「アイアム レジェンド」さすが!ウィルスミス

仕事の合間に休みを取ったパパンと、映画に行った。
二人で行けば、今年から1000円で観られちゃう!
なんか、うれしいような、寂しいような・・・・・

普段から洋画を観るのは、基本的にこの家では私だけだ。
ねえねもパパンも邦画好き。
そういえば、最近のハリウッド映画は、どれもいまひとつだったもんねー

それがっ!久々のヒット!!
やっぱりハリウッド、やってくれますね~という作品だ。


画像

アイアム レジェンド公式サイト

なんといっても、荒廃したNYシティーがすごい。
人っ子一人いない高層ビルの谷間に伸びる道路は、荒れて草ボウボウだし、どこもかしこも廃墟一歩手前だ。

この廃墟一歩手間度が、絶妙だ。
何しろ、人類が滅びてから3年。
草ボウボウのところは合成としても、この「ちょっと荒れてきた」NYのビル群をどのように作り出したのだろうか・・・・?

<ストーリー>

軍の科学者ロバート・ネビル(ウィル・スミス)は、NYでたった一人孤独と戦いながら暮らしている。
相棒は唯一愛犬のサムだけだ。
毎日・毎日規則正しく生活している。
食事をし、運動をし、狩に出て、CDを返して次のを借り、放送を流して埠頭で待つ。
夜は時間になると、戸締りをしっかりして・・・・・寝る。

毎日続いた退屈な生活に、ある日うっかりしたミスをしてしまう。
愛犬サムが、鹿を追いかけて建物の中に入ってしまったのだ。
暗闇でおびえるサム。
なんとしても助け出さなくてはいけない。
何しろそこに潜んでいるのは・・・・・・




ある意味、毎日続く規則正しい生活は、軍隊生活そのものなのかも。
それなら苦痛はないだろうけど、ひとつ違うのは他に誰もいないってことだ。

今まで3度リメイクされてきた映画らしいが、今回はロバート・ネビルの孤独に焦点を当てている。
それが、本当によく表現されている。


しつこいくらいに繰り返される、孤独な毎日の様子は、ウィルスミスとワンちゃんの演技力を存分に見せてくれる。
いやもう何しろ、出演者は、
ウィル・スミスと犬だけ・・・・

もう、このまま一人と一匹しか出ないんじゃないの?といい加減思い始めたころに登場したのも、もうCGだけなのだから。



勿論、数え切れないくらいの埠頭でNY脱出の順番を待つ人々と、ロバート・ネビルの妻と子は出る。
ちょっとだけ。



画像
地下の研究室で、ゾンビ状態の患者に血清の実験を施す博士。


ウィルスミスの孤独に耐える演技は、とにかく素晴らしく、
どうしてそんなウイルスが蔓延してしまったのかとか、どういう過程で一人っきりになっていったかなどの描写は、ほとんど全くないと言う点で、
この孤独感はよりいっそう際立っている。

そして、彼が『レジェンド(伝説)』になっていった様子は、へ?というものであっても、
結末はそういうんでいいわけ?であっても
それはどうでもいいような気になるくらい、ウィルスミスは良かった!




