「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」世にも美しいヴァンパイア

世界で最も美しいヴァンパイアと言われたトム・クルーズ主演の『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』から、早くも15年。
なんとその美しいヴァンパイア「レスタト」を、次回作でロバート・ダウニーJrがやるのだと聞いてビックリ!
見たまま放っておいたこの映画、せっかくなので、この機会にレビューを書こうかな~


画像
トム・クルーズにブラッド・ピット、キルスティン・ダンストという超豪華顔ぶれ


<ストーリー>

サンフランシスコで特ダネをねらっていたクリス(クリスチャン・スレイター)は、ある青年から驚くべき話を聞く。
その青年の過去は18世紀のニューオリンズで始まった。

フランス移民だったルイ(ブラッド・ピット)は、妻と娘を亡くし、絶望の中で生きていた。
いつも死を望んでいたルイに魅力を感じたヴァンパイアのレスタト(トム・クルーズ)は、彼を生涯の伴侶と決め、仲間にする。
しかし、冷酷なレスタトに対し、ルイはどうしても人間の血を吸うことができないでいた。

動物の血でしのいでいたルイも、病気で母を亡くして泣いていた幼いクローディアの血を思わず吸ってしまう。
レスタトは彼女を仲間してルイに与え、自らも可愛がって家族のようになったのだが・・・・・



画像
ひゃ~っ!なんて妖艶なブラピ様☆
金髪で美しいレスタトと、悩ましげで陰を引きずっているルイ。どちらも思わずうっとりしちゃう♪

トムちんと二人でラジーカップル賞を貰っちゃったけど、私としてはベストカップル~


画像
天才子役のキルスティン・ダンスト
スパイダーマンの時は、実はあまり知らなかった私。
なんで、たいして美人でもないのにヒロイン?って思っていたけど、なんと芸暦長い大御所だったのね。
子役のときのほうが、美人・・・・・



画像
美しい男性二人が、かわいい娘をわがまま放題に育てて・・・・

「お腹すいたー」
「ほら、ご飯だよ」といって、ちょっと血を吸って気絶させた人間を与える。
「もっと、飲みたい~」
「そんなに飲んだら死んじゃうよ・・・・・あぁー、また殺しちゃったね☆」


時に厳しく、時に好き勝手にクローディアは育てられ、体は子供のまま、立派なヴァンパイアとして成長する。
とはいえ、欲しい人形があると、店に入って店主の血を吸って殺し、ほいほいと持ってきてしまうのだから、実は内面もちゃんと成長してなかったんじゃないかな・・・・

何百年も子供をやっているのって、どうなんだろう?やっぱり飽きちゃうのかなぁ。

画像
この顔で、「君の血がほしい☆」とか言われたらプリーズって言ってしまいそう・・・

ルイを愛するレスタト、クローディアを愛するルイ、ルイを独り占めしたいクローディア。
レスタトと性格が似すぎていて、お互い憎みあい最後はクローディアに殺されてしまうところは、辛かった。
レスタトだって、あんなにクローディアのこと可愛がっていたのに~




冷酷なレスタトをどうしても許せなかったルイも、なぜ同じ・・・・いや本当は「もっと」冷酷なクローディアを愛していたのだろう?
クローディアがレスタトを陥れて殺してしまっても、ルイがあまり苦悩しなかったのは、ちょっと疑問。
もう少し、自分をヴァンパイアにした『レスタトを憎みながらも離れられないルイの図』を見たかった。



画像
パリで劇団を率いるアルモンド(アントニオ・バンデラス)に誘われ、仲間に入るよう促されるが・・・・


再び出会ったヴァンパイアも、レスタト以上に冷酷だった。
何しろ、レスタトをヴァンパイアにした張本人だったのだから。

なぜ、今でも生涯の伴侶を探し続けるアルモンドの元からレスタトは去ったのか?
なぜレスタトだとダメなのに、アルモンドと一緒にいようかとちょっと悩むルイがいるのか、私には2回見ても理解できなかった。



美しくなったり醜くなったり、また美しく復活したり・・・・
顔色ひとつで人は、こんなにも印象が変わるんだなぁと、驚かせてくれたトム・クルーズ(勿論、顔色だけじゃないけど)

その美しいレスタトを、あの『アイアンマン』 『トロピック・サンダー』 『路上のソリスト』で見事、全くの別人を演じ分けるカメレオン俳優と呼ばれるロバート・ダウニーJrが、演じるっていうのは、楽しみなような・・・・
まさか、メイクなしで美しいのと醜いのを演じ分けるとか?

世界一美しいヴァンパイアってかんじでは、ないんだけど、何かもっと違った部分ですごいレスタトを演じてくれるのは間違いなさそうだ。









ヴァンパイア・レスタト〈上〉 (扶桑社ミステリー)
扶桑社
アン ライス

ユーザレビュー:
人間を辞め切れない者 ...
ヴァンパイア・レスタ ...
レスタトの反撃。前作 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年09月16日 20:20
ブラッド・ピットやトム・クルーズが少女漫画に出てくるような美男子ではなく、同じ男性から見ても美しいと思える映画でしたね。
特にこの映画におけるトム・クルーズの美しさは素晴らしいですよ。背が低いことも忘れてしまうほどでしたから。
ノルウェーまだ~む
2009年09月16日 23:23
にゃむばななさん、そうですか!?
男性から見ても美しいと思えるのですね。
私はにゃむばななさんのレビューが、あまりに美しい美しいと書いていらっしゃるから、あれ?男の方だったと思ったけど…と一瞬疑ってしまいましたよ。
そうでなければ・・・・・・・・(失礼!)
目をウルウルさせてるブラピも相当色っぽかったですが、トム・クルーズの美しさったら!
確かに背の低いこと忘れてました。
ブラピより大きく感じましたね。さすがそこが役者の腕の見せ所なのでしょう☆
サリー
2009年09月17日 01:27
私この映画、「好きな映画10本」に入れられるほど好きなんですよー!
映画館に観に行ってもうハマりまくったんですが、家でテレビで見ていたら、母が吸血シーン(女性の胸が血まみれになるシーン)で「気持ち悪い・・・」って。意外なことに弟は絶賛しておりました。

これで初めてトム・クルーズって実はすごい俳優なんだって思ったし、それにキルスティンのかわいさと演技力と言ったら!!このあとあまりハマり役に恵まれない気がしてヤキモキしてましたが、「マリー・アントワネット」はよかったですー。

・・・ただひとつ。
色白のバンデラスってのは・・・「なぜこの人にヴァンパイアやらせる?!」と・・・なんか笑ってしまいました。いや、演技はいいんだけど、どうしてもビジュアル的に・・・。
ノルウェーまだ~む
2009年09月17日 05:50
サリーさん!好きだと思った♪
私は1回目見たとき、以外に物足りなくて(期待しすぎてたのかな)あれ?と思ったのだけど、2回目はすごーくハマってしまったの。
不思議だわ。1ヶ月も開けてないのに、見た印象ってコレほどまでに変わるのね…
確かにバンデラス笑わせてもらいました。
でもあそこでトム・クルーズより美しいヴァンパイアは登場したらダメなんだもんね☆
そういえば、サリーさんて誰のファンだったっけ?銀さん以外に…
2009年09月17日 08:53
こんにちはー♪

え?ロバートダウニーJRがヴァンパイアを演じるんですかー(^^)/
わたし『アイアンマン』から彼にぞっこんでして^^
嬉しいなー^^楽しみ♪

この映画はまともに観たことはないんだけど、ラストのトムの美しさが忘れられませんわ^^
2009年09月17日 11:08
こんにちは~♪
知らなかった!!!ロバート・ダウニーがレスタトを演じるだなんて!!!
う~~~ん、想像も出来ないなぁ~
でも、ロバート・ダウニーがシャーロックホームズ???って思っていたけど、先日見た予告で、スッゴク魅力的だったし、彼なら独自のレスタトを演じそう♪で、、、レスタトのどんな話が映画になるのかな?ご存じ?

さてさて、、、これはブラピの美しさに尽きるわ~
トムもいいんだけど、私はブラピに萌えです!
キルスティンって、今ではあんなだけど(スミマセン・汗)、子役の時は綺麗だったよねぇ~

この映画、何が言いたいのかよく分からんところはあるけど、何だか惹きつけられる。多分時々観ちゃいたくなると思うわん。
2009年09月17日 22:47
こんばんは♪
あれから15年ですかー。ヴァンパイア映画いろいろ見ましたがやっぱりトムのレスタトが好きです。
ロバート・ダウニーJrのレスタトは想像つきません。でもそこは役者ですからぜひ素敵なヴァンパイアになって欲しいですわ。
この作品の時のキルスティン・ダンストはめちゃくちゃ可愛くて美人さんでしたね。ちょっと違う方向に成長しちゃいましたけど、、、
今のところウァンパイア映画ではこれが一番です。また観たくなりましたよ~
ノルウェーまだ~む
2009年09月18日 00:38
みすずさん、こんにちは☆
ダウニー好きなんですね!
彼の演技力たるや素晴らしいものがありますよね。
どんなレスタトになるのか、楽しみ♪
いつやるのか、まだわからないのですが、待ち遠しいですね。
ノルウェーまだ~む
2009年09月18日 00:41
由香さん、ブラピ萌え♪わかるわ~
私も今回のダウニーの記事に、主役のレスタトと書いてあって、あれれ?主役ブラピのルイだとばかり思っていた~と。
何しろあんなに妖艶な男性いないよねぇ。
ごっついのに妖艶?何ていうのかな、ブラピらしい男の色気があったよね。うんうん。
ノルウェーまだ~む
2009年09月18日 00:43
yukarinさん、こんにちは☆
やっぱりですね。
レスタト好き、ルイ萌え、色々ですが、共通意見はキルゥティン・ダンストが大人になって残念ってこと。(笑)
どうしちゃったんでしょうねぇ
2009年09月18日 11:18
まだ~む、こんにちは♪

