ハロウィンパレード

地域の行事で、‘子供とあそび隊‘というグループの主催する、ハロウィンのパレードがあった。
地域のボランティアの方たちの、協力なしにはできないこの行事、世の中まだまだ捨てたものではないな~と、ちょっと感動。

まずは、‘社教館‘(社会教育会館)という、渋谷区の施設に集合。
各自着替えのあとは、メイク室へ。

近所にある、メイクを勉強している学校の生徒さんたちが、小学生を相手に悪戦苦闘している。

「どんな風にする?」
「???・・・・・・・・・・」

子供にとって、明確に変装しているものが判っている場合は、まだいい。
たとえば、ドラキュラにして・・・とか、白雪姫にして・・・・とか。

りょうたのように、有り合わせの衣装で、デビルの羽を背中につけて、なんだか判らないけど、ドラキュラの歯をつけた、ごちゃまぜデビルは、本人もよくわけ分かんないので、リクエストもしにくいようだ。

お姉さんも、ようやく気が付いて、見本の写真を取り出してきた。
やっぱ、5つくらいパターンを決めて、その中から子供に選ばせるようでないと、時間ばっかりかかっちゃうよね。

すごい時間をかけて、ようやく出来上がったのは、目にちょっと黒いアイラインを引いた、ほほに傷のある男だった。
??????
傷があるのは、フランケンシュタインでは?

画像


みんな思い思いの衣装とメイクで、3班に分かれて、各方面へ繰り出していく。
事前に打ち合わせのしてある、お店(コンビニ・商店・レストラン)のほか、一般のお宅へも訪問。

「トリック オア トリート?」(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!)

脅かされてお菓子を巻き上げられるのも大変だ。
一般のお宅の方も、かわいらしい袋に色々と詰め合わせたお菓子やら、中には一人ずつ箱入りのお菓子をくださったところもあるらしい。

各自、ずっしりとお菓子の詰まった袋をしょって、なんだかサンタクロースのようになって帰ってきた。

家に帰るとお菓子の山に、おおはしゃぎ。
後で待っているのは、小さな悪魔、ムシバイキンの襲撃なのだ・・・・





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック