「2012」神も仏もない

2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・
「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外良かったのかも☆



画像
 「2012」 公式サイト




<ストーリー>

2012年に惑星直列の影響で太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられて崩壊する・・・・という驚愕の事実を知った、地球物理学者のエイドリアン(キウェテル・イジョホー)は、すぐさま米大統領(ダニー・グローバー)に報告した。

各国首脳と一部の富裕層だけが人類の生き残りのために作られた船を製造する為に、極秘のプロジェクトが開始された。

離婚した妻(アマンダ・ピート)と住んでいる子供たちを、キャンプにつれて来た売れない作家ジャクソン(ジョン・キューザック)は、イエローストーン国立公園の立ち入り禁止地区で、そのプロジェクトを知ってしまう。

おりしも地球は崩壊しはじめ・・・・・







日本の首脳も招集されていたけど、誰が3年プロジェクトで船に乗るのかな?総理大臣は1年しかもたないのに・・・・・(爆)


画像
地球崩壊を予測していたあやしげなおじさん
ここまでやったら、地球の最後を見届けたい!と言う気持ちもちょっと解るかも~
(普通・・・・・・どうせ助からないし)



あまり有名でないキャストを揃えたところが、迫力のCGをより引き立てて、大成功!
崩壊する地球に専念できる。

目の前でスーパーが真っ二つになったり、隕石や倒壊するビル、飛んでくる車を上手くよけて疾走するのは、ちょっと笑えてしまうけど、所詮「地球崩壊もの」はそこに真実などないのだから、どこまで凄く見せるか・・・・という点で言えば、なかなかの見応えありだった。



特に、飛行機でビルの間をすり抜けるところは、手に汗握っちゃった☆



画像
パパのことが嫌いな息子くん
新しいママの恋人を尊敬しているけど・・・・・・・・・やっぱりパパを助けて!


結局使い捨てになっちゃったママの新しいパートナー。
映画では離婚した相手と復縁して、新しい恋人は悪者なイメージが強いけど、じゃあ、なんで離婚するのかな?
(と、どうでもいいことが気になる~)




画像
かわいそうなのは、最初に地球崩壊の兆しを見つけた科学者
置いてきぼりはないよねー
だったら、教えなければ良かった?


全ての人を救えなかったけど、残された人の心を救った大統領。
静かに終わりを迎える父との対話は、どのシーンも泣けたわ☆

しかし、バチカン市国のサンピエトロ寺院の下敷きになった人たち。
神さまなんて、いないんだなぁー





画像
意外に感動物語になってるよね~と思っていたのに・・・・


大災害ものでハッピーエンド♪はないよね・・・・
ここがハリウッド映画の難点だと、どうして気が付かないの?



多くの犠牲者を出し、ほんの一握りの人だけが助かった事実を目の前にして、幾日もたったわけではないでしょうに、デートに誘ったり、朝日を見て明日を信じたりするのは、脚本家は小学生かっ!?と思わず突っ込んでしまう私。

ここで、自分たちだけが助かってしまったことに対する自責の念をあらわす人物が一人でもいたら、この映画もおおむね拍手!!だったと思うのだ。





「お金持ちだけ助かるところを、一般庶民も最後に乗せてあげたじゃん!偉いよねー僕たち」というストーリーは、いかにもアメリカらしい発想なんじゃないかなぁ。







この記事へのコメント

2010年01月19日 22:48
こんばんはー♪

この映画、わたしも結構好き♪
迫力あるディザスターシーンは手に汗握り、人が死んでいく様子は泣きましたわー(>_<)
主人公は凄い生命力だったけど、主人公が助からないと面白くないし・・・
元妻の恋人と犬の飼い主の女性が可哀想だった(T_T)
ちょっとあんまりな扱い?
そうそう、金持ちでなんの苦労もなく生活していた人たちだけで、この先うまくやっていけるのだろうか~~?
2010年01月19日 22:57
こんばんは~^^
確かに一般庶民である主人公たちも最後に乗せてあげたんですけど、冷静に考えると残りは全てVIPか一人10億ユーロ払った超セレブなんだよねぇ…。
平たく言うと世界の庶民はほぼ絶滅したのにハッピーエンドに見せちゃうのは如何なもんなの?と私もおもいまふ。ああそうか!逆説的に夢も希望もありませんってことなのかも!(苦笑)
マリー
2010年01月19日 23:17
こんばんは~~。
これはストーリーは置いといて(いいのか?)迫力を楽しむ?映画だよね~。
冷静に考えると、いい人ばかり不幸になって哀しすぎるもん。主人公は一般人なのに不死身だし・・・(笑)
飛行機すり抜けもドキドキしたね~。
普通の人たちが地面に呑み込まれたりする様は、あの中に自分がいる~って思った。所詮私なんて一番に被害に合うわ><;

それにしても今でも笑えるのは、ラスト近くまで
あの船=シップは宇宙に逃げる!と思ってた私です。
そこに留まるための手段とは!びっくり!!
みんな最初から分かってた?
ノルウェーまだ~む
2010年01月19日 23:40
みすずさん、こんにちは☆
集団で虫けらのように大惨事に巻き込まれていく人々に比べて、主人公の生命力の強さったら!だよね。(爆)
お金持ちは未来のために選ばれたわけじゃなく、船を作る資金提供のためだから仕方ないのかなぁー
でも続編を作るなら、船で食糧難ののち激しく戦いがあって、お金は意味を持たないから金持ちは死んでいって…とか、またすごい映画になりそう??
ノルウェーまだ~む
2010年01月19日 23:48
KLYさん、こんにちは!
>逆説的に夢も希望もありませんってことなのかも・・・上手いこと言いますねぇ~(笑)
貧乏人や一般庶民を踏み台にして豊かな生活を送っているのが、資本主義のアメリカや先進諸国なので、ここは当然ハッピーエンドなんでしょうけどね☆
もしかしたら、箱舟に乗ってあとはキレイさっぱり流してしまいたいのかも。
唯一、白人がちょっと悪者、黒人がいい人キャラだったのが救いでした。
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 00:09
マリーさん、こんにちは~♪
船は一見飛行機なんだけど、結局船だったよね。
私は先に皆さんのレビューで知っていたから、飛び立つとは思っていなかったけど・・・
宇宙に逃げられたら、かなりSFになっちゃうし、ある意味そこは現実っぽいよね。
あと3年…わー、あと2年だ!
食べたいもの食べておかないと!!(爆)
2010年01月20日 00:51
まだ~む、
こんばんは~☆
やっとだね 笑

でもこれ、ほんっとに私は駄作だと言い切っちゃうわ 
こういうご都合映画大キライで。
まだ~むも書いてるけど
すごい勝手な展開でハッピーエンドはこりごり。
楽しむどころかあくび出るし長いから早く終わらないかなぁって
映画も相性ってあるものね 笑

で、いよいよわたしはあの映画観てきまーす、明日。

そういえばまだ~む、ねえねはあのデスク買った?!
ひろちゃん
2010年01月20日 01:00
こんばんは♪
まだ~むって読んでいいですか?(笑)
私もひろちゃんでお願いします(笑)
そしてお見舞いのコメントもありがとうございました♪

で、この映画の感想なんですが、私も観ている時は
まだ~む(了解と聞いておりませんが呼ばせて頂きました(^^;)のように手に汗握って観ていましたし、涙を流したシーンもとこどころあって楽しめたのですが、観終わると元妻の今彼の扱いとかかってに2人は恋モードとかなんか理不尽さを感じてしまった作品でした(^^;
迫力ある映像だけに脚本が・・・もったいない作品
でしたよね(^_-)-☆
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 02:13
うわー、migちゃん相当お気に召さなかったのね。
私は駄作~と聞いていただけに、CGをしっかり楽しんだよ。
ん?あの映画?パルナサスは観たし…あ、ラブリーボーンかな。
ねえねはデスクはやめて鏡のみ買ったよ♪
部屋片付いたのかしら?あの子。
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 02:18
ひろちゃーん!勿論、まだ~むって呼んで☆
私も意外に父と息子の電話のシーンなんか、泣いたよぉ
でもCGに全精力を傾けすぎて、他に目が行かなかったのね、ってことで、誰か助言してあげてほしかったよね。
ジャクソンが1本くらい腕を無くすとか、エンディングをもうちょっと工夫したら、結構いけたんじゃないかな~(笑)
2010年01月20日 06:22
こんばんは、ノルウェーまだ~むさん♪
これは本当にラストがもったいないと言うか惜しいと言うか、所p民の気持ちがリサーチできてないなぁ…って内容でしたね。

それことチベットの高僧が自体を見越して巨大な木造船を建造して、例の鉄の船は全滅して、木造船に乗った一般層だけ生き残るって内容だったらスタンディングオベーションしてあげたのに(笑)。

