「幸せのちから」 試写会のちから

すごく感動作だと思い込んでいた。
めっちゃ泣くのかな?と・・・・・
実話であるだけに、淡々と。
しかし、作られたネタ話でないだけに、よく考えたらすごいことなのだ。

画像

「幸せのちから」 公式HP
http://www.sonypictures.jp/movies/thepursuitofhappyness/site/main.html


<ストーリー>
医療機器のセールスマンをするクリス・ガードナー(ウィル・スミス)は、思惑が外れて大量に仕入れたにもかかわらず、売れ残っている高額な医療機器のセールスに悪戦苦闘していた。

朝夕働いて家計を支えているパートナーのリンダも、ついに愛想をつかして出て行ってしまう。

そんな時、学歴無用で高給取りの夢をかなえるべく、数字にめちゃめちゃ強いクリスは、一流証券会社の仲買人養成コースに応募する。

しかし、家賃滞納、駐車違反の支払い、税金の未納・・・・遂に、家を追い出され、全財産はたったの21ドルのホームレスとなる。

何より6ヶ月の研修期間は全くの無給。
しかも、20人の研修生の中から、入社できるのはたったの1人。

だが、そんな彼の心の支えは、まだ5歳の愛する息子だった。
この子のために、頑張らねば・・・・・

平日は過酷な研修、休みは息子を連れて、残りの医療機器を売って歩く。
夜は寝床を確保するために、教会の行列へ並び・・・・

そんな苦労は、報われるのか?
次々と襲い掛かる困難に、どうやって打ち勝っていくのか・・・
最後に彼が手にしたものとは?



息子の役は、ウィル・スミスの実子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス。(って長いよ名前)
実の息子だけあって、自然な演技、勿論顔も似ている。

しかし疑問は、どうして先に職を得ているママが、息子を連れて行かずに、職を得られるかどうか分からないパパが、息子を引き取ると言い張ったのか?
自分はいいけど、幼い彼にとっては、食事もままならず、公衆トイレの床に寝かされたり、かわいそうだよっ!
うまくいってから、引き取ればいいじゃん。

アメリカの事情は、よく分からないけど、子供を一度手放すと、もう取り返せないのかな?

それに、天才的に数字が強いっていうことで、証券会社に就職を希望することになる訳だけど、息子を行かせているアジア系のいかにも安そうな保育園で、壁の落書きのつづりが違うと指摘したり、ダラダラと保育時間に見せている‘昼メロ‘を見せるなと文句言ったり、そんなに勉強熱心ならば、なぜ高卒だったのだろう?

自分は父親がいなくて、大学を出してもらえなかったとしても、高額な医療機器を、先のことも考えずに大量購入してしまう迂闊さは?
そこで、計算力はなぜ生かされなかったのだろう?

やはりこの辺が、アメリカンドリームならではなのかも。
日本人には、地道でないこのドリームが、理解できない反面、羨ましい部分でもある。

ただし、証券で大成功を収めて、億万長者になっても、一晩で堀の中というパターンもありうるのでは?
次は、このあたりの物語も見てみたいものだ。


トイレの床にトイレットペーパーを敷き、その上で息子をひざに抱いて一晩を過ごすシーンでは、クリスが嗚咽をこらえて一人泣くところが、実にリアルだ。
諦めずに突き進む‘幸せのちから‘は、こんなところから生まれたのかもしれない。




この記事へのコメント

2007年01月28日 00:41
お邪魔します。また当方ブログへお越し頂きありがとうございました。
この映画の続きがどうしても見たいと思ったのは僕だけでしょうか。。。
Boh
2007年01月28日 00:57
TB有り難うございました。
こちらからも貼らせていただきました。
>>高額な医療機器を、先のことも考えずに大量購入してしまう迂闊さは?
なかなか鋭いツッコミですね。実は私もうっすら疑問に感じていたのですが、クリストファーくんのきゃわいさで、そんな疑念は吹き飛んでしまいました(笑)
ノルウェーまだ~む
2007年01月28日 01:12
モト所長さま、本当ですよね。
億万長者の先にあるもの…見て見たいです。

