「アバター」 3D新時代

もし3D映画が、これからの映画新時代の幕開けなのだとしたら、もう新時代など来なければいい・・・・・



画像
 「アバター」 公式サイト



<ストーリー>

元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)は、事故で車椅子の生活を余儀なくされていた。
双子の兄弟のかわりに、衛星パンドラで行われる『アバター・プロジェクト』への参加を要請されたジェイクは、パンドラの先住民ナビィと人間の遺伝子を掛け合わせた肉体に、意識を送り込むことでパンドラを自由に動き回れる体を手に入れた。

パンドラの天然資源をめぐり、先住民を納得して移住させる任務を負ったジェイクだったが・・・・・・




画像
圧倒的発想のパンドラ世界
どこかラピュタなイメージもあるけど・・・・?
人間に空気が合わないという設定らしいけど、これだけの岩?島?が浮かんでいるのだから、重力も違いそうよ?





紙芝居からアニメーション、そしてCGへと・・・・・
いつか3Dの時代が来ることは、21世紀がドラえもんの未来のような姿じゃ決して無いと解った今でも、しっかり現実味のある話なのは、自分なりに理解している。


しかーし!
私の脳は3Dを受け付けない。

これは慣れの問題ではないのだ。


「3Dの必要があるの?」と、りょうたからも素朴な疑問。
「うーん、3Dじゃないと見る必要もないオーソドックスな物語だから、3Dにしたんじゃないかな?」



画像
もう自由に歩き回れないと思っていた体が、自由に動く嬉しさ!
うんうん、良く分かる~




将来、こんなイメージプロジェクト事業ができそう♪
そのかわり、現実とアバターの区別がつかなくなって、中毒患者とか(やめられなくなる)食事を忘れて病気になる人とか出たりして・・・・・(汗)



しかしこんなすごい技術があったら、体を簡単に治す技術が出来そうだけど・・・・・



画像
一緒にプロジェクトを開発するメンバー
どうしても馴染めないアバターの姿も、意外に表情が豊かなので、段々と愛着がわいてくる。
特に、博士のシガニー・ウィーバーは、アバターになったほうがちょっと可愛らしい。(笑)



私はとにかく酔いやすい。
路線バスに乗っていても気分が悪くなることもある。
りょうたもその傾向があるのか、時々めがねをはずしては、「2Dのほうが観易いよー」と嘆いていた。

もう、最初の飛行機に乗っているシーンからちょっと「う・・・・」と思ってしまった私。
しばらく脳が麻痺した状態になり、リセットして3Dを受け入れるまで、数秒気を失っていたようだ。

いつも戦闘シーンで寝てしまうのと、関係しているかも?



私がカプセルに入ったら、中でゲロゲロになってしまうに違いない。(次の人ごめん)





画像
先住民を説得する予定を完全に無視して、さっさと戦闘にもっていくパターンは、もう何度も見たようなありきたりな展開で、辟易としてしまう
パンドラに住む動物はほとんど恐竜だし、戦闘機もどこかで見たような・・・・


先住民の生活を脅かして天然資源を奪おうとした人間が、最後にやられてしまう・・・・のは、自分たちの過去を悔いているのか・・・?
それなら他国で戦争するのは、もう止めてほしいわ。






でも!パンドラの世界はすばらしい!!
ふわふわと浮かんでいる綿っぽい生き物とか、皆が大事にしている神聖なる木の質感など、これぞ3Dのなせる業☆


画像
3Dにする意味を考える
CGでも十分リアルを追求できる技術を超えて、3Dにする意味を、ちょっと考えてみた。
リアルを追求しても、お話はファンタジーだ。
古く新鮮味の無いお話を、最新鋭の技術で見せる。
まるでディズニー映画のような、恋の物語に、3Dのリアルさは必要だったの?




しかもCGでありながら3Dの映像は、私には情報量が多すぎて、もうお腹いっぱいを通り越して吐く寸前だった。(気持ち悪いわけじゃなく)

人間は、必要な情報を選択して、見たいものだけを見られるように脳が出来ている。
それなら3Dが、まず最初に省かれる情報なのでは?

想像力が人間を進化させてここまできたはず。
CGでも十分、ともすれば動かない映像や、音の無いパントマイムだって、人間はイマジネーションを膨らませて楽しむことが出来た。





おりしもゴールデングローブ賞で、作品賞、そして監督賞に選ばれた「アバター」
人々の『想像する力』が、3Dで全部用意してあげることによって失われていき、最後は進化することもやめてしまうのだとしたら、3D新時代は、人間の新時代を奪ったも同然なのでは?と思わずにいられない。






この記事へのコメント

2010年01月20日 22:54
まだ~む★

こんばんは♪

出たねーー
アバター、3Dの必要あるかはおいといても
わたしも3Dなかりになるのは絶対にイヤ。
映画っていろんな技術が進歩して変わるけど
ストーリーの面白さで見せるっていう本来の映画の面白さ
忘れたくないもん。