ちなみに例の船、日本人だったら絶対小沢さんは乗ってますよ(爆)。
2010年01月20日 06:23
あはは!確かに脚本家は小学生?
って思っちゃうのも分かります~。
夢を見るのはいいけど、
もう少し現実に即して欲しいかなぁ。
やけに冷たいところがあったり、
ちょっと偽善?っぽいところも
気になりましたよね~(;・∀・)
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 07:08
ともやさん、こんばんは☆
そのラスト!なかなかいいですねぇ。
でも3時間超えの予感…(爆)
小沢さんもそうですが、鳩山兄弟もお金ありそう…
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 07:10
miyuさん、こんばんは~♪
脚本が大げさだったり、偽善ぽかったり、温度差に波があるのは、シロウトだなーって思っちゃいますね。
誰かエメリッヒ監督を助けてあげてほしいーっ!
2010年01月20日 09:36
映像は迫力あるんですけどねー

どうもストーリーは突っ込みどころが多くてスッキリしませんでした。
全体に古臭いようなどこかで見たことのあるようなものでしたねー
まだ~むさんおっしゃるように脚本が幼稚だったような気がします(笑)

でもやっぱり「助かって!」と思いつつ見ちゃうので力入ってしまいますよね!

2010年01月20日 09:45
TBありがとうございます。

もともとディザスターの特撮を楽しむ映画で、
人間ドラマは二の次としてみればなかなか面白かったですが、
ラストのキウェテル・イジョホーの安っぽい正義感はいただけません。

>あやしげなおじさん
ウッディ・ハレルソン(ウディとも記述される)ですね。
「7つの贈り物」では盲目のオペレーターでピアノも弾いてましたラ。
「ダイヤモンドインパラダイス」では、ピアーズ・ブロスナンを追うFBI捜査官。
ちょっと変わった役柄ですが、私生活でもいろいろとあるようです。
2010年01月20日 12:00
まだ~むさん TB&コメントありがとうございました。おぉ~そちらでは日本より公開が後なのですね。
私はこの作品、ちょっとノレませんでした。
かなり評価は分かれるようですが。。。。
色々感じ方はあるので、それはそれで良いのかな
と思います。確かにハッピーエンドはちょっと
納得いきませんが。また宜しくお願いします<(_ _)>
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 15:31
hitoさん、おはよう♪
お約束~のお話も、案外水戸黄門的になじんでくるのかもしれませんが、もうすこしひねりが欲しかったですよね。
その割りに長いこと人気1位だったりしたから、人間なんてそれでいいのかもしれないですね。
力が入って見ちゃうのも、結構監督の思うつぼだったり?
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 15:35
KGRさん、コメありがとうございます!
情報たくさん、嬉しいです。
私もよく観る俳優さんだーと思いつつ、思い出せずにいましたが、今回の『あやしげなおじさん』役が、ぴったりでしたわ。
私生活もいろいろあるんですねーなるほど!
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 15:38
mezzotintさん、おはようございまーす☆
いえいえ、これは年末に日本で観たのを、今頃書いているのです。
ロンドンでは既に夏ごろ公開されていて、やはり上位にランクインしていましたよ。
結構世界中の人が、地球をぶっ壊すのが好きなんだなーと思っていました(笑)
2010年01月20日 15:49
こんにちは~♪

私は、インデペンデンス~もデイ・アフター~も何気に好きー♪ストーリーがどうのというよりも、地球がスゴイことになっちゃうのを涙目で観ることに快感があって・爆
だから、コチラもバッチリと涙目で観ました~
凄かったよね~地球の壊れっぷり!!

