「映画「どろろ」 想定外の感動!

映画「どろろ」 新春公開が待ち遠しい!」について
私の誕生日を知っているのか、それとも日頃の行いか?今週はなんと5つの試写会に当たり、今日は1つめの‘どろろ‘に行ってきた。神様!ありがとう。
先週‘墨攻‘など2つの試写会に都合で行けず、泣く泣くゴミにしたばかりなので、ことのほか嬉しい私!

「本日は、妻夫木聡 柴咲コウの話題のカップルが主演している‘どろろ‘の試写会にお越しいただきまして、ありがとうございます。本作品は・・・・・」
って、アナウンスが言っちゃってるんですけど、いいの?
画像


<ストーリー>
戦乱の世の天下統一をなしとげるため、魔物との契約を交わした醍醐景光(中井貴一)は、その代償に、もうすぐ生まれてくる我が子の肉体の47箇所を、47の魔物に奪われた。

肉の塊となった我が子を殺そうとする景光に、母は必死で食い下がり、せめてもと布に包んで桶に入れ(!)川へ流すのであった。

拾ったのは医師、寿海(原田芳雄)。
様々な医術の限りを尽くして、その子に仮の肉体を与え、我が子として育てる。

青年になって、年老いた育ての父を亡くした百鬼丸(妻夫木聡)は、自身の肉体を取り戻す旅に出る。
途中出会ったのは、戦で両親を亡くしてから、天涯孤独となり、以来男として盗人家業でたくましく生きている‘どろろ‘であった。

百鬼丸の腕に仕込んだ妖刀を盗むべく、つきまとう‘どろろ‘。
共に、魔物を倒しつつ、両親を殺した宿敵 醍醐景光を討つべく旅を続ける。

少しずつ体を取り戻す百鬼丸、しかし取り戻した我が目で見た真実とは・・・・・



正直、手塚治虫 原作の漫画で、CG使った大活劇ってかんじ?と思って観た私。

ごめんなさい。

私、泣きました!

こんなに感動的な深い映画だと思わなかった。
立派なヒューマンドラマだったよ。
うかうかと観て、ホントごめんなさい。

しかも、妻夫木くん綺麗!
前回も書いたけど、ほんとに美しかった。やっぱ妻夫木くんだよねっ!!(あれ?オダジョーは?)
画像


映画は全編に渡って、モノクロのような、色味のないトーンで統一されていて、まるで黒澤映画を思わせる。

設定は100年くらい前の日本とも言えなくもない、過去のような未来のような不思議な世界。
ということで、オープニングから、どこの国の言葉か分からないような歌がながれ、日本とも中国ともつかない、怪しげな世界へ引きずり込まれていく。

ここまでは、納得なのだが、広大な景色が広がるところは、ニュージーランドロケだけあって、先入観も手伝ってか、どうしても洋風なイメージだ。
ちょっと、違うかな?という気がした。

とくかくCGがすごい!
いきなり登場の、女郎蜘蛛は、その動きといい、正に蜘蛛だねっ。
蜘蛛ってああいう動きするよね、だから虫の中で一番嫌いなんだわ~といういかにもゾワゾワしてくる映像になっている。

妖魔を倒すと仮の肉体が、体から落ち、そこへ自分の体が、
ニュルニュル、グチュグチュ・・・・・と生えてくる。
これがまたよく出来ていて、作り物から自分の手や足へ変化していく様は実に見事だ。

累々と転がる兵士の死体、妖魔をやっつけると肉体がバラバラに飛び散るなど、グロいシーンもあるのだが、りょうたには、この『生えてくるところ』が、一番怖かったとみえて、耳を押さえ、しっかり目をつぶって、体をこわばらせていた。

しかし、あのトカゲのお化けはどうよ?
どうしてココだけ、円谷映画?なぜ、ウルトラマン?
着ぐるみを作るのに、お金がかかったのだろうか?もう少し、ちょい見せにしておいたほうが、粗も見えてこなかったのに・・・・

画像

‘どろろ‘演じる柴咲コウは、実にのびのびとやっていて、観ていて気持ちがいい。
辛い過去を背負いながらも、百鬼丸の為に一緒になって妖魔に立ち向かい、肉体が戻ってくるのを、自分のことのように喜んでいる。

喉を取り戻し、自らの声で「どろろーっ、どろろーっ!!」と叫ぶ百鬼丸。
それに答えて「ひゃきまるーっ!ひゃっきまるーーーっ!!」と叫ぶどろろ。
この自然な笑顔。
心から湧き出てくる、相手を想う気持ちが、笑顔からほとばしっているのが、見ていて清々しい。
なんか~、演技じゃないよね。この二人。


ボロ切れをまとい、焼けた寺や、廃墟を歩くと、妻夫木くんの美しさが、よけい際立って見える。(しつこい)
なんでかな?
よく見ると、同じ旅をしているにもかかわらず、百鬼丸は綺麗な顔をしているのに、どろろは泥まみれなのだ。

???

なんでも、原作では風呂好きの百鬼丸に対して、設定年齢10歳のどろろは、風呂が嫌いで4年半も入っていないのだそうだ。

なるほど~


広告には、テーマは『正義」「勇気」そして「希望」とあるが、これは疑問だ。
まるっきり的外れ。

テーマは愛だよ!

親に捨てられた百鬼丸が、最後にたどり着いたのは、親への愛。
女を捨てた‘どろろ‘が迎えた、男を捨てる時。
「おれはまだ、女にはもどらねーからなっ!!」と、叫ぶどろろに、百鬼丸を想う深い愛情を感じる。


最後に残念だったのは、音響がすごく悪かった事。
ここまで黒澤映画にしなくても・・・・
早口で、怒鳴り散らすシーンは、どの人も全く何を言っているのか、聞き取れなかった。
これでは、字幕必要だよ。
最近では、バラエティーでも字幕があるのに・・・





この記事へのコメント

2007年01月30日 22:07
達也です。コメ&トラバアリガトです。

クリーチャーのCG以外は、かなり好きな映画です。
俳優陣の演技はなかなか良いのですが、
ちょっと手を広げすぎたのかも・・・。
音楽やフィルムのグリーンぽいトーンも良いのに、
チョッと残念です。

また、遊びに来ますね。
2007年01月31日 00:12
TB&コメントありがとうございます。

>なんでも、原作では風呂好きの百鬼丸に対して、設定年齢10歳
>のどろろは、風呂が嫌いで4年半も入っていないのだそうだ。

そうだったんですか。あの泥だらけの顔は、そういう理由が
あったんですね。知らなかった....。
2007年01月31日 00:13
こんばんわ☆
コメントありがとうございました♪
制作費20億のわりに魔物たちがしょぼかったのには少しがっかりしました(^-^;
僕も喉を取り戻し雨の中叫びあうシーンは好きです(^-^)☆
ノルウェーまだ~む
2007年01月31日 19:51
達也さま、いつもありがとうございます。
ちょっとしたがっかりが、全体を台無しにしてしまうことって、ありますよね。
私は想定していなかった部分で、ぐっときたので、反対に感動しちゃいましたが。

T-higuさま、ようこそ。
どうして同じ旅をしているのに…と思っていたのですが、そういうことだったのです。
でも、作り物の体でも、風呂入ると気持ち良いのでしょうかね。

りんたろうさま、魔物はどうして着ぐるみだったり、CGだったりしたのでしょうね。
もう少し、見えそうで見えないっぽいかんじでやったら、ぐっとリアルだったのではないかと私も思いました。
2007年02月03日 08:40
はじめまして~。
ほんとうに、思ったより、面白かったし、
妻夫木くんって、あんなに綺麗だったの??と
改めて感動しました。
香港映画のようなアクションにけっこうノリノリで観れました。
ノルウェーまだ~む
2007年02月04日 00:17
kayamariyonさま、ようこそ!
今まで妻夫木くんが、綺麗と思ったことはなかったのに、恋する男も綺麗になるのでしょうか?
彼の表情が、本当に良かったですよね。

この記事へのトラックバック

  • 「どろろ」みた。

    Excerpt: ひさしぶりに試写会。観ようかどうか迷っていた作品だっただけに、当選はラッキーなのかな?(本当に観たい作品は、お金を出したってみるしねw)原作が”手塚治虫”なだけあって、「いかにも~」というファンタジ.. Weblog: たいむのひとりごと racked: 2007-01-27 09:35
  • どろろ

    Excerpt: ? 塩田明彦監督。 チン・シウトンアクション担当。 手塚治虫原作。 Mr.Children(フェイク)音楽。 妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、杉本哲太、麻生久美子、土屋アンナ、劇団ひと.. Weblog: 正直しんどいまいにち。 racked: 2007-01-27 15:42
  • 『どろろ』

    Excerpt: 魔神に奪われた体の48箇所と呼応する48の魔物がいて、それを倒すことによって体の部分を一つずつ取り戻して行くという奇想天外なストーリーがとても印象的。その取り戻し方の描写がまた凄い。百鬼丸がまるで産み.. Weblog: 試写会帰りに racked: 2007-01-29 15:03
  • 映画「どろろ」・・・潜在バグ解消まで道半ば?!

