「ヒトラーの贋札」ゆかりの地をたずねて

ゆかりの地・・・・・と言うには抵抗のある場所、アウシュビッツ。
本当は「シンドラーのリスト」を見てから、旅に出たかったんだけど、手元にDVDがなく、今回は「ヒトラーの贋札」をチョイス。
正義と命の狭間で揺れる、極限状態の男たちの生き様を見た。




画像
「ヒトラーの贋札(にせさつ)」(2007年)


2007年公開のドイツ・オーストリア共同制作による映画。第80回 アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した。


偽札ではなく、贋札。
つまり贋作であるということ。
これは、一種の芸術なのだ。



画像
偽札作りで逮捕された腕を買われ、軍人の家族の肖像画を描いたり、壁画を描いたり・・・・腕に職を持つと強い☆



<ストーリー>

第二次世界大戦終結が近いベルリン。
パスポートや偽札の贋作師サリー(カール・マルコヴィクス)は、犯罪捜査局の捜査官ヘルツォーク(デーヴィト・シュトリーゾフ)に捕らえられる。
収容所へ送られたサリーはスケッチが気に入られ、ナチスお抱えの画家になる。

別の収容所へ移され、ヘルツォークが指揮する秘密任務「ベルンハルト作戦」に参加させられたサリーは、そこで偽ポンド紙幣を大量に作り出す。
他の収容者とは別の厚待遇と引き換えに、敵国に加担することになる作戦に抵抗を示す仲間のブルガー(アウグスト・ディール)だったが、成果を出さないと見せしめに4人銃殺すると脅かされ・・・・





画像
パスポートの見本用に送られてきたのは、アウシュビッツへ送られた仲間の家族のものだったと知ったブルガーは、印刷作業を拒否し・・・・



それぞれの専門職を買われて偽札作りをすることが、自らの命をつなぐ唯一の方法であっても、家族はアウシュビッツで灰となっている現実に、苦悩する姿は痛々しい。

同胞を裏切ってまで生き延びるのか、抵抗をしてむざむざと撃ち殺されるのか、辛い選択だ。




画像
作った偽札が認められるのは、技術者としては誇らしいし、少なくとも仲間たちは生き延びられることが決まった瞬間


銀行の審査にも無事通ってしまうほどの、素晴らしい出来栄えの贋札は、芸術家と職人の技術を認められた瞬間でもあり、同胞を裏切った証でもある。



画像アウシュビッツ収容所の門 「働けば自由になる」と書かれている

しかし自由になって外へ出る時は、既にガス室の煙突から煙になったときという皮肉さ。








画像高熱電流の流れていた鉄条網














画像サリーのような画家が残したのであろう絵


看守に足蹴にされたりと、収容所の過酷な日々が、描かれている

それにしても、冷静なタッチで書かれている何枚もの絵は、絵を描いた人が、収容者としてでなく、画家としてこの情景を記憶していたのだと思えて、何とも不思議な気分になってしまった。







劇中では収容所に入って髪を切られ、裸にされ、シャワーをかけられる時に、これがガス室なのだと思い込んで泣き叫ぶシーンがある。
事実、シャワーを怖がる収容者がいたと、ガイドブックにも載っていた。

そこがアウシュビッツでなくても恐ろしかったのだから、ましてや当時の人たちは、どんな想いで過ごしていたのか・・・・



戦後、偽札を使って女を買ったり、ルーレットで大勝ちしたりしたサリーが、結局はわざと負けて、札を使いきり、寒々とした海辺にたたずむ後姿に、その想いが凝縮されているようだった。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年11月11日 06:13
なかなか映画なんかで見るような感じ
そのままに残ってるんですね^^
決して忘れてはいけないことだし、
そのためにこうして残ってるのでしょうねぇ。
2010年11月11日 08:42
こんにちは^^

