ノルウェー暮らし・イン・原宿

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「アヒルと鴨のコインロッカー」

<<   作成日時 : 2007/09/07 00:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 25 / コメント 15

おりしも大型台風が関東を直撃した朝。
ねえねの学校では、朝6時の台風警報が出た時点で、休講が決定した。
そんな日に、一緒に映画 『アヒ鴨』 を観に行っていたなんて・・・学校には内緒だ。

画像
「アヒルと鴨のコインロッカー」公式サイト

そもそもこの映画を観たかったのは、ねえねの高校で、毎月2冊出される‘課題図書‘のうちの1冊だったからだ。
他の宿題に負われて、読めない〜〜というので、私が読んでみたところ、それはそれは面白かった!!

勿論、私が読んでもなんの助けにもならない(感想文ではなく、こまかいシチュエーションを知らないと、テストが解けないようになっているらしい)ので、純粋に私は読書を楽しみ、心の底からお勧めしたのだった。

いやー、こんな‘ざわざわ・・・・‘した小説は、久しぶりだった。
読み薦めるうちに、わくわくが進み、ドキドキが倍増した。
完全に小説の中に取り込まれていく自分がそこにいた。

画像
そんな小説が、映画化されるって、そりゃ観るっきゃないでしょ〜



<ストーリー>

東京から仙台の大学に入学するために、小さなアパートへ越してきた椎名(濱田岳)。
唯一歌えるボブディランの「風に吹かれて」を口ずさんでいると、背後からいきなり声をかけてきた青年がいた。

隣の部屋に住む河崎と名乗る男は、親しげにこう言うのだった。

「一緒に本屋を襲わないか。」


同じアパートに住むひきこもりの留学生ドルジに‘広辞苑‘をプレゼントしたいのだという。
気がつくとお人よしの椎名は、本屋の裏口に立っていた。



コレより先は、何も書けない。
どんな映画も、多少のネタばれは書くものだけど、この映画と小説だけは、何も書けない。
ぜったいに・・・・


過去と現在を行ったりきたりする小説。
これをどうやって映画にするのか、当初より話題となっていた。
映画は、細かい点で違っているところもあったけど、ほとんど小説そのまま。
特にキャスティングは、イメージそのままだ。

画像

同じ大学に通う‘ことみ‘(関めぐみ)
彼女を中心に、同棲している留学生のドルジ・美しい青年河崎・凛とした美しさで圧倒するペットショップの店長麗子さん・・・・・が、最近周辺で起きるペット殺しの謎に迫る。
ひたひたと‘ことみ‘に迫りくる恐怖。



河崎の言動に翻弄される椎名を、濱田岳が実に上手く演じている。
東京出身なのに、一番イモくさいジャージ姿で、押しも弱い。
途方に暮れて、正座をしたままダンボールのふたをパタパタしているところなど、思わずくすっと笑ってしまった。

他に、瑛太・松田龍平がぴったりの役を演じている。

私としては、原作を先に読むことをお勧めしたい。
何しろすごい小説だから。
あの、今までに読んだ本で、感じたことのないような、胸をぎゅぎゅーっと掴まれるような感覚は、映画を観てからだと体感できないように思うのだ。

セットで、オススメ!!






