ロンドン観光地めぐり☆ウエストミンスター寺院

いよいよ明後日に迎えるロイヤルウエディング。イギリスだけでなく世界中が沸き立っている。
昨日の新聞には、一番乗りの見物客が寝袋で場所取りをする様子が、ウエストミンスター寺院をバックに写っている写真が掲載されていた。
2番手は76歳のおばあさん。
編み物しながら椅子に座って、一見優雅だけど、29日の天気予報は『雷』
このところすっごく冷えていて、今日の気温は15度だし。
当日のお天気よりも、おばあさんが無事乗り切れるかが心配・・・・・

画像
ウエストミンスター寺院 公式サイト
1065年エドワード1世によって建てられたウエストミンスター寺院。
映画「英国王のスピーチ」にも登場したように、歴代の国王の戴冠式が行われるだけでなく、王族の多くや政治家、アイザック・ニュートン、小説家チャールズ・ディケンス、建築家ロバート・アダムが埋葬されている事でも有名だ。

その他ヘンデル、シェイクスピアなど著名な芸術家の記念碑も所狭しと並んでいる。
いわゆる寺院だけに、お墓なのである。
画像
横から見たウエストミンスター寺院  見学者の入り口はこちらから
ディストリクトライン サークルライン のウエストミンスター駅 徒歩2分
12ポンド(オーディオガイド含む)

♪キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン
なんと、多くの学校や職場で使用されている始業、終業のチャイムの音階は、同寺院のために1927年に作曲された「ウェストミンスターの鐘」が元となっているのだそう☆
画像
入り口の彫刻は見事☆

故ダイアナ元妃の葬儀が行われたことでも有名なこのウエストミンスター寺院。

ちなみにエリザベス女王は1947年、現在のフィリップ殿下とここで結婚した。
アン王女とアンドリュー王子もここで挙式しているが、この2人は離婚している。

そして今度はウィリアム王子(Prince William)とケイト・ミドルトン(Kate Middleton)の結婚式が、いよいよ明後日執り行われるのだ。
画像
こちらが正面入り口 上部

中央がイギリス国王の国章(現在はエリザベス女王の紋章) イングランドを象徴するライオンとスコットランドを象徴するユニコーンが盾を支えている。
ちなみに、ユニコーンはとても危険な生き物なので、国章でも鎖につながれているのだそうな・・・(今まで気が付かなかった~)

ちなみにケイトさんの紋章はこちらに決定!
画像
ケイトさんの故郷バークシャー地方に多く生育する樹木の実ということでドングリを、3人兄弟であることから三つ配したデザインになっているそう。

デザインを考えたのはケイトさんのお父さん。
これを英国紋章院(College of Arms公式サイト)が承認して決定したそうだ。
画像
寺院の中庭

寺院の中は残念ながら撮影禁止なのだけど、間もなく結婚式の中継で世界中の人が中を見ることができるでしょう。

なので特徴的なものをちょっとだけご紹介。

入り口を入って左手にエリザベス1世のそれは立派な墓とちょうど反対側にスコットランド女王メアリーの墓がある。
面白いのは、エリザベス1世の墓。
なんと2段ベットになっていて、下に姉のメアリー1世が眠っているのだと言うのだ。

説明では仲が良いので同じ墓に上下サンドイッチのようにして埋葬されたと言っていたけど、あとから亡くなった人が上にくるわけで、下になっちゃった人の気持ちはどうなんだろう??

今回追悼式に参列した時は、特に禁止されてなかったので、一部を撮影。
016.JPG013.JPG
015.JPG
007.JPG
008.JPG
回廊


実はかれこれ10年以上前に、イギリスを旅行中、たまたまウエストミンスター寺院を人が大勢取り巻いているので、なんとなく見ていたら、エリザベス女王が出てきた事があった。
当時はまだデジカメもなく、写真がないのが残念!
画像
ウエストミンスター宮殿(ビッグベン)の裏側?

ちょうど10年前ノルウェー駐在の時は、ホーコン・マグヌス皇太子とシングルマザーだったメッテ・マリットさんの結婚式も体験した私。
今回は直接パレードを・・・・と思っていたのだけど~

4日も前から徹夜組が出るし、お天気は悪そうだし・・・・いささか意欲がそがれているのだった(汗)
さてどうする?




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

KLY
2011年04月27日 22:43
ウェストミンスター寺院というと、最近の私だと『アメイジング・グレイス』なんです。ラストシーン、ウィリアム・ウィルバーフォースが眠る寺院の前でバグパイプによるアメイジング・グレイスの演奏しているところで凄く感動したもので^^;イギリスに行ったら絶対いく場所のひとつに決めてます。ちなみにもう一つはエプソム競馬場。いつかダービー見たいのです^^
ノルウェーまだ~む
2011年04月27日 23:56
KLYさん、こんにちは~☆
是非とも私の居る間にイギリスへおいでいただきたかったわ。
エプソム競馬場はよく知らないのだけど、ウエストミンスター寺院ならご案内できるよ☆
バグパイプによる「アメイジング・グレイス」なんて聴いた日には、映画のストーリーを知らなくても泣けてきそう~
2011年04月28日 15:13
まだ~む★

もう半年近く前なのね、私行ったの

いよいよねー、ロイヤルウェディングに関心はないけど
まだーむレポしてくれるんなら話は別よ
まだーむはきっと行くでしょう!?

それにしても雷?気をつけてね♪

二段ベッドのお墓凄いねー、私だったら二段ベッドでも下は嫌だわ(笑)

このあとブラックスワン観て来るよ♪
ノルウェーまだ~む
2011年04月28日 16:37
migちゃん、おはよ☆
ロイヤルウエディング興味ないのー?(爆)ロマコメもラブロマンスもOKなのにぃ~?さすが~migちゃん!

2段ベットと言っても、完璧1人分のお墓にしか見えないのよぉ。っていうことは、ベットというより上に乗せた?ってかんじ。
私も下はいやだなぁ~
まみっし
2011年04月28日 18:25
まだーむ様、こんにちは。

明日、雨の確率が80%なのだそうですね。
私、一応、バークシャーに住んでいますが、ケイトさんの実家からは遠いので、きっと関連する人込みは無さそうです。

ノルウェーまだ~む
2011年04月28日 19:22
まみっし様!
雨80%ですかっ?今までずーっとお天気良かったのに、明日に限って雨なのですね~
ニュースを見るとウエストミンスター寺院前はもう歩道がぎっしりですね。
まだ行くかどうかは決めかねているのですが、すっかり萎えてきました・・・(汗)
2011年04月28日 21:50
こんばんはー^^
ちょっと忙しくバタバタしてましたー^^

寺院、綺麗♪
ケイトさんのウェディングドレスも興味あるわぁ^^

いよいよ明日だね!日本時間では午後7時ぐらいだそう。
今日テレビでそちらの様子が流れてたよ!テント張って頑張ってる人がたくさん映ってたわ^^
まだ~むさん、萎えちゃったの~^^;
是非写真でおさめて来て貰いたいわぁ♪
天気悪いと馬車になるんだってね^^
cherry
2011年04月29日 01:29
まだーむさん、こんばんは。
ロイヤルウェディングのパレードの場所取りの様子、今日のこちらのニュースでも流れていました。
私がイギリスに初めて行った時、最初に訪れた場所がこの寺院の前の橋の上でした~。
ケイトさんウェディングドレス姿綺麗でしょうね。
故ダイアナ妃のドレス姿は今でも記憶に残っています。
あのドレスが心から離れなくて自分の結婚式の時に似たようなドレスを探し回ったのを思い出しました(>_<)

お天気少しでも回復するといいですね。。
もし行かれたら現地の熱狂ぶりをぜひ教えてください。
楽しみにしています♪
ノルウェーまだ~む
2011年04月29日 05:38
みすずちゃん、こんばんは☆
私も物凄い張り切っていたのだけど、さすがに英国民の情熱に勝てないわ~
ずーっと夏みたいな晴天が続いていたのに、このところ寒いし、変わり易いイギリスならではの天気になっていて、明日の予報はお昼から雨なのよぉ。
それでも歩道は既に人でいっぱいだし、テントで泊まり組も明け方3時頃には場所取りに動くみたいだし、どう考えても無理かなぁ。テレビで我慢~☆
ノルウェーまだ~む
2011年04月29日 05:41
cherryさん、こんばんは~☆
私も熱狂ぶりを見たかったのだけど、ちょっと無理そうです…(涙)
こちらは結構年配の方とかが頑張ってパレードを見ようとしているのが、何とも微笑ましいわ。
私はテレビの最前列で熱狂することにしました…とほほ。

この記事へのトラックバック

  • 「The Queen(クィーン)」ゆかりの地をたずねて

    Excerpt: 英国と結婚したのがエリザベス1世ならば、英国の母となったのがエリザベス2世、現エリザベス女王なのかもしれない。 ダイアナ元皇太子妃の事件直後の7日間のエリザベス女王を描いた作品。 そして明日、故ダ.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2011-04-29 02:53
  • 「ダ・ヴィンチ・コード」ゆかりの地をたずねて

    Excerpt: ええっ?こんなところに?という場所に、そのテンプル教会はひっそりと建っていた。 まさに秘密結社のイメージにぴったりな佇まいは、映画「ダ・ヴィンチ・コード」にふさわしく・・・・・ Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2011-07-08 07:35