「ザ・ウォーカー」スタイリッシュな映像

機内上映2本目は「ザ・ウォーカー」
こちらも、ただカッコイイだけという前評判だったので、期待しすぎないように気をつけて鑑賞。
なるほどー、確かにカッコイイ!!
まるでモノクロの写真集をめくっているような映像と、無駄のないシャープな動きが、単純なストーリーを飽きさせずに見せてくれたというかんじだ。



画像
 「ザ・ウォーカー」 公式サイト



<ストーリー>

核戦争で世界が崩壊したあとの未来。
30年の間ずっと、目的も目的地もわからず、ただ1冊残る本を運び続ける男イーライ(デンセル・ワシントン)がいた。
本に触るもの全てを容赦なく切り捨てる彼は、ある街で本を探し続けていた独裁者のカーネギー(ゲイリー・オールドマン)と対峙することになり・・・・・




画像
見事な剣さばきで、あっという間に切り捨てる


結構グロイシーンがあると聞いていたけど、色味がモノトーンにちかかったり、遠目からの映像だったりで、そのグロさはほとんど感じない。
むしろ、バッタバッタとなぎ倒しても、日本の時代劇の殺陣を観ているようで、鮮やか!(色は無いけど)と拍手を送りたくなる。



画像
ムカツク独裁者を見事に演じている



盲目の女性に優しいのかと思えば、突然DV男に変身!
その辺のキレ具合が、本当に恐ろしい~

でも、弱ってきた途端、他のオスに縄張りを奪われるあたり、野生動物の世界みたい。
文明を奪われると、人間もそうなるのかな・・・・




画像
めちゃくちゃ強いイーライ




食べ物もなく、水も無い世界。
他人を食べて生き延びる世界だから仕方ないけど、本を守るために多くの殺生は本の教えと合っているのか?

『兵器にもなるし神にもなる』


そういう意味では、案外深いことを言っている映画なのかも・・・・




『聖書』ものは、どうしても気持ちの芯の部分で、理解できないのだけど、ズバリと本質を突くなら、イーライが本を運ぶだけに存在するのではなく、本の教えとのギャップに苦悩する姿も見せて欲しかった。


もしや、この『教え』を守るためなら他者をすべて排除せよと、聖書に書かれているとか?
それならラストシーンは、結果的にバットエンドってことなのかな?

いずれにしても、使う者によって、神にもなるし兵器にもなるのは、この本に限らないことではあるけどね。





画像
足手まといになるだけのようで、作品にいい色を添えてくれるソラーラ(ミラ・クニス)





どんどん格好よくなっていくソラーラ。
こんな荒廃した世界でも、力強く生きていってほしい☆とつい願ってしまう・・・・




画像
ひたすら歩く





荒廃した世界は、勿論CGなんだろうけど、モノトーンで表現したところが、全く違和感なしで、すごい!

過去の映画で、核戦争後の荒れた世界というのは、いくらでも出来てたけど、良く考えたらもっと呑気だったよねぇ。
荒くれ者がイエ~イ!なんて、良く考えたら有り得ないYO
生きるか死ぬか・・・・
でも、お茶に呼ばれて食べられちゃうのは、イヤだなぁ。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ねこのひげ
2010年07月14日 17:41
ここのところ終末映画が多いけど、聖書1冊で救われると思っているところが、白人社会のあまいところだね。
信じているのか知らんね?(?_?)
ゲイリー・オールドマンは『レオン』のあのイメージがやっぱりすごかった。(>_<)
2010年07月14日 18:40
久々の悪役なゲイリーが見られたのがうれしいです♪
デンセルさん強かったですねぇ。
普通なら死んでるのに(笑)
私も本の教えとのギャップに苦悩する姿とやらを見たかったかもデス。
それにしても聖書の力は大きい・・・^^;
mig
2010年07月14日 22:20
まだーむ☆
さきほどはいろいろとありがとう
まさかあんな映画とはねぇ、、、、(泣)

でも明日は思い切り楽しもう!