友達も、アバターをアイマックスシアターで前の方でみたら
相当酔ったっていってたけど、
酔いやすい人は大変よね~!
乗り物酔いの薬飲んでもダメだろうしね? 笑
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 23:49
migちゃん、ようやく書いたよー!
みんなが絶賛している映画を、こき下ろしてしまって、ちょっとビビッている私。
確かに映像の美しさと発想の豊かさは賞賛すべきなんだけど、技術ありきに時代がなっているとしたら、哀しいことだと思うのでした。
それに薬飲んでまで観たくないのだっ!
2Dでも十分立体に見えるし☆
2010年01月21日 00:28
うわぁ~なかなか辛辣ですねぇ。
でも、書いてらっしゃることはなるほどなぁ~と思います。
思いますけど、あたしはやっぱり結構楽しめてしまったので、
ちょっぴり居心地の悪い想いがしちゃいましたです(;・∀・)
KLY
2010年01月21日 00:47
一つの分野として新時代を切り開いたのは間違いないかなと思います。でもmigさんの言うとおりで、それだけになるのは私も嫌です。この間見た「倫敦から来た男」なんてモノクロだけれどその光と陰の使い方が絶妙で魅せられましたしね。
ストーリーも映像も映画を面白く見せる要素の一つですからどちらかに偏ることは当然あって良いと思いますけど、全員同じじゃつまらないですよね。
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 01:36
miyuさん、こんにちは☆
きっと私がへそ曲がりなのでしょう。
皆がボロクソに言った「2012」のほうが、皆が絶賛している「アバター」よりリアル!とか思っている時点で、相当へそが曲がっているわけで。
といっても、3Dが体質的に合わないので、ここはご容赦を~
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 01:43
KLYさん、こんにちは☆
この映画を絶賛なさっているKLYさんからのコメが気になっていました。
勿論3D映像を楽しむ映画も、あってもいいですね。
ただ、全世界が3Dに浮かれて、ストーリーをないがしろにしていく傾向があったら、哀しいです。
おっしゃるとおり、様々な映画がこれからもドンドン出てくることを期待しましょう☆
2010年01月21日 03:00
辛らつですね。
小説が存在し、たいていの映画が原作小説を超えられないと言われているので、人間の想像力は大丈夫でないかと。
映画は、監督より脚本が命だと思っていますので、ストーリーの蔑ろな作品は受け入れられないですよ。
しかし、映画ではサイレント、モノクロと無くなってきていますから、メガネが不要になると3Dばかりになるやもしれませんね。逆にシネラマと70mmが消滅したというのもありますけど。
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 05:29
バラサ☆バラサさん、こんばんは☆
わー、メガネ無しで3Dの時代が来たら、私はもう映画を止めないといけないです。
3Dで浮かれている世界の人たちに、ちょっと醒めた目を向けているのは事実ですが、実際私は3Dが好みに合わなかったのではなく、気分が悪くなっちゃうので、体質にどうしても合わないのです…(涙)
きっと、3Dを存分に楽しめる脳があったら、拍手喝采を送っていたと思いますよ~
「アバター」はストーリーも新鮮味はなかったので、今は映像が斬新ですけど、これから3D全盛期になったら、脚本の物足りない映画は淘汰されていくのでしょうね。
2Dでも3Dでも存分に楽しめる素晴らしい作品が、ドンドン増えていってくれると期待します♪
2010年01月21日 08:05
こんにちは~♪

あらら、、、まだ~むさんは辛口ですね~
私は3D映画が結構お気に入り。
勿論猫も杓子も3D映画になるのは嫌だけど、そうはならないと思うし、一つの表現方法として3Dもアリかな♪と。
クリスマス・キャロルの時の3Dなんて感激しちゃった~
スッゴク美しいんだもん。

アバターはシンプルなストーリーだけど、宮崎アニメっぽい雰囲気があったせいか馴染めました。
ナヴィたちも最初はキモイと思ったんだけど、だんだん愛おしくなったわ~
2010年01月21日 08:13
おはようございます(でしょうか)。
私も3Dは、あまり好きでもありませんでした。その場にいるような、という経験でもなく…。
テレビでも3Dが出てくるという今年ですが、どうなっていくのでしょうね。
また遊びにきてみますね!
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 08:23
由香さん、こんばんはー☆
哀しいかな3Dが体質に合わなくて、目が漫画で渦巻きを描くみたいに、ぐるぐるになっちゃうの。
私の脳が、みなさんのように追いつけないのかも。
(容量が少ないのか??)
3Dでも2Dでもどっちでも楽しめる内容の濃い映画をつくってほしいな。
2Dでも最近はすごいキレイで、立体的だよね。
ナビィも慣れると可愛く見えてくるよ、確かに!
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 08:28
ボーさん、ようこそ!
どなたかのところで、ボーさんが3Dがイマイチと書かれていらしたので、よっしゃーっ!と思っていたところです。
誰でももろ手を挙げて3Dすごい!!って書いているので、そうじゃない人がいてもいいのに~と。
だって、好き嫌いじゃなくて、目が回っちゃうんだもん。
またお付き合いよろしくお願いします~♪
ひろちゃん
2010年01月21日 10:53
まだ~む、こんにちは♪
まだ~むは、イマイチ(もっと辛口?笑)だった
みたいですね(^^;
私は三半規管が弱く車でもバスでも酔います(^^;
なので、映画はいつも最後列で観てます。
ですが、今回は映画館の3D方式が良かったのか
メガネが軽かったので、頭痛もなく、酔うこともなく
楽しめました♪

まだ~むの感想は辛口ですが、楽しい(笑)
中毒患者にならないのかとか、こんなに科学が進んで
いるならからだも治せそうとか、シガニーはアバターの
ほうがかわいいとか読んでいて可笑しくて可笑しくて
(笑)いちいちごもっともだと思いました(^_-)-☆

映画がすべてが3Dになってしまうのは、困りもの
ですが、こういう作品がたまにはあってもいいかなと
思う私です(^_-)-☆

2010年01月21日 11:03
こんにちは。

いやあ、ぼくが思っているのと同じようなことを
ここまで書いていただけるとは…。
もやもやが取れてすっきりしました。

映画は確かに、サイレントモノクロから
カラートーキーへと変わりましたし、
SFX、CGも発展してきたのですが、
今回の3Dは、果たしてその流れの中に位置づけていいのか…。
パンフォーカスをはじめとする、
さまざまな映像表現の試みと、その意味はどうなるのでしょう?

