「ぼくのエリ 200歳の少女」静寂と気高さ

ヴァンパイア映画の続いた今年。
群を抜いて存在感のある作品となったこの映画は、さすがハリウッド版でスピードリメイクされるだけのことはある!
透き通るような肌の、透き通るほど純粋な少年の初恋は、息を呑むような透き通る大自然の北欧の、誰の足跡も無い真っ白に積もった雪のようで・・・・・



画像
「ぼくのエリ 200歳の少女」公式サイト

よその町からやってきた少女と、色の白い少年がヴァンパイアと人間との間の禁断の恋に落ちる。
あれ?最近どこかで聞いたストーリーだよ。

骨子は同じなのに、こうも違うものか。
作り手いかんで、作品は高尚にもなり、陳腐にもなり・・・・・



映像もいいけど、台詞がいいから字幕つきがいいよ♪と勧めてもらったけど、もう待ちきれない~☆
字幕無しのスウェーデン語で見ちゃった。

ノルウェー語と似ているから少し分るかな?と思ったら、甘かった(汗)
理解できるのは、ヤイが私、ドゥがYOU、コンメが来るで、ナイがNOくらい。
でも言葉はちっとも分らないのに、全部心に響く!!

ちゃんと伝わってくるのは、いい映画の証拠☆
(ま、英語鑑賞しても結局のところ、いつも台詞わかんないんだし・・・・・笑)


<ストーリー>

学校で虐められっこのオスカー(カーレ・ヘーデプラント)は、いつもひとりぼっち。
隣の部屋に越してきた子(リーナ・レアンデション)と仲良くなり、夜の中庭で遊んだり、壁越しにモールス信号を送ったりするようになる。
その頃町では、猟奇的な殺人事件が多発し・・・・



画像
学校ではいじめられっこのオスカー  ぼくの兄ちゃん中学生なんだぜっ!的ないかにも意地悪そうな子がいじめっ子


ちょっと学校を出るのが遅くなったら、もう真っ暗。
何しろ10時に日が昇って、3時には沈んでしまうのだから。
5ヶ月もの間 雪に閉ざされ、一日のほとんどの時間が漆黒の闇の北欧。


つまりオスカーは夜中に外で一人で遊んでいるのではなく、夕方外で遊んでいるだけなのだ。

真っ暗な何もない息も白い寒い外で、ゲームをするでもなく、たった一人で遊ぶオスカーの心境は、いかばかりのものか・・・・



私もオスロに住んでいた頃、まだ赤ちゃんだった娘がいたから、なんとか乗り越えられたけど、一人ぼっちだったら、きっとヴァンパイアの友達を作っていたかもしれないなぁ。


画像
オスカーよりずっと健康的な肌色のヴァンパイア エリ


日本ではぼかしが入っていたという部分。
邦題からくる先入観で、見た瞬間「あれ?????」と思ったのだけど、実は傷は横に長くあった。
しばらく考え込んでいた私。

そうなのだ。
彼女は、Sheなのではなく、Heなのだ。

そこで、違和感を持って見ていた『パパの新しい恋人が男』なのが生きてくる。
別に恋人が女性でもよかったのに、あえて同性愛を持ってきたのには、こういうわけがあったのかも。
同性愛者も多く、(町でよく見かける)フリーセックスの国とも言われる北欧の国の、懐の深さの象徴なのかもしれない。


人間ではない私、しかも男でも女でもない自分を受け入れて・・・・ということなのだろうか。
ちなみにエリは、北欧では男性名である。

画像
12歳と言えば大きく成長を遂げる年頃



自分の息子が13歳になって、しみじみ思うのだけど、12歳の1年間は、ものすごい成長を遂げる時だ。
イモムシだったのが、ちょうどさなぎに変身するように。

オスカーも、ちょうどその変革期にさしかかる頃。
最初、白いブリーフも可愛いぼくちゃんだったのが、エリを守ろうと頑張っているうちに、なんとなく男らしくなってきているのだから不思議だ。

初々しくもあり、親としてはちと寂しくもあり・・・・



画像
エリを愛してしまったがゆえの苦労を、これから一生背負うのか・・・・


エリと一緒に町へやってきた老人が切ない。
オスカーの未来を見るようで、永遠の友を得た喜びと共に、その行く末を案じてしまう。



キン・・・・と静まり返った、真っ白で真っ暗な北欧の景色。
懐かしさで胸がいっぱいになってしまった。

凍った湖でスケートしたり、ノルディックスキーをしたり☆
夜だけでなく、昼間でもほとんど人が歩いていなかったり。



北欧ならではの寂しさと哀愁漂う中に、何にも汚されていない凜とした大自然の美しさが、子供たちの穢れ無き姿に重なる。
はたしてハリウッドリメイク版が、どこまで表現できているのか・・・・「Let Me In」も気になるところである。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年12月11日 07:03
考えてみたらこれ、7月の『くらげくん』の直前に銀座テアトルで観た。 そこから歩いて5分くらいなんで、慌ててその後ぴあFFに駆け込んだのよ(笑) なんか懐かしいね。

原語で鑑賞、雰囲気はやっぱり全然違いますよね。
そしてまだ~むさんの感想を読み、あのボカシがいかにこの作品を台無しにしているかがよくわかるよ。
たぶん原作読まないで映画観た私の様な人間には、全然違う解釈しかできないもんね。
ノルウェーまだ~む
2010年12月11日 07:31
rose_chocolatさん、早速ありがとう♪
ボカシだけでなく、邦題がいかんよ。
原作は誰でも読むわけではないから、それでもちゃんと解るというか、心に伝わってくるのが映画なわけで、それを邦題で一瞬のうちに先入観を持たせてしまう・・・って、あんまりだよね。
映画を見たくなるような上手い邦題だったけど、実は内容を台無しにしているのだ。
2010年12月11日 08:37
まだーむ、おはよう☆

わお!字幕なしで!?
会話劇だから難易度高いよね~。

>彼女は、Sheなのではなく、Heなのだ

この部分、一見ではわからなかったよ~
コメントもらって海外版でじっくり観てるひとが教えてくれたんだけど、、、

今 原作読んでるからどうなってるのか気にナルの。
移動中だけしか読めなくてなかなか進まないけど(笑)
 200歳の少女、って邦題が根本からおかしいよね


今から支度して英語いってきまーす
2010年12月11日 09:13
まだ~むさま!!ありがとう。
これは絶対北欧のバックボーンであることが大前提ですよね。
あたしは子供をどうのこうのするっていうのが、生理的にどうしてもだめで、この映画も自分の中で受け入れ難いまんまです。
ですが、まだ~むさんのを読んで、よくわかってきた。感謝です。
音がないですよね。雪がしんしんと降る。外は氷に包まれていると、本当に音がない。音が雪に吸収されるみたい・・というのが、伝わってきたと思いました。

これのリメイク版のフォーリー(音響)をやった人と、お話する機会があって、快心の音がある!というんで、一応見に行きますわ。
2010年12月11日 11:22
まだ~むさん
こんにちは♪まだ~むさんがかってお住まいだった
場所ですね。やはり冬はこんな感じなのでしょうね。
北欧独特の暗さがこの作品をより一層ひき立てて
いるような気がしました。ハリウッドのリメイク版
より良さそうな気もしますが、、、。でもリメイク版
もだんだん観たくなってきました。
2010年12月11日 17:26
エリは男性名。
そうだったのかあ! 
邦題は、ここでもミスリードしていますね。女性に間違いない!と思いますもん。

今年のマイムービーの、かなり上位に来ますヨ。
2010年12月11日 21:39
こんばんはー♪

まだ~むさん見たのね!!
わたしも借りてくる♪
見たらまた飛んでくるよ~(^^)/
楽しみ!!
ノルウェーまだ~む
2010年12月11日 22:05
migちゃん、英語頑張っているね☆
会話劇の部分は、ある意味全く理解できずなんだけど、映像や表情からしっかり伝わってくるから、私は満点だったな~
字幕つきで見直さなくちゃいけない作品が、いっぱいになっちゃった(汗)
原作読んでいるのね。私も読みたーい☆
ノルウェーまだ~む
2010年12月11日 22:13
sakuraiさん、ちょっと苦手だったみたいですね。
子供がどうこうは、大人が子供に対してやっている話は、私も苦手ですけど、子供の世界の話なので、私はOKでした。
何しろいじめなどは、どこにでも普通に存在してて、親が出てきても簡単に解決できないものなのだと思うから・・・
このお話は「居場所の無いオスカー」の存在が重要だったから、仕方の無い演出だったのでしょうね。
ノルウェーまだ~む
2010年12月11日 22:16
ボーさん、こんにちは☆
面白いでしょ?エリは男性名なのですよ。
母音がアで終わるエリカとなると女性名なので、よく「りょうた」は女の名前だと言われたものです。