bohさま、クリストファーくんは、本当にかわいいですよね。自然体で演じられるのは、本当の親子だからだけではない、何か大物感があります。
POPPE
2007年01月28日 09:50
ウィル スミスってこんな歳になってたんだ!
ノルウェーでは彼のとっても若い頃のTVコメディシリーズが放映されていて そのイメージがあるもので
びっくりしました。
2007年01月28日 10:22
このママさんずいぶん簡単に息子を手放しましたよね。
こんなかわいい子絶対に手放したくないですよねー。
こんな生活だったら途中でひねくれて育ちそうです…。
心配ですよねー。
2007年01月28日 10:38
ご訪問ありがとうございました。
TBさせていただきますね。
「幸せ」のちから。父親はきっかけをつかみましたが,子供は「幸せ」をつかめたのでしょうか。父と子の「幸せ」が同じとは限りませんよね。お母さんとの関係がその後どうなったのか,気になってしまいました。
ノルウェーまだ~む
2007年01月28日 16:20
POPPEさん、ようこそ。
ウィル・スミスは十分まだ若いと思うのですが、今回は頭に白髪を染めて役柄になりきっているようです。

chikatさま、こんなかわいい子だからこそ、まっすぐそのまま育って欲しいですよね。
まあ、成功したのだから、もう心配いらないですが。

107条さま、ありがとうございます。
本当にそうですよね。
息子が「お母さんは、ぼくが原因で出て行っちゃったのかな?」と聞くシーンでは、切なくてたまらなくなりました。
子供には全く落ち度がなくても、そんな風に感じてしまうものなんですよね。
2007年01月28日 17:53
こんばんは☆
コメント&TBありがとうございます!

ラストにすれ違うビジネスマンのことはテレビの紹介コーナーで知りました!
本人もこの作品にすっごく関わったようで、、、私はウィル親子の自然な演技に涙、、、でした。
ノルウェーまだ~む
2007年01月29日 00:34
きらら様、ようこそ~
事前にモデルとなったクリス・ガードナーさんとラストですれ違う事を聞いていたとしても、いったいどの人がそうなのか分からないかも…ですね。
何しろ大勢いましたよね。ラスト。
2007年01月29日 08:48
TB&コメントありがとうございました!
私もほぼ同じ意見です。お金もないのに自分の気持ちだけで引き取って、子どもがかわいそうでしたよね。奥さんに引き取らせればよかったのに、とすごく思ったのですが、どうやら実際は本当に奥さんに逃げられて子どもを押し付けられてしまった、映画はちょっとその辺綺麗に描いているのかな、と思いました。奥さんに逃げられたとなればその辺りも、成功しても奥さんが現れないのもつじつまが合いますもんね。
それから天才的に数字に強いというのもこの映画ではあまり伝わってこなかったですね。そういう意味では本当音クリスの半生を描ききれていなかったのかな、と思いました。
masako
2007年01月29日 08:56
上のコメント誤字脱字が、、すみません。
ノルウェーまだ~む
2007年01月29日 09:58
masakoさま、ようこそ。
なるほど、実際は子供をおいて逃げて行ったっきりなんですね。
じゃあ、子供を押し付けられて、本心はがっくり…的なところもあったのでしょうか。
映画はかなり美しいですが、それがヒットの一因でもあるから、ある意味正解なのかもしれませんね。
2007年02月02日 12:12
こんにちは☆

映画ではいろんな矛盾点もあったけど
人間っていつでもパーフェクトな決断が
出来ないと言う時もありますよね。
あの医療機器だってもしか画期的に売れてたら
大成功だしね。それにしても彼は地道に働く
よりも億万長者になる方法を選んだんですね。
うまく行ったからいいものの・・・
採用されてなかったら親子二人犬死だったかも
知れないと思うと恐ろしいですね。
ウィルの父親の演技ぐっときました。
ノルウェーまだ~む
2007年02月02日 12:38
ALICEさま、ようこそ!
一攫千金は、成功すれば美談ですが、失敗すると博打打と変わりませんからね。
それでも、数字に強いという自分の能力を信じて、前へ突き進む姿は、やろうともしないで家に閉じこもる最近のニート人より、なんぼかいいですよね。