でもなぁ~
>大災害ものでハッピーエンド♪はないよね・・・・
ここがハリウッド映画の難点だと、どうして気が付かないの?
なのよねぇ~
あそこで「良かった。。。」って感動する人ってそんなにいないと思うんだけど(笑)生き残り族の生き残り方が美しくないのが難点だわ~
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 17:19
由香さん!おっはよー♪
大災害ものは私もハラハラドキドキするかんじが好き♪
でも感動ものにはお目にかかったことなくて…
最後に生き残ってしまったことで自分を責めるような人がいたら、もしかして3年も極秘に計画練ってないかも…(爆)
当然のように喜んじゃうのかなー?
せめて、駆け込みで乗り込んだ人は多少思いを馳せて欲しいのもです。
2010年01月20日 17:30
>総理大臣は1年しかもたないのに・・・・・(爆)
そうですよね。
でも、裏の実力者は、そうそう変わってないようですから、誰かさんは行くかもよって、誰のことだろ?
今回の生存の可否には、だいぶ脈絡がなくなってたと思います。「ID4」のあたりは、はっきり分かれてましたが。
なんか達観したんですかね、エメリッヒ。
妙な正義感をついつい見せちゃうブッラカイマーよっかは、だいぶ好きです、エメリッヒ。
「スターゲイト」を映画館で見たくらいですから・・・。自慢にならない自慢です。
怪しげなおじさんのウッディ・ハレルソンは、なかなかの熱演だったと思います。
まあ、あの連中の未来じゃ、世界も持たないでしょう。
なんてね。
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 18:16
sakuraiさん、おはようございます~
バリバリ地球を壊して、ここまでいくと爽快でしたね。
結末はモヤモヤでしたが…
あの連中の未来じゃ…確かに世界ももたないでしょう。
船の中で醜い争いが起きて、アフリカの大地に根を張る頃には、人間はさらに半分以下になっていて…みたいな続編を考えられる余韻を残してくれたエメリッヒに乾杯ですわ。
2010年01月20日 18:44
こんにちは!
私もなんでハッピーエンドじゃないとダメなのって思いますよw
宇宙人が出てこなかっただけ、ホッと胸をなでおろしたけれど、絶望的な感じでは「ノウイング」での地球の最期が清々しく感じられますw
とはいえ、壊しっぷりは爽快感すら覚えるようなもので、エメリッヒの手腕には拍手ですねw
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 19:49
たいむさん、こんにちは☆
「ノウイング」は未見なので比べられないのですが、人間味を捨てて、大惨事映像を楽しむなら十分迫力あったと思います。
その点でブレの無いエメリッヒは、ある意味すごいのかもしれないですね。
2010年01月20日 20:41
まぁ失恋上がりのエメリッヒですから、周りまで見ている余裕がなかったんでしょう。
でも新しいゲイ恋人ができれば、彼もまた復活しますよ。
ハリウッドなんて所詮そんなもんみたいですしね。
ノルウェーまだ~む
2010年01月20日 21:19
にゃむばななさん、こんにちは☆
失恋情報で驚いていたら、なんと!そっちでしたか!?更にビックリ☆
失恋の痛手をぶつけるのに十分な壊しっぷりでしたね。
そういうのが、結構原動力になったり…?
2010年01月21日 13:01
こんにちは♪
地球崩壊ものとしては見応えがありましたね。
あまりにも凄くて怖いよりも楽しくなってきました^^;
ふつー死んでるだろという所もありましたけど、手に汗握る感じですね。
ラストはあのまま壊れちゃってもよかったかも~と思いましたケド・・・
ノルウェーまだか~む
2010年01月21日 17:19
yukarinさん、おはよう♪
なるほど!その手がありましたね(爆)
ワイヤーが絡んだまま、その船は人災により沈没しました…の結末のほうが、深くて良かったかも!
どんだけ不幸好き…(笑)
Hitomi
2010年01月21日 19:49
ノルウェーまだか~むさん、こんばんは。

私は、1隻だけつかいものにならなくなった船に乗るはずだった人たちを見捨てそうになった時大演説で乗せてましたが、そこにいる人たちはそもそも10億ユーロ払った金持ちばっかりじゃんとか思って。その人たち乗せていかにも救ってあげようなんてと思うと笑っちゃいました。

>自分たちだけが助かってしまったことに対する自責の念をあらわす人物が一人でもいたら、この映画もおおむね拍手!!だったと思うのだ。

確かにそういうの欲しかったよね、結局助けられたのは世界中の中でごく一部の人たちだけであとの大多数の人対は犠牲になっちゃってました、ってゆうか殆どの庶民はノアの方舟の存在すら知らずに犠牲になってたし。

ノルウェーまだ~む
2010年01月21日 20:28
Hitomiさん、こっちにもありがとー
確か演説をぶったのはエイドリアンで、彼は研究者として乗ったから10億ユーロ払ってないんだもんね(笑)
とはいえ方舟の存在を最後まで秘密にしていた彼らだから、犠牲者のことなど微塵も思ってないのかも!?
2010年01月21日 23:00
こんばんは!
なんだかんだいいながら、緻密で迫力のあるCGには圧倒されました。
普通なら死んでる家族なんだけど(笑)、家族愛は感動しますね。
突っ込みどころ満載でも、エメリッヒ監督だから許しちゃいます。笑
2010年01月21日 23:58
こんばんは~♪

