英検受験と’らーめん一蘭’

今日は、待ちに待った英検4級の受験の日。
本当は6月に受けても良かったのだけど、焦っても仕方ない~ここは、しっかり基礎堅めをしてからチャレンジするべき・・・・と、地道に毎日英語のテープを聞いてきたのだ。

あまり勉強というものに魅力を感じないりょうたが、唯一「眠い・眠い・・・・」とブーたれながらも、寝る前の毎日、なんとか続けてこれたのも、彼なりに自信を持てる唯一の武器だからなのかもしれない。

準会場となる‘文京区民センター‘へ送り届けたら、終わるまで時間をつぶさなくてはならない。
向かい側にある、‘文京シビックセンター‘へ行ってみることにした。

画像
25階展望ラウンジ。

何を基準としてラウンジと呼ぶのか・・・・
確かに見晴らしは良いけど、肝心のカフェはしまっているのに、椅子もない展望ロビーは、ラウンジとよべるのか・・・?

でも、遠くに美しく富士山が見えたので、許してあげよう。



英検の出来栄えは「ん~、まあまあ。」と謙虚な感想のりょうた。

ご苦労様!ってことで、すぐ横の後楽園ラク~アへ。
画像
久しぶりの秋晴れで、気持ちの良い遊園地の一コマ


まずは昼食~~と見ると、ほぼ‘りょうたの主食‘となりつつある‘ケンタッキー‘にも長蛇の列が・・・・・
どうせ並ぶなら~と見渡すと・・・・

ここにあるじゃん!!

お友達オススメのラーメン屋‘ラーメン一蘭‘を発見!!

こりゃ、行かなきゃでしょ?


画像
ラーメン一蘭 HP

昼前から既に長い列。

今回初めて知ったわけだけど、なんと!面白いシステム。

まず、食券を購入。
普通のラーメンが、750円。
これに好みで、トッピング(半熟卵、きくらげ、チャーシュー)や、替玉か半替玉を追加購入できる。

中へ入ると、また並び、この間に注文用紙に希望を書き込む。
店内は見渡すことができず、壁の間に暖簾が下がっている。
暖簾の向こうは、風呂屋のロッカールームのような不思議な雰囲気。

麺の固さ、味の濃さ、ねぎ・チャーシュー、秘伝のたれを入れるか入れないかを、希望に沿ってマルをつけていく。
ここで、気をつけないと、トッピングをつけずに、ねぎもチャーシューも‘なし‘にすると、麺だけのさびしいラーメンになってしまう。

席が空くと中へ通されるが、ここでまたびっくり!
カウンターには、つい立があり、隣の人の顔は見えないようになっている。
目の前にも暖簾が掛かっており、お店の人の顔も見えない。
これを『味集中カウンター』と呼ぶらしい。

席について注文用紙を出し、待っていると自分の好みのラーメンが出てくる。
・・・・・・と、ここで目の前に更に竹の暖簾ガパラリと下ろされる。


うう・・・・う・・・・うう・・・・・・


閉所恐怖症の私は、なんとなく閉塞感に襲われ、ちょっと息苦しくなってくる。
つい立ははずせるようになっているらしいけど、知らなかったので、つい立越しにりょうたに話しかけるも、それもまたなんだか虚しい・・・・・

画像


私は、 味・・・普通
     秘伝のタレやや多め(これは結構辛かった)
     ねぎとチャーシューあり(トッピングを入れなければ、ここまでは同じ値段)
りょうた 味・・・・濃い目
      秘伝のタレ・・・・少な目
      ねぎ・・・なし、チャーシューあり

お味は‘普通‘にしては、薄味で見た目よりあっさり。
濃い味にしたりょうたのラーメンで、ちょうどいいかんじだった。
麺の固さはふつうにしたのだけど、やや固め。

全体的な評価(りょうた先生)としては・・・・・・「‘ひごもんず‘の勝ち~!」
だそうで・・・・・

その割には、スープをどんどん飲み干してしまって、どんぶりの底に書いてある文字まで発見してしまったりょうた。
な~んだ、おいしかったんじゃん!




   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

サリー
2007年10月23日 01:18
ほほぅ、行かれましたね、一蘭!
私のお気に入りオーダーは・・・忘れた・・・。とにかく、にんにくドサドサ入れちゃうんだよな(笑)
私なんか隣の夫を待たせて、半玉お代わりですもん。

しかし小学生で英検なんて、すごい!私、たしか中2で受けた・・・。(そしてもう、履歴書にも書いても役立たずの2級止まり。とほほーん)
ノルウェーまだ~む
2007年10月23日 09:27
りょうたの、‘ひごもんず‘勝利の最大の理由は、餃子があるから。ま、そんなもんです。
にんにく…ドサドサ入れる勇気がちょっとなかった~

ねえねは、中2で準2を受けて、そのあとは、2級まであと1点ってところで断念。以来受けていないの。
2級の壁は厚いよね。なにせ、面接があるので、ねえねにとっては完璧アウト!
今では英語が苦手科目…ってどんな帰国子女?
りょうたはどこまでチャレンジ続けてくれるやら…

この記事へのトラックバック

  • 一蘭 道頓堀店

    Excerpt: 博多のラーメン屋『一蘭』の関西第一号店へ行ってみました。一蘭自体の味は初めてではないのですが、初めての客が写メとったり合席したりと一蘭のルールを知らぬものが回転を悪くしている。味自体は本場と比べて少し.. Weblog: 入院保険と自動車保険のリンク集 racked: 2007-10-31 02:10