「悪人」善人ではない人

昨年のうちにこの映画は見ておかないと・・・・と思っていた。
深津絵里が最優秀女優賞を取った作品だし。
でも、私は昨年のベスト10には、入れなかった。
確かに彼女の寂しげな表情、ふと見せるやさしい笑顔~~どれも巧いとは思うのだけど・・・・・



画像
 「悪人」 公式サイト


<ストーリー>

長崎に住む祐一(妻不夫聡)は、年老いた祖父母の面倒を見ながら肉体労働をする退屈な日々を送っていた。
そんな祐一も、実は出会い系で知り合った佳乃(満島ひかり)と時々会っていた。
しかしある日、ちょっとしたことがきっかけで佳乃を殺してしまう。

出会い系でやりとりのあった光代(深津絵里)と会うことにした祐一は、はじめてそこで人の安らぎを知り、殺人を犯したことを打ち明けると、光代は・・・・



画像
佳乃は同僚にも本心は言わず彼氏と会うと嘘をついて、出会い系を利用していた




誰しも人に、どんな風に接しているのか、意識している人は少ないのかもしれない。
ミクシー・ツイッター・フェイスブック・出会い系・・・・・その場限りの短いやりとりで、お互いの本質に触れないようにして築く人間関係が生み出す希薄な関係は、相手の気持ちを慮る必要が無い。

悪意をむき出しにしたときに、相手がどんな気持ちになるのか、うすうす感じてもその場限りで逃げてしまえば、無理に付き合いを続ける必要もないから、こんな便利なことは無いわけだ。




それは佳乃の父親(柄本明)が、劇中でも言っている。
「あんた、大切な人はおるね?今の世の中、大切な人がおらん人が多すぎる・・・・・」




画像
ものすごく憎らしい大学生(岡田将生)は、実際どこにでもいそう



本心からそう思っているのか、いないのか、本当に憎たらしい発言を連発する大学生。
ノリでこういう事言う人、実際いるけどね。



ここで父親が刺したら、刺したほうが犯罪者になっちゃう・・・・とヒヤヒヤしながらも、いっぱつかましたれーっ!とつい思ってしまう。(汗)
犯人のほうへ敵意を集中させずに、大学生へ向かっていく父親の判断は、結構的確!と感心してしまった。



大学生の友人で、佳乃の父親を気遣う人が、唯一まともで、ちょっとだけほっとする。



画像
執拗に祖母(樹木希林)を追い掛け回すメディア   日々目にする光景だ


宗教的しばりが無い分、日本人のモラルや優しさが薄くなってきているような気がするのは私だけ?
犯罪者の家族を追い回すメディア、相手に辛らつな言葉を平気で言う人、かっとなって暴力をふるう人・・・・・



それはどこにでもいる人たち。
悪人というほどでもないけど、善人ではない。
そして、誰しもがなり得る事でもある。

エビ蔵が下着で土下座をすれば、自業自得だとか、盗撮して嫁の態度が悪いとやいのやいのと言う。
一般視聴者は、2チャンで荒らしをする人たちと、何も変わらないことに気付いていないのだ。