これ、ゲイリー目当てだったけど
デンゼルがカッコ良かった~
あんなデンゼルだったら、いいかも☆ (なにが
KLY
2010年07月14日 23:53
デンゼルもゲイリーも好きなのでその意味では結構引き込まれてみていました。観ていましたけど、やっぱりちと話の設定に無理がありすぎたかなぁ^^;
何だか突っ込み始めたらいくらでもって感じだったし。本質的な部分はやっぱりよく理解出来ないです。聖書なんて読んだこともないしその気もないし。だからコレで人を支配できるなんていわれると、キリスト教徒の驕りを感じてしまったりもしました。^^;
ノルウェーまだ~む
2010年07月15日 09:40
ねこのひげさん、同感です!
結構映画の大作でも、聖書的に片付ければそれでいいとでも思っているふしがありますよね。
それだけ彼らにとっては大きな存在なのかもですが、関係ないものにとっては、何やってんの?ってかんじもありますね。
ノルウェーまだ~む
2010年07月15日 09:42
yukarinさん、こんにちは☆
聖書については内容を良く知らないですけど、バッタバッタと人を殺してもいいように書いてあるのでしょうかね?(笑)
その本のために戦争が起きて、それで全部燃やされたのに、やっぱり命をかけて守ったりするわけで、永遠に争いは避けられないってことなのかしら。
ノルウェーまだ~む
2010年07月15日 09:48
migちゃん、可笑しい!
あんなデンセルだったらいい?(笑)
本見せてって言ったら、スパーンと切られちゃったりするかもYO
梅雨が明けたみたいで、今日は暑くなりそうね…
ノルウェーまだ~む
2010年07月15日 09:50
KLUさん、その通りですね。
キリスト教徒どんだけ偉いねん?ってかんじです。
それで世界を牛耳られると思っているところから、ちょっと共感不可能なわけですが、戦争を引き起こす元になっているという部分は、当たってますよね。
2010年07月15日 22:57
こんばんはー♪

デンゼルがかっこよくて~♪
最初の刹陣にげげっ!って引いてしまいましたが、面白かったかな^^
ゲイリーも好きだし、ラストが意外で良かったので余計に良いと思ってるのかも^^
聖書はよくわからないな~^^;命をかけるものなのかどうか・・・その辺理解不能です^^;
ノルウェーまだ~む
2010年07月16日 07:03
みすずちゃん、おは♪
ラスト良かったよね。
ちなみに、全部そらで言えるなら、本を触ったくらいで切り捨てなくてもよかったんじゃ?って、思ったりして。(笑)
2010年07月16日 09:02
こんにちは、ノルウェーまだ~むさん♪
これ、日本のことわざに例えるなら、「ペンは剣より強し」ってことなのかなぁ。
デンゼルはけっこうお年なのに、あれだけ動けるのは凄いww。
ゲイリーの扱いがちょっともったいなかったけどね(笑)。
ノルウェーまだ~む
2010年07月16日 12:40
ともやさん、こんにちは♪
なるほど、いいことわざですね☆
デンゼルは格好良かったです~
言葉少ないのに、存在感がハンパなかったですね。
マリー
2010年07月16日 20:14
そうそう、どんだけ足手まといになるかな~?と思っていたら、いい感じでしたね。
彼女のキリッとした美しさがよかった。

聖書ものは、根源の部分が理解できない・・・
世紀末ならちょっとわかる。
でも文字がなくなって~文化だけが残ってるって、ワケ悪いよね。
物があっても使い方が判らないって物もありそう・・・

まぁ、深く考えすデンゼルさんを愛でる映画だね♪
ノルウェーまだ~む
2010年07月17日 14:00
マリーさん、ホント根源が理解不能だよねぇ。
そうなるとこの映画の半分以上は理解できないことになっちゃうから、デンゼルを愛でるのが一番得策ってことかな。(笑)
2010年07月29日 19:47
ノルウェーまだ~むさん、こんばんは!

こちらの映画はキリスト教が唯一無二の宗教だと信じている人々には共感性があるとは思いますが、そうじゃない人には違和感があるでしょうね。
宗教の多様性を認めないから争いが生まれるので、イーライの聖書至上主義みたいなもの自体が争いの元ではないかと。
このあたりは宗教観の違いで感じ方の差がでますよね。
ノルウェーまだ~む
2010年07月29日 23:04
はらやんさん、こんばんわ☆
宗教観の違いは、やはりどうにもならないことなのでしょうけど、そういうことを微塵も感じてない聖書至上主義を全面に押し出した感覚は、やっぱり理解できそうにないですね~
hino
2011年01月15日 00:42
まだ~む、ようやくこちらへ。

今夜中の0時34分です(笑)

レビュー記憶がなかったと思ったら、私コメントしてなかったわい。

痛快に読みました。そして皆さんのコメントも楽しめた。

デンゼルかっけかった。
色合いがかっこ良い。でも色味もほっしいとわいわい娘としゃべりました。

お茶に呼ばれて食べられる(爆)