私も今年のベストに入れたいです。
ノルウェーまだ~む
2010年12月11日 22:18
mezzotintさん、こんにちは☆
北欧ならではの、寂しげなムードがぴったりのえいがでしたよね。
ハリウッド版リメイクの出来上がりが気になりますが、ロンドンでも評価が★4つなので、結構いい出来のようですよ。
ノルウェーまだ~む
2010年12月11日 22:24
みすずちゃん、絶対見て!
そして一緒に北欧を体感して~☆
息が白い屋外で、半そでで演技しているエリが凄い!!って、そこばかり気になったけど(笑)
「ツーリスト」観てきたよ♪今から書きマース。
KLY
2010年12月11日 23:49
映像を見ているだけで静寂という音が聞こえてきそうな感じでした。まだ~むが客観的に見てあそこってぼかしを入れなきゃならないようなものではなかった?私は何も知らずに見て、むしろ変な嫌らしさを感じました。「流石に見せちゃマズイか」みたいな。でも多くの知らない人はそう思ったと思うし、だとしたら完全に誤解をうんでますよね。
「Let Me In」はエリ訳が「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツがやるということで俄然興味は湧いてきたんですけど、彼女って見た目は結構アメリカ人なんで合いますかねぇ。
リメイクなんだから別にアメリカ人だったいいんだけど、北欧が舞台で、北欧の子供たちだからいいってのもあると思うし…。
ノルウェーまだ~む
2010年12月12日 01:49
KLYさん、客観的に全く大丈夫かと・・・
やはり子供の・・・ってことで、ぼかしだったのかな?
子孫を残さないようにしている点では、みんなが思ったことは間違いではないのでしょうが、「女の子じゃない」とはっきり台詞で言っているのに、邦題のせいで間違った解釈になったのでしょうね。

リメイクは主役のクロエちゃんが、いいかんじに見えるけど、抒情詩的な雰囲気はなさそうね。
2010年12月13日 00:19
見られたのですねっ!
そちらではぼかしではなかったのですね~やっぱり!!
エリのセリフで薄々気づきましたが、切り取られてるとは思わなかったので、日本は邦題も含め、作品の意図するとこ、分かってないじゃん!と思いました。
北欧の雰囲気とヴァンパイアーって、しっくりときますね。
ノルウェーまだ~む
2010年12月13日 02:54
オリーブリーさん、こちらにもありがとう♪
私はスウェーデン語で見ただけに、ここでぼかしてあったら、さっぱり解らずじまいでしたけど、「実は男の子」とあとで聞いて納得でした。
北欧のヴァンパイアは実にしっくりきますね。
でも冬はいつも暗くていいけど、夏はずっと寝ていないとダメだから、大変そうです。(笑)
床山
2010年12月15日 10:18
はじめまして。

原作読みました。
エリの本名は「エライアス」というのだそうです。
股間のアレが切り取られている理由は、原作でもはっきりとは書かれていないのですが「子孫を残さないように」というわけではなく、ヴァンパイアにされる時に弄ばれて切られてしまったようです。

エリと一緒だった老人……映画ではわざと曖昧にして色々な解釈ができるようにしていますが、原作を読むと驚かれると思います。原作を読む限りではオスカーの未来象につながるとは思えないのですが、映画の解釈に関しては意見の分かれるところでしょう。

オスカーのパパはゲイというわけではなくアル中なんですよね。
それが原因で離婚しているのに、あの友人が父子の団らんを邪魔して酒を飲ませるから…
私は同じ体験をしているのでオスカーの苛立ちがよく分るんですが、あのパパの友人の罪の意識の無さ、人の好い笑顔が逆に神経を逆撫でされるところなのです。普通なら彼が帰った後、家族は修羅場を体験するわけですが…
ノルウェーまだ~む
2010年12月15日 17:41
床山さん、はじめまして!!コメントありがとうございます。
やっぱり原作を読まないとですね!
てっきり子孫を残さないようにしてあるのかと思ったら、酷い目に遭っているってことなのですね・・・(涙)
老人についても映画ではエリを愛してきた男性というイメージだったのですが、ちと違うのかな?
オスカーのパパは、あまりに見つめあっているので、てっきり・・・さすがにスウェーデン語では理解が難しいですね。っていっても英語で見ても解らないけど。(笑)
オスカーが勝手にパパのところから、帰宅してしまったのはそういう訳だったのですね。
いろいろ教えてくださってありがとうございます。
原作チャレンジしてみます!
マリー
2010年12月17日 20:12
こんばんは~~♪
ぼくエリは評価高いですよね。私も今年のベストに入りそう。
ただ、こちらでは、ものすご~~く小さな単館で短い上映だったのが残念でならない~。
モザイクのこと、こんなに騒がれていたのに~観てる時全然思い出さなくて、そのシーンも一瞬にして流れ去ってしまったので
そんな重要な意味をもっているとは夢にも思わず><; 
まだ~むは、こういう地に暮らしていたんだね。
本当にねぇねちゃんがいなかったら、ど~ん!ってなってたかも知れないね。少しの旅なら楽しいけどこの地で「暮らす」というのは、、、想像すると胸がきゅっとなる。

北欧って昔から憧れるのは、この地独特の、もの哀しい雰囲気なんだけど、そこにヴァンパイアっていうのもってきたことが私の琴線にバンバンふれてしまう。

原作はどんなだろ???


ノルウェーまだ~む
2010年12月18日 01:01
マリーさん、こんばんわ☆
北欧はね~、旅行者にとっては日が沈まない白夜の国で、明るいイメージしかないけど、その分冬は真っ暗なんだよね。
そうして物音もしないっていうか、「しーん」っていう音が聞こえるそんな暗闇で生活してるんだゎ。

原作読んでみたいよね。
2011年02月09日 13:13
こんにちは♪
ヴァンパイアと北欧の雰囲気があってますねー。
オスカーのほうがエリよりも白くてヴァンパイアらしい(笑)
で、エリって男の子??
邦題が少女だったからずっと女の子だと思って観てましたよ^^;
いろいろ奥が深い作品なのですね。
ノルウェーまだ~む
2011年02月10日 01:51
yukarinさん、こんにちは☆
そうなの、実は男の子なんだよね。
だけど原作でも半分くらいまで『彼女』と書いてあるので、そう思ってしまっている・・・のでいいみたい。
「ぼくエリ」のオスカーも、「LET Me In」の男の子もヴァンパイアより白くて弱々しいのだ。
2011年04月02日 18:49
まだ~むさん、リメイク版の記事とあわせて読ませていただきました。この映画の原題、『LET ME IN』と比べるともう少しややこしいですよね。オリジナルの英題からすると(ややこしいなあ・笑)「そのまま受け入れて」という意味なのかな? 
あ、わたしもオスカーのパパは鉄板でゲイだと思いましたよ。原作タイトルは『モールス』というそうですが、そういえば『モーリス』なんていうゲイ映画もありましたねえ。実際ノルウェーはゲイは多いですか?(こんな話ばっかし・・・)
ノルウェーまだ~む
2011年04月02日 21:35
伍一くん、その通りですよん☆
実際そこがフリーなんちゃらなのでしょう。
ラブラブで歩いているゲイカップルとかよく見かけました。
ここイギリスでも結構いますけど。もちろん女性カップルもね。
この前レジの我々のすぐ前の女性カップルが、チューって☆そんなことしてないで、早くお金払ってほしいぞ。

この記事へのトラックバック

  • 『ぼくのエリ200歳の少女』(2008)/スウェーデン

    Excerpt: 原題:LATDENRATTEKOMMAIN/LETTHERIGHTONEIN監督:トーマス・アルフレッドソン原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト出演:カーレ・ヘーデプラント、リーナ・レアンデ.. Weblog: NiceOne!! racked: 2010-12-11 06:56
  • 『ぼくのエリ 200歳の少女』 カメラの秘密

    Excerpt:  『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者であり、脚本も担当したヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストは、公式サイトに短い会話を書きだした。  「入っていい?」  「入れてよ。」  「どうぞ。」 .. Weblog: 映画のブログ racked: 2010-12-11 08:12
  • ぼくのエリ 200歳の少女 / LAT DEN RATTE KOMMA IN

    Excerpt: ランキングクリックしてね Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-12-11 08:33
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 7月5日(月)@ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞。 この日は某所で「瞳の奥の秘密」を観てから会社にとんぼ返り。 戻りは土砂降りに近い雨に降られて少しめげた。 会社に戻って一所懸命お仕事を片付け.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2010-12-11 09:03
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 久々にむかむか来た・・。 Weblog: 迷宮映画館 racked: 2010-12-11 09:14
  • ぼくのエリ、200歳の少女(2008)

    Excerpt: 原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN(スウェ―デン語)、LET THE RIGHT ONE IN(英語)怖ろしくも、哀しく、美し... Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-12-11 11:14
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: ぼくのエリ 200歳の少女 (2008 スウェーデン) 原題   LAT DEN RATTE KOMMA IN 英語題  LET THE RIGHT ONE IN 監督   トーマス・アルフ.. Weblog: 映画のメモ帳+α racked: 2010-12-11 11:42
  • 「ぼくのエリ 200歳の少女」

    Excerpt: この感じ、好きだよ! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2010-12-11 17:21
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: スウェーデン人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー 『モールス』を原作者自らの脚色で映画化。 同級生のイジメにあう孤独な少年がヴァンパイアの少女と出会い、ひょんな ことから恋に落.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-12-11 21:25
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 怖ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋 原題 LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN 製作年度 2008 製作国・地域 スウェーデン 上映時間 1.. Weblog: to Heart racked: 2010-12-11 21:46
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: スウェーデンの人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を本人の脚本で映画化。ヴァンパイアと孤独な少年の恋愛を描いたラブストーリーだ。主演はカーレ・ヘーデブラントとリーナ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-12-11 23:42
  • 『ぼくのエリ 200歳の少女』

    Excerpt: 身を切るような北欧の冬。 白い雪上に赤い染みが滴るとき、 孤独と孤独を足し合わせ、運命に掛け合わせて導かれる。 少年がそっと手を伸ばす、その先の世界に見えたもの。 『ぼくのエ.. Weblog: シネマな時間に考察を。 racked: 2010-12-12 12:09
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: ストックホルム郊外の小さな町。 集合住宅で母親と暮らす12歳の少年オスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、学校で同級生にいじめられていた。 ある晩、隣の部屋にエリ(リーナ・レアンデション)と.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2010-12-13 00:13
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 気になる映画。 ともやの琴線に激しく触れる映画を発見しました。 ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作の小説「モールス」を映画化。 2008年に公開されたスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女.. Weblog: ともやの映画大好きっ! racked: 2010-12-13 08:20
  • ぼくのエリ 200歳の少女【試写会】

    Excerpt: 作品情報 タイトル:ぼくのエリ 200歳の少女 制作:2008年・スウェーデン 監督:トーマス・アルフレッドソン 出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー あらすじ:スト.. Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★ racked: 2010-12-14 23:44
  • あけおめ2010年ベスト10

    Excerpt: 一年は早いもので、2011年の幕開けとなりました。 みなさん、あけましておめでとうございます。 Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2011-01-01 02:27
  • 犬山城

    Excerpt: oojijisunです,青春18切符で行きます お城巡りを準備中です、参考になります。 Weblog: 青春18切符で行く,日本の「城」巡り39 racked: 2011-01-08 12:29
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 公式サイト。原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN、英題:LET THE RIGHT ONE IN。スウェーデン映画、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作、トーマス・アルフレッドソン監督.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-01-08 21:53
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: ★★★★ いとしのエリ 『リトルショップ・オブ・ホラーズ』を思い出した。 リック・モラニス扮する気の弱い主人公が、知能を持つ吸血植物を育てるために殺人を重ねるというホラーミュ.. Weblog: スペース・モンキーズの映画メイヘム計画 racked: 2011-01-12 02:32
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: スウェーデン、ストックホルム郊外の集合住宅。 金髪の少年オスカーは毎日のように同級生の3人組にいじめられていた。 ある日、隣にエリという少女が引っ越してくる。 ボサボサの黒髪で青白い顔をしたエリは夜に.. Weblog: 象のロケット racked: 2011-01-12 20:13
  • 「Let Me In」ハリウッドの底力

    Excerpt: 日本でも高い評価だった昨年のヴァンパイア映画「ぼくのエリ 200歳の少女」 原作もちょうど読み終わったし・・・・ ハリウッドがすぐさまリメイクした「Let Me In」は、さすがハリウッドも捨てた.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2011-02-02 03:20
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 【LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN】2010/07/10公開 スウェーデン PG12 115分監督:トーマス・アルフレッドソン出演:カーレ・ヘーデ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-02-09 12:39
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: LAT DEN RATTE KOMMA IN/08年/スウェーデン/115分/ヴァンパイア・ホラー・サスペンス・ロマンス/PG12/劇場公開 監督:トーマス・アルフレッドソン 原作:ヨン・アイヴィデ・.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-02-10 03:08
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 映画を観る会で私が作品選びの時に迷って、 その時は違う作品にしたのですが、 やはり観たいと思ったので観てみました。 ストックホルム郊外で母親と2人で暮らす12歳の少年オスカーは、 毎日学校.. Weblog: racked: 2011-02-11 17:10
  • ぼくのエリ 200歳の少女 (Låt den rätte komma in)

    Excerpt: 監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 カーレ・ヘーデブラント 2008年 スウェーデン映画 115分 ラブロマンス 採点★★★★★ 初恋の思い出ってのはさっぱり覚えていないんですが、初めての彼女の.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-02-12 12:11
  • 「Let Me In」と「ぼくのエリ 200歳の少女」

    Excerpt: この二つの映画の原作はスウェーデン人のヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト著「MORSE」です。ストーリーは吸血鬼を題材にした物語ですが、12歳の少年少女の恋愛物語でもあります。先にスウェーデン映画の「.. Weblog: yoseyama Blog racked: 2011-02-13 16:07
  • ぼくとエリの闇の列車旅

    Excerpt: 「ぼくのエリ 200歳の少女」 「闇の列車,光の旅」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-02-18 12:06
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 恐ろしくも、哀しく、美しい、12歳の初恋。 世界中の映画祭で60の賞を受賞した禁断の恋物語! ハリウッドでも早々にリメイクされたみたい いじめられっこで繊細な12歳の少年オスカー.. Weblog: Recommend Movies racked: 2011-02-22 13:11
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: ぼくのエリ 200歳の少女 / LAT DEN RATTE KOMMA IN 2008年 スウェーデン映画 監督:トーマス・アルフレッドソン 脚本・原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴ.. Weblog: RISING STEEL racked: 2011-03-29 20:06
  • エリ MY LOVE SO SWEET トーマス・アルフレッドソン 『ぼくのエリ 200歳の少女』

    Excerpt: 太郎を眠らせ 太郎の屋根に雪降り積む エリーを眠らせ エリーの屋根に雪降り積む Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2011-04-02 18:56
  • 「ぼくのエリ 200歳の少女」(LET THE RIGHT ONE IN)

    Excerpt: バンパイアの恐怖や哀しみと同時に、内気で孤独な少年の切なくも美しい初恋を繊細に描いたヒューマン・ラブ・ファンタジー「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008年、スウェーデン、115分、トーマス・アルフレ.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2011-06-06 23:53
  • ■映画『ぼくのエリ 200歳の少女』

    Excerpt: いわゆるボーイ・ミーツ・ガールな少年の成長物語かと思っていたら、大きく裏切られる北欧ヴァンパイア・ムービー『ぼくのエリ 200歳の少女』。 いじめられっこの孤独な少年とエキゾチックでミステリアス.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-06-16 06:16
  • ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt: 『ぼくのエリ 200歳の少女』---LAT DEN RATTE KOMMA IN  LET THE RIGHT ONE IN---2008年(スウェーデン )監督:トーマス・アルフ.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2011-10-27 23:27
  • DVD:ぼくのエリ 200歳の少女

    Excerpt:  クロエ・グレース・モレッツ主演のモールスがとてもおもしろかったので、その原作であるぼくのエリ 200歳の少女をDVDで見ました。 Weblog: よしなしごと racked: 2011-11-11 01:43
  • ネタ元を訪ねて 第一弾 『ぼくのエリ 200歳の少女』

    Excerpt: 監督:トーマス・アルフレッドソン出演:カーレ・ヘーデブラント、リーア・レアンデションスウェーデン映画 2008年 ・・・・・・ 7点リメイク版・・・『モールス』2010年 Weblog: 映画部族 a tribe called movie racked: 2012-05-29 21:04