ロンドンホラースポット☆ウクレレと切り裂きジャック

そもそもはウクレレを買いに来たのだった。






画像
イーストエンドは若者の街 やたらと道端に人が座っている
ハマースミス&シティ線 オールドゲイト イースト駅下車 徒歩10分 ブリック レーン沿い


山の手にあたるところがウエストエンドだとすると、ここイーストエンドは下町。
でもパパンに言わせると、ボンドストリートあたりが銀座だとすると、ピカデリーサーカスは新宿、そしてイーストエンドは高円寺なのだそうだ。(勝手なイメージ)

およそ英国のイメージをチェルシーやリッチモンドが代表するような『お洒落でハイソな街』と捉えている人は、決して立ち寄らないであろう、ある意味イギリスらしい別の一面を見せてくれるところでもある。


画像
画像画像














トルーマンはかつてビール工場だったところ。(遠くに工場の煙突が見える)
建物の中では様々な国の屋台がひしめき合い、見たかんじは学園祭のよう。

若者は屋台で買って、道端に座って食べる~♪
でもブリックレーンには、インド料理屋もいっぱいで、エスニックな香りが辺り一面 たちこめていて、エスニック料理大好きパパンは気もそぞろ・・・・

画像
セサミストリート1って壁に書いてあるけど、いたずら書きだから~



画像
Duck of Uke 公式HP
22 Hanbury Street London

この若者と髪を赤く染めてパンクな格好をしたおばさんやおじさんが闊歩する通りにあるのが、ウクレレの店「Duck of Uke」
パパンが英国の記念に(?)買って帰りたいというので、こうして出かけてきたのだった。

画像

画像
何でウクレレ~??
と思ったけど、結構お店は混んでいて、沢山の人が買っていた。
確かに色とりどりのjポップなウクレレが可愛い☆

結局、パパンの欲しかった弦の多い三角の形のウクレレは、在庫が無かったので、諦めて店頭のTシャツのみを記念に購入。
買うときはちゃんと音を調弦してくれる、真面目な楽器屋だっただけに、ちょっと残念。





このウクレレ屋さんからくるりと振り向いた辺りに、その現場はあった!
画像
アニー・チャップマン殺害現場 29 Hanbury Street, Spitalfields.
そもそも19世紀後半に、産業革命の影響で貧富の格差が広がり、貧困層が集まってきたのが、ここイーストエンドだったのだ。
大人も子どもも凄まじい条件下で働かされ、病気と売春と暴力が蔓延していたらしい。

画像
1888年 9月8(土) アニー・チャップマン(47歳)は喉を切られ、首は胴から離れそうになっていた
内臓は切断され肩の辺りに捨てられ、子宮と膀胱を持ち去られた。

切り裂きジャックの犯行と言われている5件の殺人事件のうち、2番目の被害者がこのアニー・チャップマンである。
ちなみにMetoropolitan Police Serviceの公式の発表によると、11件の事件のうちの4件目ということになる。



画像画像








後ろに見えるのはThe Board School。
当時の写真にも同じ建物が映っている。



↑1人目の犠牲者メアリー・アン・ニコルズの殺害現場 Durward Street 
ハマースミス&シティ線 ホワイトチャペル下車 徒歩3分
この場所以外は何故か目新しいビルに建て代わっている最中だった。


警察発表では3番目、一般的には最初の被害者と言われているメアリー・アン・ニコルズ(42歳)は、1888年8月31日(金) 陰部から腹にかけてと、喉を2回ずつ切られ、内臓を持ち去られていた。



第3の犠牲者と言われるエリザベス・ストランド(44歳)は、1888年9月30日唯一犯人が目撃されていた。

第4の犠牲者 1888年9月30日(日)同日 - キャサリン・エドウッズ(43歳)は、下腹から首元にかけてタテに大きく切り裂かれ、内臓が引きずり出されていた。
また鼻と右の耳朶が切り取られていた。
左の腎臓と子宮は犯人に持ち去られていた。

 

画像画像












↑最後の犠牲者メアリー・ジェイン・ケリー(25歳)の殺害現場(現在 写真左)は、うら寂しい倉庫の裏
26 and 27, Dorset Street. 13 Miller's Court, オールドゲイト イースト駅 下車 徒歩10分
当時のドーセット ストリート(写真右)


警察発表では7番目、一般には最後の事件とされているメアリー・ジェイン・ケリーは、自宅で殺害されていた。
鼻も耳も皮膚も削がれて刻まれ、心臓・腎臓などがテーブルにきちんと積み重ねられていた。
壁の額には腸がぶら下がり、大腿の一部が切り取られていた。





全ての現場はホワイトチャペルとオールドゲイトに集中しているらしい。
気になる方は、「Jack the Ripper」ウォーキングツアーへ是非参加してみてね☆





気になるのはそこじゃない?
私も分らないyo☆   どうしてウクレレが欲しいのかは・・・・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2011年06月17日 23:39
切り裂きジャックといえば、アバーライン警部だね~♪
あのジョニーは麗しく美しく
実際の読むと恐いわー^^;本当に切り刻んでるんだもんね(ーー;)