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(25件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アヒルと鴨のコインロッカー/濱田岳、瑛太、関めぐみ
初めてこの映画のチラシを目にしたときはもちろん内容なんか全く知らないわけですが、そのタイトルだけで何だかゾクソクっとかなり惹かれちゃいました。いかにもミニシアター向きな雰囲気しません?主演も瑛太くんに関めぐみちゃん、そして最近の活躍が著しい濱田岳くんと私.... ...続きを見る
カノンな日々
2007/09/12 00:24
アヒルと鴨のコインロッカー
ミステリアスな友情物語は、コメディ調の前半と異なり悲劇的な種明かしが仕込まれている。油断すると感動してしまいそうになるが「見なかったことにして」は解決策として疑問。ただ、神の声“ディラン”が誘う切なさは十分に表現されているし、伊坂幸太郎の原作の質の高さが.... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライター...
2007/09/12 00:38
#96.アヒルと鴨のコインロッカー
原作は、仙台に住む伊坂幸太郎が、仙台を舞台にした同名タイトルの小説。吉川英治文学賞を受賞。風変わりなプロットと、少し切ない感動が心地よい佳作。ちなみにこれ、仙台で先行上映してましたね。オール仙台ロケだそうで。東京の方が公開が遅かった。公開、待ってましたよ.... ...続きを見る
レザボアCATs
2007/09/12 01:32
感想/アヒルと鴨のコインロッカー(試写&文庫)
濱田君いいわ〜。瑛太君もやっぱりいいわ〜。『アヒルと鴨のコインロッカー』6月23日公開。仙台の大学に進学した椎名は、隣に住む河崎に誘われるがまま本屋強盗をすることに。そして河崎が語るブータン人のドルジとその恋人・琴美の話。それは、2年前から続く物語だった。 映画「アヒルと鴨のコインロッカー」公式サイト ...続きを見る
APRIL FOOLS
2007/09/12 01:36
アヒルと鴨のコインロッカー
8月15日(水) 21:00〜 銀座テアトルシネマ 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフ:600円 ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2007/09/12 02:47
アヒルと鴨のコインロッカー
東京から仙台に引っ越してきた大学生の椎名は、アパートの隣に住んでいる住人・河崎と親しくなる。不思議な雰囲気を醸し出す河崎は、椎名に「同じアパートに住んでいるブータン人に広辞苑をプレゼントしたい。一緒に本屋を襲撃して広辞苑を奪わないか?」と持ち掛ける。 ... ...続きを見る
5125年映画の旅
2007/09/12 06:50
アヒルと鴨のコインロッカー〜投げ遣りなテロリスト
ボブ・ディランの「風に吹かれて」が基調になっているが、なぜか映画そのものの雰囲気は同じ「風」でも村上春樹の「風の歌を聴け」に似てなくもない。主人公の「僕」にあたる人物が、新幹線で大学のある仙台駅に着き、最後はまた仙台駅から実家に帰るという始めと終わりも「.... ...続きを見る
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
2007/09/12 08:32
映画【アヒルと鴨のコインロッカー】
オール宮城ロケの本作が、5月12日から宮城県で先行上映されている。私も見てきたが、これはすごくいい。とくに ...続きを見る
ぱんどらの本箱
2007/09/12 09:17
アヒルと鴨のコインロッカー [映画]
★★★★★★★★☆☆ http://www.ahiru-kamo.jp/ (ア ...続きを見る
mololog(モロログ) -映画レブー...
2007/09/12 09:41
「アヒルと鴨のコインロッカー」(日本 2007年)
大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名。 彼が口ずさむ「風に吹かれて」が止まった時間を動かしていく。 「アヒルと鴨のコインロッカー」 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2007/09/12 15:07
『アヒルと鴨のコインロッカー』
泣き度[:悲しい:][:悲しい:]           2007/06/23公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:] 切なさ[:失恋:][:失恋:][:失恋:][:失恋:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] ...続きを見る
アンディの日記 シネマ版
2007/09/12 18:11
アヒルと鴨のコインロッカー
 『神さま、 この話だけは 見ないでほしい。』  コチラの「アヒルと鴨のコインロッカー」は、人気ミステリー作家の伊坂幸太郎さんの第25回吉川英治文学新人賞を受賞した同名小説の映画化で、6/23公開になったミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  伊坂.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2007/09/12 22:47
「アヒルと鴨のコインロッカー」レビュー
映画「アヒルと鴨のコインロッカー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ、田村圭生、関暁夫、キムラ緑子、なぎら健壱、松田龍平、大塚寧々、他 *監督:中村義洋 *原作:伊坂幸太郎 *主題歌:ボブ・ディラン「風に吹かれて.. ...続きを見る
映画レビュー トラックバックセンター
2007/09/13 03:30
アヒルと鴨のコインロッカー(映画館)
神さま、この話だけは 見ないでほしい。 ...続きを見る
ひるめし。
2007/09/13 13:51
アヒルと鴨のコインロッカー
人は「人」と呼べるまでに、どれだけの道を歩まなければならないのだろう。アヒルと鴨には、果たしてどれだけの違いがある? ...続きを見る
knockin' on heaven's...
2007/09/18 09:28
【2007-107】アヒルと鴨のコインロッカー
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/09/28 00:23
【本】アヒルと鴨のコインロッカー
     『アヒルと鴨のコインロッカー』     伊坂幸太郎     東京創元社        &nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;〜第25回吉川英治文学新人賞受賞作〜【comment】どうしてドンドン伊坂さんの作品を読んでしまうのだろう―?―それは、面白いからだ。では、、、私は伊坂さんの作品が好きなのだろうか―?―よくよく考えると・・・そうでもない気もしてきた(自問自答・汗)本作は映画化されているよ... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2008/03/07 18:25
『アヒルと鴨のコインロッカー』'07・日
あらすじ大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は奇妙な隣人の河崎(瑛太)に出会う。初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかける・・・。感想吉川英治文学新人賞を受賞した... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2008/07/31 10:39
『アヒルと鴨のコインロッカー』
これは前から気になっていた作品。WOWOWで放送されたとき見逃してしまったのでDVDにて鑑賞。瑛太くんは好き(笑) ...続きを見る
・*・ etoile ・*・
2008/09/08 00:58
アヒルと鴨のコインロッカー−(映画:2008年57本目)−
監督:中村義洋 出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平、大塚寧々 ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/10/13 19:13
『アヒルと鴨のコインロッカー』/TV
□作品オフィシャルサイト 「アヒルと鴨のコインロッカー」□監督・脚本 中村義洋 □脚本 中村義洋、鈴木謙一□原作 伊坂幸太郎(「アヒルと鴨のコインロッカー」創元推理文庫)□キャスト 濱田 岳、瑛太、関めぐみ、田村圭生、関 暁夫、キムラ緑子、松田龍平、大塚寧々、なぎら健壱■鑑賞日 3月19日(木)■劇場 cyaz’s theater■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 何故か劇場公開当時に観落とした作品。 深夜のTVで放送したのを録画しておいた。   「一緒に本屋を襲わない... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/03/23 12:28
アヒルと鴨のコインロッカー
キミは彼らの物語に飛び入り参加している。この映画を見終わると、このセリフが「神さま。この物語だけは見ないでほしい」という宣伝文句をより心に響かせるものにしているように思えました。 予告編からコミカルな作品だろうと、個人的にはあまり注目していなかった作品だ.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/04/15 16:48
瑛太 濱田岳 関めぐみ / アヒルと鴨のコインロッカー
ワケもなくキラーカーン ...続きを見る
中川ホメオパシー 
2010/01/01 10:37
アヒルと鴨のコインロッカー
作品情報 タイトル:アヒルと鴨のコインロッカー 制作:2006年・日本 監督:中村義洋 出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ あらすじ:大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は、奇妙な隣人の河崎(瑛太)に出会う。初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかける。そんな話に乗る気などなかった椎名だが、翌日、モデルガンを片手に書店の裏口に立っていた……。 ... ...続きを見る
★★むらの映画鑑賞メモ★★
2010/07/24 01:53
「アヒルと鴨のコインロッカー」 「区別」しようとする気持ち
アヒルとは、人類が鴨を家禽として飼育していく中で作られた鳥だということです。 同 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2012/04/15 07:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
コメありがとう!
そっかぁ〜本を先に読まれているんですね。
でも、映画も楽しめちゃうんだからスゴイよね。
ネタバレしてても楽しめるって事ですものね。
あたしもちょっとしたら原作読んでみようと思ってます。
今はまだ映画の余韻があるので、
その余韻が消えた頃にでもって思ってるんです。
miyu
URL
2007/09/11 23:38
miyuさま、コメ返しありがとう!
余韻が消えないうちでも、十分大丈夫!楽しめますよ。
また違った楽しみ方ができるかも。
原作は、よりいっそうドキドキ感があって、良かったです。私は始めドルジが一緒に暮らしているのが、男性だと思っていたくらいなので、2重3重にどんでん返しで、すっかりやられたーと思いました。
ノルウェーまだ〜む
2007/09/12 01:03
こんばんは〜!
すごく素敵な映画でしたよね!私、何も知らずに観たので、オドロキがかなり大きかったです^^
最後は、涙がぶわ〜〜〜〜っと流れて来ました。
この濱田岳って子も、すごくいいんですよね。歌まで上手いですし!味のあるヤツでかわいかった☆
とらねこ
URL
2007/09/12 01:36
こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