画像
初めて体験する安らぎの時が、逃避行だったなんて・・・・



逃避行の良し悪しは別に問うつもりも無い。
逃避行だったからこそ、二人は強く結びつき、強く求め合ったのかもしれない。

ラストは本当に殺しちゃうのかと思ったけど、彼の最後のやさしさだったことは、すこーし伝わり難かったような・・・・




確かに深津絵里の演技は、繊細だったけど、妻不夫聡も素晴らしかった☆

ただ、どーしても金髪に染めたイケメンの妻不夫くんが、そんなにどんよりした日々を送っている人物に見えてこなかったのが残念。
顔がいいっていうのも罪なのかも・・・・




この記事へのコメント

KLY
2011年01月03日 14:39
悪人て何をもってそう言えるのか。法律を破ったから?でもこの作品を観ていると必ずしもそうじゃないことが解ってしまいます。相対的な問題でもあるし、ひょっとしたらタイミングの問題でもあるし。だから平凡ではあるけれど、やっぱり人間は誰でも善人でも悪人でもあるんだと思う。で表にそれが出てしまうかどうかの境目が、まだーむも書いている大切な人がいるかいないかなんじゃないかと思いました。大切な人っていうのは、その人の事を考えたら自分が全てを投げ出せるぐらいという意味で。
それと、もう一つ重要なのは、自分が誰かにとってその大切な人であるということをとかく忘れがちだってこと。自分だけで生きてる訳じゃない、そんな社会の根本的なところを忘れている人が増えているのは事実かもしれないです。
ノルウェーまだ~む
2011年01月03日 15:00
KLYさん、こんにちは☆
本当にその通りですよね。
大切な人のために、又は大切な人がいるから、心ある言動をしていくように心がけるべきですよね。誰に対しても。
そして大切な人は気が付かないけど身近にちゃんといるんだと、気が付かなくてはいけませんね。
2011年01月03日 19:35
何時もお世話になっております。

確かにこの作品素晴らしいんですけれど私の中で引っかかる部分がありベスト10にも俳優女優もベストに選びませんでした。
この映画をみて思うのは必ずしも殺した人=悪人ではないという事だと思います。誰でも悪人になるし、誰でも善人になるのですから常に両方持っているのだと思います。世間では人殺し=悪人と認知しても光代はそうじゃないという事になるでしょうし、私からしたら1番の悪人はそれこそ亡くなった佳乃だと感じますね。
人は全体ではなく1部しか観ないで評価しているという事がわかる現実なのだと思います。
にゃむばなな
2011年01月03日 20:32
そうそう、2ちゃんねるに書き込む人も押し寄せるマスコミもその報道ばかり見ている人も何も変わらないんですよね。
そういう意味ではみんな悪人。
こういう世の中になってしまったことが凄く悲しいですよね。

しかしここまで凄い映画を撮った李監督。『フラガール』とは全然違う空気にちょっとびっくりしましたよ。
ノルウェーまだ~む
2011年01月03日 20:35
PGM21さん、こんばんわ☆
法律的には殺人をした人が悪人なのでしょうけどね。
実際には一番誰が悪いかというより、誰もが悪人になりうるって事のようにも思えます。
ひっかかったのはどの辺りですか?
気をつけて善人になるようにしたいなと思いました☆
ノルウェーまだ~む
2011年01月03日 20:47
にゃむばななさん、こんばんわ☆
「フラガール」の監督さんなのでしたね。
寂しい田舎で、心に隙間風の吹いている人たちが主人公なのは共通しているようにも思います。

他人を蹴落としてまでしないと生きていけない世の中が、人を、赤の他人でも、日本の国や未来を、そして地球を思いやる気持ちが希薄になっていく現状を造っているようにも思いますね。
2011年01月03日 20:56
おばんです。妻夫木くんくらいのルックスがあるんだったら、悪人も悪くないよな~・・・なんてことをそれこそツイッターでつぶやいたりしてました(笑)

>ラストは本当に殺しちゃうのかと思ったけど、彼の最後のやさしさだったことは、すこーし伝わり難かったような・・・・

順当に考えれば、やはり「彼女に迷惑をかけないため」の行為だったのでしょうね。でもけっこう本気で絞めにいってるように見えて。その辺は作り手もあえてぼやかしてあるのかもしれません
自分は「彼女のため」という気持ちと、「でも離したくない」という気持ちが混ざっちゃって、結局彼にもよくわからなくなってしまったのでは・・・なんて考えてました
2011年01月03日 21:50
ノルウェーまだ~むさん、こんばんは!