先日娘が学校から「アンネ・フランク」の本を借りてきて読んだばかりなの。ここって「絶滅収容所」って呼ばれてたんだねー(>_<)
子供はすぐガス室送りだったらしいし・・・怖いわ(T_T)
自由になった時が煙って(T_T)言葉が出ないね。
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 09:03
miyuさん、こんばんは☆
映画なんかで見るような感じ・・・って、写真を見るとそう思えるのですが、「実物は映画なんかで見るような」程度では済まされない、また、言葉では伝えきれないものがありましたね。
体験した者でなければ、もしかしたら解らないのかも・・・と思いました。
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 09:08
みすずちゃん、こんばんは☆
「絶滅収容所」だったよ。
しかも、少しずつ死に向かっていくように収容していたんだって。
女性と子供と病人はガス室行き。
生きるためには、強制労働に従事するか、収容所頭になって、同じユダヤ人をガス室へ送り込むか、人体実験の対象になるか・・・
偽札作るのなんて、当然だったんだと思ったわ。
hino
2010年11月11日 09:19

経験者でないから、私も多くは語れないし
言葉もでなさそうな場所だなーー。

最近?のだと、縞模様のパジャマ少年 と
唐沢くんの「白い巨塔」はロケ地がドイツだったのを思い出します。

食べ物編や、ドイツ人の印象(服装、雰囲気)なのど感想も教えてください!



語るより、写真だけでいいのかもね。
それぞれが感じる

この方の絵、うまいね@@

2010年11月11日 09:36
おはよ~☆
この映画、去年の今頃DVDで観てるんだけど最近DVD鑑賞の書いてる時間なくってそのまんまだったわ
でも面白かった(興味深い映画)
この中の一人が、タラの「イングロリアスバスターズ」でもいい味だったのー。(3枚目写真右の人)
こうして今でも一般に公開されて見られるんだからすごいよね。

旅の続きレポも宜しくネ。
2010年11月11日 10:41
こんにちは。
わあ~アウシュビッツに行かれたのですね。
ドイツだと思ってしまいますが、実はポーランド。
ナチスはあちらこちらを占領して、酷い事をやって
いたから、、、、。生きるか死ぬか、選択する覚悟も
勇気のいることだったのだと思います。
実際に見られて、かなり衝撃的だったようですね。
しかしこのことに背を向けてはいけないと思います。
いつか訪ねてみたいと思います。
貴重な記事並びに写真を見せて頂けて、嬉しく思います。
TB・コメントありがとうございます!!
2010年11月11日 11:21
おぉぉぉ!勉強になります。
中には当然入れるんですよね。撮影は禁止なのかな。
収容所が解放されたとき、静か過ぎる中の様子や、ブルドーザーで死体を処理するドキュメンタリー映像がこびりついてて、なんだかまともに見れなそう・・・。
どこでもここでも行ってきたかのように講釈してる自分が情けないわ。

アウシュヴィッツや、その他さまざまな題材はこれからも映画になっていって、いろいろと描かれると思いますが、この建物は負の遺産として、残さなければならないでしょうね。
映画は良くできた見事なタッチだったと思います。
あたし的には収容所ものとしては、ジョン・タトゥーロの「遥かなる帰郷」ってのが結構印象に残ってます。
q
2010年11月11日 13:18
高校の世界史の授業で
「真実の世界史」というレポートを書いてね
その授業で
実際に収容された人が話してくれた
身体が「止まる」感覚っていうのかな
自分がこの先、50年間は氷の塊と化していたいという話を聞いたりしたなぁ・・・
オシフィエンチム駅を見て、貨物で運ばれている自分が「死の宣告の貨物」だって話してくれた
身体障害者も排除の対象
焼却後の遺灰は池に捨てられ・・・
そうそう<夜と霧>という映画→昭和31年フランスという作品を授業で観たんだよ
やっぱこの作品が1番、響いてるなぁ・・・
『ライフ・イズ・ビューティフル』は
死への歩みを描いていたけれど
苦しくて観ていられなかった
現実から目を背ける。怖いことだよね


「コルベ神父の生涯~アウシュビッツ 愛の奇跡~」

証拠隠滅の為にナチスドイツ軍

シャーロット
2010年11月11日 16:02
ご無沙汰をしてます;
実際にその場を訪れるにあたってちゃんと映画も見るマダム、さすが映画通でございまするー。
ただ映像を見るだけとかでは全然違った感想を持たれたと思います。なんというか、空気感で当時の過酷さなどを想像できたり、より実感しやすくなるというか。

