トイレの花子さんになる!?

「わわわ・・・・どうしよう!?」とトイレの前で立ち尽くすねえね。
手には金色のドアノブが握られている。
見るとトイレのドアには、あるべきところに取っ手がなく・・・・・
それなのに、しっかりとドアを閉めてしまったねえね。


昨年、夏休みのロンドンから戻ってみると、ドアノブがだらりと垂れ下がっていたので、修理したばかりだった。
中のバネが折れてしまったのだ。

今回は、ガタガタしていた取っ手が、スポリン!と抜け落ちてしまったのだ。
ぽっかりと開いた穴の真ん中には、向こう側の取っ手の芯と思われるものが覗いている。


「これ回せばいいんじゃ?」
と、ねえねが芯をペンチで掴もうと・・・・・・・





引っ込んじゃったし。




明日、運動会で忙しいと言うのに、お隣にトイレを借りに行かなきゃって、どうすんの????
3人の額に斜線・・・・



ドライバーを2本遣いで、なんとかドアをこじ開けることに成功。
ガシャリと閉めなければ、トイレで用を足す事ができるように、なんとかなった。






ああそういえば、こんなことが、昔もあったなぁ・・・・・・・・(遠い目)


2度目のノルウェー駐在の時のこと。
その日は、めずらしく一人でぶらぶらと、ショッピングセンターで買い物をしていた。
いつもなら友達とつるんで行くのだけど、その日に限って一人だった。

平日であまり人のいないショッピングセンターの、端のほうの人気のないトイレに入ったのが運のつき。

一番奥のドアが開いていたので、ついフラ~っと入って、用を足してさて、出ようとしたら~~~






スポッ・・・




漫画のように、取っ手がすっぽり抜けてしまったのだ。
私はトイレの個室の中で、しばし取っ手を持ったまま、呆然と立ち尽くしていた。
穴の中を覗くと、向こうの取っ手のの芯が見える。

「よし!これを回せば~~~」





ボトッ・・・・・



向こう側の取っ手は、虚しく音を立てて落下していった。






「落ち着け~、落ち着くんだ・・・・・・・」
あれこれ試すも、ドアは開く気配もない。

「誰かこのトイレを使うために入ってきた人に頼むしかないな・・・・」
慌てずパニックにならないよう、英作文を頭の中で繰り返す。











だ・誰も来ないじゃん~~~~~~~~~





人通りの少ない端のほうのトイレだったのが災いし、長いこと待っても一向に誰か入ってくる気配もなく。


私、このままノルウェーのトイレの花子さんになっちゃうのかな???

などとぼんやり考えて・・・・いる場合じゃないよ!



友達に今から来てもらうか~~~でも、子供のお迎えに間に合わないし、それより、子供のピックを頼んだほうがよさそうだな。
じゃあ、パパに連絡して・・・・でも、会社からココまで来てもらうわけにもいかないし・・・・・・








カチャ・・・・・

と、ここでようやく、誰かやってきた。


「ハロー!!ヘルプゥ~、ヘルプミー!!」
とあれだけ考えたのに、この程度の英語で助けを求める私。

しかしなんとか、状況を理解してくれたみたいで、お店の人を探しに出て行ってくれた。





か~な~り~暫くしてから、ようやくお店の人が助けにやってきてくれた。

「このドア、よくこうなるのよねー。今度から、張り紙しておかなきゃ。」





その前に直そうよっ!!!

ちなみに、我が家のトイレのドアの取っ手は、来週月曜まで業者に連絡すらつけられず。
いったいいつ直ることやら。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック