ロンドン観光地めぐり☆バッキンガム宮殿

観光客が必ずといっていいほど見学するのが、このバッキンガム宮殿の衛兵交代。
既に多くの旅行者が、体験記として写真を載せているのに、今更わたしがあえて紹介するのも・・・・
しか~し!
一般的にはあまり知られていないけど、実はここも「ロンドンホラースポット☆№7」という別の一面を持っているのだ。



画像
この日も大勢の人であふれていた。
宮殿の門の中で行われる交替式を見るなら、一時間以上前には場所取りをしたい。
行進するのを見るだけなら、30分前でOK。


画像
銅像の上に乗って見ようとすると、おまわりさんに怒られるよ



画像
道路にはみ出して座っていたり、横切って渡る途中で写真撮影している人にも厳しく注意の騎馬警官




画像
11時半からの衛兵交替は、中に入ってからは出てくるのを待っていると相当時間が掛かるので、途中で諦め、お昼ご飯を食べたらバッキンガム宮殿の中を見学するのが、お決まりのコース。

ここも3回行って、すでにどの部屋に何が飾ってあるかまで覚えてしまった私。
大人16.50ポンドと決して安くない入場料なので、一度行った人はチケット売り場でもらったリーフレットの後ろにあるUnlimited Admission Registration Formに、住所氏名と日付を書いて、出口の手間でパスポートと一緒に提示してスタンプを貰おう。
以後一年間は、タダになる。

私はこれで2回目に入ろうとしたら、ねえねが具合が悪くなって、当日行けなくなったため、私がそのチケットを使ったので、全く無駄になってしまった。
入場の際、並ばずに入ろうとして予約した(衛兵交替のサイトにて)のがあだとなってしまった~(涙)


画像
衛兵は、宮殿の左右にあるこの門から、さっさと中に入ってしまって、あっけないので、間近で見たい人は、門の近くがいいかも。




宮殿内は、とにかく豪華絢爛☆☆☆
実際にエリザベス女王が、現在も使っている宮殿なだけに、また感慨も深く・・・・

宮殿と言えばフランスのヴェルサイユ宮殿が有名だが、すでに過去の遺物となっているヴェルサイユが全く見劣りしてしまうほどだ。


きらびやかなグリーンの部屋、肖像画の部屋、晩餐会の部屋・・・・・どこも見事☆
特に面白いのは、最後に見学するホワイトルームの壁に作られた秘密の扉。
女王が公務中にささっと私室に戻る為に作られたのだという。



画像
見学を終えて日本語ガイドのセットを返却
裏側は意外と質素。


出たところにカフェがあるので、一休みしよう。
トイレは庭園の端に作られた架設トイレまで我慢!



さて、お待ちかね(?)の幽霊である。
宮殿裏のテラスに12月25日に出没すると言われているのは、16世紀、王宮が建設される前の修道院だった頃に、悪行のため独房に入れられ、そのまま餓死した修道士の霊。

両手につながれた鎖の音を立てながら、よろよろ歩き消えていくということだ。


もう一人、自身の離婚の醜聞のために職を失った、エドワード七世の秘書官ジョン・グインが、ピストル自殺をした宮殿内の部屋からは、時々銃声がこだますることがあるのだという。




今日もまたひとつ、ロンドンの有名観光地をホラースポットに変えてしまった・・・・
(いや、私が幽霊を出しているわけじゃないからね。)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

