ハニカミ王子と生首少年

パソコンが壊れて暫く旬な話題から遠ざかっていたけれど、まだまだブレークしているといえば、ハニカミ王子だろう。
昨日、杉並区役所から「杉並区スポーツ栄誉賞」なるものを贈られたというニュースが出ていた。

画像

杉並区役所HPより



石川遼くんは、杉並学院高等学校に通う高校1年生なわけだけど、実はねえねの学校は同じ杉並区にあり、
「なんか学校近いらしいけど、報道陣とかいなかった?」
などと、中間テストを前にカリカリしているねえねに聞いて、相手にもされなかった私。

どうやら駅は隣の駅なので、そういった騒ぎとは無縁のようだ。
(ちと残念)





さて、‘さわやか‘を絵に描いて額に入れたような「ハニカミ王子」とは対極にある、こちらは衝撃的な事件を巻き起こすも、すぐに‘人質救出26時間‘に取って代わられてしまった「生首少年」である。

同じ高校生を持つ母親を、震撼させたこの事件。
他人事とは言っていられないのである。

というのも・・・・・少年が年末にレンタルして見ていたという「マリリン・マンソン」のライブDVDを実は我が家でも見ているのだっ!

画像


<マリリン・マンソン>
アメリカのヘヴィメタルバンド。
名前の由来は、マリリン・モンローとチャールズ・マンソンから。マリリン・モンローは「美の象徴」として、チャールズ・マンソンは「悪の象徴」として使用されている。
「アンチクライスト・スーパースター」と呼ばれ、政府、銃問題に加え、アメリカに蔓延する狂信的なキリスト教原理主義に対する反抗をテーマとしている。


<チャールズ・マンソン>
1960年代末から1970年代の初めにその信奉者と共に「The Family」として集団生活を行ったカルト・グループのリーダー。
30~40人の集団を率いて、いくつかの残忍な殺害を行った。
現在もカリフォルニア刑務所で終身刑で服役中。
コロンビア大学乱射事件の犯人にも、影響を与えたと言われている。



ライブはいわゆるライブである。
ただ、エロくてグロい。・・・・・・といってもあくまでイメージだが。

「かっこいい」とねえねは言った。

ジャニーズやヨン様、ハンカチ王子を追いかけるのを健全なファンと呼んで、健全なものを格好悪い、不健全だとカッコイイという尺度で考えると、その特殊で奇異なところはカッコイイと呼ぶのがふさわしいのかもしれないが・・・・

確かに若いころのマリリン・マンソンは、すんごく細くて、中性的で、男のような女のような、人間のような悪魔のような、不思議なカリスマ性があった。

だが、私たちの見たDVDの彼は、もう結構おっさんで、ブヨブヨとした腹部は内臓脂肪をかんじて、どんなにカリスマであっても逃れられない年齢というものに悪魔でさえ勝てなかったか・・・と思った。



このさいお腹がブヨブヨは問題ではない。

なぜこのDVDをカッコイイから見たいと思ったか・・・・・なのである。






実は、写真雑誌にも載っていたが、「生首少年」の部屋にあった「残虐マンガ」というのが、『多重人格探偵サイコ』だというのだ。
報道の当初からそうだろう・・・と思ってはいたが・・・・

画像

原作大塚英志、画田島昭宇による漫画作品。
「少年エース」(角川書店)にて1997年2月号より連載中。
2006年2月現在11巻まで刊行。小説化、テレビドラマ化、ラジオドラマ化もされ、2005年には大塚英志自らの脚本により舞台化もされた。
ハリウッドで映画化される予定もある。(ウィキベディアより)


この『多重人格探偵サイコ』には、先ほど登場の‘チャールズ・マンソン‘がキーマンとして登場する。
マンガであり、カリスマ的に描かれているので、当然すごいイケメンに描かれている。(本物は意外と普通のおっさんだし、やった殺人も、社会的に影響を与えたというわりに、意味のないただの殺人っぽい)

つまり、『サイコ』→チャールズ・マンソン→マリリン・マンソンなわけ。



様々な少年犯罪があるたびに、部屋にバトルロワイヤルがあっただの、ホラーのDVDが好きだっただのと報道され、ことあるごとにその影響が問題視される。
ねえねは、そういった考えに批判的だ。

確かに『多重人格サイコ』は、グロいシーンはかなり強烈だが、登場人物はかなりイケメンだし、ストーリーもしっかりしていて面白い。
実際、ねえねの友達はサイコファンの女の子も多く、かといってどの子も明るく健康的な子ばかりだ。

「また、サイコがあったとか、殺人本があったから死体を切り刻んでみたくなったんじゃないかとか報道されているよ。」と言ったら
「そうじゃないよ。」とねえね。

そういう死体的なものが好きだから、本やDVDを集めているんだよ。




なるほど~




で?どうして我が家にも、サイコが全巻揃ってるんですか?



次は私・・・・・・・・・か・・・・・・・・・・・・・・・・????


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月30日 19:35
みんなめんどくさいからか、すぐ「なにかのせい」にしたがりますよねー。なに見たって、やらない子はやらないんだって!!
マリリン・マンソン、「ボーリング・フォー・コロンバイン」ですごくまっとうなこと言ってましたわ。・・・いや、私自身はここまで行っちゃってるのは苦手なんですが・・・。(十字架、棺おけ、少量の血?どまりです。グロいのパスです)・・・それにしても、いま、ブヨブヨなんだ?(笑)
そういえば、弟に聞いたんですけど、「NANA」以来メイクがイッちゃってる中島美嘉の写真を、誰かが掲示板に黙ってぽん、と載せたら、「マリリン・マンソン、日本に来てたんだ?」ってコメントがついたそうで、超ウケる~!(あ、中島ファンの方すみません・・・って、ウチのオットだわ。)
ノルウェーまだ~む
2007年05月30日 22:25
びゃははは~、サリーさんウケまくりですぅ。
しかし、そこまで美形じゃないでしょ?マリリン・マンソン。
確かに言えるのは、眉毛がないのは怖いってこと。中島みかとマリリンマンソンと平安貴族。

この記事へのトラックバック