そうだね、ところどころに可笑しい感じ。

私はどの宗教も人間のためにあるもので、真理はどの宗教に限らず同じだよなあ~なんて軽く?思っています。
エジソンと同じ考えなんだぁ(笑)
だからどの宗教にも属せず、スピリチュアル傾向で行こうと思ってます。

作品的には単純明快でわかりやすく楽しめました。




ノルウェーまだ~む
2011年01月15日 01:37
hinoちゃん、こんにちは☆
寝ないで見られたんだね。(笑)
宗教はどれにも属せず、スピリチュアルっていうのが面白い☆
私はそれをスピリチュアル教と呼んじゃうけど・・・
単純明快だけど深い映画だったねー

この記事へのトラックバック

  • ザ・ウォーカー

    Excerpt: 【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2010-07-14 18:41
  • ザ・ウォーカー

    Excerpt: 『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-07-14 19:29
  • ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI

    Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-07-14 22:17
  • ザ・ウォーカー

    Excerpt:  『ザ・ウォーカー』を観た。  【ストーリー】  大規模な戦争により、文明が崩壊した世界。  誰が名付けたか“ウォーカー”と呼ば... Weblog: みすずりんりん放送局 racked: 2010-07-15 22:51
  • ザ・ウォーカー

    Excerpt: (原題:THE BOOK OF ELI) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。 文明崩壊後のアメリカ大陸。ウ.. Weblog: ともやの映画大好きっ! racked: 2010-07-16 08:59
  • 『ザ・ウォーカー』・・・終末の先に

    Excerpt: 事前情報をほとんど入れずに鑑賞。正直思っていたよりはるかに地味な作品だった。しかしながら切って捨てるにはもったいないだけの魅力も十分にあり、見応えはなかなかのもの。テイスト的には平日昼過ぎのテレビ東京.. Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2010-07-18 17:51
  • 「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・

    Excerpt: <今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-07-19 08:37
  • ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI

    Excerpt: かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー 」を、金曜日の夕方に鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日.. Weblog: いい加減社長の日記 racked: 2010-07-19 23:18
  • ザ・ウォーカー

    Excerpt: 世界で一冊だけとなった本を西へ運ぶため、30年間歩いて旅をしているイーライ(デンゼル・ワシントン)は、立ち寄ったある町で独裁者カーネ�... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2010-07-23 16:07
  • ザ・ウォーカー

    Excerpt: ザ・ウォーカー(原題:THE BOOK OF ELI) 322本目 2010-26 上映時間 1時間58分 監督 アレン・ヒューズ 出演 デンゼル・ワシントン(イーライ) 、 ゲイリー・オールドマ.. Weblog: メルブロ racked: 2010-07-25 12:01
  • ザ・ウォーカー

    Excerpt: ザ・ウォーカー(The Book of Eli)に関するトラックバックセンター。 ザ・ウォーカー [Blu-ray](2010/11/02)デンゼル・ワシントンゲイリー・オールドマン商... Weblog: Trackback Square racked: 2010-08-14 19:25
  • ザ・ウォーカー

    Excerpt: 世界に一冊だけ残った本を持ち、歩いて旅を続ける男の物語&quot;ザ・ウォーカー&quot;。 とは言っても、世界にある唯一の本という訳ではない。 その本が、もう世界に一冊しか残って無いという事な.. Weblog: まさとの素人映画レビュー racked: 2010-08-18 11:04
  • ザ・ウォーカー (The Book of Eli)

    Excerpt: 監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2010-11-13 16:32
  • mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆

    Excerpt: 世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本... Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-12-04 21:35
  • 映画を観るなら ザ・ウォーカー

    Excerpt: 未来の荒廃した世界での1冊の本を巡る争いなんだけど、この本が何かってのは、映画を観る前からなんとなく分かってる人も多いのでは。アメリカにとって、世界で一番重要な本(書物)といえばやっぱりコレしかないで.. Weblog: 映画を観るなら racked: 2010-12-19 10:04
  • 「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI)

    Excerpt: デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2011-05-08 07:09
  • 世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー

    Excerpt: ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 .. Weblog: RISING STEEL racked: 2011-05-26 23:13
  • 『ザ・ウォーカー』'10・米

    Excerpt: ラーメンWalkerではありません[E:happy02] もっと読む[E:dow Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2011-06-09 08:32