実は、アニメの『コララインとボタンの魔女 3D』も
映画としてはとてもオモシロいのですが、
やはり目が疲れてしまいました。
しかも2Dで観たという人の感想によると、
もっと明るくってきれいだというではないですか?
3Dになるということは
人形劇を角度を変えてみているのと変わらなくなるのでは?
という懸念も生まれた、複雑な鑑賞でした。、
マリー
2010年01月21日 11:33
こんにちは~~♪
やっぱり3Dは合う合わないってあるよね~~~。
正直、私もあんまり好きじゃないので 映画が全部そうなってしまったら嫌だ~~と凄く不安です。
想像力を働かせるって人間にとって、とっても重要なことだと思うし(パルナサス博士の想像力、今日行くよ~ 関係ない?笑)
見たままを受け入れるだけなんて、人はどんどんバカになっちゃうかも~。。。

た~ま~になら3Dもあってもいいな。ぐらいの私は
まだ~むと一緒。なくてもいいや~。

ストーリーもダメだった?
私はベタなの好きなので、こっちはおっけ~だよ♪
(ホント、ベタだったね~~)

シガニーは確かにアバター時の方が可愛かった!
しっぽ?といい、衣装といい(笑)
2010年01月21日 12:32
こんにちは。TBありがとうございました。
おっしゃっている事はすごくごもっともで、私も同感です。私が観たのは2Dでしたが、圧倒的な映像美は十分すぎるほど伝わってきましたよ。でも3D映画も一度は体験はしてみたいですけどね(^^ゞ。映画が全て3Dになる事はないと思いますが、この「アバター」のように3Dありきで映画を作られると、内容はありきたりで使い古された平凡なストーリーで、おざなりに済ませてしまっても許される・・・みたいな空気になってしまうのが怖いです。(^_^;) 

先日、台湾で何かの持病の有る方が「アバター」を見ている時に脳内出血を起こして、搬送先の病院で亡くなられていましたわ。やはり3Dと言うのは目から入って来る情報量が多すぎて、知らない内に脳がパニックになってしまう場合も有るのかも知れません。
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 16:57
ひろちゃん、おはよー!
同じく三半規管が弱い人は、苦労しますね~
3Dで吐きそうになるほど酔ったわけではないのだけど、どうもいけませんな。
3Dは勿論すごい技術で、この先の未来を予言していると言う点で、すごい作品なのは私も認めているところなのですよん。
でもお話は単純だから、もしや3D映像にみんなごまかされているんじゃないかなーと、ちょっと世界中の人が浮かれまくっていることに不安を感じちゃったのでした。
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 17:01
マリーさん、おっはー♪
わーい、一緒だぁ!
私も勿論たまには3Dを観るのも楽しい☆と思うよ。
これからは、もっともっと上質のストーリーで、更に素晴らしい映像の作品が増えていくと思うので、期待しちゃうわ。
だけど2Dでも観られるように、必ず選べるシステムにしてもらわないと、ホント脳がグルグルしっぱなしになっちゃいそう…
これから3D映像のテレビとか出てきたら、ついていけなくなっちゃうのが心配…
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 17:06
えいさん、おはようございます☆
なるほどー、えいさんのレビューは何かオブラートに包んでいらっしゃると思っていましたが、同じ意見でしたね。
勿論、これからの可能性の第1歩としての「アバター」は素晴らしい歴史に残る作品となったのですが、こうして全世界が浮き足立っているのをみるにつけ、何か心配になってくるのでした。
確かに3D作品を2Dで見ると、すごく明るくて、しかもちゃんと立体に見えますよね。
苦労して3Dに仕上げる資金を、また別のところにかける勇気も必要かな~と。
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 17:11
ミストさん、ようこそ~☆
全世界でひとりぼっち的に、取り残されたかんじの私でしたが、同じ意見の方がぼつぼつ現れてくださって、救われました。
うへー!死んだらいやだよー!!
多分、私も脳みそが小さいのか、情報量をコントロールできないのでしょうね~
これからの映画界が、様々に選択肢のある見方ができるようになることを心から願いますね。
Matthew
2010年01月21日 18:07
こんばんは。
ノルウェーまだ~むさんの感想には、同感ですね。
3Dに合う映画もあれば、合わない映画もあると思うし、何より、視界をメガネによって限定されてしまうのがツライです。
3Dメガネも、映画館によって、見え方違う(?)ような書き込みもドコかで、見ましたので、恩恵に与れるところとそうでないところもあるようです。
自分も「2000円(一律料金)出して、この程度か」と思ったので、きっとハズレだったんですね。
酔うほどのリアル感、味わってみたかったですね。
2010年01月21日 18:14
こんにちは♪
あちゃー、まだ~むさんも3Dは合わなかったですか。
私も頭痛がしてきて観てる所じゃなくなってきましたから^^;
映像はとてもきれいでパンドラの世界が素晴らしかっただけに思いっきり楽しめなかったのは残念でした。
2Dで見直したらそちらのほうが私には合ってたようです、、、
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 19:15
Matthewさん、ようこそ!!
映画館に寄って3Dの見え方って違うんですねー
私は酔うほどの臨場感を味わうと、ゼッタイ酔うので、多分一生3Dは楽しめないんだろうなぁ…
ミストさんの書き込みで、脳内出血を起こして亡くなった方がいたとあったので、ますます不安に。
観ている間に頭が爆発するかも!きゃーっ
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 19:19
ykaeinさん、一緒です~☆
よかったわ。そういう人が他にもいて。
私もきっと2Dで観たら、その素晴らしい映像美に酔いしれたのかもしれません。
だって、十分立体だもの、2Dでも。
きっと私なんかは脳のキャパシティーが、2Dまででいっぱいいっぱいなんだろうなぁ~(涙)
2010年01月21日 19:45
拍手!(笑)
私も周囲のあまりの評価の高さには肩身の狭い思いをしていましたが、「そうですよね!」って一緒に声高に言いたくなりました。
3Dの技術は素晴らしいと思うし否定もしませんけど、だからといってALL okとは到底思えない映画の内容だったと思いましたし。

