鬼太郎茶屋は、大賑わい

4月1日から放送スタートの新シリーズは、なんとあの「ゲゲゲの鬼太郎」
猫むすめと共にすらりと背の高くなった鬼太郎。
幼少の頃から親しんでいる「鬼太郎」だもの、今回も見なくてはね!
というわけで(?)三鷹にある「鬼太郎茶屋」へ行ってみる事にした。

画像

東映アニメーション ゲゲゲの鬼太郎 公式サイト
http://www.toei-anim.co.jp/tv/kitaro/
日曜朝 9:00~9:30放送

う~む、最近ブームの髪型?的な鬼太郎、なんだかこざっぱりとした‘いまどき‘の男の子に見える・・・・




そして連休最終日は、昨年秋の3周年イベントの時に行けなかった、「鬼太郎茶屋」へ。
イベントでは子泣き爺そっくりさんが出没したり、クイズラリーがあったりしたらしい。

行くまでは、深大寺の近くって、森がうっそうとしていて、うら寂しいところにぽつんと鬼太郎茶屋があるのでは・・・・と思っていた。
鬼太郎茶屋 公式サイト
http://www.youkai.co.jp/chaya.html

水木しげる記念館 公式サイト(鳥取にある記念館)
http://www.sakaiminato.net/mizuki/

取り合えず有名な深大寺蕎麦を食べよう~

画像

深大寺は、JR中央線の三鷹駅もしくは吉祥寺駅と、京王線のつつじヶ丘駅か調布駅のどこの駅からもちょうど真ん中へんにある。
バスでどこからも10分~15分くらい、「深大寺入り口」下車で徒歩5分。

ようやっと辿り着いた時には、とっくにお昼を過ぎていたので、急いで蕎麦屋に入ると、確かに手打ちで美味しかったが、出てくるまでにゆうに40分以上待たされ、りょうたはヘロヘロに。
(写真は深大寺山門前で、話の蕎麦屋とは別)

食後、てくてく歩いて深大寺へ行くと・・・・・

今日、お正月でしたっけ?

画像

門前町(?)は、大層な賑わいでびっくり!
そうか~、梅の季節だし、そういえば途中にあった神代植物公園でも人がいっぱい降りたな~

神代植物公園 公式HP (東京都)
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/jindai/annai/index.html

画像

このあたりは、湧水がきれいで、それで手打ち蕎麦が有名になったらしい。
門前町周辺は、完全に蕎麦屋のみ。

通りは古い家屋で、ヨモギまんじゅうを焼いて売っていたり、蕎麦バーガーなるものの蒸したてを食べられたりする。
おやつにかぶりつきながら、深大寺へ。ついでにお参り。


さて、いよいよ鬼太郎茶屋へ。
どんだけ寂しい所にあるかと思えば、この浅草仲見世状態の門前町の並びにそれはあった。

画像

屋根の上にも、下駄やら妖怪やらが乗っている。

画像

入り口で鬼太郎がお出迎え。
2階には妖怪ギャラリーがある。妖怪ポストに100円入れてね。

画像

ふすまを覗いたり、扉を開けると・・・・・
しかけがいっぱい!

日本家屋をそのまま生かしたギャラリーでは、水木しげる先生の、戦争体験を描いた作品や、まだ両手のあったころの水木氏の写真などが展示されている。

画像

妖怪たちのフィギアもたくさん~~

1階は妖怪ショップ「ゲゲゲの森」
目玉のおやじ汁(ゆずジュース)や妖怪汁(ダイダイみかんジュース)や、鬼太郎ビールなども販売されている。

京極夏彦監修、水木しげる原画ポストカード集発見。
「仕事しようよ、京極さん。」とねえね。

店の奥に茶屋があった。
狭い4畳半ほどの座敷なので、すぐにいっぱいになる。
外のオーダーと座敷のオーダーは別になるので要注意。

画像

目玉おやじの栗ぜんざい。
スプーンの上に乗っている目玉おやじを浮かせていただく。
画像

つるべ火のすいとん。あっさり味。

このほかに、塗り壁みそおでん・一反もめんの刺身こんにゃく・塗り壁コーヒーゼリーなどがある。

お土産は一反もめんのタオル。
画像

すでに千切れているかのような、たたずまい。
これでどこ拭くのでしょうか?







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月14日 19:21
楽しそう、雰囲気だけでいいわー。(お味は結局、いかがなんでしょう???)
鬼太郎って原作の絵を見るとブキミ、むしろ子供っぽくない顔ですよね?アニメったら、シリーズ重ねるごとに、おしゃれにしちゃって・・・(でもかわいい♪)
いいなあ、鬼太郎茶屋に一緒に行ける家族。そしてお嬢さんは、キャパ広いんですね・・・。

余談ですが。大学時代(いつの話~?)のBFはここらへんに住んでおりました。深大寺近辺、デートしました。(遠い目)なんか昔話をするおばあちゃんの気分。
ノルウェーまだ~む
2007年02月15日 00:57
ねえねは、キャパ広すぎですな。
でも、実際「鬼太郎」はとうに卒業していて、なんとなく懐かしんでいるってかんじかな。
それが証拠に、せっかく買ってあげた‘一反もめん‘のタオルを‘一目連‘と本気で間違えて呼んでいたし。(地獄少女に出てくるイケメン)
2007年02月16日 00:25
まぁ・・・。
鬼太郎も猫むすめも昔に比べると身長が倍ほどに
伸びていますね。 カワイイです。(^^♪
でもここまで成長してしまうと何だかちょっと
エッチな感じが・・・。イヤ~ン(●^o^●)
ノルウェーまだ~む
2007年02月16日 00:44
すずめ様、本当にそうですよね。
なんか鬼太郎がエロいって、どうよ?です。
目玉おやじがどう変わったのか楽しみですが。
子泣きじじいと砂かけばばあが、変わってなくてホッとしました。

この記事へのトラックバック

  • 鬼太郎茶屋 再訪

    Excerpt: 学校の創立記念日でお休みをもてあましていたこともあり、、お友達の「行ってみたい!」のリクエストで、再び調布にある深大寺門前 鬼太郎茶屋へ行ってきた。 Weblog: ノルウェー暮らし・イン・ジャパン racked: 2007-06-29 16:19