初スタメン

初めてりょうたがスタメンで出場した、区長杯争奪秋季大会の初戦があった。
朝の表彰式と閉会式・そして開会式のあとなので、なかなかハードな一日だ。




画像

区長杯春季大会の表彰式に続き、閉会式、そして秋季大会の開会式と立て続けに行われて、子供たちはダレダレ・・・・・


すっきりと晴れた空は、日差しも強く、長時間立ったままの選手たちは、少々バテ気味。
それでも、うちのチームの低学年Bチームが、区で3位を取ったので、しっかり銅メダルもかけてもらい、お母さんたちもゴキゲンだった。



画像
写真は中学生の部




閉会式&開会式もようやく終わって、お弁当を食べたら、電車を乗り継ぎ初戦が行われる大会グラウンドへ移動。
これがまた駅から遠く、ひたすら歩く。



画像


試合はじめ!「お願いしまーっすっ!!!!」



相手チームは、人数が足りず、うちのチームから2人貸し出すことに。
へー、そんなんでいいんだ??




画像


画像


初打席で、いきなりエンタイトルツーベースヒットを打ったりょうた。

しかし、次の打者がアウトになり、ホームを踏んだものの得点には繋がらず・・・・




それでも、初のスタメンでの初打席のヒットに、気を良くしたりょうた。
しかし守備の方は経験が浅く、野球の事を何も知らない私がみても、ボケボケしているのが分かったので、監督に怒られまくっていたら・・・・・・




鼻血どばーっ!!!!




2歳からノルウェーで育ったりょうた。
幼い頃に汗をかく機会が少なかったせいか、毛穴が開いていないため、汗を殆どかかず、体に熱がこもりやすいのだ。

午前中の炎天下での式典で、かなりのぼせてしまったらしく、どばどばっと鼻血を噴出して、赤いくま五郎みたいになって、試合の最中に退場することとなってしまった。



「りょうたー、なんか守備の最中に、エッチなこととか考えてたぁー??」と監督。



夏はコレからが本番というのに、昨年も暑さで倒れたりょうた、大丈夫なんだろうか・・・??












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

サリー
2008年05月24日 05:02
りょうたくん、がんばってますね!
しかし、ノルウェー育ちで、そんな弊害があるとは・・・。やっぱり気候と体質の関係って、重要ですね。

あたしもこの間鼻血吹いたときには、自分が中学男子かと思ったけど?おほほほほー。

さておき、「プロの指導」で思ったのですが、子供の段階って、指導者の力がほとんど、だと思います。子供って素直に吸収するもの。私は中学でめっちゃヘタレブラバンにいたけど、いい指導者に来ていただいた間だけ、みんな音がすごくよくて。中学生なんてセルフコントロールが難しいんだから、自分たちが悪いんじゃなくて、ダメな顧問のせいで実力出し切れなかった自分たちがかわいそうだった・・・って、今は思っちゃいます。
ノルウェーまだ~む
2008年05月24日 16:52
サリーさん、本当ですよね。
やっぱり、指導者の力は大きいと思いますよ。
プロの選手は、「昨日教えたじゃないか!」と言ってはいけないと話してましたが、そういう点からすでに、今の指導者は力不足と感じます。
特に学校の先生なんか、力の差がハッキリ出ますね。
今はりょうたはベテランの先生ですが、反対に厳しすぎて彼は怯えてちゃんと質問も出来ない状態です。
出来る指導者ほど、怒ったりしないもんですよね。

ところで鼻血吹いたのって、ネタかと思ったら本当だったんですね…次から中坊って、呼んであげる~

この記事へのトラックバック