「チェ 28歳の革命」 やってしまった・・・

相当に期待していた。観客も多かったし。
なのに・・・・・
よく分からなかった。
半分寝てしまったから?
どんなに寝不足でも、映画館でほとんど寝ていたのは、これが人生2本目。
『カッコイイ』彼の生き様は、ちゃんと観ていたら、私にも分かったのだろうか???


画像
 「チェ 28歳の革命」 公式サイト


<ストーリー>

1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のエルネスト・チェ)・ゲバラ(デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロと運命的な出会いを果たす。
キューバの革命を画策するカストロに共感を覚えたチェは、わずか82人で海を渡り、キューバ政府軍と戦うというカストロの作戦に同意し、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる。
チェという愛称で呼ばれ、軍医としてゲリラ戦に参加したチェ・ゲバラは、女性と子供には愛情を持って接するのだった……。
(goo映画より)



寝ていたからストーリーも書けない。
何やらキューバを、ほんの一握りの富裕層の支配から助けるために、自分はアルゼンチン人でありながら、命をかけて革命に身を投じる・・・・ということらしい。


パララ・・・パララ・・・・とライフルで撃ち合い、ドカーン!と爆弾を投げる。
最後にやったー!勝ったぁ!となって、ハイおしまい~




画像
国連総会で演説前のインタビューを受けるゲバラ
白黒の世界は、まるで実写フィルムのようで、ドキュメンタリー番組のような印象を与える。
勿論、ドキュメンタリーであるかのようなつくりは、この映画の1つの目的であったに違いない。

しかし、25キロも減量して、ゲバラの生き写しのようなデル・トロの姿は、そもそも若い時と革命後では違う人のようにも見え、実際のドキュメンタリー映像なのか(本人なのか、役者なのか)革命前なのか、革命後なのか???似たような顔で似たような迷彩服を着て、誰が誰だかだんだんと判らなくなってしまった。


加えて、白黒の映像での手ブレの多い画面と、台詞やナレーションと関係ない場面が、映し出されるドキュメンタリーならではの手法が、よりいっそう脳細胞を混乱させる。


これに一発でやられてしまった私。




だいたいの映画の見所でもある、‘カーチェイス‘や‘戦闘機のシーン‘‘動きの早い戦いの場面‘で必ず気を失ってしまう私。
あくまで言い訳にしかならないが、自分なりに分析するとこういう訳なのではないかと考えている。

私は相当な車酔いなので、窓の外を流れる景色や、動く景色(車外)と動かない景色(車内)を同時に見たときに起こす、脳内の混乱で気分が悪くなるのを避けるために、自己防衛として睡眠状態に入る。
車や電車、バス・飛行機の離陸時でも酔うので、こういう場合は、自ら寝るようにしているわけだけど、実は脳が自然と目から入る情報をシャットダウンしているらしいのだ。

・・・・・な訳で、画面とナレーションが関係なかったり、やたら手ブレをする映画では、眠くなって当然?なのだ~




画像
ジャングルでの戦闘
無残にも殺戮されたり、搾取される小さな村の住民の姿が痛々しい。
今でもこれが戦闘地域で、現実として起きているというのが、なんとも虚しいばかりだ。



画像
最後の市街戦で勝利を収める
乾いたライフルの音と、見えない相手、さほど動きのない戦闘シーンが、より現実的。
本当に、戦争を実体験している気がする。
いかに、普通の映画の激しいバトルアクションが嘘っぽいか・・・・・



とはいえ、2万人の軍隊に、82人の革命軍で勝利するなんて、本当に映画のような話だ。



最後にジープで次の目的地向へかうとき、敵の持ち物だったド派手なピンクのオープンカーを盗んで浮かれてついてきた部下に、
「おれだったら、そんな事は恥ずかしくて出来ない。今から引き返して、ジープでくるか、なかったら歩いて来い。」
と告げる。


彼の人となりは、この一言に集約されているといえる。
っていうか、こんなに長い映画にしなくても、もうこのシーンだけで、充分じゃん?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年01月27日 12:37
ちょっとキツカッタですね~
私もしばしば睡魔に襲われてしまいました・・