ところで「体を簡単に治す技術」について、これはこの世界で既にあるみたいでしたよ。ただし莫大な費用がかかるから個人では・・という感じで、大佐のジェイクのスパイ報酬は「足を治す」だったはずです。

「アバター」という概念と似たところで、明日から「サロゲート」が公開です。私はコッチに期待してます(^^)
ハG・・もとい、ブルース・ウィルスだし(爆)
Hitomi
2010年01月21日 20:02
ノルウェーまだ~むさん、こんばんは。

3Dの映像は素晴らしく一緒に体感してる感じはとっても良かったです。特に後半の戦ってるところは良かったと思いました。

しかし、3D映像で3時間弱の上映は長すぎる感じがしました。私は字幕で鑑賞したので、しばらく頭痛や目疲れが治まりませんでした。
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 20:19
たいむさん、こんにちは☆
ぎゃはは・・・はG…もとい!のブルース・ウィルスですね!
あれもアバターに生活を任せる話だけど、もうそんな時代が来たら、ホント私困るなー
体を治す技術は確かにスパイ報酬だったけど、個人レベルでは未来でもお金がかかりすぎるなんて、寂しい話だよね。
分野が違うけど、栄養ドリンクみたいに飲んだら細胞が再生されちゃうお薬とか、将来安く出来たらいいのに~
ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 20:22
Hitomiさん、こんにちは~♪
普通の人でも目が疲れちゃったんですね~
私は「字幕はやめたほうがいいよ」って聞いていたので、吹き替えで観たにも係わらず、情報量が多くて頭で処理できなかったですよ。
こういう脳に直接影響する映画を、子供の頃から見続けると、どうなっていくんだろう?
2010年01月21日 21:07
主人公はキャメロン監督の投影ですからね。
車椅子というのも『タイタニック』という呪縛のメタファーでしょう。
ですから主人公がアバターとリンクして一番初めに走りまくったシーンはまさにキャメロン監督の本音だったと思いますよ。
『タイタニック』の呪縛から逃れた~!って。
ノルウェーまだ~む
2010年01月22日 00:12
にゃむばななさん、こんにちは☆
なるほどー、いつも深い話ありがとうございます。
『タイタニック』の呪縛から逃れて、自由に走り回るシーンは、こちらまでウキウキとしてきました。
そんなキャメロン監督が、「タイタニック」の3Dを作るのは…?
泳げない私、3Dで溺れるシーンを観たら、吐く前に窒息死しそうです。
ノラネコ
2010年01月22日 00:28
う~ん、なるほどね。
私などは3Dだからこそ成立していると思いましたが・・・・
宮崎アニメの影響はキャメロン本人も認めてる通りですが、これは宮崎へのキャメロンからの返答でもあると思います。
聞いてみた訳ではないですが、宮崎さんはこれを見て相当悔しい思いをしているんじゃないかと思いました。
アニメでは決して描けない物が、やはり実写にはあるので・・・。
もちろん逆もあるのですけどね。
2010年01月22日 00:41
何時もお世話になっております。

そのお気持ち良く解ります。

私も3Dで鑑賞しましたけれど、確かに技術は認めますが、この技術が必ずしも作品によっては必要なのかな?というのが私の気持ちです。
それに鑑賞後疲れ果ててしまいました・・・
多分3Dに耐えうる鑑賞時間は2時間が限界だと思うし、映画館って特等席は中段から後方の中央と言われますからそれが前方になるようなものですのでそれなら2Dで1番前で観た方がまだ良いのでは?と思ってしまいます。
おっしゃる通り映像だけ凄くてもストーリーが拙かったら作品の意味合いがありませんしね。
次回作は広島長崎の原爆を撮るなんて言っておりますが、そんな危険過ぎる映像を3Dでやったら心臓が悪い人には良くないでしょうね・・・3Dに酔い痴れるのも考えものなのだと私は思います。
ノルウェーまだ~む
2010年01月22日 03:23
ノラネコさん、こんばんは☆
なるほど3Dだからこそ成立しているとうのは、確かにありますが、2Dでもかなりの立体感と疾走感を味わうことが出来そうでしたよね~
宮崎アニメは、その独特の世界観が群を抜いて独創的だったので、多分3Dも2Dもアニメも関係ないっていうくらい、雲の上をいっているようにも思えるのですが…
ノルウェーまだ~む
2010年01月22日 03:30
PGM21さん、ようこそ!
うわー、広島長崎ものを3Dでやったら、間違いなく頭吹っ飛ぶ人が出そうです。
子供が見たらトラウマですね。
新しい技術なので、まだ解りませんが、もしかしたらこれだけ体にくる3Dって、人体への影響を考えていかなくてはいけないかもしれないとちょっと思いました。
例えば、悪の組織によってサブリミナル効果な映像を、3Dという多くの情報のなかに仕込ませたら、脳にダイレクトに洗脳作用が起こったりして…(映画見過ぎ~)
hino
2010年01月23日 09:52
傑作な映画評論に拍手!
まだ~む、あまのじゃくだったの?!(笑)
尚更、大好きーーっ(^^)b

うちは一家でアバター観に行ったら、直前で完売と言われ、泣けた。
そんで、カールじいさん普通版のしかも吹き替えを観ました。泣けた。

私はまだ~むみたいに乗り物酔いしないけど、アナログ派リアル派なので特撮映画は感心していないんです。マトリックスのようなのから、ハリポタなどのファンタジーもの、アニメ、ついでにミュージカルもあんまし~でござる(言っちゃった@@、言っちゃった@@)

リアルで重いやつが好みなんだ~。ラブもんばっかりって思わないでくで~。

昨日、「パジャマズ」をレンタってきました!ようやく観れます(><) とっても楽しみです。

良い週末を!!


