「父親たちの星条旗」試写会で・・・

一言で言うと、『目に砂が入りそうな映画』である。
目の前に大砲が落ちる、土が舞い上がり、自分の頭から降り注ぐ。
隣で兵士の打つ銃から、薬きょうがこちらへ飛んでくる。
そして目の前に飛んできたのは、戦友の生首・・・

へたな3D映画より、臨場感があった。
まさに、自分がその場にいるような、そんな目線から見た映像は、さすがクリントイーストウッドと共に製作に携わった、スピルバーグの力か。

特に自分が戦闘機に乗っているような感覚がするシーン。・・・すごいっ!

画像



はじめは、同じ戦闘服、同じような坊主頭で見分けつかず、いったい誰が主役なのかも分からなかった。
戦争映画というのに、いったい何だろう?と思っていたら・・・・

<ストーリー>
父が最期まで語らなかった、硫黄島の記憶。
息子が、かつての戦友にインタビューして初めてわかったのは硫黄島の意外な真実だった。

太平洋戦争の勝敗を左右したとされる、一枚の有名な写真。
ここに写っていた6人の兵士のうち、生き残った3人が帰国後英雄として祭り上げられ、翻弄されていく。

真実を語る事を許されずに、硬く心を閉ざすドク。
人気にあやかって、成功を手にしようとするレイニー。
嘘をつくことに苦悩して、自滅していくネイティブアメリカンのアイラ。

熱狂的に沸いたアメリカ国民と、国債を売るべく英雄伝説でビジネスチャンスをつかもうとする軍部。

戦争が終わった後も、その苦悩は続く・・・・



激しく臨場感のある戦闘シーンは、青みがかったモノトーンで、グロさがあまりない。
(一部を除いて)
次々と銃弾に倒れていく戦友たち、仲間の砲弾にやられてしまう上官。

辛くて哀しいシーンであるが、お涙ちょうだいにはなっていない。
淡々と休みなく戦闘に借り出される様子が、戦友の死を悼んでいる暇もなかった、本当の戦場を、よく表現している気がする。

祖国に凱旋し、英雄になってもなお、ちょっとしたことでフラッシュバックしてしまう彼ら。
心の叫びが、痛々しい。

打って変わって、戦後の様子はあまりに物静かで、対照的だ。
一度は英雄となった彼らが、戦後にたどる道は・・・・


この映画を観て、一番びっくりしたのは、この旗を立てた3人の兵士と、そっくりな役者さんを使っている事。
そりゃそうだろう・・・っていう次元ではない。
もう、当人そのものというくらい、そっくりなのだ。
ん~、良く探したものだ。
(エンドロールで確認しよう)


今回は、忍者のように隠れていて、ほとんど顔の見えなかった日本兵たち。
時々出てくる、日本兵の目線が、すごく気になった。
日本側から描いたハリウッド映画「硫黄島からの手紙」、ぜったいこちらも観なくっちゃ。

最期に・・・・・硫黄島が東京都だったなんて、知らなかった~


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

フワコ
2006年10月24日 10:09
日本製の戦争映画はちょっと敬遠しているのですが、この映画は気になっていたのです。良く出来ているのね。子供たちに見せるのはOKでしょうかね。
そういえば、岩波ホールで次上映予定の『赤い鯨と白い蛇』は館山が舞台なの。うちの上の洞くつにもロケに来たらしいっす。観に行きたいんだよね~
ノルウェーまだ~む
2006年10月24日 10:35
フワコさま、お子様の年齢にもよりますが、戦闘シーン以外は、ちょっと場面の展開が、あっちこっちの飛ぶので、難しいかもしれませんね。
先ずは、この写真の話が実際にあったことであるとか、戦争中に山のてっぺんに旗を立てる意味とか、お話してあげてからでないと、始めのうちは何してんだか分からないと思います。
あと、手榴弾でグチャグチャなのを、結構じっくり見せるので、そこだけはトラウマ覚悟です!
2006年10月26日 21:29
こんばんは、TBさせていただきました。
凄い映画でした。

>硫黄島が東京都だったなんて、知らなかった~

太平洋に浮かぶ島は、本土のすぐ近く以外は殆んど全部
東京都ですよ~。
小笠原に行くと、島の車が全部東京ナンバーなんで、妙に違和感があります(笑
ノルウェーまだ~む
2006年10月27日 00:57
ノラネコさま、ありがとうございます。
小笠原が東京都は知っていたのですが、硫黄島以下太平洋の島はみんな東京都だったのですね!
勉強になりました。
第二部「硫黄島からの手紙」も楽しみですね。
フワコ
2006年10月27日 11:40
そうか~そうね~~
メグハナには早いわね。彼らは地獄カフェのほうが喜びそうだ。(・ω・)
こないだ、こっちの学校の6年生が学校医のおじいさんの戦争体験を聞く機会があって、私も広報部員として一緒に聞いてきたんだけど、やっぱ生々しいわぁ。8月15日過ぎてから、米軍が戦闘体制で上陸してきたんだって!でも軍なんかとっくに解散していたからアメリカびっくり・・・って感じだったらしいよ。戦闘する気で上陸したのは沖縄以外では館山だけなんだって。
ノルウェーまだ~む
2006年10月27日 16:39
い・いや~~、フワコさま。
私なんで気が付かなかったんだろう??いや~~っ私ったら…い・いつからフワコ?そうだっけフワコ?
そうですね、見せるならお兄ちゃんですね。
ねえねは、すごく行きたがっていたのだけど、試験前の風邪引いてて行けなかったの。
硫黄島のほうは、ねえねと行くつもり。
地獄少女は見てますか?冥土カフェは、高いから、あとでお腹すいたーっ!って言われちゃうよ。
フワコ
2006年10月29日 19:06
地獄少女は入らないのでレンタルしています~(^_^;)
漫画よりアニメのほうが絵がきれいよねぇ・・・