悪意を持っているかどうかというのは、結局外側からはわからないのですよね。
原作をあとで読んで思ったのですが、映画の方がよりそういうところがあります。
原作では祐一側の気持ちもモノローグで推測できますから。
映画は祐一の表情、行動しか手がかりがない。
結局、彼は悪意を持っていたのか、持っていなかったのか。
それはやっぱり外側からはよくわからないものなんだよ、ということなのかなと思いました。
2011年01月03日 21:53
まだ~むさん
今晩は☆彡
妻夫木君って、爽やかなイメージがあるだけに、こういうどんよりぽい役はちょっと驚きです。これを覆すくらいにもっとこちらに響くものがあれば、良かったのでしょうが。そこまでじゃあなかったのでは?と思います。イメージを脱却するくらいに頑張って頂く必要があるみたいですね(笑)
2011年01月03日 22:25
こんばんは♪
ほんと誰もが悪人になり得るんですよね。
あの大学生は憎たらしかったわー。実際にいそうだから余計に腹が立ちましたよ。
妻夫木くん、確かにどんよりした日々を送ってるようには見えなかったですね^^;
でも頑張ってたなーと思いますっ
2011年01月03日 22:29
賀正です。
善悪については、たびたび考えていることなのですが、簡単には言葉にできず、ただいえるのは、こういうテーマについて小説が書かれること、映画が撮られることはよきことだなぁと。
答えはひとつじゃないけれど、おのおのが考える機会があるのはよいなぁと。

ふかっちゃんは昔やってたドラマ「最高の片思い」なんかが好きだったり、映画『ハル』なんかが好きだったので、このたびの女優賞受賞は嬉しいですねー。
ノラネコ
2011年01月03日 22:38
ネットを含めた匿名の責任を負わない出会いが当たり前の時代ですから、生身のつながりには皆臆病になってる気がします。
表層的なつながりだから、相手を傷つけるのにも抵抗が無いんでしょうね。
元日からネットを賑わせた詐欺おせち騒動も似たものを感じます。
人を貶めて、自分の立場を上に感じる事で溜飲を下げる。
日本人に限らないですが、岡田将生の大学生みたいな人は無数にいますよ。
2011年01月04日 00:11
まだ~む
ただ今 帰宅したの~さっきは外からupだったんだけど
コメントたくさんありがとう!

うんうん、こないだ話した通りわたしはそこまで感情移入できなかったんだけど
おばあちゃんはかなりキタ。可哀想すぎるよね~。
どこにでもいそうな大学生だけどあそこまでする?っていうのと、深津絵里の心理が謎だわぁ。
人を殺したと知ってもあんな風に接するかなぁ、いくら孤独だったとしても。。。

でも面白かったけど。
柄本サンが翔がこの間二回も下北でみかけたらしく1回はスタバ。下北在住みたいね☆いい役者さん♪
ノルウェーまだ~む
2011年01月04日 00:20
伍一くん、こんばんわ☆
ラストは彼女に迷惑をかけないため…なのは理解できたのだけど、愛しているから彼女のために本気で殺そうとしたのかと…
もうすこしためたら、彼の気持ちの裏が読みやすかったかな~と思ったのでした。
2011年01月04日 00:35
こんにちは~(^^)
私もね、一般市民の顔をした無自覚の悪意が横行している世の中がフツーだと思っているところが凄く嫌なのですよ。だから誰もが紙一重なのだと自覚しようよって思うんですわ。

観る人によってアレコレ講釈したくなる作品だったように思いますが、映画として良い作品だったと思ってます(^^)
ノルウェーまだ~む
2011年01月04日 01:06
はらやんさん、こんばんわ☆
なるほど、表からは見えないけど、悪意を持っていた人が悪人だってことなのかもしれないですね。
佑一は悪意を持っていたかというと、いなかったのだろうと思うのですが、原作ではどんな風に書かれていたのでしょうね。
ちょっと気になってきました。
ノルウェーまだ~む
2011年01月04日 01:08
mezzotintさん、確かに!
ディカプリオも苦労していたように、イケメンが演技の幅を邪魔することってあるのですね。
こんなイケメンが地味な生活したり罵倒されたりなんかしないよなーという先入観を覆す演技力が求められますね。
ノルウェーまだ~む
2011年01月04日 01:10
かえるさん、コメありがとう☆
深津絵里の繊細な演技は、良かったですよね。
そして無理に答えを出す必要はないと思うけど、こういう映画が出来て、みんなが善悪について考える機会をもらうのはいいことですよね。
ノルウェーまだ~む
2011年01月04日 01:13
yukarinさん、こんばんわ☆
妻不夫くんの演技も、深津絵里と同じくらい素晴らしかったですよね。
でもどうしてもイケメンすぎて・・・・
大学生はいるいるいるこういうやつ!って、叫びそうだったわ。車から突き飛ばす人はいないと思うけど。
ノルウェーまだ~む
2011年01月04日 01:17
ノラネコさん、こんばんわ☆
え?おせち詐欺とかあったんですか?
お正月ボケしてニュースに気が付きませんでした。
お餅で亡くなった人が随分いたのは知ってますが…

それにしても、韓国でもネットの批判で自殺に追い込まれう芸能人とか多いですし、自分の発した言葉や文字に責任を持たない人が増えていますよね。
ノルウェーまだ~む
2011年01月04日 01:22
migちゃんは、あんまり感情移入できなかったんだよね。
私は光代の気持ちもわかるなー
ある意味、佑一が自らの罪を悔いている犯罪者だったからこそ、あそこまで強く惹かれあったのだと思うよ。
彼が苦悩するのをほっておけなかったし、私しか助けられる人はいない…と思ったのだと。
光代の求めていたのは、自分だけを求めてくれる強い絆だと思うから~
ノルウェーまだ~む
2011年01月04日 01:24
たいむさん、全くその通りですね☆
映画の何が良かったか、悪かったかとか、誰が悪人か・・・なのではなくて、無自覚の悪意について、皆が気付いていけたらいいなっていう映画だったように、私も思います。
2011年01月04日 07:07
おはよう^^

この映画、結局見に行かなかった~^^;
どうしようかと思ってる間に終わってしまった・・・
>一般視聴者は、2チャンで荒らしをする人たちと、何も変わらないことに気付いていないのだ。
うんうん、そうだよねぇ・・・ネットにわざわざ書き込んだりしないけど、友人と噂話とかするもの。無自覚の悪意だよね。
DVDになったらこれも観てみるわ^^(最近逃してるのが多すぎ^^;)
xtc4241
2011年01月04日 07:43
まだ~むさん、おはようございます
(いま1月4日7:25頃寝坊しました)

新年早々、重いテーマの作品ですね。
目を醒まさせてくれました(笑)

話はちょっとずれるけど、監督の撮り方について考えました。
この李監督は自分が納得するまで、何度でも撮りなおす。一度OKを出したシーンでも寝て起きたら、やっぱり、違うって撮りなおしするという。
一方、クリント・イーストウッド監督は、
一発撮りを大切にしている。役者がその役にどんな意味を込めて演技するのか。その鮮度を大切にしているっと言っていました。
いずれも素晴らしい監督なんですが、やり方はそれぞれだなあと思いました。
イーストウッドの場合、役者を決めるときが勝負。
李監督の場合、その作品によって、監督自身も変化する。だから、妻不夫くんも苦労したと思うけど、彼自身にとって、すごく勉強になったと言っていましたよ。
とにかく、追い詰められた男と女の焦燥感とある種の悦楽感は出てたと思います。
PS)
ようやく、少し頭が冴えてきたようです(笑)
ノルウェーまだ~む
2011年01月04日 18:01
みすずちゃん、こんばんわ☆
意外に自分たちのしていることって、どういう影響があるのか、自覚してないことって覆いよね~
DVDになるのはまだ先と思うけど、よかったら見てみてね。
ノルウェーまだ~む
2011年01月04日 18:03
xtc4241さん、初日の出ですでに冴え渡っていらっしゃるのでは!?
李監督は練りに練って撮る人なのですね。
なるほど、どの役者さんも素晴らしかったわけです。
細かいところに意味があったのを、もう一度じっくり見てもっと気付いていきたいですね☆
2011年01月05日 11:44
こちらにもお邪魔します。

「悪人」の定義が非常に難しい現代の風潮が、実に上手く表現された映画でしたね。真実だけを見れば、祐一は罪を犯したけれど決して悪人ではないのに、世間ではそうは見てくれない。いかにも悪人である大学生なんかは完全に被害者ぶって、その体験を笑いものにしている。
そんな不条理が見事に描かれていました。
ノルウェーまだ~む
2011年01月06日 01:08
えめきんさん、こちらにもありがとうございます。
法で裁かれなくても悪人はたくさんいるし、なぜか加害者であっても法に守られていたり、理不尽なことが多い世の中ですよね。
一般の人も加害者にも被害者にもなり得るのですから、一緒に考えていきたいテーマではありますね。
とほほ
絶賛・・・だっけねぇ
これを観た後のqのブログ記事を読んだと思うけど
いやはや
す・す・すんませーーーーん
世の中でqが許せないコトの1つに
殺人という行為があるから
これをこういう形で映画化しゃう?
と・・・
浅くて、ちゃんと正面から描いていない
物足りない
出会い系で知りあって、あんなんなるか?!?!
いうリアルさを描いていない
寂しさを互いに埋め合わせる「自己愛」

あぁ・・・ネガティヴなコメント
失礼

樹木希林と柄本明サマサマに
「やっぱりすげぇっ 
こういうのを役者っていうんだな」
って改めて感じた作品だったよ
確かに金髪の彼は
うーーーん
まみっし(hino氏の義姉)
2011年01月06日 18:03
まだーむ様、

この映画、いつか観てみたいと思っています。マイペースで。
邦画では『釣りバカ日誌』なども面白いと思っていますが、こういう映画の人間の描写も楽しみです。

とある英国人女姓から『善い悪いというコメントは控えた方がいいと思うよ』と聞いたのを思い出しました。
いずれにしても、怒りが人殺しという結末で処理されてしまうのは悲しい。


ノルウェーまだ~む
2011年01月06日 18:11
qちゃん、こんばんわ☆
確かqちゃんイマイチだったんだっけね。
樹木希林と柄本明の演技は本当にすばらしく、泣かせたよねー
寂しさを互いに埋め合うのは自己愛かもしれないけど、他者に対して愛を提供するばかりだった二人が、初めて自己愛に目覚めたきっかけが出会い系だったとうことなら、それもアリかな・・・と私は思ったわ。
ノルウェーまだ~む
2011年01月06日 18:16
まみっし様☆こんばんわ♪
あまり邦画をご覧にならないですか?
我が家は洋画を観るのが私だけなので、結構邦画派なんですよ。
娘から「ハリウッド大作みたいなの見ているようじゃダメ」ってよく怒られてます。

映画の中の行いが「良い」とか「悪い」とかは、確かに個人的レベルでの感じ方なので、人それぞれですものね。
その段階で映画の良し悪しを語るのは、ちょっと…?な気もします。

この記事へのトラックバック

  • 悪人

    Excerpt: 芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラー小説の映画化。九州で起きた殺人事件、その犯人の男と、男が出会い系サイトで知り合った女が愛し合い出口の無い逃避行を繰り広げる。主演は『ノーボーイズ、ノークライ』の妻.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-01-03 14:31
  • 悪人

    Excerpt: 善くもあり悪くもある。それが人間。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-01-03 16:40
  • 悪人/妻夫木聡、深津絵里、岡田将生

    Excerpt: 日本での公開直前に開催されたカナダはモントリオール映画祭で主演の深津絵里さんが見事に最優秀女優賞を獲得した作品です(ふかっちゃん、おめでとォ!)。かなり期待していた作品 ... Weblog: カノンな日々 racked: 2011-01-03 18:19
  • 「悪人」運命の人と逃避行した先にみた運命の人への愛情と加害者にした死人に口なしの悪人

    Excerpt: 9月12日公開の映画「悪人」を鑑賞した。 この映画は吉田修一原作「悪人」を映画化した作品で 先ほどのモントリオール世界映画祭ワールドコンペティション部門で 深津絵里さん ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-01-03 19:29
  • 悪人

    Excerpt: なぜ、殺したのか。 なぜ、愛したのか。 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか? 製作年度 2010年 映倫 PG12 原作 吉田修一 脚本 吉田修一/李相... Weblog: to Heart racked: 2011-01-03 19:52
  • 『悪人』

    Excerpt: まるで夜明けの来ない夜を過ごしているような、一生どこにも行けないような閉塞感。監督の演出で映画はこうも変わるのかと思い知らされる秀作でした。 恐らく第34回モントリオール ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-01-03 20:32
  • 灯台もと暮らし 吉田修一・李相日 『悪人』

    Excerpt: もう公開されてだいぶ経っちゃってますけど、先日ようやっと見ました。三つの賞に輝い Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2011-01-03 20:57
  • 「悪人」 無表情の感情

    Excerpt: 深津絵里さんがモントリオール世界映画祭で主演女優賞を受賞しましたが、作品を観れば Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2011-01-03 21:26
  • 悪人

    Excerpt: 芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを「涙そうそう」の妻夫木聡と 「博士の愛した数式」の深津絵里主演で映画化したヒューマン・ミステリー・ ドラマ。長崎の漁村で孤独な人生を送り、ふとしたことから殺.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-01-03 21:42
  • 悪人(2010)

    Excerpt: なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家... Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2011-01-03 21:43
  • 悪人

    Excerpt:  この映画に出演した深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を獲得したということもあって、『悪人』を渋谷のシネクイントで見てきました。 (1)この映画は、出会い系サイトで... Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-01-03 22:02
  • 悪人・・・・・評価額1700円

    Excerpt: 「悪人」とは、何ともド直球なタイトル。 多分に韓国映画の影響がありそうな気がするが、最近の日本映画には人間の心のダークサイドにスポットを当てた作品が多い。 中島哲也監督の「告白」はその代表だろう... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2011-01-03 22:04
  • 悪人

    Excerpt: なんか、重そうな感じもして、「どうしようかなぁ・・・」と思ってたんだけど。 深津絵里さんが賞を取ったり、ピグとものゆきちゃんから、「実家近くがロケ.. Weblog: いい加減社長の日記 racked: 2011-01-03 22:06
  • 『悪人』

    Excerpt: 夜の海には灯台。灯台には灯台守。況や、悪人をや。ふかっちゃん、モントリオール映画祭での最優秀女優賞受賞おめでとう。その演技力をもってすれば、元気な活発女子役でも何でもござれの彼女なのだけど、『(ハル).. Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY racked: 2011-01-03 22:07
  • 悪人

    Excerpt: 2010/09/11公開(09/02試写) 日本 PG12 140分監督:李相日出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、宮崎美子、樹木希林、柄本明なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。ひとつの殺.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-01-03 22:13
  • 悪人

    Excerpt: 2010年9月11日(土) 21:30~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『悪人』公式サイト 深津絵里が賞を取ったからか、TOHOシネマズで延々.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-01-03 22:15
  • 悪人

    Excerpt: 『フラガール 』の李相日氏の監督作品。 この作品が優等生的過ぎて、 あまり好きではなかったので、 観る予定はなかったのですが、 主演の深津絵里さんが モントリオール世界映画祭で主演女優賞.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-01-03 22:21
  • 映画「悪人」

    Excerpt: 注目の映画「悪人」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2011-01-03 23:43
  • 映画 「悪人」

    Excerpt: 映画 「悪人」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2011-01-03 23:55
  • 真実が潜む場所。『悪人』

    Excerpt: モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した作品。九州で起きた殺人事件の被害者と加害者を取り巻く人たちの物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2011-01-03 23:58
  • 悪人

    Excerpt: ランキングクリックしてね Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-01-04 00:07
  • 映画「悪人」@朝日ホール

    Excerpt:  今回はyahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれました。客入りは女性客を中心に9割くらい。   【送料無料】久石譲/悪人【CD】 映画の話 若い女性保険外交員... Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2011-01-04 00:37
  • 『悪人』・・・真の悪人は誰なのか

    Excerpt: 原作は未読ながら、ボリュームある小説を一本の映画にするための省略や圧縮の苦労(工夫)が随所に感じられた。登場人物一人一人の描写、さらにはそれぞれの係わり合いの描写がより掘り下げて描かれていればもっとイ.. Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2011-01-04 01:05
  • 悪人

    Excerpt: 試写会で見てきました。 原作は吉田修一の同名小説。 監督は李相日。 出会ってしまった孤独な男と女。 その二人を、妻夫木聡と深津絵里が演じます。 福岡・佐賀・長崎 が舞台。 保険外交員.. Weblog: 花ごよみ racked: 2011-01-04 01:11
  • 悪人 やっぱ役者ってすごいわ~!