先越された~(笑)わたしも近々これレビューしようとスタンバってたの
えー?ダウニーが?!知らなかったよ~
ダウニーさんがやるならまた違った感じだろうなぁ。
耽美にはならないような。トムちんもかなり減量して挑んだけどダウニーも痩せるかな?

とにかくこの映画大好きで2ヶ月ほど前に観直したんだけどやっぱり面白かった~★
リメイクしなくてもいいのに~

わたしはもちろんブラピよりもこのトムが最高でした~
ノルウェーまだ~む
2009年09月18日 15:45
migちゃん、おはよう♪
ブラピよりトム派なのね。
私は美しさより切なさのブラピなんだぁ~
ダウニーレスタトは、トムとの共通点といえば、背が低いことくらい(失礼!)だけど、きっとこの映画ではちょっと薄かった『レスタトの苦悩』をうまく表現してくれるんじゃないかと期待しているの。
こちらは、ブラピのルイからの目線だったけど、ダウニー主演ならレスタト目線になりそうだよね。
でもトムちんレスタトの永遠の美しさを消滅させないで欲しいなぁ~
サリー
2009年09月19日 23:42
ちょっ、「銀さん以外に」って、それ、アニメキャラ聞いてるんですか、俳優聞いてるんですか(爆)

ええとですね、最近はまったく映画観てませんが、ルックスで惹かれたことがあるのはキアヌ・リーブスとか。

演技で思い切りハマった役者は、実はこの作品にも関係あります。監督も一緒だし!バンデラスも笑っちゃうけど、もう1人、ヘンな吸血鬼、いたでしょ?壁を登れちゃうような。あの人、「クライング・ゲーム」という映画の主役で、この映画も彼も、ものっすごく好きでした、私。全然美形でもなんでもないのに、彼のことすごく好きになった。その映画では。

それとケビン・スペイシー。・・・彼はなぜか「セブン」の犯人で観て、一目惚れ・・・あんなひどい役なのに。ああそれとゲイリー・オールドマンも好きだったな、一時。実はそんな趣味ですよ。
ノルウェーまだ~む
2009年09月20日 08:53
サリーさぁーん、すごい…
俳優の趣味ったら、かなわない気がしてきた…
キアヌときて、意外さに驚いちゃったけど、さすがサリーさん、マニアックなところいきますね。
なんか、とんでもない役だったり、美景じゃないのにものすごく惹かれる役者さんっているよね。
きっとすごーく上手なんでしょうね。演技とか…

この記事へのトラックバック

  • インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

    Excerpt: 終わらない心の哀しみがあるからこそ、美しい映画はより美しく見える。そしてその美しさは映像だけでなく、雰囲気や役者陣など全てにおいても同じく。 これまでの怖いヴァンパイア映画とは完全に違う、ヴァンパイ.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2009-09-16 20:21
  • 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(1994)

    Excerpt: 自らをヴァンパイアだと名乗る青年ルイは、ジャーナリストにその恐るべき半生を語り始めた。 かつて最愛の妻子を亡くし絶望の渕にあった時に、永遠を生きる伴侶を求めていたヴァンパイアのレスタトによって、同じ.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2009-09-16 21:33
  • インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

    Excerpt: (随分前に・汗)WOWOWで鑑賞―【story】ジャーナリストのマロイ(クリスチャン・スレーター)の前に、「吸血鬼だ」と名乗る男ルイ(ブラッド・ピット)が現れる。彼は、自分を吸血鬼にしたヴァンパイア、.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-09-17 10:48
  • インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

    Excerpt: 【INTERVIEW WITH THE VAMPIRE】1994/12/年公開製作国:アメリカ監督:ニール・ジョーダン原作・脚本:アン・ライス出演:トム・クルーズ、ブラッド・ピット、スティーヴン・レイ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2009-09-17 22:36