて、何だか切なかったですね。

結局、リーを救ってくれたのもあの冷たい一族なわけで、非人道的に感じるけど、こんなアメリカも現実なんだと思いました。
2011年11月04日 16:50
まだ~むさん、こんにちは(いま11月4日4:50頃です)

息苦しさが積みあがっていく。
はじめ、そんな感想を持ちました。
でも、考えてみるとこういったコミュニティを捨てて、
僕らは自分のために生きてきたともいえます。
そして、いまは孤独にさいなまれている。
いままでだったら、僕は完全に息苦しさを拒否していた。
でも、こういう濃密な世界にあこがれるみたいなとこもある。
なにを言いたいんだか。考えすぎですね。
mig
2011年11月04日 18:02
まだーむ☆
すぐきてくれるかナーと思ったら自分もいけなかった (∋_∈)さっきまで横浜にいたの
ちゃんとみたらいい映画なんだろうけど、アメリカの闇と言われてもと思ってしまう…淡々としたのは苦手だわ
まだーむが苦手なラブコメいまからみまーす、間に合うかなぁ(涙)あ、モンスター上司なかなか面白かった♪(*^o^*)
彩花ちゃん今日無事佐吉宅行けたかな?
ノルウェーまだ~む
2011年11月04日 18:06
オリーブリーさん、こんばんは☆
追い詰められて逃げ出せない現実から逃れるためには、兵役に志願するしかないなんて、悲しいですよね・・・
自分で選べない人生、でもそれに負けずに真っ直ぐ前を見据えていこうとするリーの力強さが唯一の救いでしたね。
ノルウェーまだ~む
2011年11月04日 18:08
xtc4241さん、深く考えたくなる秋ですね。
そんな季節にぴったりの映画だったのではないかしら?
ノルウェーまだ~む
2011年11月04日 18:10
migちゃん!知らなかった(爆)
またまたお邪魔してますの?度々ご迷惑をおかけしまーす。
佐吉さんによろしくね☆
横浜で「モンスター上司」?
migちゃん、お仕事一段落したら、すごい映画頑張っているねー!
ノラネコ
2011年11月04日 21:51
逃げ出したくても逃げられないという状況が、閉塞感を増幅しますね。
小さな小さな村社会でも、彼女にとってはそこが世界。
ぶっちゃけ、実質的には何の希望も無い話だけど、とりあえずそこで生きていける、それだけでも救いになるっていうのは、17歳の少女にとっては何ともハードですね。
あの歳にしてもうかあちゃんの貫禄ですもん(笑
きっと彼女もずっとあの村で生きてゆくんだろうなあ。
ノルウェーまだ~む
2011年11月04日 23:02
ノラネコさん、こんばんは☆
きっと隣の家に行くための車さえ無い生活ですから、外界に出て行くことなど出来ないのでしょうねぇ。
託児所へ預けて学校に通う親友しかり、この山間の村が世界の全てなのでしょう。
だからこその掟。
彼女がこのまま真っ直ぐ肝っ玉母さんでいてくれることを心から望むだけですね。
2011年11月23日 23:12
今晩は~。寒くなりましたね。。。
私もこの映画の途中まで、この社会は何やってるの?って思いました。
何故、誰も手を出さないの・・・?って。
こういう社会が存在するってこと、やっと後半に気が付いたのデス。

何だかほっとするシーンがなくて、疲れちゃいました。
ジェニファーのこれからが楽しみですね。
ノルウェーまだ~む
2011年11月24日 09:43
小米花さん、こんにちは☆
たしかにほっとするシーンはほとんどないですねぇ。
子供がしている様子を見ると、大人としては辛くなります。
でも、世界全体が不景気になると、弱者を助ける余裕がなくなって、これからはもっとこのような状況におかれる子供も出てくるのかもしれないですね。
2011年12月10日 14:48
エンタメ色(見せ場)がない映画は苦手だと、冬に骨をしゃぶりながら(犬か!)いまさら気づきました。
ノルウェーまだ~む
2011年12月11日 00:43
ボーさん、こんばんは☆
エンタメ色がないと面白くないかもですけど、すごく興味深い映画ではありましたね。