ノルウェーまだ~む
2010年01月23日 10:02
hinoさん、こんばんは!!
更新ないから、受験親子で頑張っているのかなーと思っていたの。
カールじいさん、普通版吹き替えって、超泣けるねー(爆)
リアルで思いの好きなら、やっぱ「闇の子供たち」とかあと「アンテナ」見てみて~
「パジャマズ」レビュー楽しみにしているよ。
ただし、子供が寝てからね☆
2010年01月23日 10:08
こんにちはー♪

うん、2Dでも立体に見えてたね!
わたしも途中で気持ち悪くなり、付けたり外したりしてたけど、色の綺麗さは眼鏡ない方がいいよね^^

まだ~むさんがおっしゃるように、ストーリーはありきたりだったね^^;
戦闘シーンはスターウォーズ連想して似てる似てるって思いながら鑑賞しちゃった^^
2010年01月23日 18:25
ノルウェーまだ~むさん、こんばんは!

3D、ダメでしたか~。
僕は本作を観て、この表現に可能性を感じました。
トーキーになって音が映画表現の一つとして取り込まれ、カラーになって色が取り込まれてきたので、3Dが新しい映画表現を生み出すきっかけになりそうな気がします。
無論今でもモノクロ映画があるように、すべて3Dにはならないとは思いますけれど。
あとは普及するにはあのメガネかな・・・。
あの面倒臭さがなくなればもっと楽に観れるのに。
ステレオの映画を観るのに、ヘッドホンをつけているようなものですからね。
これは技術の進歩に期待しましょう。
ノルウェーまだ~む
2010年01月24日 07:09
はらやんさん、こんばんは☆
そうですねー。
3Dをメガネなしで観られて、しかもどの位置から見ても立体で、そして気分が悪くならない映像の時代がきたら、わたしも観ることにしますね。
どんなものも発展途上は何かと不都合があるものだから、それがどんどんと進化していくのだと思います。
明るい未来になることを是非期待しましょう☆
ノルウェーまだ~む
2010年01月24日 07:12
みすずさん~酔う人は辛いよね。
まだ3Dの初代映画だから、改善の余地はあるのでしょうね。
2Dのほうが、ずっと色が明るくキレイだし、しっかり立体に見えるから、私は当分2Dで楽しむことにするわ。
2010年01月24日 15:45
ノルウェーまだ~むさん、こんにちは。

>現実とアバターの区別がつかなくなって、中毒患者とか(やめられなくなる)食事を忘れて病気になる人とか出たりして

これ、先日みた「サロゲート」状態です(笑)
理想郷を求めて怠惰になる人間。
「ウォーリー」もそうでしたね。

まだむさん、体質的に合わなかったんですね。
私も不安イッパイでしたが大丈夫でした。
一度克服すると安心感は持てますので、もう一度トライしてみて~「アリス」もあるし!(フレーフレー!)
これからますます3Dは増えるでしょうが、2Dも同じように上映して欲しいですよね。
ノルウェーまだ~む
2010年01月24日 17:34
オリーブリーさん、おはようございます☆
私は「サロゲート」見てないのですが、なんとなく似ているかも~と思っていました。
そんな未来が来るのでは、思い遣られますね。

3Dも時間が経ってみると、結構いいのかも?と思えるようになってきたので、「アリス」で最挑戦してみようかな・・・
2010年01月24日 20:13
こんばんは!
3Dの苦手な人には苦痛ですよね・・
ストーリーよりも映像を楽しむような映画だもんね。
イマジネーションの世界も次の段階にはいった形になったんだろうね。
今やTVも3Dの時代に入ろうとしてるので、人間の五感がついていくのに大変かもしれないね^^;
ノルウェーまだ~む
2010年01月25日 00:28
アイマックさん、こんにちは☆
いやー、テレビまで3Dになったら、いったいどうしたらいいのでしょう?
人間の五感は研ぎ澄まされていくのかな?それとも後退していくのかな?
人間に役立っていく方向へ進んでいくといいですね。
2010年01月26日 21:42
私も3Dはあまり好みでなく、今まで見たこと画ありませんでした。
でも、3Dなるものも一度見てみたい~と行きました。
が、この映画すごく良かったです!

シガーニー・ウィーヴァーのアバター、可愛かったですね(笑)。
彼女は絶対死なないと思っていたのですがね。。。
エイリアンには強かったけど、この場合は異星人の味方側だったですからね~(笑)。
ノルウェーまだ~む
2010年01月27日 17:09
小米花さん、おはようございます☆
シガニーウィーヴァーがとっても女性らしいかんじがしましたよね。アバターも博士の時も。
3Dは真ん中より後ろで見たほうがいい、と聞いたので、私も毛嫌いしないでもう一度チャレンジしてみようかな。
hino
2010年03月01日 16:48
まだ~む、こんにちは!