mig
2009年10月13日 15:06
まだ~むこんにちは♪
いま電車中からコメント大きい写真帰って観まーす。
ここ昔行ったなぁ!
でも心霊スポットなのね?!
そう言われてみると、イギリスってどこもかしこも幽霊出そうな雰囲気~
天気も悪いし?
でも家族や友人来るたびに同じところまわらなくちゃいけないまだ~むも
ちょっと大変だね(*^_^*)
レポお疲れ様です☆
ちなみに私今夜はホラーの試写よ(^_^)v
ノルウェーまだ~む
2009年10月13日 16:03
migちゃん、忙しいのにいつもありがと!
今回のホラー新作は何だろう?
秋の夜長はホラーもいいけど、だんだん暗くなってい来るから、なんか後を引くよね。うう…
そんな私も、今日もホラースポット探険に出かけるの。うふふ…
何しろ既に寒いし、お日様の出る日に出かけておかないと、どっこも行けなくなっちゃうのだ。
ところで来客があるたび同じところに行ってしまったこの夏なんだけど、よーく考えたら見所はいくらでもあるし、自分たちの行ってないところに連れて行けばよかったと、秋になって気が付いたという…
ねこのひげ
2009年10月14日 05:06
マダム、おはようございます♪
バッキンガム宮殿にも出ますか。
ところで、ロンドンといえば、マイケル・ジャクソンですが・・・。
マイケルのネバーランドに、マイケルの幽霊が!?
というのをご存知ですか?
YouTubeで見れますよ。
ホーラースポット情報でした。
ノルウェーまだ~む
2009年10月14日 08:11
ねこのひげさん、こんばんは☆
情報ありがとうございます!
実は私もYOU TUBE見ました☆でも…心霊ものの本物は、本当は苦手な私でした。
そして!!!
まだお天気の関係上取材に行けてないのですが、ここロンドンにも面白い情報があるのです~
近々撮影に出かけますので、お楽しみに♪
2009年10月14日 08:47
こんにちはー♪

バッキンガム宮殿、素敵ー♪
衛兵交代って憧れる!一度は生で見たいわ^^
よく衛兵を笑わそうとするお笑い芸人がいるけど・・・本当に笑わないんだねぇ^^;
凄いです^^

バッキンガムもホラースポットだったのね・・・
鎖の音や銃の音、怖いッス・・・

お日様が出てないと、かなり寒いんですか?
出歩くのも辛いんでしょうか~?
そちらの気候も興味津々です^^
ノルウェーまだ~む
2009年10月14日 16:13
みすずさん、おはよう☆
衛兵さんは笑わないですねぇー
笑わそうとする芸人さんとか来るんだ?撮影とかしているの、知らなかったわ。
イギリスの気候は、現在最高気温が15度で、東京でいえば12月くらいかな。
風が強いとマジ寒いし、やっぱり雨も多いので気分的に滅入りますね。
私は晴れてないとひきこもっちゃうので、天気予報とにらめっこの毎日です。
マリー
2009年10月14日 21:08
修道士さんが、何をやらかした人なのか気になるところです。。。
でも幽霊って、何かを訴えたいとか~何か未練がある人だものね。
語り合ってみたい気もする。(イタコ?)

次はどこかな?ホラースポット楽しい~~~(喜んでていい?)
ノルウェーまだ~む
2009年10月15日 00:36
マリーさん、ありがとー☆
怖い話系を喜んでもらえると、ホッとするわ。
私の周りはすごい苦手な人ばかりで、ようやく最近お友達の中にも”大丈夫”な人がいることが分かってきて、居場所を見つけた私。
本当は読んでくれる人が減ったらどうしよう?って思ってたの。
修道士さんは、『神をも畏れぬ所業』としか書いてなかったので、何をやらかしたかは不明。
修道士さんがやっちゃいけないこと?
最近は学校の先生が出会い系で中学生を買春したりだから『やっちゃいけないこと』をした先生とか、もうお仕置き部屋に監禁しちゃえばいいのに…って思う。

この記事へのトラックバック

  • 「The Queen(クィーン)」ゆかりの地をたずねて

    Excerpt: 英国と結婚したのがエリザベス1世ならば、英国の母となったのがエリザベス2世、現エリザベス女王なのかもしれない。 ダイアナ元皇太子妃の事件直後の7日間のエリザベス女王を描いた作品。 そして明日、故ダ.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2011-04-29 02:53