    Excerpt: 【=41 -12-】 モントリオール世界映画祭で深津絵里が最優秀女優賞を受賞したり、初日舞台あいさつで妻夫木くんが感極まって号泣しちゃったり、と話題は満載。予告編の流し方も良かったからか、前評判はさて.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-01-04 09:54
  • 『悪人』

    Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「悪人」□監督 李 相日□脚本 李 相日、吉田修一□原作 吉田修一□キャスト 妻夫木 聡、深津絵里、樹木希林、柄本 明、岡田将生、宮崎美子■鑑賞日 9月1.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-01-04 10:24
  • 映画『悪人』(お薦め度★★)

    Excerpt: 監督、李相日。脚本、吉田修一、李相日。原作、吉田修一。2010年日本。犯罪映画。 Weblog: erabu racked: 2011-01-04 12:27
  • 「悪人」

    Excerpt: 「悪人」TOHOシネマズ六本木ヒルズで観賞 もともと原作がすばらしく面白いと聞いていて映画になるのが待ち遠しいと原作ファンが言ったとか。 悪人というイメージの全くない妻夫木くんが悪人の役を演じ.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2011-01-04 20:56
  • 『悪人』(2010)/日本

    Excerpt: 監督・脚本:李相日原作・脚本:吉田修一音楽:久石譲出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、柄本明公式サイトはこちら。<Story>長崎在住の清水祐一(... Weblog: NiceOne!! racked: 2011-01-05 08:19
  • 悪人

    Excerpt: 解体業者の清水祐一は、出会い系サイトで知り合いメールのやり取りをしていた女性・馬込光代と会う。孤独な光代は、いきなり身体を求めてくる祐一に態度に戸惑うがそれを受け入れ ... Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2011-01-05 11:37
  • 悪人☆独り言

    Excerpt: 妻夫木くんと深津さん主演の『悪人』試写会に同行させていただきました。今回は、なかなか見やすい席ゲットできて環境はいい感じ(笑)あるOL殺人事件。犯人は当初、彼女が最後に逢っていた大学生かと思われていた.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2011-01-05 22:46
  • 悪人

    Excerpt: 吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。原作者の吉田修一は李相日と共同で脚本も手掛けるほどの意欲作。この作品で描かれるのは、他人と理解しあうこ ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2011-01-06 14:14
  • 悪人

    Excerpt: 《悪人》 2010年 日本映画 出会い系サイトで出会った祐一と光代、しかし祐一は Weblog: Diarydiary! racked: 2011-01-07 21:06
  • 2010-28『悪人』を鑑賞しました。

    Excerpt: 映画を鑑賞しました。秊 2010-28『悪人』(更新:2010/09/12) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間).. Weblog: はっしぃの映画三昧! racked: 2011-01-08 18:55
  • 悪人

    Excerpt: 自分が悪人であることは、誰もが心に秘めているのでは? 俳優たちの表現に釘付けだった139分。日本映画の攻撃力に正直タマゲタ。 吉田修一のベストセラー『悪人』の映画化。原作は ... Weblog: ここにあるもの racked: 2011-01-10 02:05
  • 【悪人】

    Excerpt: 監督:李相日 出演:妻夫木聡、深津絵里、満島ひかり、樹木希林、柄本明、岡田将生   なぜ、殺したのか。      なぜ、愛したのか。 「長崎に住む祐一は車で博多までやってきて待ち合わせ.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2011-01-14 16:30
  • 悪人

    Excerpt: 悪人'10日本◆監督:李相日「フラガール」「69 sixty nine」◆出演: 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、 柄本明◆STORY◆長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-01-20 21:21
  • 悪人

    Excerpt: 恋人も友人もなく、長崎の漁村で祖父母の面倒をみながら暮らしていた土木作業員の祐一と、妹と2人で暮らすアパートと、勤務先である佐賀の紳士服量販店を往復するだけの毎日を送っていた光代。 偶然出会った二人の.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-02-21 09:15
  • 『悪人』 映画レビュー

    Excerpt: 『 悪人 』 (2010)監  督 :李相日キャスト :妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、塩見三省 吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。原作者の吉田修一は李相日と共.. Weblog: さも観たかのような映画レビュー racked: 2011-02-26 12:10
  • なぜ、殺したのか。 なぜ、愛したのか。「悪人」

    Excerpt: Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2011-09-15 00:23