瓶詰めだけでも生活できるアメリカ人はこういう時強いなぁ・・・・と妙なところに関心したり~






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

POPPE
2007年12月22日 23:08
映画に関係ないお便りで申し訳ないのですが メールアドレスを紛失してしまったので この場をお借りして「クリスマスカードをありがとうございました」 BBのHPに載っているアドレスにでも お暇なときマダムのメールアドレスを送ってください。 我が家も えりかの前髪は紫から青と緑の微妙な色になり、Ch.jrは自衛隊の基本検査にパスしてしまい 召集を覚悟する身となりました。
ノルウェーまだ~む
2007年12月23日 00:24
POPPEさま、お久しぶりです!!
まあ~えりかちゃんもそんなお姉さんになりましたか…
クリちゃんは自衛隊ってことは軍ってことですよね?
どの辺に配属ですか?
もうすっかりお兄さんなのでしょうね~
近いうちにメルアド送りますね。
miyu
2007年12月24日 23:55
ん~、確かにアメリカって保存食が多いですものね。
日本だとまぁ3年はムリですよね(;・∀・)
まぁ細かいところは色々とありますけど、
全体としてとても楽しめる映画でしたね。
ノルウェーまだ~む
2007年12月25日 01:29
miyuさん、こんばんわ~
ノルウェーに住んですごく思ったのが、地震で避難生活を送っても、この国の人はもつ…ということなんです。
何しろ普段からクラッカーとチーズがあれば、生きていけるのです。
ある意味救援物資に文句をつける日本人には、3年も生き延びることはできないのでしょうね。
ひらりん
2007年12月25日 03:58
コメントどうもでした。
簡単にダークシーカー=ゾンビと書いてしまいましたが、
確かにまだ死んではいなかったのですね。
知能も高いし、まさに狂犬病的症状で・・・
ウィルス研究者の主人公としては、ワクチン作って直そう・・・
と考えるのもうなづけるところですね。
こでまり44
2007年12月25日 10:31
TB&コメントありがとうございました♪
どんな怪物(?)が出てくるのか、かなり緊張しながら見てました。
ゾンビではなく人間・・・だからネビルは実験に使った人たちの写真をちゃんと取ってあったんですよね。
でももう少し救いのあるラストであって欲しかったです。
由香
2007年12月25日 11:24
メリークリスマス!
ウィルの演技は良かったですよね~
彼はどんどん演技が上手くなっていると思います。
ほとんどウィルの一人芝居が占めていた映画でしたが、彼の表情に何度もジーンとしました。
ただ映画としては、???の点が多かったですよね(汗)
後半に女性がでてきてから失速してしまった気がします。それにあの村!!ネビルが可哀想になっちゃったなぁ~
たまさん
2007年12月25日 11:32
はじめまして。当ブログにご訪問ありがとうございました。
ノルウェーに住んでらっしゃったんですね。また、日本人とは違う観点で映画も見ておられるのかなと思います。北欧に馳せる思いは多々ありますので興味深いです。
この作品はとにかくウィルと犬が印象的でした。
たまにCGに驚いたり(笑)
伝説は語り継がれると思います~



ノルウェーまだ~む
2007年12月25日 16:02
ひらりん様、いつもありがとうございます~
私もそれには後で主人に聞いてなるほど…と思ったわけですが、相手が人間だからこそワクチンでなんとか直そうと思ったのでしょう~
でもアレだけの数の凶暴なやつを、どうやって捕まえて治療していくつもりだったのでしょうねぇ?

こでまり44さま、ようこそ!
私もラストに救いがなくてちょっと…
ここの村の人放送聞いてなかったのかよっ?と、突っ込みつつ、もう少し違う伝説でもよかったのではと思いましたね。
ノルウェーまだ~む
2007年12月25日 16:08
由香さん☆こんにちは!
子連れの女性に助けられるネビルもネビルですが、本当に失速した感が否めなかったですね。
家の前に水を撒いて、匂いを消すのが、やはり狂犬病症状の一つで、匂いに敏感になるのかも…と思っていたのに、襲われた時、机の下に居ても助かるあたりゴリ押しでしたし。

たまさん様☆いらっしゃいませ!!
北欧お好きなんですか?
是非ノルウエーに済んでいた時のHP‘ノルウェー暮らし2‘もご覧になってくださいませ。
2007年12月25日 19:12
コメント&TBありがとうございました!
ノルウェーまだ~むさんの感想、なるほどなるほどと、思いながら読ませていただきました!

みんな共通の感想はやっぱり、荒廃したNYの様子とウィルとワンちゃんの演技は最高!ですね。私はそれ以外ではダメだしをしてしまいましたが、ノルウェーまだ~むさんのブログを読んでちょっと考えを改めました!