>銀行の審査にも無事通ってしまうほどの、素晴らしい出来栄えの贋札は、芸術家と職人の技術を認められた瞬間でもあり、同胞を裏切った証でもある。

…うむ、まるでお札の表裏。物事は表があって裏があって、気持ちもゆれゆれ。
人物たちの心理描写もなかなかするどくて、実際に我が身に置き換えてみてしまった感じでした。
こういうナチスものの気持ちが重たくなる映画は好きかキライかで言えばストーリー的には苦手なんですけど、でも本作の演出は結構好きで。特にいつも耳から映画を感じたい私としては、音楽とか言葉のニュアンスとかが気に入った感じです。ドイツ語は堅苦しいんですけどね;
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 16:41
hinoちゃん、おはよ♪
「百聞は一見にしかず」とはよく言ったものだよぉ。
その点では、たくさんかけられていた絵は、当時の様子をよく物語っていたわ。
とにかくナチスは自分たちの不利になる証拠は残さないようにしたから、このような絵が後に描かれて、我々に真実を伝えてくれたのは、凄いことだよね。
それにしても上手だよね。
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 17:22
おはよ~migちゃん☆
やっぱり見てた?どこにもmigちゃんの名前が出てこないから、珍しいな~と思っていたの。
この映画は、今までの収容所ものと違った側面を見せてくれて、興味深かったよね。

今でも当時のままの所と、復元している所を公開しているけど、全て無料なんだよ。
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 17:31
mezzotintさん、是非行ってみて感じてください!
この映画では、同胞を裏切るくらいなら死を選ぶ・・・と考えるブルガーのような人物も現れてましたが、現地に行って感じたのは、一人で抵抗しても無駄だったということ。
選択肢は「死なない」事しかなかったように思いました。
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 17:39
sakurai先生!よろしくお願いします☆
こんな時期にも、沢山の見学者がいましたが、若い人大学生くらいの団体もいて感心しました。
ただ、友達と自分撮りとかしてて、ちょっと・・・と思いましたけど。

学校ではナチス酷い!とドイツ人を非難して終わったように思いますが、実際はポーランド国民による、ユダヤ人村への放火とか、密告などもあったようですね。
ユダヤ人に対する差別は、実は根深いものがあり、それはドイツ人だけがしていたのではないと、イギリスに来て実感しています。

写真で見ただけでは伝わってこなかった現実を、しっかりこの目で見ましたが、是非ともご自身で体感して欲しいと思います。
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 17:44
qちゃん、いろいろ教えてくれてありがとう。
「夜の霧」も「ライフイズビューティフル」もまだ見てないよ。
コルベ神父が身代わりになって入った餓死室も見てきたよ。
今でも生花とロウソクがお供えしてあったわ。

アウシュビッツ収容所の最初の棟の入り口に「真実を見ようとしない者は、また同じ悲劇を繰り返す」と書いてあったわ。
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 17:47
シャーロットさん、お久しぶり♪
ただ戦争の悲惨でグロくて辛いところを見せる映画と違って、この映画は別の一面を見せてくれて、新鮮だったよね。
アウシュビッツには、様々な軍事工場があったので、きっとこの棟のどこかで偽札を作っていたのかなぁ~と思いながら見学しました。
2010年11月11日 18:20
こういう映画を見た後に、アウシュビッツを訪れるというのは凄い体験ですね。
きっと建物や場所から伝わってくる「何か」がハンパなかったのではないですか?
私も一度訪れてみたいのですが、飛行機に乗るのが怖いので、どうしようかな~?
2010年11月11日 19:32
コメント、有難うございました。
「アウシュビッツ」の前にご覧になるのは、コチラで正解だったような気がします。
「シンドラー~」は、ユダヤ人の恐怖感を別にすれば、
ある意味、他の戦争映画であったとしても通じる目線で描かれていた部分があると思うので。
「ユダヤ人迫害」「有色人種差別」は、結構ヨーロッパ全域で根深くあった様に思いますね。
貴重な写真、有難うございます。
やはりテレビで見るのと静止画では違いますね、、、。
マリー
2010年11月11日 21:00
こんばんは~。コメント前に自分の記事読んでみたら、原作者さんが印刷工役で出てたとか~あの美女はチャップリンの娘さんとか、忘れてたことたくさん思い出しました。
色々な思いを込めて、当時のままの姿が残されていることに意義を感じる。
二度と繰り返してはいけないこと。。。
ここの積み上げてあった靴が燃えたんじゃなかったっけ?違った?(汗)