とても忠実に描かれているのでしょうけどあまりにも淡々としすぎていたような気がします。でも評価高いので、これはこれでよかったんでしょうね~

続編の方が面白い聞いたので期待はしているのですが・・落ちずに見ていられるかどうか不安です。
ノルウェーまだ~む
2009年01月27日 13:21
hitoさん、やっぱりそうでしたか…
人物像としてもすばらしいので、忠実に再現したいのもわかるのですが、より多くの人に興味を持って観てもらえるつくりにするのも、大事なんじゃないかな~なんて、ちょっと思ったりして。
続編、考えてます…
2009年01月27日 14:40
すっごく興味はあったのですが・・・
今の私には、絶対無理そう(笑)
ノルウェーまだ~む
2009年01月27日 15:04
サリーさん、宣伝におどらされてはいけません。
私もすっごい興味あったんだけど…
基本的に、彼自身を良く知っていて、元々興味のある人には、絶対的に面白いと感じる映画のようです。
まあ、よく眠れていいかも?
2009年01月27日 15:49
チェ・ゲバラに全く興味のない方には厳しい映画だったかも知れませんね。
私は『モーターサイクル・ダイアリーズ』のおかげである程度知識と興味を得ていたので助かりましたが、チェ・ゲバラ自身、日本では名前だけの存在ですからね。
ヒットしているんでしょうか?
2009年01月27日 17:24
ノルウェーまだ~むさん、こんばんは!

もともと淡々としているうえに、複雑な構造にするスタイルのうえに、なじみのない登場人物の話ですから、僕も睡魔に耐えるのはたいへんでした。
もうすこし観客に親切でもいいのにと思うのですけれど、昔からソダーバーグはこういう突き放した感じがありますね。
後編も観に行くつもりですが、気合いを入れていかないといけないですよね。
ノルウェーまだ~む
2009年01月27日 17:25
にゃむばななさん、こんにちは☆
どうやらヒット中のようですよ。
渋谷の画面の映画ベスト5では、大抵2位ですね。
5位が『赤い糸』も納得できないですが。
ノルウェーまだ~む
2009年01月27日 17:31
はらやんさん、こんばんわ♪
やはり気合いなしには、難しかったですか?
そもそも革命家をカリスマに感じるのは、男の人に多いのかもしれないですが、‘坂本竜馬‘のように「刀では一度も人を切らなかった」人のほうが、私は好きですね~
たいむ
2009年01月27日 19:26
こんにちは。
寝てしまいましたか?(^^)
私も中盤の単調さには危ういところでしたが(^^;

判った部分と分らない部分が混在で、「39歳」と合わせてやっと解るモノがあるかもしれない・・と期待してます。
2009年01月27日 20:14
こんにちは~♪
カーチェイスなどの場面で眠くなっちゃうレクチャー、面白かったです!
確かにそういうところはあるかも。
私もアクション映画で、これは絶対に寝ないだろうと思うような作品で意識を失ったことが何度もありますが、きっとソレなんでしょうね。

>彼の人となりは、この一言に集約されているといえる。っていうか、こんなに長い映画にしなくても、もうこのシーンだけで、充分じゃん?

ダメダメー!(笑)
それじゃソダーバーグ監督の存在意義がなくなるぅ。
2009年01月27日 21:44
伝説の人の幻想に惑わされたとでも言うですか・・・。最後のシーンで良いかという感じがほんとしますね。
後編は少し波乱がありそうなんで、少し期待していたりしますが・・・
2009年01月27日 22:29
こんばんわ。
私も寝不足気味でウトウトしてた時間がちょっとだけあったと思います。この映画って情報量も多いし劇的な展開があるわけでもないので、寝てしまいやすいような気もします。上映終了後、周囲でも「寝ちゃった」という会話がちらほら聞こえてきましたもん(笑)。

