ロンドンホラースポット☆ニューゲート監獄

今はもうすでに無いニューゲート監獄。
しかしかつては、海賊キッドなど多くの海賊が投獄されていた、歴史上最も悪名高い監獄が、ここにあったのだ。


画像
現在、ニューゲート監獄のあった場所にあるのは、中央刑事裁判所。
セントラルラインのセントポール駅を降りて、セントポール大聖堂を左に見ながら300m行ったところにある。


「パイレーツ・オブ・カリビアン」でもそうだったように、海賊と言うだけで処刑されていた時代に、屈強な海の男たちにして、『あの』ニューゲート監獄に入れられるくらいなら、戦って死んだほうがマシと言わしめた、恐ろしい監獄が、このニューゲート監獄なのだ。

死刑囚は、この監獄からニューゲート通りをそのまま真っ直ぐオックスフォードストリートを通って、市中引き回しにされ、タイバーンへ到着して、そこで絞首刑になった。
途中、一張羅を着て一杯だけお酒を飲むのが許されていたが、最後のお酒をあおったのは、こちらのパブ。

画像
パブ「The Viaduct Tavern」 中央刑事裁判所の目の前にある
セントポール駅からのニューゲート通りには、近代的な建物が多く、パブはこの一軒しかないので、すぐ分かる。


勿論、このパブにも出る。
「フレッド」という愛称で呼ばれている(?)幽霊は、パブのマネージャーを酒蔵に閉じ込めたり、電気工事の技師の肩を何度もたたいたり、巻いてあるカーペットを宙に浮かして床に落としたりと、ポルターガイスト現象を起こすらしい。



1783年には、処刑場はタイバーンからこの監獄のすぐ外に移され、たくさんの観客を集めたらしいので、このパブに出ると言うのも、当然と言えば当然・・・・


画像
幽霊パブはいくつもあるので、イギリス人はそういう話が好きなんだと思う・・・




投獄されてから、裁判が始まるまでに体調を崩さないものはいなかったと言われるくらい、賄賂・虐待・不衛生のきわみだったニューゲート監獄が、最も劣悪な状態だったのは13世紀。

ひどい飢饉に襲われたロンドンで、当然食料もまわってこなかった監獄では、腹ペコの囚人たちの食料は、新しく入ってきた新人囚人だった。



ある時肉付きのいい学者が、魔法を使った罪で、入所してきた。
さっそく食べられてしまったわけだが、それ以降監獄では、炎の目を持ち、口から血をしたたらせた黒い犬が現れては、次々と囚人を襲い食べるようになったのだという。

以来、復讐のために戻ってきた学者の化身「ニューゲートの黒い犬」が、この辺りをうろつくようになったのだ。




画像
裁判所より一本駅に近い通りを入ると、17~19世紀の当時の面影を残すアーメンコートがある
Amen Court Warwick lane EC4
1902年には取り壊されてしまったニューゲート監獄だが、当時の建物が残っているのがこの辺り。




同じような赤いレンガの建物が続くロンドンも、実はこのレンガの形で、建物の古さが分かるのだ。
画像
建物の壁を、じーっと見ると、小さいレンガと大きいレンガが交互に積み上げられているのが分かる。
このようなレンガの建物は、大抵古い。

それまで石積みだった建物が、17世紀に入って、レンガが製造されるようになって、今のような赤レンガの建物が建てられるようになった。
最初は1つ1つ手作りだったレンガは、形もいびつだったために、当時の壁は、漆喰の部分が多く、またレンガの大きさもまちまちなのである。

それが次第に、工場で大量生産されるようになってから、角が直角の均一の赤レンガが使われるようになっていったわけだ。




現在はセントポール寺院の聖職者の住まいで、プライベートゾーンになっているが、この辺りをうろつく「黒い犬」の影が、今でも頻繁に見かけられるのだそうだ。




・・・・・・・・・・・・・でも黒い犬って、そんなに怖いイメージないんだけど?