この記事へのトラックバック

  • 映画「幸せのちから」(試写会)感想

    Excerpt: 原題はThe Pursuit Of Happyness(幸福の追求) コピーは「全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作」 予告映像や、ネタを多数紹介した折り畳み型のチラシを読んだり.. Weblog: 女でもグーで殴る racked: 2007-01-28 00:45
  • 息子に食われたウィル・スミス【幸せのちから】

    Excerpt: 所持金たった21ドルのホームレスから億万長者になり、アメリカン・ドリームを実現さ Weblog: 犬も歩けばBohにあたる! racked: 2007-01-28 00:53
  • 幸せのちから

    Excerpt:  君がいるから。君と生きていきたいから。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2007-01-28 00:58
  • 映画「幸せのちから」

    Excerpt: ウィル・スミス主演の映画『幸せのちから』の試写会に行った。 Weblog: いもロックフェスティバル racked: 2007-01-28 01:00
  • 幸せのちから<試写会>

    Excerpt: 観てきました。 <東京厚生年金会館> 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 脚本:スティーヴン・コンラッド サンフランシスコで高額な医療機器のセールスマンをしているクリス。折からの不況で思うよう.. Weblog: お萌えば遠くに来たもんだ! racked: 2007-01-28 02:56
  • 感想/幸せのちから(試写)

    Excerpt: ウィル・スミスが実子と共演したことでも話題の『幸せのちから』1月27日公開。妻にあいそをつかされ、アパートを追い出され、人生のドアマットに成り下がってもなお愛息クリストファーだけは守り抜いた男の実話ベ.. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2007-01-28 03:20
  • 幸せのちから / The pursuit of Happyness

    Excerpt: "全米が泣いた実話に早くもアカデミー賞が動き始めた!" なぁんて謳っちゃって、またぁ。って感じなのですが。。。 泣かせようというわざとらしい感動作だったら嫌だなーと 全く期待せず観て来た{/hikar.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2007-01-28 09:11
  • 「幸せのちから」

    Excerpt: 「幸せのちから」東京厚生年金会館で鑑賞 今朝も早起きだったので少々寝不足、ハートウォーミングなサクセスストーリーと聞いていたのでいけると思ったけど、主演はウィル・スミスだし。でもやっぱり睡魔が襲.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2007-01-28 10:15
  • 「幸せのちから」

    Excerpt: 1月27日より公開予定の映画「幸せのちから」の試写。監督はイタリアのガブリエル・ムッチーノ。出演はウィル・スミス、タンディ・ニュートン、ジェイデン・スミスほか。医療機器のセールスマン・クリスは、5歳の.. Weblog: やまたくの音吐朗々Diary racked: 2007-01-28 11:10
  • 映画~幸せのちから

    Excerpt:  「幸せのちから」公式サイトキャッチコピーからも分かるように"ザ・感動系"映画ですが、、、これがすっごく良かった!おススメの1本です全財産21ドルから立ち上がった、父子の、実話に基づいた感動作-。骨密.. Weblog: きららのきらきら生活 racked: 2007-01-28 17:52
  • 「幸せのちから」

    Excerpt:   先週、試写会で観てきました。   「幸せのちから」     全財産21ドルから立ち上がった父子の、 実話に基づいた感動作。   …チラシの宣伝コピーですが、 本編もそのまま.. Weblog: しんのすけの イッツマイライフ racked: 2007-01-28 21:07
  • 「幸せのちから」を観る

    Excerpt: 全米で興行収入も絶好調、実話に基づいた実の親子共演が話題のウィル・スミス主演、「幸せのちから」を観てきました。 この作品は全財産が21ドルから億万長者になった、という実の話を映画化したもので、こ.. Weblog: 紫@試写会マニア racked: 2007-01-28 22:13
  • 『幸せのちから』 試写会鑑賞

    Excerpt: 81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そ.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2007-01-29 08:28
  • 「幸せのちから」(The Pursuit of Happyness)

    Excerpt: ホームレスから億万長者となり、アメリカン・ドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を事実に基づきながら描いた感動のヒューマン・ドラマ「幸せのちから」(原題=幸福の追求、06年、米、11.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2009-04-04 18:19