第二部はよく知らないキューバ革命後のゲバラなので興味深いですね。先日の報道番組でのゲバラの特集で彼が来日時に広島を訪れ原爆資料館も見学し、その時の体験が今のキューバの学校教育で生かされ国民の多くが広島、長崎の悲劇を学んでいると知って感動しちゃいました。
ノルウェーまだ~む
2009年01月27日 22:37
たいむさん、こんばんわ☆
しっかり最後まで頑張れたのですね!
39歳~と合せて見ると初めて判るかんじなら、やっぱりそちらも観ないとかしら・・・?
次も自信がないなぁ~
ノルウェーまだ~む
2009年01月27日 22:40
ミチさん~♪やはりアクション映画の見所で、気を失う人っていたのですね!?
仲間がいてうれし~
なるほどねーソダーバーグ監督の存在意義ねぇ。
確かに画期的な映画の撮影方法で、素晴らしいのでしょうが…うーん
ノルウェーまだ~む
2009年01月27日 22:43
バサラ☆バサラさん、こんばんわ☆
唯一同じ意見でうれしい♪です。
でも後編に期待しているって、偉いな~
私はちょっと挫折しそうです。
ノルウェーまだ~む
2009年01月27日 22:46
かのんさん、コメありがとうございます~♪
なるほど、彼の事を知れば知るほど、より観たくなるわけですね。
私の無知が招いた睡魔…深く反省です。
キューバの生徒が広島・長崎を勉強してくれているのに、私たちがあまりキューバの事を知らないのは、いけないですね。
2009年01月28日 00:21
こんばんは^^ コメントありがとうございます。
読んでて思わず笑っちゃいましたw
1年に数本、記憶がない映画って出現しますよね(笑) きっとすごくすごく身体もお疲れだったのでは?
先日、自分も、『ピューっと吹く! ジャガー』でやっちゃってますw
考えないといけないんだけど・・・ と思うと寝てしまって。あらいけないわ。
ちなみに続編はご覧になるんですか? 笑
ノルウェーまだ~む
2009年01月28日 00:33
rose_chocolatさん、こんばんは☆
『ピューっと吹く!~』で寝ちゃうって言うのも、なかなかですねっ!
まあ、あれは考えるところはないので、ただひたすらバカバカしいというか…
でも映画の間としては、『チェ28歳~』と似たものが確かにあるかも?
続編?うーん…
2009年01月28日 00:39
トラ・コメどうもでした。
伝記的映画の前半なので、劇的ドラマではなかったですね。
ノルウェーまだ~む
2009年01月28日 00:47
ひらりんさん、こんばんわ☆
勉強不足がたたって、とんだことになりましたが、ドキュメンタリー的な伝記的映画は、学校で観させられる記録映画を思い出して、どうしても起きていることができませんでした。
2009年01月28日 16:55
ノルウェーまだ~むさん やっちゃいましたかぁ~。
あるよねぇ~自分の意思に反して意識が遠ざかること(笑)
こうなるとどうしたって睡魔が勝っちゃう!
DVDなら一旦止めたいところですが・・・。
またこの作品が睡魔を誘いますからね。
激しい戦闘戦も逆に心地良い子守唄のように聴こえてきたり(笑)
それでもゲバラの使命感とか正義とかは感じましたよね。
ノルウェーまだ~む
2009年01月28日 18:04
なぎささん、こんばんわ☆
やっちゃいましたよ~
命をかけて戦争している間に、心地よく寝てしまうなんて不謹慎だけど、まあ眠るように死ねたら本望だし…(いやいや戦地じゃないから、ココ)
今度、『モーターサイクル~』は観てみようかな。
マリー
2009年01月28日 21:55
うふふ・・・
この長い映画、最後の一言でいい。に納得!
そうだよね~~~。集約されてるよね。
途中寝ても許されるよね。
私も車酔いするんです~だから眠くなったのかぁ(自己弁護)なるほど~
ノルウェーまだ~む
2009年01月28日 23:22
マリーさんも撃沈派でしたね。
もうすこし、ゲバラを知らない人にも、彼に興味を惹かれるように、工夫したら良かったんじゃないかなぁ。
最後のエピソードみたいなね。
車酔いしない人ばかりじゃないからね~
ノラネコ
2009年01月28日 23:59
ソダーバーグはかなり好き嫌い激しいですからね。
私も実はあんまり好きな監督じゃなくて、退屈する事の方が多かったんですけど、これは実話ということで、何時もよりはソダーバーグ節が強くなかった様に思います。
まあまだ話の半分なので、トータルで観てナンボだと思うのですけど。
ノルウェーまだ~む
2009年01月29日 01:11
ノラネコさん、こんばんわ☆
結構、評価が高かったですよね?ノラネコさんは…
後半を観てからは、更に評価高くなりそうですかね?
期待をよせている方も多いですが、私は次も行くかは検討中です~
2009年01月29日 07:52
こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

確かに退屈な面は多くありましたが、チェ・ゲバラという人物の魅力はよく描けていたと思います。しかし、彼の本当の魅力と、この作品の真の面白さは、後編『38歳別れの手紙』で観られるんでしょうね。後編が楽しみです。
ノルウェーまだ~む
2009年01月29日 14:02
えめきんさん、こんにちは☆
そうですか~後編のほうが、面白いのですね。
同じ手法の映画だったら、またもや危ないですが、今以上の彼の魅力が見られるのなら、行ってみようかしら?
まずは『モーターサイクル』を見なくてはですね。
2009年01月31日 23:10
今晩は、コメントありがとうございました。
確かにものすごく真面目な映画で、面白味っていう点からすれば、厳しい映画ですよね。
でも、こういうドキュメンタリー・タッチの、偉大な革命家の半生を、前後二部作に分けて描いた作品って貴重かもしれません。
今も人気を博すエルネスト・“チェ”・ゲバラに、心酔する人は多いと思うのですが、私も好き・嫌いという前にさほど彼に詳しくありません。
以前に、可愛い顔をしたG・G・ベルナルが彼を演じていた、「モーターサイクル・ダイアリーズ」として映画化されています。
喘息持ちの彼が南米大陸を旅する過程で、貧しい人々を救いたいという気持ちを高めるところまでがよく描かれているので、よかったら観てみるのもいいかもしれませんね。
ノルウェーまだ~む
2009年02月01日 01:40
パピのママさん、コメありがとう♪
オススメの「モーターサイクル」も見てみますね。
彼の喘息は、今作でもかなりひどい様子が描かれていて、大変そうだなァ…っていうか、敵に見つかっちゃうよ!と思ってしまいました。
喘息は死と隣り合わせなので、ジャングルでの発作を抑えるのは、さぞ大変だったでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • [映画『チェ 28歳の革命』を観た]

    Excerpt: ☆今日はいつもの<MOVIX昭島>から浮気して、<ワーナーマイカル日の出>に行った。  明日も仕事なのに、ついレイトショーに行ってしまった訳だが、感想を20分で書こうと思う^^;    ◇  こ.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 racked: 2009-01-26 22:41
  • チェ 28歳の革命

    Excerpt: 前々からチェックしようと思っていたガエル・ガルシア・ベルナルの『チェ・ゲバラ&カストロ』は、俺のぽすれんのリストでずっと下の方に下がりっぱなし。 結果未だにチェ・ゲバラについては名前とビジュアルしか知.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2009-01-26 23:18
  • チェ 28歳の革命

    Excerpt: 自腹で観る覚悟だったのに、試写のお誘い・・・ Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2009-01-27 01:24
  • 「チェ 28歳の革命」彼は如何にして、革命家となったのか?

    Excerpt: [チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード  20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ。今も世界中の人々から、熱狂的な支持を受け続ける彼が、如何にして革命家となったのかを描いた本作「チェ 28歳の革命」 (キ.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2009-01-27 01:28
  • 劇場鑑賞「チェ28歳の革命」

    Excerpt:  「チェ28歳の革命」を鑑賞してきました2009年1作目!!!革命家チェ・ゲバラの生と死を描く2部作の前編。ゲリラ戦士としての旅立ちからキューバ革命成功までの若き日々を追う。英雄として偶像化せず、“真.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-01-27 07:22
  • チェ 28歳の革命

    Excerpt: 程よい予習と睡眠をとってから観ましょう。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-01-27 11:13
  • チェ 28歳の革命/The Argentine

    Excerpt: 普段なら、土曜日のレイトショーなんですが。 今回は三連休ということもあって、日曜のレイトショーで、「チェ 28歳の革命」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「チェ 28歳の革命」は、大きめ.. Weblog: いい加減社長の映画日記 racked: 2009-01-27 12:05
  • チェ 28歳の革命

    Excerpt: 公式サイト。原題:Che The Argentine。スティーヴン・ソダーバーグ監督、ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、フランカ・ポテンテ、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ジュリア・オーモンド、.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2009-01-27 12:08
  • 情熱と覚悟を持って国を考える人。『チェ 28歳の革命』

    Excerpt: 伝説のカリスマ的革命家チェ・ゲバラがキューバ革命へと突き進む過程が描かれた作品。二部作の前編です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2009-01-27 12:31
  • 【チェ 28歳の革命】

    Excerpt: 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、ジュリア・オーモンド 「医者だあったチェ・ゲバラは、フィデル・カストロと出会うことで、人生を共にし革命に挑んだ。.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2009-01-27 12:34
  • チェ 28歳の革命(映画館)

    Excerpt: かつて、本気で世界を 変えようとした男がいた―。 Weblog: ひるめし。 racked: 2009-01-27 13:16
  • 「チェ 28歳の革命」 判断保留

    Excerpt: チェ・ゲバラ。 顔は知っている、街で売られているTシャツにその顔がプリントされて Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-01-27 13:21
  • 『チェ 28歳の革命』

    Excerpt: エルネスト・チェ・ゲバラ。医師であり、革命家であり、軍人であり、善き師であり、そして愛の伝道者でもある男。そしてこの作品はそんな偉大な一人の男を描いた崇高な映画であるように思えるほど、素晴らしいもので.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2009-01-27 15:53
  • 【映画】チェ 28歳の革命

    Excerpt: ▼動機 チェ・ゲバラを知りたかった ▼感想 つくりはややこしいがなかなか勉強になった。 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1964年、ニューヨークで開かれた国連総会にキ.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2009-01-27 19:31
  • 映画 【チェ 28歳の革命】

    Excerpt: 試写会にて「チェ 28歳の革命」 スティーブン・ソダーバーグ監督による、20世紀のカリスマ、チェ・ゲバラの一生を描く二部作の前編。 おはなし:1955年、アルゼンチン人の若き医師チェ・ゲバラ(ベニ.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2009-01-27 20:11
  • 映画「チェ 28歳の革命」

    Excerpt: 映画「チェ 28歳の革命」を鑑賞しました♪ Weblog: FREE TIME racked: 2009-01-27 21:21
  • チェ 28歳の革命

    Excerpt: 1月10日(土) 21:35~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『チェ 28歳の革命』公式サイト キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの伝記。2部作の.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2009-01-27 21:40
  • チェ 28歳の革命/ベニチオ・デル・トロ

    Excerpt: 初めてチェ・ゲバラを知ったの劇団四季『エビータ』を観劇したときです。この作品の中で何故かゲバラがストーリーテラーを担うという演出だったのです。アルゼンチン出身の偉大な革命家というつながりなんだろうけど.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-01-27 22:20
  • 映画 『チェ 28歳の革命』

    Excerpt:    ☆公式サイト☆偉大な革命家でカリスマ的存在ともなっているチェ・ゲバラの、闘士としての半生を2部作で描く歴史ドラマの前編。フィデル・カストロと出会ったチェ・ゲバラが、キューバ革命へと突き進む過程が.. Weblog: きららのきらきら生活 racked: 2009-01-27 22:29
  • 映画:チェ 28歳の革命

    Excerpt:  いつもお世話になっているRosalindaさんに誘われて、今年初めての試写会に行ってきました。題目は“チェ 28歳の革命”と“チェ 39歳別れの手紙”です。(共通公式ホームページはこちら.. Weblog: よしなしごと racked: 2009-01-27 23:18
  • 『チェ28歳の革命』 (2008)/アメリカ

    Excerpt: 原題:CHE:PARTONE/THEARGENTINE監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス公式サイトはこちら。<St.. Weblog: NiceOne!! racked: 2009-01-27 23:29
  • チェ 28歳の革命/チェ 39歳別れの手紙 ジャパンプレミア

    Excerpt: チェ 28歳の革命/チェ 39歳別れの手紙 236,7本目 2008-42,3 上映時間 2時間12分 2時間13分 監督 スティーブン・ソダーバーグ 出演 ベニチオ・デル・トロ デミア.. Weblog: メルブロ racked: 2009-01-27 23:31
  • ★「チェ 28歳の革命」

