ロンドン博物館めぐり☆シャーロック博物館

名探偵コナン好きのお友達から頼まれて、シャーロック博物館へ出かけてみることにした。
頼まれたお土産だけを買ってもよかったんだけど、せっかくなので見学することに。
それが結構面白いのだ♪


画像
地下鉄構内からこんなかんじ
ベイカーストリート駅から5分(Bakerloo線以外にも多くの地下鉄の路線が合流しているので便利)




手前に見つけたビートルズショップ。
日本人と外人のスタッフがいる。
画像画像













品揃え豊富



シャーロックホームズにまるで興味を示さないパパンは、こちらで大はしゃぎ
いろいろお土産を買っていたけど、ちょっとお高め・・・





画像
シャーロックホームズ博物館入り口
右側ドアは、ショップになっていて、博物館に入らなくても、お土産は買える。
シャーロックホームズ博物館公式サイト(日本語版)
駅からリージェントパークへ向かって歩いて、通りの左側にある。入場料6ポンド

警官の帽子をかぶったおじいさんが、ホームズの帽子とパイプを持たせてくれて、一緒に写真を撮らせてくれる。
っていうか、撮らないと中に入れない?

画像
店内は天窓があって明るく、品揃えもバラエティーに富んでいる。
勿論、パイプや帽子も売っているし、雨でも消えないマッチや、虫眼鏡など探偵グッズも・・・・
テレビシリーズを見たことない私には、ホームズの顔がこういう顔だったのー?とちょっと意外。


画像
2階に上がると、ワトソン博士がお出迎え
写真はぼけているけど、ワトソン博士はボケていない。
「これがぁー、わたしのいすぅー。これがぁー、わたしのかばん。これがぁー・・・・」と日本語で説明してくれる。
そのあと例の帽子とパイプを貸してくれて、一緒に記念撮影させて貰える。
だけど、人が多くなるとじっと座ったままなので、半分蝋人形化してしまう・・・・・・


サー・アーサー・コナン・ドイルの書いた小説に出てくる、シャーロック・ホームズとワトソン博士は1881-1904年の間、ここベーカー街221bにあるヴィクトリア朝の下宿屋に住んでいたとある。
1815年に建てられたこの建物は、小説に描かれたとおりに再現されている(テレビ放映されたときと同じらしい)だけでなく、政府から第2級重要文化財として保護されている。

実在のホームズ氏は、この下宿屋のメイドと関連がある人物で、ワトソン氏は隣に住む歯科技師だったという話だ。

画像


画像


画像


画像


まるで今にも部屋の住人が帰ってくるかのような佇まい。
書斎にはワトソン博士の手書きの日記もあり、かなりの凝りようだ。

小説に忠実かどうかは、すごいファンじゃないと分からないが、100年以上昔の市民の生活を知ることが出来る資料館としては、ともすると宮殿のきらびやかなものばかりに目がいくこの国において、かなり興味深く貴重だといえる。


ミシミシと音のする狭い階段を3階まで上がっていくと・・・・・・・






画像
ひえーっ!誰か天井からぁあああああ!!(って、よっく見ると手の向きが変)

画像
死体が転がっていたり、棺おけから人が出てきたり・・・・・
と、小説の1シーンを再現した人形たちに驚かされる。



ホームズゆかりのアイテムや、本の中にピストルを忍ばせた秘密グッズなども展示され、狭いながらも密度の高い博物館になっている。

もう一度、シャーロック・ホームズの本を読み返してみようかなぁ~





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

サリー
2009年06月04日 17:02
ここ、有名だけど、中の写真まで見たのは初めてです!!
ワトソン君は、日本語しゃべれるんだ(笑)

友人のご主人がものすごいシャーロキアンで、ベルギー在住中はロンドンどころか、彼が滝から落っこちたところ(スイスだっけ?)にまで行ったそうな。
そういうファンは楽しいでしょうねぇ。

