「ICHI」 女座頭市は時代劇風・・・劇画?

久しぶりに時代劇を観た。
時代劇を観たつもりが、途中から現代劇になっていた。
それは、「GO」であり、「パッチギ」であり「クローズゼロ」だった。
ところが、それもいつの間にか劇画になっていて・・・・



画像
 「IDHI」 公式サイト


音を意識したつくりになっている。
風の音
鈴の音
足音
血しぶきの音
そして、刀を抜く音・サヤに収める音・・・・・・


雑音のない、研ぎ澄まされた感覚だけが捕らえる音は、市 自身が拾う音なのかもしれない。

時代劇でよくある、バサッ・ズバッという人間を切る音はあまりしない。
それだけに、何度も何度も登場するサヤから刀を抜く時の音が、際立ってくる。
先端恐怖症の人でなくても、ぞくっとしてしまうのだ。


画像
‘ごぜ‘と呼ばれる盲目の女 市を助けようとして、反対に助けられる情けない十馬


<ストーリー>

辛い過去を背負って生きているごぜ(盲目の女)の市(綾瀬はるか)は、心をかたく閉ざして、旅をしている。
信じるのは、仕込み刀の杖と、幼き頃に父と信じる男から習った、逆手居合い斬りの技だけだった。

ある時、自分を助けようとした侍 藤平十馬(大沢たかお)を、反対に助け、旅の道連れとなる。
彼は幼き頃、自分が練習していた真剣で、母の両目を失明させてしまったトラウマで、剣を抜けずにいたのだ。

二人が着いた宿場町では、町を仕切る白河組の2代目 虎次(窪塚洋介)が、町を荒らす万鬼党に手を焼いていた。
万鬼の手下を一気に片付けたのが十馬だと勘違いした虎次は、組の用心棒として雇うのだが、早々に刀が抜けないことを知り、ボコボコにする。

そんな時、市は探していた父の行方を知っている万鬼(中村獅童)に会いに、敵陣へ一人乗り込んでいく。





とにかく市が格好いい!
血しぶきだけが飛んでいくストップモーションや、見えない目で遠くを見つめる市の、風になびく髪・・・・
どのシーンをとっても、絵になる。

ほとんどノーメークの綾瀬はるかは、これから公開のハッピーフライトの不細工なパンダメークとは、雲泥の差で、美しい。
こんなに愛らしい顔をしているのに、毅然としていて美しいのだ。
女の私が見ても惚れ惚れとしてしまうくらいだ。



画像
殺陣も三味線も練習して、女優さんはすごいな~


それに比べて、大沢たかおの十馬の情けないことよ。
勿論、‘情けない男‘を演じているわけだが、幼い頃のトラウマにしても、刀の抜けないお侍など、不自然きわまりない。武道は精神も精進して、初めて武道なのではないのか?

トラウマは百歩譲って許すとして、そのことを『恥じている』ように見えない。
侍なら恥じていなければダメだろ?

肝心の‘刀が抜けない‘シーンでも、なぜかうっすらと笑っているところが、納得出来ない。
最後まで勘違いしていたけど、てっきり長いこと刀を抜いていないから、錆びてしまって抜けないのかと思ってしまったくらいだ。


画像
対決のシーンは、西部劇? スキヤキジャンゴかと思った・・・・


「ピンポン」の監督 曽利文彦だけあって、窪塚洋介が好きなんだな~
「GO」の時もそうだが、彼の台詞の言い回しは、あの青くて若かった時だから生きていたのだが、もうすでに彼も立派に大人だ。
父親の偉大な影に、苦悩する2代目という役柄なのは分かるが、組を束ねていくにはあまりにも、あれでは青すぎる。