この場所では独特な「気」を感じると聞いたけど
どうだった~?
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 21:28
にゃむばななさん、こんにちは☆
飛行機怖いのですか!?
今回の中国旅行は、大変だったようですけど、飛行機や中国のタクシーよりも、もっと怖いアウシュビッツへ、どうぞ行ってみてください。
ハンパなかったです。
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 21:33
kiraさん、こんにちは☆
「シンドラーのリスト」は私は見たことあるのですが、子供たちに見せてから~と思って。
でも、現地の様子で映画を見て無くてもしっかり伝わったようです。
「シンドラー~」は、確かに他の戦争映画に出てくる収容所の域を超えていなかったような、そんな印象でしたね。
現実はこんなもんじゃない・・・というのを体感してきました。
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 21:36
マリーさん、こんにちは☆
印刷工にそんなにお年寄りがいたかなぁ?
原作者はブルガーさんなんじゃなかったっけ?
もう90歳ちかくなわけだから、居たら目立つはずだけど・・・
美女はチャップリンの娘さんなのね!ひょえー!

独特な「気」については、また詳しく!
2010年11月11日 22:42
こんばんは!
アウシュビッツにいかれたのね。
画家の残した絵もあるんだ。
繊細な絵をみてると、冷静に描いてますね。
アウシュビッツではない別の収容所の子供の描いた絵が新聞にのってた。
明るい色の絵もあって希望を忘れてない絵にグッときました。
生と死のはざまで、彼等は何を思ったんでしょうね。
映画は堅実なつくりでよかったです。
KLY
2010年11月11日 23:16
場所にまつわる話はともかくとして、観た映画の場所に行けるってほんと羨ましいなぁ。いやまあそりゃ邦画だって何ぼでも行けるんだけど、そういうんじゃなくてね…。
やらなければ自分が、仲間が死ぬ。そんな極限の環境で作る贋札。でも技術的には一切の妥協はなし。多分この辺の微妙な心理状態、つまりナチスに生きるためとはいえナチスに協力している、それは即ち周りの仲間以外の同胞の虐殺に間接的に手を貸していることで、でも贋札作りのプロとしての誇りのような気持ちも若干はあったり。深すぎるぐらい深い描写でした。
実はこの後ね邦画で『ニセ札』ってのを観たの。キム兄主演だったんだけど、流石にお手軽すぎて呆れた。(笑)
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 23:49
アイマックさん、こんにちは☆
子供たちが希望を失っていなかった収容所は、まだよかったのかもしれないですね。
女子供は、すぐにガス室送り、または子供も大人と同じ強制労働か人体実験対象と説明がありました。
女子供用のバラックが、レンガ作りでせめて寒くなかったのが、唯一の救いのような印象を受けました。
ノルウェーまだ~む
2010年11月11日 23:53
KLYさん、見たみた☆
私も邦画の「ニセ札」見たよ。
こちらはかなりお手軽なかんじだったよね。
そもそもニセ札を作るのは、犯罪なのだけど、こちらの「贋札」は、命のかかったものだし、パスポート偽造も戦時中の異常な時代だからこその仕事だったのだろうしね。
深さが違いすぎますね~
2010年11月12日 09:52
こんにちはー

昨日はTBのみで失礼しました。
PCの調子が悪かったようでどうしてもコメント欄が反応しなくて(汗)

背景を考えると辛くて仕方が無くなりますが、それでもこの映画は見応えありましたね。

実際に自分の目でこの場所を見ると違うんでしょうねー。私もいつか・・訪れてみたいなぁ

ノルウェーまだ~む
2010年11月12日 16:19
hitoさん、コメもありがとう♪
たとえ怖くて辛いテーマでも、こうして多くの人が映画を観て、そして少しずつ歴史に興味を持ってくれるのは、いいことなのでしょうね。
まずは決して忘れてはいけない、負の遺産と思いました。
2010年11月13日 10:49
ノルウェーまだ~むさん、こんにちは!