この記事へのトラックバック

  • 【TIFF 2010】『ウィンターズ・ボーン』 (2010) / アメリカ

    Excerpt: 原題:Winter's Bone 監督/脚色:デブラ・グラニック 原作:ダニエル・ウッドレル 出演:ジェニファー・ローレンス ジョン・ホークス ケヴィン・ブレズナハン デ.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2011-11-03 11:14
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: アメリカ中西部の寒村を舞台に、失踪した父親を捜す少女とその少女を取巻く厳しい環境を描いた人間ドラマ。サンダンス映画祭でグランプリを受賞し、第83回アカデミー賞では主演のジェニファー・ローレンスが主演女.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-11-03 11:18
  • 『ウィンターズ・ボーン』

    Excerpt: 閉塞感で心が病んだ人間関係が冬の冷たさ以上に骨身に染みる。 これはアメリカの現代を描いた作品。ゆえに全米で絶賛されたのもアメリカ人がこの話を身近に感じるからでしょう。 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-11-03 18:19
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: 17歳の少女は過酷な人生を切り開いていく。 いい加減あらすじ 17歳のリーは12 Weblog: 映画感想メモ racked: 2011-11-03 19:44
  • ウィンターズ・ボーン/ WINTER'S BONE

    Excerpt: ランキングクリックしてね←please click サンダンス映画祭グランプリなど世界各地の映画祭で絶賛。 アカデミー賞作品賞ノミネートで一番最後の公開となった作.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-11-04 00:55
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: アメリカ中西部ミズーリ州のオザーク高原。 17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は、心を病んだ母と幼い弟と妹の世話に励み、その日暮らしの生活を切り盛りしていた。 ドラッグの売人をしていた.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2011-11-04 03:10
  • ウィンターズ・ボーン・・・・・評価額1650円

    Excerpt: 音楽が繋ぐ、血脈の絆。 アメリカ中部、オザーク高地の村を舞台に、貧しく閉鎖的な社会に暮らす一人の少女の、孤独な戦いを描いたハードなヒューマンドラマ。 ダニエル・ウッドレルの原作小説を、これが長.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2011-11-04 21:36
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: アメリカ・ミズーリ州南部オザーク山脈に住む17歳の少女リーは、病気の母の代わりに幼い弟や妹の世話と家事一切を引き受けていた。 生活費も尽き果てたある日、保安官から、長らく不在だった父が逮捕され、自宅と.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-11-05 03:51
  • 映画「ウインターズ・ボーン」どんな状況でも懸命に立ち向かう美しい魂

    Excerpt: 「ウインターズ・ボーン」★★★ ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、 ケヴィン・ブレズナハン、デイル・ディッキー、 ギャレット・ディラハント 、シェリル・リー出演 デブラ・グラニック 監督、.. Weblog: soramove racked: 2011-11-05 09:35
  • 『ウィンターズ・ボーン』・・・ ※ネタバレ有

    Excerpt: 2010年:アメリカ映画、デブラ・グラニック監督、ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、ケヴィン・ブレズナハン、デイル・ディッキー、ギャレット・ディラハント出演。 Weblog: ~青いそよ風が吹く街角~ racked: 2011-11-05 19:37
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: 評価:★★★☆【3,5点】(13) 私を州境に連れてって!とはどっち方面なのだろうか。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2011-11-06 11:07
  • その先の森へ~『ウィンターズ・ボーン』

    Excerpt:  WINTER'S BONE  17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は、保釈中の父が失踪。心を病ん だ母を抱え、12歳の弟と6歳の妹の面倒を見ながら暮らしていた。保.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-11-07 19:56
  • ウィンターズ・ボーン~命懸けの互助精神

    Excerpt: 公式サイト。原題:WINTER'S BONE。デブラ・グラニック監督、ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、ケヴィン・ブレズナハン、デイル・ディッキー、ギャレット・ディラハント。 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-11-08 21:40
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt:  『ウィンターズ・ボーン』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)予告編を見たのと、『あの日、欲望の大地で』で主人公の娘時代を演じたり、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』で女性ミュー.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-11-09 05:22
  • ウィンターズ・ボーン WINTER'S BONE