そのほかのブログもちょっと読ませていただきました。楽しいです。これからもおじゃまさせてもらうと思いますので、どうぞよろしくデス!
はらやん
2007年12月25日 19:45
ノルウェーまだ~むさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございました。
ワンちゃんはなかなかの演技力でありました。
「別れ」のシーンは泪ものでしたね。
ほぼ独りで映画を成立させているウィルも存在感ありました。
たいむ
2007年12月25日 20:01
こんにちは。
>ウィルスミスの孤独に耐える演技は、とにかく素晴らしく、
これに尽きますよね。

それにしても
>瓶詰めだけでも生活できるアメリカ人はこういう時強いなぁ
アメリカ人食生活は・・・なところがありますしね。(偏見)
とはいえ、たぶんシリアルや粉系のものはありそうだし、冷凍食品もそれなりに調達できていたのではないかと(最初は)・・などと、ひとりっきりのNYを想像したりして。。(^^)

あん
2007年12月25日 20:36
コメントありがとうございます!相変わらずTBは来てませんよ(笑)
ネビル(ウィル・スミス)の3年間に渡る孤独な生活、サムが居たからでしょうね。
ルーティンワークを黙々やって、筋トレにも励んで、瓶詰めにも耐え、強いですよね~。
まっ、あたしは足が遅いし、すぐつかまって死んでますが(笑)
SGA屋伍一
2007年12月25日 22:13
ご来訪ありがとうございました

>ウィル・スミス

数年前に注目されていた黒人俳優というと、彼と並んでサミュエル・L・ジャクソンやモーガン・フリ-マンなどがいましたが、なんだか最近ではウィルの一人勝ちのような印象があります。いろんなモノと戦ってきた実績と、親しみやすい雰囲気が人気の秘密なんでしょうかね

映画のほうは昼間のまったり加減と夜間(暗闇)の恐ろしさの、あまりのギャップがかえって面白い作品でした

kenko
2007年12月25日 22:51
こんばんは!Cnoteのkenkoと申します。
TBとコメントありがとうございました。

前半のショッキングなNYの姿だけでも
かなり満足だったんですが、
ウィルとワンちゃんの熱演にも
すっかり引き込まれました。

ノルウェーまだ~むさんは、やはりノルウェーに
お住まいなんですか?
でもインジャパン、だから今は日本なのかしら。
北欧って一度は行ってみたいです☆
くまんちゅう
2007年12月25日 22:57
コメトラどうもでした。
ウィルとサム犬の演技は素晴らしかったです、NYの映像もどうやって作ったか知りたいですね。
知恵つけたゾンビもどきも結構怖かったですが、治せる可能性があるので殺すのは最後の手段だったんですよね。そう思うと少し哀しいラストでした。宗教色さえなければなぁ。
普段は想像もつかない
2007年12月26日 00:42
ノルウェーまだ~むさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪

荒廃して人っ子一人いないニューヨークなんて、普段なら想像付きませんよねぇ。自分は海外旅行とか行った事無いですけど、テレビでもニューヨークの街のイメージって人込みとかですからね~。
でも自分も後からブロガーの方から知ったんですけど、あの荒廃した風景はニューヨークの街の一部を封鎖して実際に撮影し、後から雑草とか付け加えたんだそうですよ。
メビウス
2007年12月26日 00:44
あ、やばい・・・。ネームの部分をタイトルみたいにしてしまいました。申し訳ありません(汗
2つコメントしてしまったので、削除をお願い致します。お手数かけてすいません・・(汗
ノルウェーまだ~む
2007年12月26日 15:22
とろ様、ようこそ!
ブログの他の記事もよんで下さってうれしいです~
こちらこそ、またヨロシクお願いしますね。
ウィルスミス良かったですねぇ~年々光ってきます!

はらやん様、コメ返しありがとうございます。
ワンちゃん2匹だったそうですが、どちらもアカデミー賞ものでしたね。ウィルも勿論ですが!
ノルウェーまだ~む
2007年12月26日 15:42
たいむ様、いつもありがとうございます。
だいたいシリアルで生活できるところが、もうすごかったり…
無人の店で、食べ物やCDを調達するところは、ドラえもんの映画を思い出してしまいました。