ストーリーはありきたりだったけど、地球崩壊のCGは凄かったですよね。

>バチカン市国のサンピエトロ寺院の下敷きになった人たち。
神さまなんて、いないんだなぁー

私もそのように思いました。
祈ってる人達を容赦なく・・・悲惨でしたね。

ラスト納得出来ない面もありますが、現実にこの様な状況になったら、きっと一般人は何も知らないまま死んでいくんだろうなぁ。。。と思いながら見てました。。。
ノルウェーまだ~む
2010年01月22日 00:17
アイマックさん、こんにちは☆
エメリッヒ監督、役得ですねー
お約束映画でも、みんなに暖かく見守られているかんじがします。
次回また地球か、宇宙か壊した時も、きっとまたなんだかんだ言いながら観に行っちゃうんだと思います。
ノルウェーまだ~む
2010年01月22日 00:22
にくきゅ~う★さん、こんにちは♪
いっそのこと、何も知らず、さっさと隕石にピンポイントで当たってもらって逝きたいもんです。
バチカンの信者たちも、寺院の下敷きなら案外幸せなのかも?天国に一番最初に行けそうですよね。
生きるも地獄、死ぬも地獄?
いやいや、死んでから天国にいくために祈っているわけだから、それで構わないのかも。
hino
2010年01月23日 09:37
まだ~む、こんにちはー!

ユナイテッド93なんかさー、最後突然真っ暗(墜落)で終ったからねえ、夢も希望もないっす。一人レイトショーで観たのだけど帰りのチャリのペダルが重かったなあ(笑)

2012は明るい突っ込みどころがあったようで良かった。
飛行機とか戦闘機のスピーディーなシーンはドキドキするもんね!
神も仏もないってタイトルがまた良かったです!
2010年01月23日 10:01
ノルウェーまだ~むさん、こんにちは!

>総理大臣は1年しかもたないのに・・・
はは(笑)確かに確かに。
自分の席を予約したら他の人が座っていたりして・・・。
ハリウッドらしい映画でしたよね。
それをドイツ人監督エメリッヒが撮っているのがおもしろいです。
彼はアメリカ人以上にアメリカ人ぽいですよね。
ノルウェーまだ~む
2010年01月23日 10:06
hinoさん、神頼みしてもダメってことじゃないよ~(笑
「ユナイテッド93」は見てないのだけど、夢も希望も確かにないね。
飛行機乗る身としては、出来れば見たくないよぉ・・・
「2012」はそれこそお話だから、案外、暢気な終わり方でいいのかな…
ノルウェーまだ~む
2010年01月23日 10:10
はらやんさん、こんばんは~☆
ドイツ人監督なのですねーエメリッヒ。
それで先ずはアメリカを壊したかったとか?違うかー
まあ日本なんてあっけなく沈没ですからね。
ある意味公平に全部海に沈んでしまったのが良かったです。
hino
2010年01月23日 15:28
でや~~@@
まだ~む頭の回転早い!
お返事読んで気付いたよーお。
だいじょぶ、受験とは関係なく、神も仏もねえってフレーズ好きなんだ。なんか、良い意味で潔さを思います~。

願かけても、本人の努力と準備あっての神、仏だもん。

↑ 「闇の子供たち」梁石日の原作は読んだし、「アンテナ」は田口ランディのかな。これも本は読んだ~
アングラ映画かなあ。
今年中に観るものにチェック入れときます!! 

そうだね(><) 飛行機乗る機会が多い場合、観ない方が良い作品だと思います。ごめん、ごめん(^^;


ノルウェーまだ~む
2010年01月24日 08:51
hinoさん、またもやサンキュー!
お嬢さん、しっかりやっているから大丈夫!
神様だって見方だよーん☆

本なんでも読んでいるんだねぇ~、すごい!
最近、落ち着いて読んでないわ。
今日「シャーロック・ホームズ」行ったので、久しぶりにホームズ読んでみようかと思っているところ(笑)

飛行機もの別にいいのよ~
どんどん紹介してくだされ。
2010年09月22日 12:34
おじゃまします。私のブログにTBとコメントありがとうございました。
ご依頼のTBの件は処理させていただいております。