    Excerpt: 父が消えた。保釈金の担保として自宅と山を抵当に入れて。裁判に父が出頭しなければ、幼い弟と妹、それに病気の母を抱えたまま路頭に迷う羽目になる。家族を守る強い決意を持って、リー(ジェニファー・ローレンス.. Weblog: まてぃの徒然映画+雑記 racked: 2011-11-19 00:17
  • 掟という現実

    Excerpt: 11日のことですが、映画「ウィンターズ・ボーン」を鑑賞しました。 自宅と土地を担保に仮釈放し 失踪した父親 家、家族を守るため 少女は父親探しを始めるのだが・・・ フィクションとはいえ、まだアメリ.. Weblog: 笑う学生の生活 racked: 2011-11-20 11:23
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: 『ウィンターズ・ボーン』---WINTER'S BONE---2010年(アメリカ)監督:デブラ・グラニック 出演:ジェニファー・ローレンス 、ジョン・ホークス 、シェ.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2011-11-23 22:51
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: 今月の映画を観る会の作品です。 私はピンと来なかったので、 映画館に行くまで正式タイトルが。。。( ^ _ ^; でもサンダンス映画祭でグランプリ&脚本賞の2冠に輝き、 アカデミー賞では作品賞.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-11-28 21:57
  • 「ウィンターズ・ボーン」

    Excerpt: なんて荒涼とした世界なのよ、これ。 Weblog: 或る日の出来事 racked: 2011-12-10 03:54
  • 映画『ウィンターズ・ボーン』を観て

    Excerpt: 11-70.ウィンターズ・ボーン■原題:Winter's Bone■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:100分■字幕:杉田朋子■鑑賞日:11月13日、TOHOシネマズシャンテ(日比.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2011-12-24 18:52
  • 『ウィンターズ・ボーン』'10・米

    Excerpt: あらすじ父親が逮捕され、自宅と土地を保釈金の担保にしたまま失踪家を立ち退くまで残された期間は1週間、17歳のリーは父親を捜すが・・・。解説アカデミー賞作品賞主演女優賞助... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-01-06 09:27
  • 『ウィンターズ・ボーン』'10・米

    Excerpt: あらすじ父親が逮捕され、自宅と土地を保釈金の担保にしたまま失踪家を立ち退くまで残 Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-01-06 09:28
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: 家族を守るため、失踪した父親捜しの旅に出る17歳の少女の姿を描くヒューマンドラマ。監督は本作が長編2作目となる新鋭デブラ・グラニック。出演は「X-MEN:ファースト・ジェネレー ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2012-01-25 11:04
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: ウィンターズ・ボーン@ギンレイホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2012-02-04 17:00
  • 2012 4月のロンドン公開映画と今月の1本

    Excerpt: 3月に引き続いて、大物話題映画は影を潜め、地味なのに★の高い映画を揃えたUK映画。 なんと堂々の満点も。 とても満点取るような映画に見えないけど、捻った作品大好き英国評論家を唸らせた映画とは・・・.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2012-04-01 16:02
  • ウインターズ・ボーン

    Excerpt: 新作DVDで早くも登場 解説 残された家族を守るため、失踪(しっそう)父親捜しの旅に出た少女の 姿を描く人間ドラマ。 薬物中毒や貧困といった社会問題を盛り込み、過酷な境遇を力強く生.. Weblog: A Day In The Life racked: 2012-04-05 21:41
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: WINTER'S BONE/10年/米/100分/犯罪サスペンス・ドラマ/PG12/劇場公開(2011/10/29) -監督- デブラ・グラニック -脚本- デブラ・グラニック -出演- .. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-04-09 00:52
  • 「ウィンターズ・ボーン」 家族を守る為に!Σ( ̄ロ ̄lll)

    Excerpt: ウィンターズ・ボーン観ましたよ~(◎´∀`)ノ サンダンス映画祭グランプリ&脚本 Weblog: ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て racked: 2012-04-17 00:04
  • ウィンターズ・ボーン

    Excerpt: 人々が閉鎖的に暮らすにもほどがある荒涼とした山村が舞台。17歳の少女リーは、幼い弟妹と心を病んだ母を抱えて、何とか生活していた。しかし、失踪した父親は家と土地を保釈金の担保にしたまま。父を見つ.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-09-13 09:22