この作品が課題図書だなんて羨ましい。僕の学生時代の課題図書なんてロクなもの無かったですよ。
映画の方は本当に感想書けないですよね。僕は原作を知りませんが、キャスティングは良かったと思います。特に瑛太が良かったですね。
えめきん
URL
2007/09/12 06:59
こんにちは、コメントありがとうございました!
原作も見てなかったし、どういう映画かも知らずになにげなく観たんですが、ほんとこの映画に関しては何も知らない方がいいですねぇ。
いや、しかしこの作品が課題図書だなんて…ほんと良い学校ですね(笑)
Sur
URL
2007/09/12 10:03
とらねこ様、いらっしゃ〜い。
濱田のゆっさゆっさとリズムを取りながら、ディランを歌ってダンボールを結わえているのが、忘れられないです。
唯一原作とイメージが違うのが、濱田の椎名でしたが、あれはあれですごくいい味だったので、この映画にかなりいいスパイスとなっていたと思います。

えめきん様、こちらこそアリガトです。
課題図書もいつもこうならいいですが、今月は‘砂糖の世界史‘と夏目漱石‘こころ‘です。
瑛太は本当に良かったです。
いっきにファンになりました。いい役者です〜
ノルウェーまだ〜む
2007/09/12 15:35
Surさま、ようこそいらっしゃいました。
ホント原作良かったですよ。是非オススメ。
映画の原作と違うバス停のシーンも、麗子さんの‘悪者は許すマジ!‘という毅然とした態度を象徴したシーンになっているんですよ。
課題図書は、毎月読む暇がなく、我が家の蔵書が増えていくばかりです〜とほほ。
ノルウェーまだ〜む
2007/09/12 15:43
こんにちは♪
僕は映画→原作→映画と観て、
今日感想を書いたんですけど
原作の後に映画を観ると
「あれっ?これだけ?」
ってビックリでした。
1回目は何も問題なく楽しめたので
うまく作られてたんだなと感じました。
セットで楽しむのがいい作品ですよね。
こーいち
URL
2007/09/12 18:19
こーいち様、こんにちは☆
私は原作→映画→原作です。
映画はぐっと縮まっていたけれど、十分違和感なしでしたよね。
でも、繰り返しの部分が、そういう意味では余分というか…原作での読者を‘当惑‘させる部分が、映画では椎名だけが‘当惑‘していたってかんじでした。
ノルウェーまだ〜む
2007/09/12 23:50
こんばんは☆
トラバ&コメントありがとうございました。
私もトラバさせていただきますね♪
そうそう、濱田君、おされジャージじゃないところがミソですよね。笑
IHURU
URL
2007/09/22 00:19
IHURUさま、ようこそいらっしゃいました。
キャスティング絶妙でしたね。
おされじゃないジャージを、これまたそればっかり着ているっていうのも、ミソですね。爆
ノルウェーまだ〜む
2007/09/22 00:25
こんにちは!
どうもコチラのTBが反映されないようです。スミマセン!!
これは早く映画を観て、またお邪魔しなくっちゃーって感じです♪
高校の課題図書が本作だなんて・・・時代が変わりましたね〜
芥川龍之介とかじゃないんだ(古い・爆)
最近伊坂さんの本を続けて読んだのですが、本当に独特のセンスをお持ちなんですよね〜
ついつい惹き込まれてしまいます。
これはラストがとっても悲しかったですが、不思議なことに妙に清々しい気持ちもしたんです。
映画はどんな風になっているのか楽しみです!
由香
URL
2008/03/07 18:33
由香さん、いえいえちゃんとTB成功してますよっ!
私のほうも、上手くいくようになって、ホッとしています。
(ただトップのリンクがどうしても貼れないのです〜)
課題図書は勿論、夏目漱石もあり、芥川もあり、ヘッセあり、ややこしい論文ものもありですが、たまに‘博士の愛した数式‘なんてあるんですよ。この前は‘チームバチスタの栄光‘でした。
‘アヒ鴨‘は映画もなかなか清々しかったですよ。
是非早めに観ての、再訪お待ちしてます〜
ノルウェーまだ〜む
2008/03/07 18:58
濱田岳さんっていい俳優さんですよね。
頼りない感じなんですけど、むしろかわいらしささえ感じる小動物的な感じというか。
まさに草食系男子のイメージぴったりだと思いましたよ。
にゃむばなな
URL
2009/04/15 16:32
にゃむばななさん、こんにちは☆
本当ですね。
いまどき多いかんじの小動物的草食男子!
本を読んだときはそんな風には感じなかったですが、なるほど!今の時代にぴったりきますねー
ノルウェーまだーむ
2009/04/15 17:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「アヒルと鴨のコインロッカー」 ノルウェー暮らし・イン・原宿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる