ローマ旅行レポート④~ちょっと遺跡めぐり

りょうたは、「遺跡ばっかり飽きたーっ!」と言うけど、ローマまで来てこんなちょっとしか歩かなかったのは初めて。
ありきたりの遺跡めぐりも、りょうたに見せたかったからなのに、どうやらただの石にしか見えない?



画像
ご存知「真実の口」
イースターで礼拝が行われるため、入り口は鍵がかかっていて、近づけなかった。
「うそつきは手が抜けなくなるんだよー」と、りょうたを脅かして損した~

昔は排水溝の蓋だったという「真実の口」
お口から、雨水をゴボゴボ飲んでいたのね・・・・




画像
コロッセオ
6万人を収容できるローマ時代の大闘技場。
入場料はフォロ・ロマーノとの共通入場料で確か12ユーロ。
単独の入場料もあるかもしれないけど、何も教えてくれないので、よく確認しないで買ってしまった。


とにかくここも長蛇の列。
かなり高額の入場料も、遺跡保存のためには仕方ないのかな・・・・・


画像
列の横で、コスプレ兵士と写真を撮る人たち(結構高額を要求するらしい)

ローマ兵士は背が低かったので、敵国の大男達を威圧するために、かぶとに長い羽をつけて背を高く見せていたのだそうだ。(byパパン)





画像
コロッセオ内部

中央に見える地下の部分に猛獣を飼っていた。
奴隷がくるくるとロープを巻き上げると、動物の部屋が床ごと持ち上がり、猛獣に接触せずに闘技場(猛獣の部屋の屋根に当たる部分)へ移動させることができた。(小さな模型が展示してある)
つまりエレベーター

西暦80年に完成したこの闘技場に、すでにそんな装置が付いていたとは・・・・
しかも猛獣VS奴隷の血生臭い戦いは、市民の関心を政治からそらせるためのものだったらしい。
さすがローマ帝国・・・・・・





2階部分にスポーツ博物館があり、オリンピックの歴史などが展示してある。
当時は裸で競技をしていたみたいだけど、怪我とか大丈夫だったのかな?
ツヨポンもローマ時代に生まれたらよかった・・・かも?



画像
フォロ・ロマーノ
紀元前509年から約1000年もの間のローマ帝国時代、政治と市民の生活の中心だった場所。
シーザーが「ブルータスおまえもか!?」と叫んで殺された元老院(クーリア)などがある。



しかし、すっかり変わってしまったフォロ・ロマーノ。
18年前は無料だったし、遺跡のどこへでも行けて、へたすれば触ったりよじ登る事だってできた。
1歳のねえねが、ちょこまかと歩き回っていたエミリアのバジリカ(紀元前179年に建てられた金融取引の中心地)の円柱も、遠くに眺めるだけになってしまっていた。

年々歩ける場所が少なくなり、今や広々としたフォロのほとんどが手すりに囲われ、通路だけしか歩けなくなってしまっていた。
2000年以上もそこに存在し続けたローマの遺跡は、ここ20年余りで、いったいどんな変貌を遂げて、このような措置を取るようになったのか・・・・・
観光地といえば、イタズラ書き問題など多いけど、ここでも何か問題があったのかと思うと、なんだか情けないというか、かなしい気分になってしまう・・・・



画像
馬なのに魚のしっぽ

ホテルの近くのボルゲーゼ公園で
公園はすごく広くて、動物園もあるしボルゲーゼ美術館など、いくつかの美術館・博物館がある。



りょうたは遺跡も美術館も嫌で、公園でパパンとただ走り回っていた。


こうして我が家ののんびりローマ滞在は幕を閉じたのであった・・・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

サリー
2009年05月14日 11:48
・・・まぁ、遺跡は興味なければ苦痛なだけですからねぇ。
大人になってから急に興味が湧いて「あの時行ってたのか~、俺!!」ってなるかもしれないけど(笑)まあ、子供には観光も辛いですわね。

昔は無料だったのか・・・。
維持費が必要になったのかもしれませんね。イタリア経済ってよくないし、ユーロになった関係もあるのかも?

一緒に自分のレポートも読み返して、コロッセオでいろいろ考えて気持ち悪くなったことを思い出しました。
ノルウェーまだ~む
2009年05月14日 22:17
サリーさん、気持ち悪くなっちゃったんだ?
実際恐ろしい話だよね。
今では相当な人権問題だけど、当時は奴隷制度が普通にあったんだもんね。
折しもイースターネタで、テレビでは『ベン・ハー』をやっていて、こちらはりょうたも興味深く見てましたよ。

フォロ・ロマーノは古いガイドブックでは無料となっているけど7年前くらいには有料になってたわ。
どっちかというと、無料なほうが不思議だったくらいだよね。
マリー
2009年05月15日 22:20
こんばんは~~。
この前からのいろんな絵画も見たいけど~
コロッセオも行ってみたいな・・・
映画『ジャンパー』だと一瞬で行けてたけど(笑)

そこに立った時、過去の色々な方の“想い”をずっしり感じたりもするんでしょうね。
こういう遺跡などは、やはり後世にキチンと残してほしいし~有料でもいいから、保存してほしいものです。

ツヨポンもローマ時代に・・に笑った!!
ノルウェーまだ~む
2009年05月16日 01:04
マリーさん、こんにちは☆
本当に、『ジャンパー』みたいに一瞬で行けたら、どんなに楽でしょうね~
『どこでもドア』でもいいけど。

偉大な遺跡は、保存する国も観光する側もキチンとした気持ちで後世に残していきたいですね。
ミチ
2009年05月19日 08:22
りょうたくん勿体無~い!
親が良かれと思って連れて行く旅行って、案外子供にとっては面白くないのよねぇ。
でも、旅行って「とにかく面白くなかった」とか「パパと走り回ってた」っていう記憶だけでも残るのがいいよね。
旅行の記憶って家族にとっては宝物だなって思いますよ。
ノルウェーまだ~む
2009年05月19日 15:49
ミチさん、そうなんですぅー
我が家は家族全員共通している趣味って、’食事’しかないから、どうしてもイタリア旅行になっちゃうんですよ。
でも、遺跡をいっぱい歩かされたぁーとか、パパのダイビングの時ずっとプールで泳いでいたーとか、そういうのが記憶に残っていたりしますよね。
ムスメはエジプトのピラミッドが見える部屋で、ずっと本を読んでいて、今頃になって「あー、ちゃんと見ておけばよかった…」などと言ってます。

この記事へのトラックバック