この記事へのトラックバック

  • 感想/父親たちの星条旗(試写)

    Excerpt: 太平洋戦争最大の激戦地であった硫黄島での戦いを、日米双方から描いた二部作の第一弾『父親たちの星条旗』10月28日公開。クリント・イーストウッド監督、スピルバーグ製作、さらにはポール・ハギス脚本! ずし.. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2006-10-24 00:39
  • 「父親たちの星条旗」試写会

    Excerpt: 中野サンプラザで行われた、クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」の試写会に行ってきました!! そうそう、今回は中野サンプラザに入るときのチェックが結構厳重だったんですよ。空港でや.. Weblog: Thanksgiving Day racked: 2006-10-24 03:03
  • 「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史

    Excerpt: 言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこの.. Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-10-25 01:42
  • 「父親たちの星条旗」 レビュー

    Excerpt: 第二次世界大戦でも最大の激戦の一つであった硫黄島の死闘にまつわる一枚の写真に関わ Weblog: 「USAのんびり亭」映画情報 racked: 2006-10-25 22:13
  • 映画:父親たちの星条旗 試写会

    Excerpt: 父親たちの星条旗 試写会@中野サンプラザ 「”英雄”と呼ばれるのがくるしい」 硫黄島での1枚の写真、英雄に祭り上げられた6人の内、生きて本国に帰れたのは3人だった。第二次世界大戦末期、日本.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2006-10-26 16:51
  • 父親たちの星条旗・・・・・評価額1700円

    Excerpt: 一枚の有名な写真がある。 太平洋戦争の激戦地、硫黄島の擂鉢山の山頂に、星条旗を突き立てる6人のアメリカ兵を写したものだ。 1945年2月23日にAP通信のジョー・ローゼンタールによって撮影され、ピ.. Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ racked: 2006-10-26 21:26
  • 「 父親たちの星条旗 / Flags of Our Fathers (2006) 」

    Excerpt: 監督 ・ 製作 : クリ.. Weblog: MoonDreamWorks★Fc2 racked: 2006-10-27 09:17
  • 父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers

    Excerpt: クリントイーストウッド監督×ポールハギス脚本! と言えば、アカデミー賞作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』コンビ。 +スティーヴンスピルバーグが製作に加わって2部作として描いた話題作{/star/} と.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2006-10-27 11:09
  • ■週末の学び10/27「硫黄島」~父親たちの星条旗-硫黄島からの手紙~

    Excerpt: 超話題作です! いよいよ封切りです。 Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-10-28 21:31
  • 父親たちの星条旗

    Excerpt: 特別試写会のハガキが送られてきたんですけど 封筒の中にはそのハガキしか入ってなくて 果たしてそれがどうして送られてきたのか不明。 適当に応募したのが当たったのか? それすらも忘却の彼方。 で.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2006-11-01 12:30
  • 人間の愚かさを痛感する 【父親たちの星条旗】

    Excerpt: この映画を見るまで、硫黄島のことを全く知りませんでした。 名前ぐらいは聞いたこと Weblog: 犬も歩けばBohにあたる! racked: 2006-11-03 00:29
  • 父親たちの星条旗

    Excerpt: Flags of Our Fathers(2006/アメリカ) 【劇場公開】 第二次世界大戦末期、日米の激戦地となった硫黄島の戦いをアメリカ側、日本側とちがう視点で描く画期的なプロジェクト第一弾。.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2006-11-05 09:38
  • クリント・イーストウッド監督「父親たちの星条旗」

    Excerpt: 「父親たちの星条旗」 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ  この映画のいちばんの驚きは戦争を描きながら、それも硫黄島の悲惨な.. Weblog: 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) racked: 2006-11-05 13:26
  • ★「父親たちの星条旗」

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-11-07 10:46
  • 「父親たちの星条旗」は言っている。

    Excerpt: 2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。ク.. Weblog: やまたくの音吐朗々Diary racked: 2006-11-09 00:11
  • 父親たちの星条旗

    Excerpt: 当初あまり見る気が無かった、クリント・イーストウッド監督の太平洋戦争映画「父親た Weblog: Wilderlandwandar racked: 2006-11-11 20:20
  • 「父親たちの星条旗」とシカゴ~ソルジャー・フィールドの歴史とトリビア

    Excerpt:  「父親たちの星条旗」は日本では、公開第一週で興行収入が第2位。  アメリカでは公開第一週が3位、第二週が4位ですから、アメリカよりも日本の方が盛り上がっているようです。 アメリカでは太平洋戦争という.. Weblog: シカゴ発 映画の精神医学 racked: 2006-11-12 07:07
  • 「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る

    Excerpt: イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2006-11-18 17:11