    Excerpt:  映画「どろろ」見てきました。 お昼の回は、ほぼ満席・・・初日とはいえ、人気でした。 内容は・・・、 中井貴一さん扮する醍醐景光という戦国武将が、天下統一の野望をかなえるため、生まれてくる子供の体を、.. Weblog: システムエンジニアの晴耕雨読 racked: 2007-01-29 20:38
  • どろろ

    Excerpt: 今日公開の映画「どろろ」を見てきました。 妻夫木くん、かっこよすぎです(*゜▽゜ノノ゛☆ もともとさわやか好青年ってキャラですが、実はハンサムだったんだなあ。 そして陰のある役.. Weblog: have a heart to heart talk racked: 2007-01-29 22:58
  • 「どろろ」切らなければならない運命を切る時に伴う心の痛みを示したファンタジーストーリー

    Excerpt: 「どろろ」(PG-12指定)は手塚治虫原作の映画で体の48箇所を魔物に獲られて、その体を取り戻す為の48の魔物を倒す旅をしているストーリーである。手塚作品は過去アニメ化や映画化されたが、その中でも制作.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2007-01-30 00:29
  • 「どろろ」と手塚治虫

    Excerpt: 手塚治虫原作の「どろろ」を塩田明彦監督(「カナリア」「黄泉がえり」)が映画化。原作の戦国時代とは違う場所と時代設定(何処かの国の賢帝歴3048年、いわゆるAnother Day Another Pla.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2007-01-30 00:32
  • どろろ

    Excerpt: ほげほげたらたらほげたらぽん! Weblog: ネタバレ映画館 racked: 2007-01-30 01:05
  • 「どろろ」試写会レビュー 心のエンターテイメント

    Excerpt: エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2007-01-30 01:47
  • どろろ (2007) 137分

    Excerpt:  私にとっては原作よりもやっぱアニメが懐かしいなぁ(^^; 畳の目に「どろろ」ってタイトルがね(笑)  ウエスタンならぬ「サザン」だよね(謎) Weblog: 極私的映画論+α racked: 2007-01-30 07:46
  • どろろ

    Excerpt: 自分探しは永遠に終わらない! Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-01-30 11:04
  • 『どろろ』を試写会で観る。

    Excerpt:   フェイクにも、五分の魂。 『どろろ』を試写会で観てきました。場所は新大阪のメルパルク・ホール。 手塚治虫の原作・アニメを知っているだけに、昨年末から気になって、公式ホームで .. Weblog: TATSUYAのシネマコンプレックス racked: 2007-01-30 22:10
  • 【MOVIE】どろろ

    Excerpt: ■感想など ・・・ピノコ? 生まれたての百鬼丸(妻夫木聡)と、育ての親の寿海(原田芳雄)が作った 体の部品を観ていたら、同じ手塚治虫原作の「ブラックジャック」に 出てくるピノコを思い出してしまいまし.. Weblog: 思いつくままに racked: 2007-01-31 00:01
  • 「どろろ」観てきました♪

    Excerpt: ☆「どろろ」 監督:塩田明彦 主演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、中井貴一 賢帝歴3048年・・・大地の東の果てにあるその.. Weblog: りんたろうの☆きときと日記☆ racked: 2007-01-31 00:14
  • どろろ★★★★☆

    Excerpt: ↑★半分がないので、★4つ。実際は、3.5~って感じです 映画で予告編を見るたび、 もう、見たくてみたくて。すごく楽しみにしてた。 2時間あまりの間、ずっとドキドキハラハラ((o(▽ ̄*.. Weblog: ちいろぐ racked: 2007-01-31 00:22
  • どろろ

    Excerpt: 柴崎コウがなんで\"どろろ\"役なんだよっ!!手塚治虫原作の漫画「どろろ」の実写映画版。原作発表後40年を経てVFXを駆使して、映像化不可能といわれた壮大なスケールのストーリーを世界のクリエーターが結.. Weblog: シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー racked: 2007-01-31 00:33
  • 「どろろ」レビュー

    Excerpt: 映画「どろろ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、原田美枝子、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、他 *監督:塩田明彦 *原作:.. Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター racked: 2007-01-31 16:43
  • 武侠映画だったの?「どろろ」

    Excerpt: 「どろろ」、観てきちゃいました。 キャスティングを聞いたときは 絶対観たくないと思ったのですが、 招待券があるからと、お友だちに誘っていただいて。。。 で・・・・妻夫木君、良かったです.. Weblog: 着物アロハ・茅kaya日記 racked: 2007-02-04 08:38
  • どろろ(2007/日本/塩田明彦)

    Excerpt: 【VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ】 とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光(中井貴一)は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくる我が子の体4.. Weblog: CINEMANIAX! racked: 2007-02-06 19:52
  • 映画vol.106 『どろろ』*試写会3

    Excerpt: どろろ ナビゲートDVD~序章~ 監督:塩田明彦 アクション:チン・シウトン 出演:妻夫木聡 柴崎コウ 瑛太!   製作:2007年 日本 公式HP .. Weblog: Cold in Summer racked: 2007-02-09 15:57
  • テレビ映画:どろろ

    Excerpt:  映画館で観ようか観まいか迷っているうちに終わってしまった作品が、もうだいぶ前ですがテレビでやっていたのでそれを観ました。そう、「映像不可能」と言われていた手塚治虫原作のどろろです。 Weblog: よしなしごと racked: 2009-04-20 00:30