あん様、ひえ~っ!やっぱりTBできてませんか?ぐすっ
私ならきっと、1ヶ月くらいで疲れ果てて、自分でウイルス打ってダークシーカー側につくなー
ノルウェーまだ~む
2007年12月26日 15:45
SGA屋伍一さま、ようこそ!
ウィルの一人勝ちは確かにそうですね~
やはり若さでは?なんて気もしますが。
昼と夜のギャップは、なかなかでした。
ノルウェーまだ~む
2007年12月26日 15:47
kenkoさま☆ いらっしゃ~い
そうなんです。以前ノルウェーに2回駐在になり、今は原宿に住んでいます。
HP‘ノルウエー暮らし2‘もよかったら見てね~
ノルウェーまだ~む
2007年12月26日 15:53
くまんちゅう様、こんにちは!
NYのシーンは、街を封鎖して実際に作りこんだようですよ。すごいですね!!それであのリアリティー!
ゾンビは死んだ人ではなく、ウイルスに感染した‘人間‘なので、知恵もあるわけですね。
宗教的な部分は、私も興ざめでした。

メビウス様、こんにちは!
NY封鎖なんて、ハリウッド映画はやっぱりやってくれますよね。それであのリアリティー!
私はCGかと…

えい
2007年12月29日 11:00
こんにちは。

ご家族が方が好きというのも珍しいですね。
どんな映画をご覧になっているのか、少し興味があります。
mig
2007年12月29日 12:44
ノルウェーまだーむさん☆
こんにちは!
やっぱりウィルが良かったですよね~
この同じ監督のコンスタンティンはそんなに好きじゃないけど
こっちはウィルの演技のせいか楽しめました~♪
まだーむさん、よい年末をお過ごし下さいね♪
またあそびにきますー☆
ノルウェーまだ~む
2007年12月29日 15:50
えい様、ようこそいらっしゃいました。
私は恋愛もの以外なら何でも観ますね~
最近は邦画がしっくりきます。
息子が早く怖いものも平気になってくれないかと思っています。

migさま いつもありがとう!
ウィルのための映画ってかんじでもありましたね。
それでもいやみな感じがしなかったのは、何でだろう?
migさんも良いお年を!
きらら
2007年12月29日 17:11
ノルウェーまだ~むさん、こんにちは☆

ウィル、よかったですねー。
演技もさすが!だし、かっこいい~♪
そしてNYの街並みもすごかったです。
しかし途中はほんとうに恐ろしくて、ストーリーがどうとか全然気にならないくらい~。あー怖かった。。。
あざみん
2007年12月29日 19:02
ノルウェーまだ~むさん、こんばんは~♪
ウィルの演技は本当に素晴らしかったです~!
でもでもこの手の作品て苦手なので前半はしばらく
ドキドキしてました(^_^;)
知恵をつけたゾンビってすごくヤかも・・・。
ななな
2007年12月29日 21:20
TB&コメントありがとうございました。
あのNYは臨場感たっぷりでしたよね!
ブロードウェイなんかも荒廃しちゃって寂しくなってて・・・でも超リアルで、これどうやってんの??!!ってなっていました。
にしてもたった一人でもしっかりと主演を張れちゃうウィル・スミスってやっぱりすごいですよね!
しかも彼はよく人類を救ってくれるので(笑)それだけで安心感がありました。
ノルウェーまだ~む
2007年12月30日 01:52
きらら様、ようこそ!
怖くてストーリーが気にならなかったのですか?ひゃはは…
ウィルは年々いい俳優になっていってますね!

あざみん様、いつもありがとう~
ゾンビは知恵をつけたのではなくて、もともとウィルス感染した人間なので、知恵があるんですよねー
それですごい怪力で、ある意味無敵・・・?
ノルウェーまだ~む
2007年12月30日 01:54
ななな様、いらっしゃいませ~
本当にNYの荒廃ぶりがすごかったです!
さすがハリウッド!やってくれる~と久々感動しました。
確かにウィルは、よく人類を救ってくれますね(笑)
かいこ
2007年12月30日 13:26
こんにちわー
コメント&TBありがとうございました!
ほんとウィル・スミスの一人演技と犬のサムの演技はすごかったですよネ~
NYの様子も。あれ観るだけでも価値があるナーって思いました。
でも私は細かいところが気になっちゃって。
とにかくゾンビがコワかったデス~(T_T)
ノルウェーまだ~む
2007年12月30日 14:39
かいこ様、こんにちは!
足の速くて力の強い賢いゾンビって、もう助かりようがないですよねっ。
3年も生き延びるとか、絶対ムリだわ、私。
ミチ
2007年12月30日 22:02
こんばんは♪
こちらにも・・・。
夫婦50割引は嬉しいような寂しいような・・・ですよね?
分かりますわ~(笑)
こんなにウィルの一人芝居映画だとは思ってもいませんでした。
でも、よくもたせていましたよね!
ワンちゃんも敢闘賞です!
また来年も映画のお話ができたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします♪
ノルウェーまだ~む
2007年12月31日 01:07
ミチさま~あれれ?同じ世代とは…
いつも精力的に映画をご覧になっていらっしゃるので、てっきりお若いかたかと…(失礼?)
こちらこそ、来年もまたよろしくお願いいたしますぅー
えめきん
2007年12月31日 11:12
こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

前半の面白さを後半で全て台無しにしてしてしまった印象でした。ウィル・スミスが頑張っていた分、余計に残念です。

ノルウェーまだ~むさん、今年も一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いしますね。
ケント
2007年12月31日 11:44
こんにちは、お邪魔します。
 それにしてもB級映画を超大作に創ったこの映画、凄いですねぇ。多分セットと実写とCGの組み合わせだと思いますが、動物とダークシェーカー以外は実写としか見えませんでした。
 『28日後』と同じ内容でしたが、スケールの大きさとウィル・スミスの存在感により、余り暗い感じに篭らず、中盤までは文句のつけようがありませんでした。
 ただあの生存者の登場から一変におかしくなりました。せっかくの大作を台無しにした感があります。さすがアメリカは太っ腹ですね・・・
ノルウェーまだ~む
2007年12月31日 11:56
えめきん様、こちらこそTBコメ返しありがとうございます~
本当に後半でガックリきちゃいましたよね。
でもウィルスミスの素晴らしさでそこんとこ帳消しにしてもいいかんじでした。
こちらこそ、来年もよろしくです!

ケント様、こんにちは!
荒廃しかかったNYの街並みは、実際街を封鎖しての実写らしいですよ。
それこそさすがアメリカ、太っ腹です!
(しかしその間、どうやってNY市民は活動していたのでしょうか?)
ゆかりん
2007年12月31日 22:22
こんばんは♪
TB、コメントありがとうございました。
人のいないNYはとても不気味でした。
あのラストはちょっと残念でしたが、ウィルスミスが良かったからまぁいいかと(笑)

今年も終わりですが、来年もどうぞよろしくお願いします♪
ノルウェーまだ~む
2008年01月01日 00:12
ゆかりん様、明けましておめでとうございます。
ラストは本当に、ウィルスミスごめんなさいですが、それでいっそう彼の演技が光ったってものですよね。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
2008年01月21日 22:57
とっても遅くなってしまったのですが、TBありがとうございました。そしてTBさせていただきました。
ウィル・スミスの孤独な演技が凄かったですが、
ワンちゃんの存在がとっても大きくて、
あのシーンはショックでした・・。
しばらく忙しくて、今もまあ、忙しいのですが
今年もたくさん映画観たいです!
今年もよろしくお願いします(^ワ^)。
ノルウェーまだ~む
2008年01月21日 23:56
ふるふるさん、お久しぶりです!
お待ちしてましたよっ!
また、楽しみな映画が目白押しなので、私もどんどん観たいと思います!
こちらこそ、よろしくお願いいたします~

この記事へのトラックバック

  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt:  『地球最後の男に希望はあるのか。』  コチラの「アイ・アム・レジェンド」は、リチャード・マシスンの「地球最後の男」を映画化した3本目となるSFアクションで、12/14に公開されたのですが、初日.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-12-24 23:29
  • ★「アイ・アム・レジェンド」

    Excerpt: 2007.12.14の金曜日公開初日の本作。 TOHOシネマズ川崎ではナイトショウタイムもやってたので、見てきちゃいました。 主演はウィル・スミス。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-12-25 03:46
  • ●アイ・アム・レジェンド(198)

    Excerpt: 薬の発明者はどこへ行った?アンタがやれ! Weblog: 映画とワンピースのこでまり日記 racked: 2007-12-25 10:33
  • 映画『アイ・アム・レジェンド』

    Excerpt: 日米同時公開、本国ポスターがまたシブイ。この世紀末な感じは新種のウィルスが世界 Weblog: たまさんのHR/HM シネマカフェ racked: 2007-12-25 11:14
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: SF小説『地球最後の男』の3度目の映画化―といっても原作・前作は知りませ~ん【story】2012年。人類がほぼ死滅してしまった地球で生き残った、科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)。彼は孤独と.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2007-12-25 11:18
  • 『アイ・アム・レジェンド』  (115本目)

    Excerpt: 地球最後の男に希望はあるのか。 Weblog: とろのひとりごと racked: 2007-12-25 19:07
  • 「アイ・アム・レジェンド」 I am not alone.

    Excerpt:  You are not alone.  「君は独りじゃない」 N.Y.で”地球 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2007-12-25 19:10
  • 「アイ・アム・レジェンド」みた。

    Excerpt: 「サム!サム!」って言うから、てっきり男の子かと思ったら、なんと「サマンサ」ちゃんだった(^^)。一人と一頭でほぼ時間の半分を費やすんだがら、ウィルってすごい。サムの演技もとってもお見事~~!!SFホ.. Weblog: たいむのひとりごと racked: 2007-12-25 20:03
  • 昼歩く フランシス・ローレンス 『アイ・アム・レジェンド』

    Excerpt: ♪伝説の男~ 伝説の男~ と言っても、もちろんガッツ石松の話ではなく リチャード Weblog: SGA屋物語紹介所 racked: 2007-12-25 22:14
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: ウィル・スミス主演で、近未来SFもので、タイトルは『I AM LEGEND』。 Weblog: C note racked: 2007-12-25 22:52
  • 「アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND)」映画感想

    Excerpt: ウィル・スミスが地球最後の男を演じる映画、「アイ・アム・レジェンド」(原題: I Weblog: Wilderlandwandar racked: 2007-12-25 22:55
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: 年の暮れになって公開する映画の中で、かなり期待度の大きかった「アイ・アム・レジェンド」。 映画館もいつもより混んでいて、手ごたえを感じたんですが・・・ こういう展開かよ! ・・・・・ .. Weblog: まぁず、なにやってんだか racked: 2007-12-25 23:15
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: ・・・??? 「アイ・アム・レジェンド」見てきました~~~おかんと。 「なんでもいい・・・」と投げやり状態の母上様・・・「なんでもいいと言いましたね、ふふ」とばかりにこの映画を.. Weblog: 不機嫌なハウスワイフ ~日常、映画ときどきアメリカ~ racked: 2007-12-26 15:55
  • アイ・アム・レジェンド/ウィル・スミス

    Excerpt: 勝手にSFスリラー三部作と呼んでる第二弾です。原作小説「「I Am Legend」」の映画化はこれで三度目という作品。旧作は「地球最後の男」という作品らしいですけど、私は全く知らなかったのでなにげに楽.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-12-29 00:35
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: ボブ・マーリーを知らない世代がいるのか・・・ Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-12-29 01:10
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: アイ・アム・レジェンド(2007 アメリカ) 原題    I AM LEGEND   監督   フランシス・ローレンス    原作   リチャード・マシスン 脚色   マーク・プロトセヴィ.. Weblog: 映画のメモ帳+α racked: 2007-12-29 01:36
  • 劇場鑑賞「アイ・アム・レジェンド」

    Excerpt: 「アイ・アム・レジェンド」を鑑賞してきましたリチャード・マシスンの小説「地球最後の男」の3度目の映画化となるSFアクション。「コンスタンティン」のフランシス・ローレンスが監督。人類を救う役どころを多く.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2007-12-29 05:05
  • アイ・アム・レジェンド(2007年)

    Excerpt: リチャード・マシスンの『I Am Legend(地球最後の男)』が原作。これまでに二度映画化されており、今回が三回目の映画化。 物語の性質上、ほとんどの時間、スクリーンにはロバート・ネヴィル(ウィル.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2007-12-29 06:37
  • 映画「アイ・アム・レジェンド」(2007年、米)

    Excerpt:        ★★★★☆  地球滅亡の危機を描いたSF「地球最後の男」の映画化。 原題は「I Am Legend」。  近未来、癌の新治療薬の影響で人類がほぼ絶滅、 生き残った人もゾンビ化してしまう。.. Weblog: 富久亭日乗 racked: 2007-12-29 08:52
  • 「アイ・アム・レジェンド」 そのタイトルが意味するところ

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 予告編からは単純なパニック&サスペンス&ややアクション映画、というイメージを受けていました。 ところが、ドラマの部分が以外に強く、しかも感動的で良い意味で驚かされま.. Weblog: ハピネス道 racked: 2007-12-29 08:55
  • アイ・アム・レジェンド~忠犬ハチ公物語

    Excerpt: 副題の邦題「地球最後の男に希望はあるか。」だけれども、英語の副題は←でかなり違う。「not alone」だから「最後の男」じゃないのだ。しかも、本当は「ニューヨーク最後の男」だろう。看板に偽りあり。茫.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2007-12-29 09:22
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt:  今日から封切り。 なんで金曜日?って思っていたら、日米同時ってことなんで、普通の映画のように土曜でなくて金曜になったらしい。(でも、なぜ金曜?まだわからんが...)  で、観てきました。  だ.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2007-12-29 09:42
  • 『アイ・アム・レジェンド』

    Excerpt: (原題:I am Legend) 「いやあ、これほど予想を覆された映画は最近なかったね」 ----えっ、どういうこと? これってチャールトン・ヘストン主演の 『地球最後の男オメガマン』のリメイクと聞.. Weblog: ラムの大通り racked: 2007-12-29 11:02
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: 面白くない,ことは無い。 が,しかし・・・。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-12-29 11:03
  • アイ・アム・レジェンド /I AM LEGEND

    Excerpt: 『ナショナルトレジャー~』は続編だしこれがこの冬の一番の大作なじゃないかな? でもリメイク。 14日から日米同時公開{/ee_1/} あちらでの評判も聞かないまま、前知識全くなく試写にて観てきまし.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2007-12-29 12:45
  • 映画~アイ・アム・レジェンド

    Excerpt:   ☆公式サイト☆人類が絶滅した近未来を舞台に、たった1人生き残った男の奔走を描くSFドラマ巨編。『幸せのちから』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたウィル・スミスを主演に、自分以外の生存者を探.. Weblog: きららのきらきら生活 racked: 2007-12-29 17:12
  • 『アイ・アム・レジェンド』

    Excerpt: 古典的傑作『地球最後の男』の2度目のリメイクということであまり期待はせずに見ましたが、正直な感想を述べると映像以外に新鮮味はないものの、古き良き映画を見たという感じでした。 でこの映画を未見の方に忠.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2007-12-29 18:06
  • 映画レビュー「アイ・アム・レジェンド」

    Excerpt: ◆プチレビュー◆古典SFの3度目のリメーク。無人の大都市NYのビジュアルが素晴らしいが、終盤の展開は物足りない。 【60点】 西暦2012年。ウィルス感染で人類が滅び、唯一人生き残った科学者ネビルは、.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2007-12-29 19:10
  • ★アイ・アム・レジェンド<プレミア試写会>★

    Excerpt: 世界で最初のプレミアが日本で行われました!11日がニューヨークでの米国プレミアですので5日が最速の公式上映となりました。3時半から座席指定とりかえとのことで4時に指定券に変えてもらったのですが、席は残.. Weblog: CinemaCollection racked: 2007-12-29 20:24
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: 独りぼっち。 Weblog: 映画を観たよ racked: 2007-12-29 21:14
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: 公開初日に見てきました。☆☆☆トラックバックは、私の勝手な都合で確認後に反映するように設定されています。申し訳ありませんが、よろしくお願いしますm(*--*)m☆☆☆☆アイ・アム・レジェント☆(200.. Weblog: ぷち てんてん racked: 2007-12-29 21:46
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: アイ・アム・レジェンド 191本目  上映時間 1時間40分 監督 フランシス・ローレンス 出演 ウィル・スミス 犬 評価 7点(10点満点) 会場 新宿ミラノ(試写会 156回目) .. Weblog: メルブロ racked: 2007-12-30 00:15
  • 「アイ・アム・レジェンド」★★★★

    Excerpt: '07年製作 監督 フランシス・ローレンス  主演ウィル・スミス  共演アリス・ブラガ、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド、ウィロー・スミス、チャーリー・タハン他。本日14日より公開! .. Weblog: JoJo気分で映画三昧!+α racked: 2007-12-30 02:18
  • 「アイ・アム・レジェンド」