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

マリー
2009年10月17日 23:36
おおおお~~~!
これも凄いですね~。海賊も恐れたとは・・・
食料が新しい囚人なんて、凄すぎ~~~><;

日本では、黒い猫の方が怖そうなイメージ?
黒い犬って可愛いけど、目が赤いんだよね?口も裂けてる?(勝手に決めてます 笑)
2009年10月18日 00:07
こんばんはー♪

今日本では夜中の12時です^^;怖いわー
なんだか市中引き回しって、パイレーツ3の最初のシーンを思い出しちゃった・・・

しかも、食料が新しい囚人
凄い時代だったのね・・・

犬かぁ・・・首が3つあるケルベロスなら怖いけど・・・
マリーさんもおっしゃってるけど、黒猫の方が怖いかも。化けネコって言うもんね。
化け犬って聞かないわ^^;
ねこのひげ
2009年10月18日 05:10
あら~っ!?13番目の訪問者になってしまった。
コワ~ッ!!(笑
ディープなホラーの世界にまい進ですね。

エリザベス女王の時には、海賊から寝返ってスペインの無敵艦隊を倒して提督になったキャプテン・ドレークみたいなのもいますけどね。

黒い犬というと、ねこのひげは、ドーベルマンを思い浮かべます。
これは、ほんとうに怖いです。
我が家の犬を散歩している時に出会ったことがありますが、我が家の犬に噛み付いてやるという顔で、牙をむき出してよだれをたらしながら近寄ってきました。
連れている人が、必死に止めようとしてましたが、ズルズルと引きずられてました。
愛犬を抱えて逃げましたですよ。
ノルウェーまだ~む
2009年10月18日 06:21
マリーさん、こんばんは☆
新型から無事生還なさいましたか?
マリーさんも気をつけてね。

確かに黒猫のほうが、日本では不吉だよね。
聞いた話によると、ユダヤの人にとっては、犬は穢れた生き物なので、飼ったりしないのだそうで、うちの近所には大きな公園があるのに、イヌを散歩させている人が確かに少ないなーと思うの。
もしかしたら、そうい関係もあるのかなぁ?
ワンちゃんが、幽霊の筆頭に上げられているのって、本当に理解不能だわ…
ノルウェーまだ~む
2009年10月18日 06:25
みすずさん、こんばんは☆
食料が新人囚人って、別にコックさんが新人囚人をお料理していたわけではなく、古参囚人たちが勝手に食していただけだよ。
って、生で食べたのかしら??
その辺のことまでは、資料に載ってなかったなぁ。
さすがに、イヌも首が3つあったら、怖いね!
ノルウェーまだ~む
2009年10月18日 06:30
ねこのひげさん、こんばんは~♪
実はオットの実家のお隣にもドーベルマンがいて、いつも吠えています。
お墓参りに行く時は、その檻の目の前を通るのですが、毎回怖い思いをしますね。
もしかしたら、そういう大型犬が、飢饉でお腹をすかせて、実際に人を襲っていたのかもしれないですねー
2009年10月19日 11:03
まだ~む、おはよう♪

レンガひとつでも時代がわかるようになていたのね、知らなかったなぁ。
幽霊パブ、一度行ってみたい~(まだ~むの記事には行ってみたいばっかり
でも幽霊でるなんて想像できないほどカッコイイパブじゃない?^^
ポルターガイスト現象ってほんとにあるものなのかなー
オカルト好きだから、
昔からすごく気になってるの。
サリー
2009年10月19日 14:13
こ・・・これまた猟奇的なお話が!!
すげぇ、イギリス(笑)
でも、「途中、一張羅を着て一杯だけお酒を飲むのが許されていた」なんて洒落っ気(?)はなんとも・・・。

そういえばホームズの「バスカビル家の犬」とかいう話、黒い犬の話じゃなかったでしたっけ?こんな伝説に関係あるのかな。

ノルウェーまだ~む
2009年10月19日 15:58
migちゃん、おはよう♪
私はお酒を飲まないからパブには昼間しか行った事ないの。
幽霊パブは、それこそいっぱいあって、ここのパブは、従業員に何かしたという話しかないから心配ないけど、女子トイレに出るパブとか、そういう所には行きたくないなーと思っちゃう。
でもmigちゃんと一緒なら、パブの中の取材もできそうね。(笑)
ノルウェーまだ~む
2009年10月19日 16:00
サリーさん、お久しぶり~♪
さみしかったよう☆
秋のイベントは一段落着いたのかな?
そうそう、ホームズの『バスカビル家の犬』は確かに怖かったわ。
すごーく不気味な雰囲気の話で、そういう印象で犬をとらえていたのかもしれないよね。

この記事へのトラックバック