そのせいか、対決のシーンは、どうしても学園ものに見えてしまった。
市の殺陣を見たいのに~~


それに比べて万鬼党は、絵に描いたように、悪党面だ。
必要以上に派手な衣装を何枚も着飾って、なんだかアニメみたいだな~

過剰な演技と、衣装とメイクで善と悪を現すところや、刀が当たって失明した母に傷一つないのに比べて、万鬼の顔が必要以上にバケモノだったりと、まるで漫画のようだ。
髪がなびくところ、殺陣のアップや、血しぶきが飛ぶような1シーン1シーンが、全て漫画のコマ割のようになっている。


それはそれで、新しい手法ともいえて、素晴らしい。
しかし、力を注ぐべき部分と、ちょっとずれているように感じたのは私だけではなかったのではないか?



せっかくの市の過酷な生い立ちが、後半の軽い劇画チックな展開で、吹き飛ばされてしまったかんじ。



とはいえ、市が小太郎(島 綾佑)に残した言葉は、胸を打つものがあって、しっかり泣いてしまった。
せっかくなら、この上手な子役とのからみをもう少し、深く掘り下げたら、後半急激にしぼんでしまった‘情緒‘が生まれて作品に深みがでたんじゃないかと思うのだが・・・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2008年11月15日 17:33
ノルウェーまだ~むさん、こんばんは!

CGを使いこなす曽利監督なので、もっと突拍子もない時代劇になるかなと思ったら、けっこうオーソドックスでした。
立ち回りはもっと作り込んで欲しかったなあ・・・。
綾瀬はるかさんはお人形さんみたいなきれいさですよね。
綾瀬さんだけは意外性のあるキャスティングだった気がしますが、窪塚洋介さん、中村獅童さんはいつも通りでちょっと新鮮さがなかったです。
2008年11月15日 17:56
こんにちは~

十馬は刀は抜けないけれど、木刀なら誰よりも強い・・ということだったのに、あまりにも情けなさすぎでしたよね。せめてその辺りにある木の棒でも拾って助けたり、戦いでもそれなりの方法があったと・・

市の綾瀬はるかちゃんが良かっただけにアンバランスで残念でした~

ノルウェーまだ~む
2008年11月15日 18:04
はらやんさん、こんばんは☆
綾瀬はるかは最高!でしたよね。
‘ぼくの彼女はサイボーグ‘の次に、きれいだった気がします。女性から見ても、見とれちゃう~
それに比べて他の人は、‘お約束‘通りのキャスティングが、お約束通りのいでたちで、お約束通りに演技しているので、なんだか漫画みたいなかんじがしました。
ノルウェーまだ~む
2008年11月15日 18:07
hitoさん、こんばんは☆
十馬のヘタレぶりは、もしかしたら綾瀬はるかを目立たせるため?って思うくらい、ひどかったですよね。
木刀でバッタバッタとやっつけたら、さぞ格好良かったでしょうに…
2008年11月15日 21:55
どうもこんばんは
綾瀬はるかは意外にもカッコよかったです
演技も殺陣も上手かったです
大沢たかおはヘタレ役とはいえ情けなさ過ぎ
刀抜く時ももうちょっと捻り欲しかったですね
万鬼党は確かに漫画みたいでしたけど
それはそれで楽しめました
2008年11月15日 22:34
おおっ。