私は小学生時代に数冊読んだのと、大人になってTV何本か観ただけなので・・・そして両者の印象がとても違って戸惑いました。

あ、そうそう、中学時代には、美形の犬(笑)のホームズのアニメやってましたよ。宮崎アニメ。知ってます?
ノルウェーまだ~む
2009年06月04日 18:46
サリーさん、こんにちは!
宮崎アニメでホームズ??知らなかったなぁ…
ホームズのイメージは確かに人それぞれで、私も小説でイメージ(もしくは本の挿絵)したものと、今回のグッズに描かれたものが違っているので、戸惑っちゃった。
意外におじさんだったし、おじいさんバージョンもあって、誰が買うんじゃー??と…
はなママ
2009年06月04日 20:03
ここ行きました! 
ワトソン博士が日本語…だったかなぁ…って覚えてないし。
なんとなく面白かったな!ってだけ覚えてます。
ノルウェーまだ~む
2009年06月05日 02:39
はなママさんも行ったのね~!
思ったより面白かったし、お土産の品揃えはかなり良かったので、意外にも楽しめちゃったよ。
近くにリージェントパークがあるから、そちらにも行かれたかしら?
mig
2009年07月12日 10:38
まだ~む、こんにちは♪

このトピック、見逃してました~(泣)
シャーロックホームズ詳しくないんだけど年末ジュードの映画もあるし、
興味深いなぁ、博物館大好き。面白そう。
次回イギリスに行った際には是非行ってみたいです。

まだ~む、映画祭来られるかも?!
ありがとうございます!びっくり。
メッセージというところからメールしようとしたんですが
なぜか何回やってもマリーさんのブログへ飛んじゃいます
良かったらわたしのブログにあるメッセージを送るってところから
お時間ある時にでもお願いします!
13日、仕事あって行けなくて、19日観てソッコウで
渋谷に戻らなくちゃ行けなくて
お会いできるのは19の上映前なんですぅ
どちらにしてもせっかくまだ~む来られてるうちにお会いしたいな!!
ノルウェーまだ~む
2009年07月12日 21:14
migちゃん、ご指摘のメッセージ直しておいたよー☆
今までそんなことになっているとは、全く気が付かなかったわ。
migちゃんは渋谷でお仕事なさっているの?
忙しい時に時間を割いていただくなんて、恐縮だけど、是非ともお会いしたいです☆
マリー
2009年07月26日 13:09
TBありがとうございます!
楽しそう!!
ずっとホームズさん読んでいないし、人形見てもどんなストーリーのものかワカラナイけど~面白いね♪
ワトソン博士は親日家?日本語って意外~(それだけ日本のファンがたくさん訪れるのかな?)
う~~ん、行ってみたぁ~い。

↑のmigさんコメントに私が出て来てびっくり(^0^;)
無事に会えてなによりでした~♪
ノルウェーまだ~む
2009年07月26日 20:54
マリーさん、こんばんわ☆
シャーロックホームズ博物館は、勿論日本人観光客もたくさんいたけど、それ以上に外人の熱心な観光客が多かったですよ。
なんだか驚いたとともに、嬉しかったなぁ。
メッセージのコーナーは、私が全く気が付かなくて、今回お陰さまで直せたの。
うふふ…migちゃんがマリーさんと仲良しでよかった♪

この記事へのトラックバック

  • 「シャーロック・ホームズ」ゆかりの地をたずねて

    Excerpt: お誕生日企画で、渋るりょうたを連れ出して「シャーロック・ホームズ」を観て来た☆ 予告ではかなりアクション仕立てになっていて、これなら大丈夫かな~と思ったのだけど・・・・ やっぱりホームズは推理もの.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2010-01-25 07:58
  • ロンドン ブループラークめぐり☆拘置所

    Excerpt: ロンドンにはブループラークというものが、街の中に設置されているところがある。 これは著名な人物がかつて住んだ家(もしくは歴史的な出来事があった場所)の外壁に取り付けられている、水色のプレートである。.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London racked: 2010-03-08 02:08
  • 「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」☆ゆかりの地をたずねて

    Excerpt: 19世紀のロンドンを舞台にしたテレビ版シャーロク・ホームズは、重厚でダーク、湿度のあるかんじがいかにも英国らしくて楽しかったけれど、あくまでテレビ版スペシャル番組的で、結末ときたらそんなオチ!? Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2016-02-24 00:14