絵は囚人が描いたのでしょうかね。
そうだとすると写実的なタッチは、自分と自分をいる場を客観視しないと耐えられないということかもしれませんね。
こういう人類の記憶というのは、ちゃんととっておいて振り返ることをしないと、また人類はなんかの拍子に同様のことをしてしまうかもしれないので怖いです。
ノルウェーまだ~む
2010年11月13日 19:39
はらやんさん、こんにちは☆
ナチスはほとんどの資料を撤退するときに証拠隠滅したらしいので、記録用に撮影された写真意外は、全く無いのです。
なので、収容されていた人が記憶をたよりに描いたこのような絵が、事実を知らせる大変貴重な資料になったのだと思います。
2010年11月15日 07:57
こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

「働けば自由になる」という言葉には胸が痛みますね。その言葉を信じ、それこそ死にも狂いで働いた人たちを待っていたのがガス室なんてあまりにも理不尽です。大戦当時の狂気が痛々しく伝わってきます。
ノルウェーまだ~む
2010年11月15日 08:15
えめきんさん、こんばんは☆
アウシュビッツについて、深く知れば知るほどその狂気が想像をはるかに超えたものだったと解り、胸が更に痛みました。
映画に出てきたように「働けば自由になる」とは、収容者も信じてはいなかったようですよ。
一日でも永らえる事が、すなわち働くことだったのが事実らしいです。
Hitomi
2010年11月15日 20:16
ノルウェーまだ~むさん、こんばんは。

アウシュビッツ、一度は訪れてみたです。広島の原爆資料館も地獄絵図のような光景ですが、ここも同じように地獄絵図を見るような所なんでしょうね。
ノルウェーまだ~む
2010年11月16日 02:37
Hitomiさん、こんばんわ☆
ここは原爆資料館とはまた違ったものがありますね。
確かに広島や長崎は、地獄絵図といった表現が適しているように思いますが、ここは、人間の狂気というか、そのあまりに整然とした様子が、空恐ろしく感じました。
2010年11月17日 09:28
こんにちは。

>アウシュビッツ収容所の門 「働けば自由になる」と書かれている

百聞は一見に如かず…って
こういうことなんですね。
現地を訪れた人にのみ分かる真実。
こういう虐殺の跡というのは、
ぼくなんかは躊躇してしまいますが、
やはり歴史から目をそむけてはいけないということを
まだ~むさんのレポートで
改めて教えられました。
ノルウェーまだ~む
2010年11月17日 17:40
えいさん、コメントありがとうございます。
映像に映るアウシュビッツは、やはり塀の中なんですね。
勿論、そこにも大変な事実があって、人間一人ひとりに起きたことはあまりに惨い現実なのですが、私の感じたアウシュビッツは、また別の恐ろしさがありました。
その広さ、規模の大きさ、整然とした施設の列は、授業でも映画からも伝わってなかったですね。

この記事へのトラックバック

  • ヒトラーの贋札

    Excerpt:  『完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか──』  コチラの「ヒトラーの贋札」は、1/19公開となった"ナチス・ドイツが行った国家による史上最大の紙幣贋造事件。この驚くべき歴史.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-11-11 06:11
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: 公式サイト。アドルフ・ブルガー原作、ステファン・ルツォヴィッキー監督、カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ。今度もカネにまつわる映画。映画ではドル紙幣贋造も成功した.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-11-11 07:03
  • ヒトラーの贋札/カール・マルコヴィクス

    Excerpt: しばらくシャンテシネに行ってなかったからこの映画の予告編もたぶん一度も観てないんだけど、チラシや紹介記事など読んでみると骨太そうな社会派ヒューマンドラマな感じだったのでとても気になっていた作品です。シ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-11-11 09:02
  • 【ヒトラーの贋札】

    Excerpt: 監督:ステファン・ルツォヴィッキー 出演:カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ 『完璧な贋札。それは俺達の命を救うのか。それとも奪うのか-』 「第.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2010-11-11 09:26
  • ヒトラーの贋札 ☆第80回アカデミー賞外国映画賞受賞作品

    Excerpt:    Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-11-11 10:18
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: 見事な一本。ハリウッドが好きなのも道理。 Weblog: 迷宮映画館 racked: 2010-11-11 11:24
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: 生き抜く・・・ Weblog: シャーロットの涙 racked: 2010-11-11 16:04
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: ドイツ・オーストリア共同制作の作品。主演はカール・マルコヴィックス、監督がシュテファン・ルツォヴィツキー。残念ながら主演・監督の他作を観たことはありません。第80回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品で.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-11-11 17:07
  • 『ヒトラーの贋札』