評価高いですね。
綾瀬はるかは、
いろんな役をこなしますよね。
『ハッピーフライト』と
同じ人とはとても思えないです。
ノルウェーまだ~む
2008年11月15日 23:51
くまんちゅうさん、こんばんは☆
綾瀬はるかの格好良さに比べて、大沢たかおは、侍なのにヘラヘラしていて、刀が抜けない苦悩を全く感じませんでしたね。
エンタメだから、漫画っぽいのもアリなのかな~?
ノルウェーまだ~む
2008年11月15日 23:56
えいさん、こんばんは♪
綾瀬はるかが、あんなに芸達者とは知りませんでしたね。今まで上手と思ったことなかったですし。
殺陣もちょっと練習したら結構楽にできちゃったみたいだし(切られる役者さんが上手いのもあるでしょうが)この映画、当然だけど彼女のみ見所ってかんじでしたね。
ノラネコ
2008年11月16日 00:11
今晩は、最近の邦画では一番のガッカリ作でした。
画面だけは格好いいんですけど、盛り上がらない・・・。
十馬のマヌケな芝居は俳優がかわいそう過ぎました。
曽利さんは実写向きの人じゃないです。
ノルウェーまだ~む
2008年11月16日 00:59
ノラネコさん、こんばんは☆
相当なガッカリですね。
映像的には結構がんばっていたけど、深みがないところが、勿体無かったです。
曽利さんのアニメは見ていないですが(CG?)どうも漫画っぽいと思ったら、2次元向きの方だったのですね~
「ピンポン」あたりはそれで良かったのですけどね…
2008年11月16日 07:09
こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

本来エンターテイメントであるはずの座頭市が、観るも無残なヘタクソ悲恋になっていたのが残念でした。
大沢たかお、情けなかったですよねぇ。大沢たかおが刀を抜く場面は、もったいぶり過ぎて腹が立ちました。
『ストレンヂア』というアニメ映画にも刀を抜けない侍が出てきましたが、彼が抜刀するシーンは実にスピーディで格好良かったです。
2008年11月16日 14:31
ノルウェーまだ~むさん こんにちは♪
>時代劇を観たつもりが、途中から現代劇になっていた。

まさしく!
ほ~んとこれってなんだか時代劇ではなかったみたいな印象を受けました。

>肝心の‘刀が抜けない‘シーンでも、なぜかうっすらと笑っているところが、納得出来ない。

ブッハハハハハ、そうそう!なんか薄笑いしてるように見えましたねぇ~。
それなのにいきなり刀を抜けるようになったのもおかしな話ですよね。
もっとICHIが殺陣を見せてくれるのかと思いました。
獅童の"ザ・悪役"ぶりには勘弁して欲しいとさえ思ったほどです(笑)
ノルウェーまだ~む
2008年11月16日 15:19
えめきんさん、こんにちは☆
「ストレンジア」は曽利監督の映画なのですか?
手元にあるのにまだ観ていなかったので、観てみよ~
アニメで格好いいけど、実写では…というもの結構ありますよね。
人間なら人間臭くやって欲しいものです。
ノルウェーまだ~む
2008年11月16日 15:21
なぎささん、こんにちは☆
十馬は、刀が抜けないなら抜けないなりに、もっと苦悩してほしかったですよね。
どうせなら、私も市の殺陣をもっともっと観たかったです!
在日マン
2012年01月03日 09:15
ここのブログ主は評価しているようだが、主演の綾瀬はるかがてんでダメ。演技以前、顔でダメ。「ハッピーフライト」の方が未だまし。厳しさ、険しさが皆無のぽっちゃり顔。柴崎こうにやらせるべきでした。
やはり、ニポン女はただただ男に媚を売る劣等存在としての長い歴史的経緯があるので、ダメです。少女時代であれKARAであれ、比較してみると、美しさが全然違います。
全くダメ映画でした。
ノルウェーまだ~む
2012年01月03日 09:44
在日マンさん、こんにちは☆
柴崎コウは、いいアイデアですね。
ただし目力がありすぎて、目の見えない役はどうでしょうか~
女性の美しさで勝負する映画ではないので、そこは仕方ないのでは?今や日本も韓流ばかりなので、そちらで美しい女性を愛でてはどうでしょう?