あたいもアバター観て来ました。
これ系まーったく興味なかったのに、ミーハーな家族に押し切られ。。

ところがどっこい、乗り物酔いとかないせいか、楽しめちゃって恥ずかし(*^^*)

まだ~むの突っ込みどころもほんとそうで笑えました。

マトリックス系はだめなんだけど、これ系はたまーにならいいなあって。
アリスも、これなら面白いかなあって。

シガニーがあそこで生き返らなかったところに、リアルさを感じ満足できました。自然の力って自然にのっとったものであると。変に奇跡ばかり起こしてたら、リアリティーないもんね。

アリスだったら、また観てもいいかな~と思える3D体験でした。 

ノルウェーまだ~む
2010年03月01日 17:16
hinoちゃん、アバター観たのね!
日本は最近でもアバターが一番人気みたいで、すごいよね!
私も乗り物酔いしなかったら、面白かったのかな?
アリスはあの映像だったら3Dもありかも。
今度は真ん中で見て、もう一度3Dに私も挑戦してみようかな☆

この記事へのトラックバック

  • アバター (3Dタイ語字幕版) / AVATAR

    Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 地球に似た青い星.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-01-20 22:49
  • アバター/AVATAR

    Excerpt: 『ターミネーター』、『タイタニック』と日本で最も有名な監督の一人ジェームズ・キャメロンが送るSFアクション超大作。主演は『ターミネーター4』で一躍脚光を浴びたサム・ワーシントン。共演に『スター・トレ.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-01-20 23:50
  • アバター

    Excerpt: 『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年を 費やし、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアクションアドベンチャー 大作。原住民が暮らす衛星を舞台に資源を求めてやってきた.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-01-21 00:08
  • アバター(AVATAR)

    Excerpt: 公式サイト。ジェームズ・キャメロン監督、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、サム・ワーシントン、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ。うへえ、まるで手塚治虫のジャングル.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-01-21 00:11
  • AVATAR アバター 3D吹き替え版 2回目

    Excerpt: <<ストーリー>>元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほ.. Weblog: 映画君の毎日 racked: 2010-01-21 00:16
  • アバター

    Excerpt:  『観るのではない。そこにいるのだ。 もうひとつの体。もうひとつの運命。』  コチラの「アバター」は、「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりの新作となる12/23公開のSFアド.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-01-21 00:26
  • 『アバター』(3D/吹替版)

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「アバター」□監督・脚本 ジェームズ・キャメロン □キャスト サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ラズ・アロンソ、シガーニー・ウィーヴァー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2010-01-21 00:49
  • [映画『アバター 3D・字幕版』を観た]

    Excerpt: ☆今年最後の大作を、<MOVIX昭島>の公開前夜祭で観てきました。  面白かったです!  恋人たちがクリスマスデートで観ても楽しいひと時を過ごせますよ^^(←余計なお世話^^;)    ◇  .. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2010-01-21 01:39
  • アバター

    Excerpt: 2009年12月23日(水) 20:50~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1500円(3Dレイトショー料金) パンフレット:未確認 『アバター』公式サイト ストーリーは凡庸で捻り無く一直線。 これ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2010-01-21 02:48
  • ★「アバター」

    Excerpt: 今週の平日休みは、23日祝日公開の前夜祭という事で上映されてた本作を。 さすがに話題作だけあって、平日PM9:30~の回だけど、 7割くらいの入り。 3D字幕版の鑑賞で、レイトショウ価格+300.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-01-21 03:42
  • 劇場鑑賞「アバター」

    Excerpt: アバター オリジナル・サウンドトラック/サントラ「アバター」を鑑賞してきました時間の都合上、3Dの吹き替え版を。3Dは目が疲れるので、吹き替えでちょうど良いか・・・?今年最後の劇場鑑賞作品。「ターミネ.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-01-21 06:30
  • 「アバター」

    Excerpt:  遥か彼方の衛星パンドラには希少な鉱物があるのだが、そこにはナヴィという原住民が Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2010-01-21 07:10
  • 「アバター」

    Excerpt: 予告編などを見るたびに、わりと楽しみにしていたジェームズ・キャメロン監督作品。 でも、3Dの効果というのが、私にはあまり感じられず。�... Weblog: 或る日の出来事 racked: 2010-01-21 07:52
  • アバター

    Excerpt: 今年最後の劇場鑑賞です―【story】22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで≪アバター・プロジェクト≫に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を作るこ.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-01-21 07:56
  • アバター 3D 日本語吹替え版

    Excerpt: 元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。 パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星.. Weblog: 映画道 racked: 2010-01-21 08:37
  • 『アバター』

    Excerpt: (原題:AVATAR) ----世界中が首を長くして待っていた映画だニャ。 『タイタニック』以来、12年ぶりとなる ジェームズ・キャメロン監督作だよね。 究極の3Dということで注目度は高かったよね.. Weblog: ラムの大通り racked: 2010-01-21 09:44
  • アバター

    Excerpt: かつてない規模のウルルン滞在記。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-01-21 10:31
  • ★アバター(2009)★

    Excerpt: AVATAR観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。上映時間162分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2009/12/23ジャンルSF/アドベンチャー/アクシ.. Weblog: CinemaCollection racked: 2010-01-21 10:55
  • アバター

    Excerpt: 人類は、人間のDNAと、 衛星パンドラに住む、 異種族ナヴィのDNAを組み合わせ、 新しい体を持つ“アバター”を製造。 そのアバターを使って、 衛星パンドラに存在する 高価な、レアメタルを、 力づ.. Weblog: 花ごよみ racked: 2010-01-21 11:12
  • 映画「アバター」の感想です。

    Excerpt: お久しぶりの更新です。「アバター」を観てきたので、私の今年最後に観る映画となるのでUPしてみました。この映画は全編3D映画と言うことで公開前からすごく話題になっていましたが、私が観たのは3Dではなく2.. Weblog: MOVIE レビュー racked: 2010-01-21 11:38
  • 『アバター』 3D