この映画ですが…ストーリーとか展開に対して何か言い始めるとキリが無いですね。
確かに小学生の脚本レヴェルかも…
しかし馬鹿な頭で映像を中心に楽しめるようになっていて、コレはコレで計算かもなぁ。

私のブログにも頂いたコメントの返事を書かせていただいておりますので、良かったら読みに来てくださいね。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
ノルウェーまだ~む
2010年09月22日 16:41
ピロEKさん、ご丁寧にありがとうございます。
映画は素直にエンタメとして楽しめるところがいいですよね。
最初から突っ込みまくって観るのも、また面白いです。
どうせありえない話なんだから~という潔いスタンスが好感持てちゃいました。

この記事へのトラックバック

  • 2012

    Excerpt:  『2012』を観た。  イエローストーン国立公園。  子供たちとキャンプに訪れたジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)�... Weblog: みすずりんりん放送局 racked: 2010-01-19 22:43
  • 2012

    Excerpt: 『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-01-19 22:54
  • 2012/ 2012

    Excerpt: {/m_0220/}楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい{/m_0220/} ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作を得意とする{/m_0151/} わたし、同じくエ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2010-01-20 00:46
  • 映画感想『2012』 こんな地球の壊し方してみました

    Excerpt: 内容2009年。アメリカ科学技術作成局の地質学者エイドリアンは、地質学者の友人サトナムのインドの研究所に呼び出されていた。サトナムに提示されたデータは、かつてない大きさの太陽フレアの情報と思われたが、.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2010-01-20 00:52
  • ★2012(2009)★

    Excerpt: 20122012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。メディア映画上映時間158分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/11/21ジャン.. Weblog: CinemaCollection racked: 2010-01-20 01:02
  • 2012

    Excerpt: 派手な映画を撮らせたら、つか、派手なだけな映画を撮らせたら右に出る者は居ない、派手専監督ローランド・エメリッヒが、人類の終末を描く『2012』を観てきました。 ★★★★ つい先日の『ノウイング』も同.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2010-01-20 01:06
  • 2012

    Excerpt: 2009年11月20日(金) 20:00~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『2012』公式サイト フリーパス鑑賞17本目。 映画秘宝呼ぶところのエ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2010-01-20 03:53
  • 2012

    Excerpt: <<ストーリー>>2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かってい.. Weblog: 映画君の毎日 racked: 2010-01-20 04:11
  • 2012

    Excerpt: (原題:2012) 【2009年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) "2012年12月21日に地球滅亡が訪れる"というマヤ文明の暦をヒントに、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に、人類.. Weblog: ともやの映画大好きっ! racked: 2010-01-20 05:37
  • 劇場鑑賞「2012」

    Excerpt: 「2012」を鑑賞してきました「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日に地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒン.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-01-20 06:16
  • 2012

    Excerpt:  『2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる─。』  コチラの「2012」は、「パトリオット」、「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が、ジョン・キューザックを主演に迎え、エメ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2010-01-20 06:24
  • [映画『2012』を観た(幼女万歳!)]

    Excerpt: ☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ち.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2010-01-20 06:33
  • 「2012」池袋東急にて鑑賞

    Excerpt: 後楽園ホールのキックボクシング観戦の帰りに、池袋で途中下車して東急株主優待券で「2012」を観てきましたさすが話題の超大作、土曜日ってこともあって池袋東急はほぼ満員でしたやっぱりヒットしてる映画は、間.. Weblog: 流れ流れて八丈島 racked: 2010-01-20 06:50
  • 2012

    Excerpt: 昨夜は「2012」を観に、東京国際フォーラム ホールCへ出かけた。 「ゼロの焦点」を一緒にみた女性からクオカード500円1枚で試写状を譲ってもらった。 実は明日のJ.P.の招待状もあった。 が、.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2010-01-20 07:03
  • 2012

    Excerpt: 2012年に人類滅亡というマヤの予言。 監督は『インデペンデンス・デイ』の ローランド・エメリッヒ。 主人公はジョン・キューザック。 地球内部の温度が急上昇。 地殻破壊、地上では巨大地.. Weblog: 花ごよみ racked: 2010-01-20 07:13
  • 映画:2012

    Excerpt:  前回が超単館系のマイナー映画だったので今回は超有名どころで。ローランド・エメリッヒ監督のパニックムービー2012を観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2010-01-20 08:04
  • 2012

    Excerpt: 公式サイト。ローランド・エメリッヒ監督、ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、キウェテル・イジョフォー、ウディ・ハレルソン、ジョン・.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2010-01-20 08:31
  • 映画「2012」

    Excerpt: 映画「2012」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2010-01-20 08:33
  • 【2012】

    Excerpt: 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー    2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 「2012年、.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2010-01-20 09:31
  • 映画「2012」

    Excerpt: 109シネマズ木場。 マヤの暦が2012/12/21で区切り(と終末)を迎えることから、 その時に世界の終わりが来るという説に乗っかったストーリー。 ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウ.. Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR racked: 2010-01-20 09:31
  • 「2012」

    Excerpt:                                「2012」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ローランド・エメリッヒ はっきり言って、面白い(笑)!! こんなにVFXがしっかり.. Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!! racked: 2010-01-20 09:38
  • 2012 (試写会)

    Excerpt: 映像だけは とにかくすごい公式サイト http://www.sonypictures.jp/movies/2012 11月21日公開上映時間 2時間38分監督: ローランド・エメリッヒ売れない作家のジ.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2010-01-20 09:40
  • 2012

    Excerpt: みごとな超B級大作。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-01-20 10:11
  • 2012 (2009)

    Excerpt: 2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。 パニックサスペンス?う~ん確かに大スケール映像。。。。バリバリと大きな亀裂が入りあちらこちらでとてつもない大地震!地面が盛り上がる!!建.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2010-01-20 11:20
  • 2012 地球ボコボコ

    Excerpt: 【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 .. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2010-01-20 13:18
  • 映画「2012」@109シネマズ川崎

    Excerpt:  シアター6にて鑑賞、客入りは7~8割くらい。上映寸前に入ってきたアジア系外国人3人組が、自分達が座った席(スクリーンから3列目くらい)が気に入らないのか映画冒頭に大声で喋ってうるさい。  2012オ.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2010-01-20 13:56
  • 2012

    Excerpt: ローランド・エメリッヒ監督の『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』が好きですだから似た傾向であろうコチラにもちょっと期待していました~【story】イエローストーン国立公園に子どもた.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2010-01-20 15:41
  • 「2012」不愉快な映画

    Excerpt: 単なる地震ではない。地割れではない。まるで地面がチョコレートのようになって地表の道路やらビルが小躍りして動いていく。ロスの町が海に沈んでいく。その一つ一つの映像は単に現代の映像を倒していくだけじゃすま.. Weblog: 再出発日記 racked: 2010-01-20 18:19
  • 映画「2012 字幕版」感想と採点 ※ネタバレあります

    Excerpt: 映画『2012 字幕版』を本日観て来た。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。 例えれば"大盛りで味の濃いコース料理"。観ている時は満腹になるけど、終わってみると食べ終えた満足感だけが残る.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2010-01-20 20:12
  • 『2012』

    Excerpt: これは映画か?いえ、立体版ディザスターアクションゲームです。しかも自暴自棄になったローランド・エメリッヒ監督が作り上げた人間愛の欠片もない作品でツッコミどころ満載ですが、違う意味で凄く面白いです。 .. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2010-01-20 20:42
  • 2012

    Excerpt: マヤの暦が、2012年12月21日で終わっているという事から、いま巷で囁かれている2012年地球滅亡説を映画にした作品。 いやぁ、事前にいろんな評論を聞いていたので覚悟していきましたが、酷いですね。.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2010-01-20 21:36
  • 『2012』

    Excerpt: 『インデペンデンス・デイ』や『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ 監督が「これ以上の映画は作れない」と公言したディザスター・ムービー。 2012年の12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2010-01-20 23:03
  • 『2012』・・・襲い掛かる国威の象徴

    Excerpt: 地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗.. Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2010-01-21 00:26
  • 2012 <ネタバレあり>

    Excerpt: 2012年12月21日 マヤ文明が予言した 「世界終末の日」 って。エンドロールで この映画はフィクションです って字幕出てたけど何か まだ先のことやし ホンマやったらどーしよぉって 考えさせられる一.. Weblog: HAPPYMANIA racked: 2010-01-21 01:16
  • ★「2012」

    Excerpt: 久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2010-01-21 01:21
  • 2012

    Excerpt: 2012年。 ジャクソンは謎の男から“地球の滅亡”が近づいていることを知らされる。 各国政府は既に限られた人間だけを脱出させる巨大船を準備しているというのだ。 初めは信じなかったジャクソンだが、やがて.. Weblog: 象のロケット racked: 2010-01-21 06:12
  • 2012(映画館)

