「GSワンダーランド」試写会 サイケデリックな懐かし映像

言っておくけどGS(グループサウンズ)が懐かしい年代ではさすがにない。
でも、見た事ある!フリフリブラウスにタイツ姿。
公園で野球して遊ぶ白黒映像も・・・・・
幼い頃にテレビで見たのか、ずっとあとになって『あの人は今』みたいな番組で見たのか・・・??
いずれにしても、なんだか懐かしくなる~ほのぼのしながらも、ピリッと風刺ありのサイケデリックムービーだ。


画像
GSワンダーランド」 公式サイト
左から浅利陽介、石田卓也、栗山千明、水嶋ヒロ、・・・・・・何故かめちゃめちゃ笑っている石田くん


とにっかく、石田卓也の歌が上手い!!
彼は演技もすごいが、歌もうまいなんて~
なのに舞台挨拶では、まさに100万ボルトなみの光を放って輝いていた千明ちゃんと、顔色はくすんでいたけどオーラの出ていたヒロくんの陰にかくれて、いまひとつ目立っていなかった・・・・主役なのに~


<ストーリー>

GSブーム真っ盛りの1968年。
日劇を目指す若者が、ダンスホールに集まっていた。
折りしも、新しいGSグループをデビューさせようと目論むファインレコーズでは、社長の松田(岸辺一徳)が、小さなプロダクションの社長 梶井(武田真冶)にメンバー集めを命じる。

どうしてもバンドを組みたいギターのマサオ(石田卓也)、ドラムのシュン(水嶋ヒロ)、ベースのケンタ(浅利陽介)に、梶井が紹介したのは、男としてメンバーに加わることで、のちに歌手デビューを約束されたミック(栗山千明)だった。

2曲目の衣装として着たフリフリブラウスにブルーのベスト、白いタイツの王子様スタイルがウケて、ザ・タイツメンとして新生デビューを果たし、一躍人気者になった4人だったが、売れないバンドの先輩(高岡蒼甫)に嫌がらせを受け、テレビでミックが女だと公表するはめになり・・・・・


画像
なぜかこの衣装では人気が出ず・・・・・


ぼくたちと駐在さんの700日戦争」ではヤンキー高校生、「死神の精度」ではチンピラ、「リアル鬼ごっこ」でも悪そうな高校生役だった石田卓也。
始めはジュノンボーイでデビューしたものの、ちょっと方向性が決まりつつあって、心配していたところ、この映画では愛らしい笑顔で、のほんとした役が実にいいかんじだ。

逆に、普段穏やかな役が多い水嶋ヒロは、血の気の多い熱い男を演じている。



昔、バンドデビューしたものの、事務所の都合でいろいろやらされ、嫌になって裏方へ回ったというプロダクションの社長を、武田真治がやっているが、コミカルな業界人は、ちょっと無理がある感じ。
とはいえ、昔アイドルだった~みたいな悲哀は、充分出ていた。

昔アイドルだったといえば、実際にGS史上最大の人気を誇ったザ・タイガース(沢田研二ほか)のメンバーだった岸辺一徳が、GSメンバーにおかしな格好をさせる張本人の、レコード会社社長をやっているところが、面白い。


画像



現実にたった2年しか続かなかったGSブームだが、方向性を見誤った演出が招く大どんでん返しが最後に待っている。
一見コメディのように見えるが、ふざけすぎないノリ突っ込みと、爽やかな青春ストーリーに加えて、時代に翻弄された若者の‘悲哀‘が、ピリッと風刺されている。

これは当時のことだけでなく、現在でも通じる音楽界の裏事情ともいえる。
実際、自分たちの意思なのかどうか、「どうしちゃったの?」といういでたちで歌っているビ○ュアル系バンドなど見かけるが、次からは「事務所にやらされているのかも~」と思ってあげることにしよう・・・・・






当時のヒット曲を生み出していた橋本 淳、筒美京平コンビが、この映画のザ・タイツメンのために書き下ろした新曲‘海岸線のホテル‘は、古さを感じさせず、でもどこか懐かしい往年のグループサウンズ。
一度聞いたら、朝まで耳から離れない~♪


サイケデリックな世界は、懐かしくもあり、新しくもあり~
いろんな世代が楽しめる映画と言える。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

えい
2008年11月20日 22:11
こんばんは。
石田卓也はほんとうにスゴい。
ノルウェーまだ~むさんがご紹介されている作品以外でも
『グミ・チョコレート・パイン』では80年代の高校生役。
どんな年代でもこなしてしまうんだから、
もう脱帽です。
ノルウェーまだ~む
2008年11月20日 22:47
えいさん、こんばんは☆
あんなに器用なのに、いまひとつオーラが足りないというか、惜しい役者さんですよね。
でも将来必ずや大物俳優になること、間違いなしですよ~
『グミ・チョコレート・パイン』気になっていた映画なので、今度観てみようかな…
ミチ
2009年01月15日 22:45
こんにちは~♪
石田君ったらジュノンボーイ出身なのぅ?
いや~、垢抜けないのが彼のチャームポイントかと思っていたからびっくらこいた~。
彼って顔がジャニーズ系じゃないし、何気に演技も上手いからこれからも映画を中心に(主役じゃなくても)頑張っていって欲しいな~。
ちなみに「グミチョコ」も青春してたし、「蝉しぐれ」も良かったわよ。

で、石田君と浅利君という上手い役者の中で水嶋ヒロくんだけがテレビ演技に見えたのだけど・・・(汗)
ちょっと厳しい意見かな?
ノルウェーまだ~む
2009年01月16日 01:02
ミチさんの言う通り~♪
石田君の演技の上手さには脱帽ですよね。
ヒロくんは、映画ではちょっと霞んで見えたかも~
しかし、石田君はジュノンボーイとな?
でも舞台挨拶の時は、チョーカッコイイかんじにキメテいたから、正直誰だか分からなかったくらい…
普段の垢抜けなさは、演技のなせる業か??
にゃむばなな
2011年01月09日 21:23
最後にフレッシュマンズが全て持っていくというオチ、あれは最高でした。
しかもメインヴォーカルが温水さんですからね。あれは見事すぎるキャスティングでしたよ。
ノルウェーまだ~む
2011年01月10日 10:28
にゃむばななさん、こんにちは☆
懐かしい映画!すっかり内容を忘れていました。
でも温水さんヴォーカルは目に焼きついてます!

この記事へのトラックバック

  • 「GSワンダーランド」面白いとは思いますが…。

    Excerpt: 記事投稿日時 2008年11月5日23:03 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  今から40年ほど前の日本を、熱狂の渦に巻き込んだ“GS(グループ・サウンズ)ブーム”。.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2008-11-20 14:24
  • 『GSワンダーランド』

    Excerpt: 「海岸線のホテル」PV 「高橋勝とコロラティーノ、 黒沢明とロス・プリモス。 イヤ違うな。 あれはおそらく内山田洋とクール・ファイブ」 ----えっ、ニャに言ってるの? それってムード歌謡みたいなも.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-11-20 19:27
  • GSワンダーランド■栗山千明の魅力だけが支える映画

    Excerpt: 時代は1968年。日劇前に立つ一人の女。キャメラは彼女の足元から顔までをとらえていく。その瞳は野心に燃えている。いつか必ずこの舞台に立つという強い意志を感じさせる表情。このファーストシーンから、主役を.. Weblog: 映画と出会う・世界が変わる racked: 2008-11-20 19:48
  • 映画 「GSワンダーランド」

    Excerpt: 映画 「GSワンダーランド」 を観ました。 Weblog: ようこそMr.G racked: 2008-11-20 23:29
  • GSワンダーランド

    Excerpt: 1968年、GSブーム全盛期に即席デビューした、白いタイツにフリフリ衣装の王子様バンド「ザ・タイツメン」。 本人たちには不本意なロマンチック路線が意外にも当たった! とにかく夢だった日劇のステージまで.. Weblog: 象のロケット racked: 2008-11-21 23:23
  • GSワンダーランド/栗山千明、石田卓也

    Excerpt: 予告編で栗山千明さんが出演していることはもちろんわかったのですが、彼女は「ザ・タイツメン」のメンバーにまでなっている事には気づけませんでした。以前から栗山千明さんって60's風の雰囲気だよねぇとは思っ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2008-11-27 23:15
  • 音楽は友達に似ている。『GSワンダーランド』

    Excerpt: 1960年代後半、空前のGSブームに沸く日本で、ひょんな事からレコードデビューする事になった若者4人組を中心に描かれた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2008-11-29 13:20
  • GSワンダーランド

    Excerpt: 栗山千明、石田卓也、水嶋ヒロ、浅利陽介、若手の実力は俳優がバンドを組むという異色の設定。事務所の社長役には武田真治、他にも大杉漣、杉本哲太、岸部一徳らベテラン個性派俳優が脇を固めています。GSブームは.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2008-11-29 19:12
  • 「GSワンダーランド」

    Excerpt: 先日、待望の『GSワンダーランド』(TOHOシネマズ岡南)劇場鑑賞しました。 GSファンなら大いに楽しめることでしょう(私も、そのひとりですが・笑) 何かに熱中する若者の情熱は、素晴らしいですね~.. Weblog: 映画のお友達 racked: 2008-11-29 22:17
  • 『GSワンダーランド』一夜限りの日劇GS復活祭

    Excerpt: 1968年、GS(グループサウンズ)ブームの頃。新人バンドを捜していたレコード会社、ファインレコーズは、弱小プロダクションを営む浅井をスカウトに走らせた。そんな時、見出されたのがマサオたち「ザ・ダイア.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2008-12-04 12:28
  • 「GSワンダーランド」初日舞台挨拶つき 観ました。 20081115

    Excerpt: 映画の感想も書きます。 なかなか書けずためこんでいます。 先週土曜日に観た映画。久しぶりに初日舞台挨拶つきで観ました。 良い席で観れました^ワ^ Weblog: ふるふる好楽 racked: 2008-12-05 00:59
  • GSワンダーランド (08’F=14本目)

    Excerpt: 評価★★★★ ラストのどんでん返しに「おぉ~!」 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2008-12-05 08:39
  • 「GSワンダーランド」

    Excerpt:  日本中がGSブームの1968年、新人バンドを捜していたレコード会社が弱小プロダ Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2008-12-07 10:21
  • 映画 【GSワンダーランド】

    Excerpt: 映画館にて「GSワンダーランド」 本田隆一監督による青春コメディ。 おはなし:GSブームにあやかり、3か月以内にGSバンドをデビューさせるよう命令されたプロダクション社長の梶井(武田真治)は、屋上.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2009-01-15 22:38
  • 『GSワンダーランド』

    Excerpt: ザ・タイツメンの美しい思い出を最後の最後でフレッシュマンズが全部持っていっちゃった! グループサウンズを知らない世代でも十分楽しめるだけでなく、ザ・タイツメンの4人が ... Weblog: こねたみっくす racked: 2011-01-09 21:26
  • GSワンダーランド(’08)

    Excerpt: 先日「SONGS」で、ジュリーが元のタイガースメンバーと往年のGS曲を歌ってたのでしたが、岸部一徳の出演作をチェック中このタイトルを見かけ、未見のGS作品だった、と思い出してDVDで見ました。 .. Weblog: Something Impressive(KYOKOⅢ) racked: 2012-01-23 16:26