    Excerpt:        もうひとつの体。 もうひとつの運命。『アバター』監督・脚本・プロデューサー・編集・・・ジェームズ・キャメロン出演・・・サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ラズ・アロンソ、シガーニー・ウ.. Weblog: purebreath★マリーの映画館 racked: 2010-01-21 11:55
  • アバター 3D・吹替版 [映画]

    Excerpt: 原題:AVATAR公開:2009/12/23製作国:アメリカ上映時間:162分監督:ジェームズ・キャメロン出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2010-01-21 13:07
  • アバター

    Excerpt: 『アバター』は、次世代のハリウッドを支えようとする、「立体映画」の未来を占う最初の超大作として、巨額を投じ制作された。 私は、新しい地平に踏み出すクリエイターの勇気を賞賛したいし、そういうスタッフ達.. Weblog: k.onoderaの日記 racked: 2010-01-21 15:24
  • アバター、字幕版3D

    Excerpt: 映画史に残るような実写版3D映像が、驚異的な体験をさせてくれる。パンドラが、すべて製作された世界とは思えない。物語の内容が目新しくないことが、この体験をしない理由にはならない。技術の進化を是非体感して.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2010-01-21 16:12
  • 『アバター』3D字幕版

    Excerpt: レビューを書かれている皆さんの評価が高かったので、3D版も観たいと思い、いつもとは違う劇場に、観に行って来ました。 あらすじは、 息をのむほどに美しい遥か彼方のパンドラという星を舞台に.. Weblog: Matthewの映画日記? racked: 2010-01-21 17:55
  • アバター

    Excerpt: 《アバター》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - AVATAR 22世紀、人 Weblog: Diarydiary! racked: 2010-01-21 19:00
  • 「アバター」 第1位

    Excerpt: 上映スクリーン数: 831オープニング水興収: 3億7111万0200円水木金土 Weblog: 映画コンサルタント日記 racked: 2010-01-21 20:26
  • アバター

    Excerpt: ■ TOHOシネマズ 日劇にて鑑賞アバター/Avatar 2009年/アメリカ/162分 監督: ジェームズ・キャメロン 出演: サム・ワーシントン/ゾーイ・�... Weblog: 映画三昧、活字中毒 racked: 2010-01-21 20:57
  • 『アバター』

    Excerpt: これぞジェームズ・キャメロンとリプリーが融合した夢の「アバター」。そしてジェームズ・キャメロン作品の「アバター」であり、彼のヲタクぶりを具現化した「アバター」でもある、まさに最高傑作の名に相応しい映画.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2010-01-21 21:07
  • 「アバター 3D」

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画&amp;nbsp; 町山智浩さんが「IMAX 3Dで観るべき」とおっしゃっていたのでとりあえず近所のシネコンで普通のデジタル3Dで鑑賞。先日ロバート・ゼメキスの「クリスマ.. Weblog: ハピネス道 racked: 2010-01-21 21:16
  • アバター

    Excerpt: 3D 字幕版 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-01-21 21:40
  • アバター (2009) AVATAR 

    Excerpt:  「エイリアン2」のアンチテーゼ?(笑) Weblog: 極私的映画論+α racked: 2010-01-21 21:43
  • アバター

    Excerpt: 構想に14年、製作に4年を費やして「タイタニック」のジェームズ・キャメロンが完成させた大作。2Dでも上映されるが、基本、3D作品。実写での本格的3D作品になっている。 典型的な「ミイラ取りが、ミイラ.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2010-01-21 21:56
  • 2009-101『アバター』を鑑賞しました。

    Excerpt: &amp;#63704;映画を鑑賞しました。&amp;#63893; 2009-101『アバター』(更新:2009/12/23) * 評価:★★★★☆(★★★★★との間) .. Weblog: はっしぃの映画三昧! racked: 2010-01-21 22:51
  • 映画レビュー「アバター」

    Excerpt: アバター◆プチレビュー◆深淵な世界観が見事なSF冒険物語。最新の3D技術で提供される美しい映像に思わず息を呑む。 【90点】 22世紀。戦傷で下半身不随となった元海兵隊員のジェイクは、亡き兄に代わって.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2010-01-21 23:35
  • 【映画評】<!-- あばたー -->アバター

    Excerpt: 地球から遥か離れた惑星パンドラを舞台に描かれる、異文化交流アクション超大作。 Weblog: 未完の映画評 racked: 2010-01-22 00:00
  • アバター・・・・・評価額1800+円

    Excerpt: 言葉が出ない・・・スゴ過ぎる。 「アバター」は、劇場用の長編映画としては「タイタニック」以来実に12年ぶりとなるジェームス・キャメロン�... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2010-01-22 00:25
  • 「アバター3D」先住民の心を知った先にみた本当に守るべきもの

    Excerpt: 「アバター3D」はタイタニックのジェームズ・キャメロン12年ぶりの監督作品で地球から5光年離れた衛星で貴重な資源獲得を目指す地球人が先住民であるナビィを取り込もうナビィと同じ生命体であるアバターで取り.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-01-22 00:30
  • アバター

    Excerpt: 宮崎世界を3Dで 【Story】 下半身不随になり、車椅子生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、衛星パンドラにやって来る。彼は人間と�... Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2010-01-22 00:47
  • アバター AVATAR(字幕3D版)

    Excerpt: [アバター] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年4本目です。 【あらすじ】 22世紀。 戦争で下半身不随となり、車いす生活を送っている.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2010-01-22 01:55
  • アバター

    Excerpt: 戦争で下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、“アバター・プロジェクト”にスカウトされ衛星パンドラにや... Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2010-01-23 00:33
  • 『アバター』(2009)/アメリカ

