弟の受難

ねえねが、いつも見ているmixiのお友達の日記に、「風呂上りの弟にジョジョ立ちをさせてみました」って書いてあるよーと、写真を見せてくれた。

そもそも「ジョジョ」というのは、荒木 飛呂彦原作の少年ジャンプに掲載されていたマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』に出てくる主人公である。

画像


カラフルな色彩で一見するとアメリカンコミックのような、ポップなイメージ。
着ている衣装も凝っていて、ファッションデザインの絵のようにも見えるが、その実アクション漫画であるらしい。

‘その内容を完全に再現した‘というHPを発見した。
「ジョジョの奇妙な冒険」

第1部のあらすじを完全に再現したというこの文章を読んで分かったのは、『全く私には分からない』とうこと。


昨年、映画が公開されたはず。
「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」
ファンタジーちっくな題名に反して、結構グロいのか、PG12になっている。
映画やアニメは大抵なんでも好きな私だけど、「北斗の拳」と、この「ジョジョ・・・・」だけはどうも・・・・・


さて、その「ジョジョ立ち」である。
画像

こんなかんじ~

この絵は、「ジョジョ・・・・」ではなく、現在ジャンプSQに連載されている「岸辺露伴は動かない」とう漫画の中の、主人公‘岸辺露伴‘である。
取材の旅に出ている漫画家で、どうやら「ジョジョ・・・・・」の第4部に出てくる岸辺露伴を主人公にしたノベライズということらしい。

内容は猟奇的な事件に、妖怪がからんでくる不気味な話なのであるが、なにしろ奇妙なのは、その内容以上に登場人物の立ち居振る舞いだ。


このくねっとしたかんじ・・・・・



全ての人物が、このように立っている。
「岸辺露伴は動かない」~のに、なんか動いているかんじ。
でも、動きがあるように見えて、なんとなく止まっている。


わたし的には、ファッションデザインのデザイン画からきているのでは?と思っている。
服装も、どうみても漫画家じゃないし~~




ともあれ、この『ジョジョ立ち』を、中2の弟にさせた写真をアップしている日記には反響も多く、
「私もやってみた~」とか、
「私も弟にやらせようとしたら、拒否られた」とか・・・・・

姉さん、遊びすぎです・・・・・



「ジョジョ立ちかぁ~、りょうたにはムリかな~
っていうより、りょうた?正直、男の子ってどうよ?男の子好き?」
とここで、いきなり腐女子発言が暴発。






どうか、りょうたが真っ直ぐ成長しますように・・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月03日 23:59
「ジョジョの奇妙な冒険」って、確か私がジャンプをちゃんと読んでいたとき・・・だから、中学生か高校生の頃に始まって、だから私の中では「新しい漫画」だったのが、いつの間にかものすごいロングランになっていて、正直びっくりです。
私もついていけなかったし・・・。(北斗の拳は、感動しますけど。)
しかしこれだけクセがあって、一般ウケするとは・・・。この立ち方、かなり笑えるんですけどぉ~!

いや、お姉さんが腐女子でも、弟が道を踏み外すことはありませんよ。「シャレの分かる年」になったら、話に付き合ってくれることはあるかもしれないけど。(・・・経験者は語る?!)
ノルウェーまだ~む
2008年03月04日 00:23
サリーさんがそのようにおっしゃるなら、安心ですわ~
これで結構りょうたは「シャレがわかるやつ」なので、それなりにねえねをいじって、お互い喜んでいます。
最近のヒットは、「ビラン ロンロン!」
ねえねが「FREEDOM見ようよ!」と言ったつもりが、あまりの『オンドゥル語』に、「ビラン ロンロン」と聞こえて、以来りょうたにいじられ続けているという…

この記事へのトラックバック