    Excerpt: 本年度アカデミー外国語映画賞を受賞したこのオーストリア映画。『白バラの祈り』のようにナチスに対抗した知られざる英雄を描いた作品ということで重い雰囲気の映画かと思っていましたが、いざ見てみると贋札造りに.. Weblog: こねたみっくす racked: 2010-11-11 18:20
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: 完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか── 製作年 2006年 製作国 ドイツ=オーストリア 上映時間 : 96分 原作 アドルフ・ブルガー 『ヒトラーの贋札... Weblog: to Heart racked: 2010-11-11 19:16
  • 囚人たちの心の温度差。『ヒトラーの贋札』

    Excerpt: 第二次世界大戦中のドイツ、ザクセンハウゼン強制収容所で行われていた実在の事件を題材に描かれた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2010-11-11 20:53
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: ヒトラーの贋札(2007 ドイツ・オーストリア) 原題   DIE FALSCHER / THE COUNTERFEITER (英題)   監督   ステファン・ルツォヴィツキー       .. Weblog: 映画のメモ帳+α racked: 2010-11-11 21:16
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: DIE FALSCHER / THE COUNTERFEITER(2007/ドイツ=オーストリア)【WOWOW】 監督・脚本: ステファン・ルツォヴィツキー 出演:カール・マルコヴィックス/アウグス.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2010-11-11 22:28
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: 造らなければ死、造ればそれは家族や同胞への裏切り。彼らの命をかけた選択とは__。アカデミー賞外国語映画賞受賞おめでとうございます!第二次世界大戦の直後、モナコのモンテカルロ。サリーことサロモン・ソロ.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2010-11-11 22:32
  • 今年初の試写会にて...「ヒトラーの贋札」

    Excerpt: 「Die Fälscher」...aka「The Counterfeiters 」 2007 オーストリア/ドイツ 主演のサリー(サイモン・ゾロビッチ)にオーストリア出身のカール・マルコヴィクス。 .. Weblog: ヨーロッパ映画を観よう! racked: 2010-11-11 23:24
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: ヒトラーの贋札 [DVD]異色のナチスものであるこの作品は、非常に興味深い。敵国の経済崩壊を目的にしたナチスの贋札(にせさつ)作りを描いた実話だ。孤高の犯罪者の秘めた正義感と、特殊な収容所、周辺の地獄.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2010-11-11 23:40
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: 《ヒトラーの贋札》 2007年 ドイツ/オーストリア映画 - 原題 - DIE Weblog: Diarydiary! racked: 2010-11-12 19:59
  • 『ヒトラーの贋札』

    Excerpt: ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Die Fascher) -----ヒトラー? ということは、またドイツ映画かニ.... Weblog: ラムの大通り racked: 2010-11-13 00:09
  • 「ヒトラーの贋札」 生き抜くことの行為への誇り

    Excerpt: 第二次世界大戦、ナチスドイツは「ベルンハルト作戦」を展開しました。 これはイギリ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-11-13 09:42
  • ??????????Die F舁scher??????

    Excerpt: ??????????????????????????????????????Die F舁scher?????????? Weblog: Wilderlandwandar racked: 2010-11-14 03:23
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: 第二次大戦下のドイツ、ザクセンハウゼン強制収容所。偽造の天才サリーは逮捕後、芸術や印刷技術に秀でた収容者と共にこの収容所に送られた。そこで彼らを待っていたのは、完璧な贋札を偽造し、世界経済を混乱.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2010-11-15 07:47
  • ヒトラーの贋札

    Excerpt: ヒトラーの贋札'06:ドイツ・オーストリア◆原題:E FALSCHER/THE COUNTERFEITER◆監督:◆ 監督・脚本: ステファン・ルツォヴィッキー「アナトミー」1&amp;2 「エニグマ.. Weblog: C'est joli―ここちいい毎日を― racked: 2010-11-15 22:12
  • 10●ヒトラーの贋札

    Excerpt: ベルンハルト作戦、ナチスによる贋札製造事件を描いた重厚なドラマ。だけど、想像するよりずっと爽やかな後味の良い佳作だ。 Weblog: レザボアCATs racked: 2010-11-25 23:53
  • 「ミケランジェロの暗号」偽者とニセモノ

    Excerpt: こういう映画大好き! 戦争映画でも暗く・辛くなりすぎず、かといってエンタメに走り過ぎない。 戦争に翻弄された家族が、ホンモノを取り戻すまでの手に汗握る展開にも目が離せない。 久しぶりに戦争がテー.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2011-10-18 09:23