    Excerpt: 原題:AVATAR監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメロン出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、スティーヴン・ラング公式サイト.. Weblog: NiceOne!! racked: 2010-01-23 08:59
  • 「アバター」:荒川一丁目バス停付近の会話

    Excerpt: {/hiyo_en2/}あら、こんなところに、取り残されたように一軒の家が・・・。三方から攻められたら逃げ場がないわね。 {/kaeru_en4/}おいおい、そんな物騒なこと、言うなよ。 {/hiy.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2010-01-23 10:05
  • アバター:3D上映

    Excerpt:  『アバター』を観た。  元海兵隊員のジェイク・サリー(サム・ワーシントン)は、遙か彼方の衛星パンドラで実行される“アバタープロ... Weblog: みすずりんりん放送局 racked: 2010-01-23 10:08
  • 「アバター」 キャメロンは映画業界の牽引車

    Excerpt: 3D映画元年と言っていい2009年のオオトリを飾る3D映画はジェームズ・キャメロ Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-01-23 18:05
  • アバター

    Excerpt: ・アバター(12月23日より公開 ジェームズ・キャメロン監督 サム・ワーシントン主演) 今話題の映画「アバター」を上映から1カ月遅れで見に行きました。 自分が見たのは「3D」ではなく「2D」の方でした.. Weblog: 充実した毎日を送るための独り言 racked: 2010-01-24 10:53
  • アバター IMAX 3D【字幕版】

    Excerpt: AVATAR(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本・プロデューサー・編集:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/ラズ・アロンソ/シガーニー・ウィーヴァー/ミシェ.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2010-01-24 20:01
  • アバター/AVATAR(3D映画)

    Excerpt: [アバター] ブログ村キーワードアバター(原題:AVATAR)キャッチコピー:観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。製作:2009年(アメリカ)製作:20世紀フ�.... Weblog: 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評 racked: 2010-01-25 16:30
  • アバター

    Excerpt: 『アバター』 ---AVATAR--- 2009年(アメリカ) 監督:ジェームズ・キャメロン 出演: サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング、ミシ.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2010-01-26 21:34
  • アバター 3D <ネタバレあり>

    Excerpt: 3D上映を観てきてんけど 映像がキレーのなんのって 素晴らしいぃぃ今まで観た3Dって 目の前に飛び出てきたり 自分が飛び回ってる感じで目が疲れたり 目が回りまくったりしたけど これは違って スクリーン.. Weblog: HAPPYMANIA racked: 2010-01-28 02:53
  • アバターがタイタニック抜き世界新

    Excerpt: 3D(立体)SF映画「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)の世界興行収入が18億5500万ドル(約1670億円)以上となり、史上最高記録を更新したことが26日、分かった。 Weblog: ワーナーマイカル@シネマコンプレックス! racked: 2010-01-28 12:17
  • 映画:アバター 3D

    Excerpt:  短い映画だと公開から1ヶ月で終わってしまうものも少なくない昨今、公開から約1ヶ月のアバターを見てきました。公開から1ヶ月弱後の日曜のレイトショーなんて普通ならガラガラなのに、めちゃ込みで.. Weblog: よしなしごと racked: 2010-01-29 03:38
  • アバター(アメリカ)

    Excerpt: ゼッタイに劇場で観たい! 「アバター」をやっと観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング.. Weblog: 映画でココロの筋トレ racked: 2010-02-03 16:17
  • シネマ『アバター』のめくるめくばかりの魅力

    Excerpt: シネマ『アバター』の見所 Weblog: マダムNの覚書 racked: 2010-02-04 11:03
  • 「アバター」

    Excerpt: 遅ればせながらの3Dデビューです(^^ゞ Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2010-02-08 13:56
  • アバター

    Excerpt: 評価:★★★★★[5/5] 世界ウルルン滞在記の比ではない(あたりまえ) Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2010-02-17 00:04
  • 『アバター』(2009)

    Excerpt: あの『タイタニック』以来、ドキュメンタリーなどを除くと実に12年ぶりのジェームズ・キャメロン監督の最新作ということで注目され、3Dで公開されるや記録的な大ヒットとなった話題作ですが、どうしてもあの「青.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2010-04-25 08:52
  • 【映画】アバター…3Dと字幕は相性が悪い?

    Excerpt: 昨日{/kaeru_rain/}はまたまた鳥栖プレミアムアウトレットに行ってきました{/car_pink/}{/dododo/} 今回は就職で関東に行く息子{/face_naki/}の普段着を買いに行.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2010-05-01 02:25
  • mini review 10461「アバター」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: 『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げたアドベンチャー大作。ある衛星にやって来た人類と、その星にもともと住む者たちによる激しい戦闘を、迫力.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-06-13 14:28
  • アバター

    Excerpt: 作品情報 タイトル:アバター 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラングほか あらすじ:下半身.. Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★ racked: 2010-08-09 23:25
  • アバター

    Excerpt: アバター / AVATAR かの超ヒット作をレンタルでやっと見ました。 2009年製作 アメリカ映画 製作・監督・編集・脚本:ジェームズ・キャメロ�... Weblog: RISING STEEL racked: 2010-08-26 17:42
  • アバター-映画感想:2010-

    Excerpt: 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ、他 評価:90点 青い顔をした異星人「ナヴィ」たち。 誰かに似ていると思ったら経済評論家の勝間氏.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2010-09-06 23:54
  • 『アバター』 映画レビュー

    Excerpt: 『 アバター 』 (2009)監  督 :ジェームズ・キャメロンキャスト :サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバー、 スティーブン・ラング、ミシェル・ロドリゲス 『タイタニック』.. Weblog: さも観たかのような映画レビュー racked: 2011-02-25 17:09