DVD&テレビ放映いろいろ

DVDやテレビで放映された映画をまとめて紹介☆
英語だから、なんとな~く見たのでレビューも簡単に。


「イエスマン YESは人生のパスワード」(2008)
画像
画像






画像






友達の誘いも断り、いつも家でビデオばかり見ているカール(ジム・キャリー)が、一風変わった女の子アリソン(ズーイー・デシャネル)に出会ったことにより、YESと答えて何にでも挑戦してみるといい事ばかり起きるようになり・・・・・

コスプレしなくても十分 屋敷しもべのトビーに見えるコスプレ好き上司がツボ。

もともとあんなにユニークな人間なら、普通に楽しいことがいっぱいありそうだけど・・・
トップガンを思わせるバイクのシーンだけが面白い、普通に教訓めいたお話。





「恋はデジャブ」 (1993年) 「Groundhog Day」(原題)
画像
画像











テレビの人気天気予報官フィル(ビル・マーレイ)は、プロデューサーのリタ(アンディ・マクドウェル)たちと共に、小さな街に取材にやって来た。
毎年この町では、2月2日に冬眠からさめたモグラのウッドチャックが春の到来を占うお祭りが催されていた。

気が乗らないフィルは、不機嫌な態度で取材を終えるが、雪で封鎖されてもう一泊して目覚めると、また同じ一日が繰り返され、その後も同じ一日は何度も何度も繰り返されていくうちに・・・・・

どっからどうみてもビーバーに見えるモグラちゃんの占いは、実際に行われている行事らしい。
イエスマン同様、自分の態度しだいで、物事はいい方向へ向かっていく~という、分かりやすいお話。
シャツインと、カーリーヘアーが懐かしすぎて痛い。





「荒野の七人」 (1960年)
画像
画像



メキシコの寒村では、収穫期に野党に襲われ略奪されることに頭を悩ませていた。
銃を買いに行った街で見つけた腕利きのガンマン クリス(ユル・ブリンナー)やヴィン(スティーブ・マックイーン)たちに訳を話し、村を救ってもらう約束をする。
村にやってきた7人のガンマンは、次第に村人達と心を通わせていくのだが・・・・


さすがに私の生まれる前とは!!
なのに、古臭くない~やっぱり名作は名作だわっ♪
ユル・ブリンナーとスティーブマックイーン、格好良すぎ!!!
「seven samurai」と、テレビでも紹介していた。





「ミュンヘン」 (2005年)
画像
画像
画像





ミュンヘンオリンピック開催中に、イスラエル選手団が全員殺害された。
報復を企てたイスラエル秘密情報機関モサドは、アヴナー(エリック・バナ)をリーダーとする暗殺チームを編成。
4人のスペシャリストと共に、アラブの指導者11人を暗殺していくが、反対に敵からも狙われるようになっていき・・・


苦悩するエリック・バナが素敵☆
1972年に実際に起きた事件をモチーフにしているらしいが、歴史にうとくて、置いて行かれてしまった・・・・(汗)
というより、テロという考え方についていけない私。
報復に対して報復・・・・・終わらない戦争は哀しい・・・・






「ハンニバル ライジング」 (2007年)
画像画像









1944年、城で暮らす名門レクター家は、山小屋へ避難するも戦闘に巻き込まれる。
幼い妹と生き残ったハンニバル(ギャスパー・ウリエル)だったが、脱走兵に妹を連れ去られる。
8年後施設から脱走したハンニバルは、訪ねた先にいた伯父の日本人妻レディ・ムラサキ(コン・リー)に助けられる。
そこで武道を教わったハンニバルは、脱走兵を探し出し復讐を遂げていくうちに・・・・

あの!天才にして狂気のハンニバル・レクターが、実はもとは普通の少年で、殺しはかわいい妹への復讐のためだったなんて、なんだか殺しを正当化しているみたいで、納得できーんっ!!

しかも、恐ろしい狂人殺人鬼レクター博士のきっかけを作ったのって、日本の影響?
さらし首は、日本だけの文化じゃないのに・・・・
レディ・ムラサキ(笑)は、武道だけじゃなくて、武士道を教えるべきだったのでは?

コン・リーは日本人っぽい顔立ちだけど、日本人を使って欲しかったな。

最終的には若きハンニバルが、レディムラサキに「愛してる!」って言った言葉に、彼女がつれない返事をした(聞き取れず)のが、実際に彼を狂気に向かわせたのだけど・・・・
ひどすぎるぅー


DVD表紙では、恐ろしげな顔のハンニバル。実際はこんなに美しい顔立ちの青年だったとは。
彼が、次第に狂気の殺人鬼に変貌していく表情が、実に上手い☆



だけど、レクター博士には子供の頃から変態でいて欲しかったなぁ~
(っていうか、頬肉を食べるきっかけが、結局わからなかったよ)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ねこのひげ
2010年07月05日 17:22
『恋のデジャブ』は、何の知識もなく見始めて、おなじことがなんども繰り返されるので、壊れた?と最初は思いましたよ。(^^ゞ
タイムトラベル物だったんですよね。
おおげさなCGシーンがないのがよかったかな?
『荒野の7人』は言わずと知れた『7人の侍』で・・・
『レクター』は理屈が突き出すと面白くないですよね。
といったところかな?
由香
2010年07月05日 21:10
こんにちは~♪
DVDをサクッと纏めたんですね^^
一度始めるとクセになっちゃうよ~楽だし(笑)
私なんて最近、「いいや、サクッと纏めで」ってスグ思っちゃう。アハハ、、、

