救急病棟

救急病棟は、急に入院してきた人たちが、一時的に入院するところである。
ここで治療を開始して、良くなれば退院、長引くようであれば、適切な専門科のある病棟へ引っ越していくわけだ。

ねえねの部屋は、4人部屋で、お隣は脳溢血のおばあさん。
吐きそうでご飯が食べられないと言っていた。
リハビリをしながら、検査をしているところだ。
今日、別の階へ引っ越していった。

お向かいもおばあさん。痰がいつもからんでいるようで、しょっちゅうガ~~~ッペっとやっていた。
この方も、今日引っ越していった。

前日から斜め前のベッドに、睡眠薬自殺未遂の人が入ってきた。
精神科の医師が面談をしているのを聞くと、なんだか薬の自慢をして、しばらく横になっていたが、午後には退院していった。

お向かいの空いたベットに、すぐに太ったおばさん(?)が入ってきて、すごい大音量でいびきをかいて、ずっと寝ていた。
看護婦さんが、「今日は何日?」「年はいくつ?」「名前言える?」「いま何月?」と質問攻めにしていた。

一番手前の部屋は、1人部屋で、いつも医師が4~5人詰めていて、どうやら危篤の方らしい。
医師の数が多いのに、身内の人を見かけたことがなかった。
今日は、その部屋はからっぽだった・・・・・




いびき対策なのか、ねえねの部屋も移動になった。
奥の大部屋は、離れたベットに1人しか入っていない。

広くなってよかったね~と話していると、もう一つのベットの人と看護婦さんの会話が聞こえてきた。

「あら~、どうしてこんなにボコボコにされたの~?」
「ん~~」
「誰にされたのー?」
「・・・・・・・・・」
「男の人?」
「男と女・・・・・」
「男の人と女の人ー?2対1だったの?
こんなになるまで、されちゃったんだぁ?ひどいね~」



人生いろいろ・・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月24日 16:15
マダ~ム、お疲れさまです!
はじめ、誰がどうなったのかわかりませんでした。
ねえね、はやくよくなるといいですね。
ノルウェーから愛をおくっときます。
もちろん、返品不可能で(笑)
ノルウェーまだ~む
2006年11月24日 23:21
Akkiさま、ありがとうございます!
今回は、皆さんにご心配をおかけしましたが、今日無事に退院できました。
ねえねも、私も多くのお友達に応援してもらって、本当に有難かったわっ!!
愛しっかりもらいます~
2006年11月25日 10:21
落ち着かれたようで、本当によかったです!どうぞお大事に!

しかし病院って・・・。私も母がひざの手術をしたときに、あまりにいろんな人が混在していて、驚きました。母は病気ではないわけですから、手術をしたといっても、元気は元気。しかし向かいには今にも死にそうなおばあさんが・・・。まあ、状態が同じ程度の人を同じ部屋に、なんてしたら、危篤だらけの部屋は阿鼻叫喚、になっちゃうからかなー、なんて勝手に推測しましたが。
ノルウェーまだ~む
2006年11月25日 12:37
サリーさま、ご心配いただきありがとうございました。
ま、病院はそんなことでもないと、退屈だから(?)これもまた良しと…
ボコボコにされた方は、警察の人も来ていて、「犯人まだつかまらないのですか?」と聞いていたよ。ひえ~
空港でパスポートも取られたらしい。面会の人が「アニオハセヨ」と電話していた。ムムム…

この記事へのトラックバック