この記事へのトラックバック

  • 「ICHI」 想像していたよりオーソドックス

    Excerpt: 本作いくつかの点で興味がある点がありました。 まずは綾瀬はるかさん(おいおい)。 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2008-11-15 17:04
  • ICHI

    Excerpt: 中途半端な感動と興奮・・・。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2008-11-15 17:26
  • ICHI

    Excerpt: 北野武が監督・主演した「座頭市」を、 市という名前の女性を 主人公にして作られた映画。 監督は「ピンポン」の曽利文彦。 主演は綾瀬はるか。 彼女の、恨みのこもった動かない黒い瞳。 つらい過去.. Weblog: 花ごよみ racked: 2008-11-15 17:39
  • 【ICHI】

    Excerpt: 監督:曽利文彦 出演:綾瀬はるか、大沢たかお、窪塚洋介、中村獅童、竹内力、柄本明 「盲目の旅芸人市は人探しをしている道中で浪人の藤平十馬と出会った。目が見えないのに剣術が強い市に興味を持ち市に.. Weblog: 日々のつぶやき racked: 2008-11-15 17:53
  • 「ICHI」

    Excerpt:  単に“綾瀬はるかが可愛かった”で片付けても良いような出来ではあるが、ところどころに興味を引くモチーフが存在する。最も印象的なのは“目が見えないと善悪の区別が付かない”という意味のヒロインのセリフだ.. Weblog: 元・副会長のCinema Days racked: 2008-11-15 20:04
  • 劇場鑑賞「ICHI」

    Excerpt: 「ICHI」を鑑賞してきました綾瀬はるかが女性版座頭市を演じた時代劇アクション。三味線と唄で日銭を稼ぐ”瞽女”となり、ある人を捜すたびを続けるヒロインが、無法者との決戦に挑む。盲目、孤独、居合い斬りの.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-11-15 21:26
  • ICHI

    Excerpt: 公式サイト。曽利文彦監督、綾瀬はるか、大沢たかお、中村獅童、窪塚洋介、柄本明、竹内力、利重剛、佐田真由美、杉本哲太、横山めぐみ、渡辺えり。「見えない」「見たい」の女性版座頭市(綾瀬はるか)と「見られた.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2008-11-15 21:40
  • ICHI

    Excerpt: 映画の日に観てきました。 <新宿バルト9> 監督:曽利文彦 原作:子母沢寛 脚本:浅野妙子 旅の途中、男達に襲われる盲目の女芸人、市。通りがかった侍、十馬が止めに入ろうとするが、彼はなぜか刀.. Weblog: お萌えば遠くに来たもんだ! racked: 2008-11-15 21:44
  • 「 ICHI 」映画感想

    Excerpt: 綾瀬はるかが座頭市を演じると言う、「ICHI」を見てきました。座頭市が女?予告とかチラシ見てどうかなぁ?と思ってました。 Weblog: Wilderlandwandar racked: 2008-11-15 21:49
  • 『ICHI』

    Excerpt: ----この『ICHI』って座頭市のこと? 勝新太郎や北野武とは あまりにイメージが違うけど…。 「それはそうだよね。 原作者の子母沢寛は、 盲目の侠客、座頭の市について書いてはいるものの、 それはほ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-11-15 22:32
  • [映画『ICHI』を観た]

    Excerpt: ☆今、私が、一番に全幅の信頼を持って見ることが出来る女優・綾瀬はるかの新作である。  今回は、アウトロー<座頭市>を見事に演じている。  若手演技派として名高い谷村美月が、その演技力でもって、どん.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 racked: 2008-11-15 22:41
  • ICHI

    Excerpt: 座頭市という有名なダークヒーローを大胆にも性別を女に設定し、いわば外伝の趣である。物語は盲目で“離れ瞽女(ごぜ)”の市の孤独で過酷な運命を描くアクション時代劇だ。逆手居合斬は瞬間の速さが勝負なのにスロ.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2008-11-15 23:24
  • ICHI・・・・・評価額1100円

    Excerpt: 勝新太郎の代表作、「座頭市」のリメイク。 近年には北野武による金髪・碧眼の市という異色作もあったが、今回は綾瀬はるか主演の女座頭市だ... Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2008-11-16 00:09
  • 「ICHI」

    Excerpt:  1989年、勝新太郎が自ら監督・主演で映画化された「座頭市」は、脚本がないやら Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2008-11-16 02:49
  • 可もなく不可もなく・・・。『ICHI』

    Excerpt: 女性版座頭市を映画化した作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2008-11-16 06:28
  • ICHI

    Excerpt: 三味線を弾く盲目の女性・市。彼女は旅の途中、刀が抜けない侍・藤平十馬と出会う。二人で立ち寄った宿場町で、市は町を荒らす万鬼党の一味を居合いの太刀で蹴散らした。それを十馬の仕業と勘違いした町の実力.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2008-11-16 07:04
  • ICHI 

    Excerpt: ★★★★  とにかく綾瀬はるかちゃんが可愛いね。前作の『僕の彼女はサイボーグ』で彼女を観て以来、その魅力にメロメロになってしまったが、今度は時代劇である。それも女座頭市。「なに斬るかわかんないよ、見え.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2008-11-16 11:49
  • ICHI

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2008年10月25日 公開 「なに斬るかわかんないよ、見えないんだからさ」 きっとアタシも裸眼視力だったらそうだわ。 座頭市の女性版なんですが・・.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2008-11-16 14:32
  • ICHI

    Excerpt: 盲目の芸人“離れ瞽女(ごぜ)”の“市”はひとり旅を続けていた。 彼女を取り囲んだ男たちを止めにかかったお人よしの侍・藤平十馬は、何故か刀を抜くことができない。 代わりに男たちを斬り捨てたのは市だった。.. Weblog: 象のロケット racked: 2008-11-16 17:37
  • 「ICHI」 第6位

    Excerpt: 上映スクリーン数: 252オープニング土日興収: 1.04億円綾瀬はるか「僕の彼 Weblog: 映画コンサルタント日記 racked: 2008-11-17 01:05
  • ICHI

    Excerpt: 11月5日(水) 18:10~ チネ7 料金:0円(ポイント使用) プログラム:800円(購入せず。綾瀬はるかファン以外必要無し。) 『ICHI』公式サイト 大プッシュ中の綾瀬はるか。座頭市を演じ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2008-11-22 16:57
  • 映画:ICHI 観てきました。

    Excerpt:  座頭市には興味があったので、北野武版座頭市が公開された時に見に行こうと思ったのですが、なにぶん僕は北野武が嫌い。と言うわけで観に行かなかったんです。そんなわけで今回は絶対観に行かなければ.. Weblog: よしなしごと racked: 2008-11-24 01:21
  • ICHI

    Excerpt: 「ICHI」 製作:2008年、日本 120分 PG-12指定 監督:曽利文彦  Weblog: 映画通の部屋 racked: 2008-11-28 20:02
  • ICHI

    Excerpt: 市に参し 語録並べの 七句八苦  この映画を観るきっかけとなったのは、やはり今回の腰痛からくる障害と、それによる杖使いの歩行にあると思うんだ。いや、別に椎間板ヘルニアとか脊柱管狭窄症になる前.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2008-12-02 22:06
  • 「ICHI 」DVD

    Excerpt: 「ICHI」のDVDを観ました~♪ 設定は勝新太郎の代表作、座頭市なんですよね。数年前、たけしも座頭市をリメイクしてたが・・・リメイクしたくなる設定なのかな? うーん・・・綾瀬はるかちゃん.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2009-04-25 08:28
  • ICHI(143作目)

    Excerpt: ICHIはWOWOWで鑑賞し結論は悪くなく満足は出来た .. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2010-01-24 10:51
  • ICHI(テレビ録画)

    Excerpt: ICHI 2012年01月02日01時45分00秒TBS新春シネマシアター「ICHI」 正月にやっていた綾瀬はるかさん版座頭市を鑑賞。 一応楽しめた。 市がサブキャラに見えるんです.. Weblog: 単館系 racked: 2012-02-20 22:13