で、、、ハンニバルのギャスパー・ウリエル君は綺麗でしょう?好きなんです、私。
最近あまり見なくて寂しい、、、

イエスマン~は映画館で観たけど、そんなにピンとこなかったなぁ~

いよいよトイストーリーが公開されるよ~
予告を観て毎回涙が滲むのよ、、、3Dメガネが曇りそうだから2Dで観ようと思っています(笑)
mig
2010年07月05日 22:38
なつかすぃ!
ビルマーレーのはいいタイミングで観てくれました!なんてね☆
荒野の7人観よう思いつつ早数年…
イエスマン好き♪
いま帰宅途中 なかなか面白い映画試写と、ジュードも観てきたよ♪
掲示板に書き込んだので観てね☆
タイ料理★
アイマック
2010年07月05日 23:23
「荒野の七人」はTVでみたことあります。
おもしろかったですよ。さすが名作ですよね。
ユル・ブリンナーとスティーブマックイーン、かっこよかったです。
たまにはこういう映画もみたくなりますね。
ノルウェーまだ~む
2010年07月06日 06:10
ねこのひげさん、こんばんは☆
私は英語鑑賞に備えて、大体のあらすじを予習してから見ているので、さすがに壊れたとは思いませんでしたが、このしつこく繰り返す毎日で、しっかりフィルの苦悩も感じることが出来ました。
タイムトラベルなのか、デジャブなのか・・・
ノルウェーまだ~む
2010年07月06日 06:13
由香さんのマネっこしちゃった☆
やってみると、楽だね~
結構DVDで見たり、テレビで見たりした映画いっぱいあるのだけど、あえて1本レビュー書くほど感動もしなかったし・・・みたいなのって、割とあるよね。
これから、サクッとシリーズしちゃおうかな☆
ノルウェーまだ~む
2010年07月06日 06:24
migちゃん、翔さんグランプリおめでとう!!
すごいすごい!!
今回は「くらげくん」を見られるのかな?

ビルマーレイがグットタイミング?何だろー?
ジュードの映画もう観たの??
私の帰国頃、いい試写会あるかなぁ?
ノルウェーまだ~む
2010年07月06日 06:29
アイマックさん、こんばんは☆
最近はデジタル処理をしているのか、素朴さを残しながらも古い映画を綺麗に観ることができますよね。
ストーリーはちょっとのんびりしているけど、筋立てがしっかりしているのでやはり、名作!は良いです☆
みすず
2010年07月06日 08:28
おはよ~♪

最後のハンニバルぐらいかな、見たことあるの。
うん、子供の頃からの変態(爆)でいて欲しかったね!
こうやってまとめるのっていいね~♪
そうそう、1本にするほどの映画じゃないのあるし、古い映画って見ても1本って書きにくい^^;
ノルウェーまだ~む
2010年07月06日 20:10
みすずちゃん、おは♪
そうなのよぉ~
1本書くほど感動しないと言うより、「あー、見なきゃよかった、時間の無駄!」っていう映画もあって、そうなるとサクッと書く気にもなれなかったり・・・
ハンニバルは1本書きたかったけど、ちょっと時間の関係でパスしちゃった。
惹きこまれる作品ってあるよね☆

ハンニバルはできればオーメンっぽくあどけないのに恐ろしいかんじでいってほしかったわ☆
hino
2010年07月07日 09:09
懐かしいのが出て来てきたー!!荒野の七人 
当時子供ながらにスティーブマックイーンがすごく好きでした。

ミュンヘンは劇場で観たっけ。重々しく疲れて帰ってきた記憶が。

ハンニバルの若い頃を演じた俳優は、ロブにちょっと似ていない? 色白に撮影されているだけかっ(^^?

もう少しだねーー!!単身一時帰国って、独身貴族ってこと?
いーなー



ノルウェーまだ~む
2010年07月07日 16:43
hinoちゃん、忙しいのにありがとう☆
単身貴族なのかっ?私。
なんか遊びそうだけど、結構用事がある・・・(はずなのに、いっぱい抜け落ちそう)こなせるかしら~

私もスティーブマックイーンが好きだったの子供の頃って、渋い役者さんが好きだったなぁ。実はチャールズ・ブロンソンも好きだったわ。

この記事へのトラックバック

  • イエスマン“YES”は人生のパスワード

    Excerpt: ちょっと前に観たんだけど、感想が遅くなっちゃった~ブヒ【story】カール(ジム・キャリー)は、面倒くさい相手からの電話はいっさい出ず、友達からの誘いも何かと口実をつけて断わり、勤め先の銀行ではローン.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-07-05 21:05
  • ハンニバル・ライジング

    Excerpt: 映画鑑賞前に、原作を読了した。原作には、生意気にも、芝居がかった語り口調と残忍さ、心理描写の甘さ等を感じたが、映画となるといいのでは・・・と思い、公開を心待ちにしていた。なんたってギャスパー・ウリエル.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-07-05 21:06
  • イエスマン "YES"は人生のパスワード

    Excerpt: 作品情報 タイトル:イエスマン "YES"は人生のパスワード 制作:2008年・アメリカ 監督:ペイトン・リード 出演:ジム・キャリー、ゾーイ・デシャネル、ブラッドリー・クーパー、ジョン・マイケル・ヒ.. Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★ racked: 2010-07-27 04:21