    Excerpt: 不朽のSF小説 「地球最後の男」 3度目のリメイク。「アイ・アム・レジェンド」公式サイトコワがりの私には 少々キツかった・・ちょっとのことで ビクビクしっぱなし。暗がりに入っていった愛犬サムを追っかけ.. Weblog: かいコ。の気ままに生活 racked: 2007-12-30 13:27
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: 【アイ・アム・レジェンド】 ★★★☆ 2007/12/10 試写会(33)ストーリー 2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビル(ウ Weblog: りらの感想日記♪ racked: 2007-12-30 13:46
  • I AM LEGEND

    Excerpt: 全編、ウィル・スミス満載。たっぷり堪能できます。 Weblog: 迷宮映画館 racked: 2007-12-30 21:28
  • 映画 【アイ・アム・レジェンド】

    Excerpt: 映画館にて「アイ・アム・レジェンド」 リチャード・マシスンのSF小説「地球最後の男」の3度目の映画化。原作は未読。 おはなし:2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバ.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2007-12-30 21:58
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: 2009年。新型ウィルスの拡散によって人類は死滅した。たった一人生き残った「地球最後の男」、ロバート・ネビル。彼は共に生き残った愛犬サムと共に、生存者を待ちつつ3年の時を過ごしていた。夜になると.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2007-12-31 10:57
  • 【2007-181】アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND)

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 地球最後の男に希望はあるのか。 Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2007-12-31 15:58
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画   地球最後の男-それは・・・      1人しかいないという絶望なのか・・・              それとも1人だけはいるという希望なのか。 .. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2007-12-31 16:43
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: 【I AM LEGEND】2007/12/14公開(12/14鑑賞)製作国:アメリカ監督:フランシス・ローレンス原作:リチャード・マシスン『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェンド)』(ハヤカワ文庫.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2007-12-31 22:17
  • アイ・アム・レジェンド (I Am Legend)

    Excerpt: 監督 フランシス・ローレンス 主演 ウィル・スミス 2007年 アメリカ映画 100分 SF 採点★ “映画は映画、原作は原作”と割り切って楽しむ性質とはいえ、やっぱり好きな小説の映画化は色んな意味.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2008-01-04 13:11
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: 私の名はロバート・ネビル。ニューヨークで生き残っている。もし誰かこれを聞いているなら、もし誰か他にいるなら……誰でもいい、応えてほしい。66億人の絶滅と、たった1人の生存者―。 2012年、人.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2008-01-06 00:01
  • アイ・アム レジェンド [映画]

    Excerpt: ★★★★★★★☆☆☆ http://wwws.warnerbros.co.jp Weblog: mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々 racked: 2008-01-09 15:35
  • 「アイ・アム・レジェンド」観ました。

    Excerpt: 先輩が大好きなウィル・スミス。 だからじゃないけれど、内容が気になって やっと観ました。 お正月帰省中、時間をつぶすためにシネコンへ。 Weblog: ふるふる好楽 racked: 2008-01-21 22:48
  • 【映画】アイ・アム・レジェンド…前半のダークシーカー怖すぎ((+_+))

    Excerpt: {/kaeru_fine/}去年ぐらいの健康診断で肝臓の瞬間的異常値が出た私。 再診の結果、診断エラーの可能性大だったのですが、この機会にと冬ぐらいから2日に1日ぐらいの率で(ペースはバラバラですが{.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2008-07-28 22:57
  • アイ・アム・レジェンド-(本:2008年55本目)-

    Excerpt: 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、アリス・ブラガ、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド、ウィロー・スミス、チャーリー・タハン 評価:69点 「あなたは一人.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-09-29 00:48
  • 『アイ・アム・レジェンド』'07・米

    Excerpt: あらすじ2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残り、究極の孤独と闘いながら愛犬サムとともに3年間もの間、ほかの生存者の存在を信じて.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-01-11 22:34
  • アイ・アム・レジェンド

    Excerpt: 地球最後の男に希望はあるのか。 Weblog: Addict allcinema 映画レビュー racked: 2009-07-22 19:44