セサミストリートに本当のビックバードがいるね(笑)
ウクレレ、残念だったねー><

ノルウェーまだ~む
2011年06月18日 04:16
みすずちゃん☆
やっぱり「フロム・ヘル」だよねぇ。
この映画とリンクして記事を書こうと思ったけど、また時間かかるし、このネタもあたためて1年たっちゃったから・・・(汗)
でもアバーライン警部に会いたくて・・・また見ちゃおうかな☆
2011年06月19日 00:17
切り裂きジャックの事件読んでいるだけで、アバーライン様が浮かぶ私です(*^o^*)何しろ、1番好きな人なの~(笑)あんな惨たらしい事件が描かれている
フロムヘルなんですが、アバーライン様に逢いたくて
何回も観ています(爆)

そそ、そう言うツアーあるみたいですね。
タイトル忘れちゃいましたが(^^;英国ドラマで
切り裂きジャックに纏わる警察ものをWOWOWで
観ました(全3回だったかな?)けど、その中にも
そのツアー出てきました。

ウクレレ、いいお店見つけたのに残念でしたね(T^T)

>ピカデリーサーカスは新宿

新宿に出来たシネコンは、だから「新宿ピカデリー」って
言うんだ(笑)
ノルウェーまだ~む
2011年06月19日 02:10
ひろちゃん、ナイス!
それで新宿ピカデリーか~(笑)

私もアバーライン警部のジョニーが一番スキ♪
さっそく夕べも見ちゃったわ☆
ゆかりの地で記事UPしようか迷っているところなの。
それにしても「フロミ・ヘル」にもエレファントマンが出ていたとは、すっかり忘れていたわ。
2011年06月20日 00:17
まだーむ、ショートフィルムで今日はブロガーさんたちとお茶したよ~
来月末にあるのはまだーむも来れたらまた皆でだね♪ていってたの、最近忙し過ぎてand目が夜痛くて遅くなったわ、、

ウクレレ!!
「お熱いのがお好き」のマリリンの影響で一時欲しいと思ったの~というか、今も欲しい。
パパンどうして欲しいんだろ。
いいのが在庫入るといいね☆
チャップマンて、ジョンレノン殺した犯人と同じ名前だー
ノルウェーまだ~む
2011年06月20日 08:56
migちゃん、いいな~
来月末はもしかしたら行けるかも♪
楽しみだわ☆
チャップマンって、結構多い名前なのかな?
ウクレレは日本で買うことに下らしいよ。(苦笑)
マリー
2011年06月21日 19:39
こんばんは~~。
ウクレレ・・・なんでだろう???
ウクレレといえばハワイを思い浮かべる私って凡人?(笑)夏休みにハワイ行くのでウクレレ見たら、パパンを思い出しそう~~~。

切り裂きジャックでいつも思うのは、ナイフってそんなに切れ味鋭いの~?ってこと。
なかなかそんなに綺麗に切れないと思うんだけど・・・
アバーライン警部に聞いてみよう~♪
ノルウェーまだ~む
2011年06月22日 01:43
マリーさん、こんにちは☆
夏休みハワイに行くの!?いいな~~
ウクレレ弾いてね♪

マリーさん、アバーライン警部に聞いてみて☆
一応、手術用のナイフを使っての犯行だったし、よく切れるんじゃない?
手術用が切れ味悪いようだと嫌だなぁー
daisy
2011年06月24日 02:40
ロンドンでウクレレ? おもしろい・・・パパンさま。
あの店も、あの場所も、何度か行きましたよん。
でも、そんな場所だったとはーーー知らないまま「なんだか不気味」って思ってそそくさ通ってた、私(汗

ウクレレやさん、このまえ別の場所でも見たなぁ、どこだっけ?私も、弾けない癖に、かわいくて欲しくなっちゃってウインドーをじーっと見ていました!パパンさまの気持ちが少々わかるような・・・(あ、パパンさまは弾けるのね?)
ノルウェーまだ~む
2011年06月24日 07:36
daisyさん、こちらにもありがと♪
あの場所に何度も?すごい行動力~☆

ウクレレはこれから練習するみたいよ。
ギター弾くからできるのかな?
高木ブーがジャンジャラ弾いているの見ると、テキトーにやっているのかと思ったら、ちゃんと調弦して
演奏するものなのね・・・
2013年10月03日 01:21
おお、このカテゴリー面白い!こんなカテゴリーあったんですね!
しかもノルまださん、お洒落で裕福な奥様かと思いきや…こんな記事を書いちゃうセンスも持ちあわせていたとは。
切り裂きジャックの現場だなんて!わーお

やっぱりロンドンは霧が深くて雨が多かったですか?私一度行っただけですが、その限りだとさほど悪天候でもなかったかなあ、と。

しかし、ロンドン塔なんかも結構様々な血塗られた歴史の一部を垣間見ることが出来ましたよね。
怖い怖い!
ノルウェーまだ~む
2013年10月03日 09:02
とらねこさん☆
わお!
このカテゴリー気に入って頂けました?
何しろロンドンは古い街だけに、様々なホラースポットの宝庫でもあるのですよー
ちなみに最初に住んでいた私たちの家には、ゼッタイ何かいたし!
ロンドンホラースポットの他にも是非、映画ゆかりの地をたずねてもご覧くださいね~♪
っていうか、私、お洒落で裕福な奥様ではございませんことよ☆ホホホ・・・

この記事へのトラックバック