    Excerpt: 今週は三連休なので、もう一日ナイトショウで見ることに。 チェ・ゲバラものは、いまいちカリスマ革命家の生涯に興味が沸かないけど、 ベニチオ・デル・トロ主演という事で、一応見ておこうと。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-01-28 00:36
  • チェ 28歳の革命

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2009年1月10日 公開 ★★★★☆ 前編は★4っつです! 私もベレー帽を小粋に被りたくなりました♪ ひぃやぁ~、デル・ト.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2009-01-28 16:55
  • チェ 28歳の革命

    Excerpt: 《チェ 28歳の革命》 2008年 アメリカ/フランス/スペイン映画 - 原題 Weblog: Diarydiary! racked: 2009-01-28 19:56
  • チェ 28歳の革命・・・・・評価額1600円

    Excerpt: 歴史の表舞台で活動した期間、僅かに10年と少々。 「チェ 28歳の革命」は、太く短く鮮烈な人生を送り、二十世紀の歴史に名を留める革命家、�... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2009-01-29 00:02
  • チェ 28歳の革命

    Excerpt: アルゼンチンの青年、エルネスト・ゲバラは、メキシコで出会った革命家カストロに共鳴し、彼の故国キューバを支配するバティスタ政権を打倒するために戦う事を決意をする。バティスタ政権との長い戦いの中で、.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2009-01-29 07:32
  • チェ 28歳の革命 |チェ 39歳別れの手紙

    Excerpt: この時期毎年参加している、小学館の年末忘年会パーティ (美味しいものいっぱい食べ放題{/m_0050/})と重なってしまってどうしようかと思ったけど そこは映画ファンのわたくし やっぱ生デルトロで.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2009-01-29 20:24
  • チェ 28歳の革命

    Excerpt: 祖国か、死か。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2009-01-31 00:08
  • チェ 28歳の革命

    Excerpt: かつて、本気で世界を変えようとした男がいた__。20世紀最大のカリスマ「チェ・ゲバラ」の一生を描いた世紀の2部作! ジョン・レノンは「あの頃、世界で一番かっこいい男だった」と語り、哲学者ジャン.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2009-01-31 22:45
  • 『チェ 28歳の革命』面白かった・・・

    Excerpt: 今日、『チェ 28歳の革命』を見てきました。 ちょっと予習が必要かなぁ、と思うほど、はなしがくるくる進むけど、とても面白かったです。 とにかく、主人公チェ・ゲバラが、かっこ良いです。 キュー.. Weblog: 自由の森学園図書館の本棚 racked: 2009-02-03 21:46
  • 『チェ 28歳の革命』

    Excerpt: 公開から1カ月近く経ってからやっと観てきました、『チェ 28歳の革命』。 新宿バルト9に日曜に観にいったんだけれど、朝8:50からの回なのに客入りは普通に入ってて、日曜の動員をなめてましたw。 .. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-02-13 23:03
  • 映画「チェ 28歳の革命」

    Excerpt: 原題:The Argentine 彼の1952年23歳の頃ラテン・アメリカ探検の旅が描かれた「モーターサイクル・ダイアリーズ」とても素晴らしい映画だった~そして偉大なる愛の革命家へ~ .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2009-02-21 19:48
  • 『チェ28歳の革命』を観たぞ~!

    Excerpt: 『チェ28歳の革命』を観ました『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、伝説の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの人物像とその半生に迫る伝記ドラマ2部作.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2009-02-28 00:43
  • 映画『チェ 28歳の革命』を観て

    Excerpt: 9-3.チェ 28歳の革命■原題:ChePart1:TheArgentine■製作年・国:2008年、スペイン・フランス・アメリカ■上映時間:132分■字幕:石田泰子■鑑賞日:1月11日、渋東シネタワ.. Weblog: KINTYRE’SDIARY racked: 2009-11-01 23:01
  • チェ 28歳の革命(147作目)

    Excerpt: チェ 28歳の革命はWOWOWで昨年にし Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2010-02-21 12:20