    Excerpt: 2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる―。 Weblog: ひるめし。 racked: 2010-01-21 12:15
  • 2012 [映画]

    Excerpt: 原題:2012公開:2009/11/21製作国:アメリカ上映時間:158分鑑賞日:2009/11/20監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2010-01-21 12:57
  • 2012

    Excerpt: 「2012」監督:ローランド・エメリッヒ(『紀元前1万年』)出演:ジョン・キューザック(『エージェント・オブ・ウォー』『1408号室』)キウェテル・イジョフォー(『アメリカン・�... Weblog: マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) racked: 2010-01-21 16:39
  • 2012

    Excerpt: 《2012》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - 2012 2012年12月 Weblog: Diarydiary! racked: 2010-01-21 18:57
  • 2012

    Excerpt: 2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グ.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2010-01-21 22:54
  • 【2012】★ジョン・キューザック

    Excerpt: マヤ文明が予言した太陽系の惑星が直列し―世界終末の日が来る事を2012 HP2012シネマトゥデイ英題:2012製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年11月21日上映時間:2時間38.. Weblog: 猫とHidamariで racked: 2010-01-21 23:05
  • 2012

    Excerpt: 2012’09:米 ◆原題:2012◆監督・脚 本: ローランド・エメリッヒ「紀元前1万年」「デイ・アフター・トゥモロー」◆出演: ジョン・キューザック 、 アマンダ・ピート 、 タンディ・ニュ.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2010-01-21 23:30
  • 2 0 1 2

    Excerpt: ローランド・エメリッヒ監督による地球滅亡映画第3弾!映像は大迫力! Weblog: ★ Shaberiba  racked: 2010-01-22 00:21
  • 『2012』

    Excerpt: 公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。 さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。 新.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2010-01-22 17:02
  • 2012

    Excerpt: 2012 289本目 2009-49 上映時間 2時間38分 監督 ローランド・エメリッヒ 出演 ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート オリヴァー・プラット ダニー・グロー.. Weblog: メルブロ racked: 2010-01-22 22:41
  • 「2012」 良くも悪くもエメリッヒ

    Excerpt: 宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-01-23 08:15
  • 『2012』2009年・アメリカ

    Excerpt: 『2012』を観ましたマヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービーです>>『2012』関連原題:2012ジャ.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2010-01-23 23:41
  • 2012

    Excerpt: ブログネタ:一発で気分転換できるもの 参加中 時々何も考えないでいい映画を観たくなりますが、 そういう映画って気分転換になるからなんですよね。 この映画はどうでしょう? 話題になりまし.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2010-02-26 12:54
  • 『2012』 災厄でも助かる条件

    Excerpt:  フィリップ・ワイリーとエドウィン・バーマーの合作『地球最後の日』(1933年)は、1951年と1998年に映画化され(1998年版は『神の鉄槌』も混ざって�... Weblog: 映画のブログ racked: 2010-02-27 11:18
  • 2012

    Excerpt: 2012 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray] 「2012」 感想 すげぇー!!!!!!! お金かけたなぁー!! 沈んでく街の中をリムジンで走り抜�... Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく racked: 2010-03-23 16:51
  • mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆

    Excerpt: マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2010-04-21 02:04
  • 【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像

    Excerpt: 三連休も最後の日になっちゃいました{/ase/}… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど{/face_ase1/} まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2010-09-20 10:25
  • ■映画『2012』

    Excerpt: ローランド・エメリッヒ監督の最新ディザスター・ムービー『2012』。 とにかくVFXがすごい! 本当に地面が割れていたり、ビルが倒れてきたり、街が崩壊していくようにしか見えません。 実際に起.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2010-09-30 05:32
  • 『2012』'09・米

    Excerpt: あらすじジャクソン・カーティスが子供2人とイエローストーンに旅行中、偶然干し上がった湖底に建てられた巨大なリサーチ施設を発見する・・・。感想良くも悪くも『デイ・アフター... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2010-11-04 09:35
  • 『2012』(2009)

    Excerpt: 題名が題名なだけに早いとこ見ておかないと、と焦って鑑賞した一本。 物語は映画公開時の2009年にスタート。 世界に滅亡の時が迫っていることに気付いた科学者が警鐘を鳴らし、米大統領だけでなく世界.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2012-01-01 22:52
  • 「2012」神も仏もない

    Excerpt: 2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていた.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2012-01-02 23:48