ジャンプSQ連載の小野不由美「屍鬼」がぁ・・・・

ねえねが京極堂シリーズとともに、バイブルとして持ち歩いていたのが、小野不由美の「屍鬼」。
こちらも5巻もあって、なかなか手をつけられなかったのが、ジャンプにコミックとして連載が始まったということで、私も5年越しのオススメに、ようやく読み始めたらもう、止まらなくって・・・・・

そりゃあもう、あっという間に、読んでしまったのだった。


何しろ、「屍鬼」はスティーブン・キング大好きのパパンも大絶賛。
というのも、原作者の小野不由美さんが、スティーブン・キングのファンで、この「屍鬼」は、彼の初期の作品「呪われた町」のオマージュとして創られたものなのだという。


画像


<ストーリー>

樅の木に囲まれた静かな山間の村。
樅を育て卒塔婆を作って生きてきた村人たちは、外からの干渉を拒み、古くからの慣習を大事にしてきた。

しかし、突然やってきた新しい住人。
普段は姿を見せないその住人に、村人たちはいぶかしく思いながらも、様々な噂話をしては、村に訪れた新しい変化を楽しんでいるのだった。

しかし、その頃から村に増え続ける死者。
疫病なのかそれとも・・・・・



村は死によって包囲されている――


この言葉で始まるこの小説は、3000枚にも及ぶ大作なのだが、そのほとんどが、村人たちの日常生活の描写である。
その日常に、じわ・・・じわっ・・・・と謎めいた事柄が潜んでいき、だんだんとそこに住む人々を、恐怖に引きずり込んでいく。

恐怖から目を背けているうちに、いつの間にか死に取り囲まれていて、身動きが取れなくなっていく恐怖。

登場人物は村人のほぼ全員。
この全員のドラマが、日常生活から全部描かれているわけだから、長くもなるわけだ。
そうして、読者に深くふかーく感情移入させていく。

(あまりに登場人物が多いので、ものすごいファンの人が作ったサイトから、人物相関図をコピーしてもらって、人が出てくるたびに、ラインマーカーで印をつけながら読んだ私。
しかも、マーカーをつけたかどうかも分からなくなるくらいの人数)

これは、小野不由美の得意とする作風だ。
そして、まさにスティーブンキングもそうなのだ。

私は実は、スティーブンキングは、それほど好きではない。
なんというか・・・・・始めに長々と続く普通の生活が、本当に普通すぎて、ちょっと飽きてしまう。
加えてじわじわっ・・・・と恐怖が訪れて、もう、究極盛り上がったところで、最後のどんでん返しが無理やりだったりして、がっかりさせられることが多いからだ。

でも、パパンがすごいファンだから、それは言わない。(言ってるってば)


その点、この「屍鬼」は、すごい。
無理がない結末に加え、この作品が、この長さでも更に、読者の中でその後も生き続けるようになっている。

彼女の他の作品でも、小説の最後に、「彼女の戦いは今、始まったばかりである。」とかあったりして、お・おーい、これからかよ?となる。
そして、この「屍鬼」も・・・・・




そんな「屍鬼」が、コミックって??(ここからやっと本題)
ジャンプSQ(スクエア)「屍鬼」サイト

画像
地味な村の生活が嫌で、早く村の外に出たいと望んでいる恵ちゃん。

画像
恵と同級生の高校1年、夏野くん。
恵につきまとわれ、嫌気がさしている。都会から、田舎好きの両親と共に村へ越してきたが、内心、村を出たがっている。


みんなのアイドル夏野くん、だけど・・・・・・
なんか、顔が少年ジャンプ仕様なんですけどぉ?

「屍鬼」の持っている、独特の物悲しさとか、おどろおどろしいところは、この絵では・・・・・

でも、ジャンプ年齢の人が読むのだから、やっぱこんなかんじにしないと駄目なのかな?
ま、それなにり各人を特徴的に描いているので、髪の毛の色だけで見分ける少女コミックよりはいいけど。


しっかし、夏野クン・・・・・・都会の少年は、ベルトに漢字が書いてあるようなのつけないよ。
あと、敏雄さんは、少年風でとてもお医者様には見えないし、
若御院だけ、なぜ金髪?


展開も相当速く、じわじわ・・・・感は、どうやら期待できないようだ。

この早い展開で、どこまでキャラに感情移入させてくれるのか、楽しみでもあり、不安でもアリ・・・・








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

サリー
2008年01月15日 00:57
あーこれ、読んでみたいと思って読んでいない作品です。そうですかー、マンガに・・・この絵で・・・う~ん・・・。

ところで昔、京極さんは「脂鬼」なんてオバカ小説書いてました。ちなみにそのシリーズで私が唯一読んだのは「南極探検隊 宍道湖鮫」。京極メキシコの筆名で、小説すばるに書いてた。
ノルウェーまだ~む
2008年01月15日 16:01
あ、それって、「どすこい」に入っているヤツですよね。
「パラサイト・デブ」とか「すべてがデブになる」とか「理油」とか、全てパロディもので…
うちに2冊もあるけど、これは中々読む気になれない私…

この記事へのトラックバック